LOGPIECE(ワンピースブログ)〜シャボンディ諸島より配信中〜 ニュースレポート
ONE PIECEのBLOG、略してLOGPIECE。 ワンピースフィギュアを飾って楽しんでます。

シャボンディ新聞(twitter)
ファンアート
最新コメント
[04/23 ワンピース太郎]
[04/23 隆明]
[04/23 隆明]
[04/15 coppa]
[04/08 名も無き島民]
[04/08 名も無き島民]
[04/07 名も無き島民]
[04/07 coppa]
[04/03 朧プルリル]
[03/31 Terry]
[03/27 生ハムメロン]
[03/24 名も無き島民]
[03/21 唐辛子は一味]
[03/21 名も無き島民]
[03/08 名も無き島民]
[03/08 名も無き島民]
[03/07 名も無き島民]
[03/07 名も無き島民]
[03/07 アスファルトの花]
[03/06 名も無き島民]
[03/06 朧プルリル]
[02/26 名も無き修羅]
[02/17 名も無き島民]
[02/15 coppa]
[02/13 名も無き島民]
ブログ内検索
懸賞金(アクセスカウンター)
-
先日放送のテレビ朝日『ロンドンハーツ』で、お笑い芸人の狩野英孝さんが「僕も尻の軽い男なんで。いろいろと心当たりのある方、本当、すみませんでした」と、ネット上で噂される”5股疑惑”についてあっさり認める形で関係者に謝罪し、今カノ(?)だと主張するタレントの加藤紗里さんとツーショット出演した、というのは知らない人は全然知らない、知ってる人も興味がない話かと思います。そんなニュースです(ぇ

狩野英孝、騒動後初イベントで自虐「ロンハー忘れて」

 お笑い芸人の狩野英孝(33)が14日、東京・サンストリート亀戸で行われたお笑いイベント『サンストお笑いフェスタVol.18』にゲスト出演。元レースクイーンでモデルの加藤紗里(25)との交際宣言後初めてのイベントでおなじみの白のスーツで登場した狩野は「お待たせ!」と笑顔を見せた。

 同イベントは施設の都合上、撮影および取材が一切禁止。観客によると、狩野は冒頭で「いろいろとお騒がせしてます」と詫びたうえで「元気がないんで、40%の力で…というのはウソで、ここに来てくださった皆さん、呼んでくださった“スタッフー”のために一生懸命頑張りたい」とあいさつしたという。

 今月9日には、加藤とツーショットでテレビ朝日系『ロンドンハーツ』(毎週火曜 後9:00)に出演した狩野は「僕のことを『ロンドンハーツ』で見たことがある方?」と観客に問いかけ、多くが挙手すると「皆さん忘れてもらっていいですか?」と騒動を笑いに変える一幕も。さらに「わざわざ、皆さん来てくださったので、ぜひ撮ってください」と撮影タイムも設けるなど、約30分にわたってサービス精神満点だったという。

 ライブを見に来ていた都内在住の20代女性は「狩野さんが自分の年齢を33歳だと言っていて、意外と若いなと思った。これからも頑張ってほしい」と話し、都内在住の30代男性は「ワンピースのロロノア・ゾロのモノマネをしていたが、思った以上に上手で笑った。元気そうで良かった」と安心した様子だった。

オリコン


ゾロのモノマネはテレビでめったにやらないらしく、私も観たことがないのですが、テレビで目撃したブロガーが、本人がしばしば披露する歌モノマネより似ていると感想を書いていました。そう聞くと気になってくるわけでして、ゾロのどんなシーンの再現なんでしょう。観たことある人いますかね?

拍手

映画をきっかけに喫煙を始める若者が何百万人もいることを危惧して、世界保健機関(WHO)が「子供をタバコから守るため、喫煙シーンのある映画には年齢制限を設けるべきである(Films showing smoking scenes should be rated to protect children from tobacco addiction)」と各国政府に勧告しました。サンジが煙草を吸ってやまないワンピースの映画が成人指定になることがあるのでしょうか?弁護士ドットコムの記事です。

喫煙シーンのある映画「成人指定に」WHOが勧告 「表現の自由」の侵害ではないか?

世界保健機関(WHO)は2月1日、「喫煙シーンが含まれる映画やドラマは、若者を喫煙に誘導する効果が高い」と指摘する報告書を発表し、「成人向け」に指定する措置をとるよう、各国政府に勧告した。

WHOは、登場人物や役者の行動に影響されやすい若者が、まねして喫煙を始めるケースが多いと指摘している。また、アメリカでは、新たに喫煙者となった青少年のうち、映画やドラマが直接的なきっかけとなって吸い始めた人の割合が37%にのぼるとの調査結果を紹介している。

もし今後、日本がWHOの勧告にしたがって、映画やドラマに対する規制を設けた場合、「表現の自由」の観点から問題はないのだろうか。憲法問題に詳しい作花知志弁護士に聞いた。

●「必要最小限度の制約」といえるのか
WHOの勧告は、それ自体に法的拘束力があるわけではありません。ただ、私は、国際条約組織による勧告は、条約締約国の国内法の解釈に事実上の影響を与える存在だと考えています。それをふまえて、この問題を考えたいと思います」

作花弁護士はこのように前置きした上で、解説を始めた。

「仮に、日本政府が、WHOの勧告を受けて、喫煙シーンが含まれる映画やドラマを『成人向け』に指定する措置をとったとします。それは当然、映画やドラマを発表する『表現の自由』(憲法21条)に対する制約であり、憲法に違反しないかどうかが問題となります。

表現の自由は民主制の基盤を支える人権です。それに対する制約は(1)規制の目的と(2)規制の手段について、それぞれ厳格な審査がされなければなりません。

規制目的に合理性がなく、手段が目的達成のために必要最小限度であると言えない場合は、規制は人権侵害として憲法違反になります。

今回のケースでみると、(1)規制目的については、未成年者の健康保護にあり、合理性は肯定されるかもしれません。

ただ、(2)規制手段が必要最小限か、という点が問題だと考えます。

そもそも、WHOの根拠とする『登場人物や役者の行動に影響されやすい若者が、まねして喫煙を始めるケースが多い』という点は、どのような科学的根拠があるのかが問題です。

仮にそのような関係にあるとしても、たとえば、喫煙シーンのある映画やドラマについては、喫煙の危険性を伝えるメッセージを冒頭で流すなどすれば、表現そのものを制限しなくても未成年者の健康を保護するという目的を実現できるのではないかと考えられるからです。

こうしたことから考えると、今回の勧告に沿った規制が日本で実施された場合、憲法違反と判断される可能性はあると思います」

●子どもの「知る権利」も制約することになる
「さらに、映画やドラマの制作者など、『発表する側』の表現の自由だけでなく、それを見る未成年者の『知る権利』に対する制限にもあたる可能性があります。

未成年者は感受性が強く、影響を受けやすいという面はあります。そのため、性的な表現や暴力的な表現については、『R-15』(15歳未満禁止)、『R-18』(18歳未満禁止)などのレイティングが定められています」

ただ、「R-15」「R-18」は、業界が定めた自主的な基準だ。業界が自主的に規制を設けている場合でも、憲法問題になるのだろうか。

「いいえ、憲法は、原則として『国』と『国民』の関係を定めた法です。業界がレイティングを定めているからといって、未成年者は当然に『知る権利の侵害だ』と主張できるわけではありません

一方で、国が法律で規制したとしたら、やはり『表現の自由』の観点から問題となるでしょう。

性的な表現や暴力的な表現は、一度見てしまうと、その影響を取り除くことが難しいといった側面があります。一方で、喫煙シーンは、さきほど述べたように、喫煙の危険性を伝えるメッセージなどを流すことで、その影響を抑えることができる可能性があります。

喫煙シーンのある映画について、国が年齢規制を設けた場合、子どもの『知る権利』に対する必要最小限の規制と言えず、憲法違反と判断される可能性があると思います」

弁護士ドットコム


WHOは欧米やインドなどで行われた喫煙に関する調査結果を根拠にしており、日本では同様の調査は行われていないらしく、日本の調査結果は紹介されていません。また、映画と若者の喫煙に関係性が検出されなかった国もあるようですので、日本でも欧米諸国と同じ結果になるかは定かではありません。

記事の弁護士の話では、将来的に喫煙シーンのある映画に対して政府が年齢規制を設けることはなさそうですが、映画が始まる前に喫煙の危険性を伝えるメッセージなどが流れる可能性はありそうです。タバコのCMが無くなった後はドラマや映画の喫煙シーンが批判や規制の対象になってきており、私はタバコを吸いませんが、そういったメッセージが映画が始まる前に流れるとちょっと興が冷める気がしますね。なんか、サンジやスモーカーが悪者みたいな印象を子供に与えることになり、栄ちゃんの本意ではないでしょう。自身が喫煙者ですから、当然気分もよくないでしょう。


寧ろ、ワンピース映画は成人指定にして、エロシーンを盛り込むという逆転満塁ホームランの発想が…w


「風立ちぬ」めぐり喫煙論争過熱 「サンジ」や「次元」はOKなのか
【台湾】 台湾版アニメ「ワンピース」レベッカの胸元に不可解なモザイク なぜレベッカだけ?

拍手


左)『オデッセイ』ポスター 右)原作者のアンディ・ウィアーさん

『オデッセイ』原作者が作品の魅力と“アニメ愛”を語る!

リドリー・スコット監督がマット・デイモン主演で描く超大作『オデッセイ』は、コンピュータ・プログラマーから作家に転身したアンディ・ウィアーの小説が原作だ。国際電話でウィアーにインタビューすると、彼から出てきた言葉はなぜか、ワンピース、涼宮ハルヒ、モスピーダ……電話口の相手は、『オデッセイ』の話よりも日本のアニメの話がしたくてたまらない男だった

『オデッセイ』は、火星での有人探査の最中、ひとり取り残されてしまった宇宙飛行士のワトニーが、空気も水も通信手段もない過酷な環境の中、知恵と強い精神力を発揮して生き延びようとする姿を描いた作品で、原作小説がオンラインで発表された段階でプロデューサーは映画化権を取得。日本では『火星の人』のタイトルでハヤカワ文庫から出版されている。

2005年に自宅の居間で小説のアイデアを思いついたウィアーは、4年かけて小説を執筆したが「最初の段階からユーモアが重要だと思っていた」という。「あのような状況に放り込まれた男が、ただサバイバルをするだけじゃ退屈だ。それに主人公が暗い想像をするシーンばかり書きたくなかったんだ。僕が書きたかったのは、科学の力によって物事を解決していく物語。読者は宇宙飛行士は頭が良くて、感情をコントロールする訓練を受けていると知っているから、僕はワトニーが間違いのない手段を使っていくのを丁寧に書いていけば良かった。そうしたら読者はワトニーのことを信頼してくれるからね」

彼の言う通り、劇中のワトニーは過酷な状況でも、記録用のカメラに向かってジョークを飛ばし、気合いではなく理論と計算を駆使してトラブルを解決していく。問題があっても諦めない、不具合を見つけ出しては修正する。ウィアーは、ワトニーには自身と同じように“プログラマーの気質”が備わっているという。「ワトニーは自分に似せて書くようにしたからね。でも、ワトニーは絶対に諦めない男なんだ」。映画では火星でひとり奮闘するワトニー、地球で彼を生還させるべく奔走する人々、そしてワトニーは死んだと思い込んで先に脱出してしまったクルーのドラマが描かれる。「この映画は脚色が本当に素晴らしいと思ったよ。自分では予想もしなかった解釈が描かれていたシーンもあって驚かされたし、ワトニーが記録用のカメラに向かって話をするシーンがこの映画の成功のポイントだね」。

ウィアーは、日本のアニメが大好きで、飛行機が嫌いなために来日経験はないが、アニメを見まくって日本語を覚えたという。「子供の頃は『ロボテック』が好きだったんだ。シッテイマスカ? マクロスサザンクロスモスピーダを合わせたアニメなんだ(ブログ注:米国では『超時空要塞マクロス』、『超時空騎団サザンクロス』、『機甲創世記モスピーダ』の3作品に”同一世界の異なる時代の物語”という解釈を与えて『ロボテック(Robotech)』というシリーズで放送され、ヒットした)。僕は特にモスピーダが好きだ! インタビュアーに質問していいかな? イチバンスキナアニメハナンデスカ? 僕は最近のものだと『ワンピース』と『ハルヒスズミヤ(涼宮ハルヒの憂鬱)』が好きだよ。飛行機が苦手なんだけど、少しずつ練習して、いつか日本に行きたいと思ってるよ。サンフランシスコカラトウキョウマデドレグライカカリマスカ? 10時間ぐらいか……少しずつ練習するよ

ちなみにアニメ以外では、懐かしいディスコミュージックが好きなようだ。「すごく好きなんだけど、友達からはバカにされてるんだ。でも、僕はいまだにディスコミュージックが大好きなんだ! 今日は話せて楽しかった。ありがとう! シツレイイタシマス」

ぴあ映画生活



アンディ・ウィーアー! ※綴りはWeir


アニメ『ワンピース』『涼宮ハルヒの憂鬱』のラインは最近のものではない気がしますが、『マクロス』『サザンクロス』『モスピーダ』のライン(1980年代前半)と比べれば最近ですねw

拍手

扉絵連載「CP9の任務外報告」に登場するCP9の故郷、いわばCP9エージェントを養成する島に描かれている塔のモデルが中国の温州市・江心嶼にある塔であることが、コミックス80巻のSBSで明らかになっています。これは江心寺という寺にある東塔と呼ばれる宋時代の仏塔で、SBSの質問では「東のタワー」と表現されています。六面の塔でてっぺんに木が生えちゃってるのが特徴です。


【原作ネタ】 漫画紀行~ONE PIECEな風景~ 【街並み編】

投稿者は温州出身の中国人で、SBSの投稿文は基本的に原文のままで掲載されますので(カットされることもありますが)、「東のタワー」に翻訳のぎこちなさが読み取れますね。そして80巻が発売されて間もなく、投稿者の中国人男性がネット掲示板にSBS採用の喜びとSBS投稿までの道のりを書き込んだそうです。人民網のニュースです。

拍手

<おかずクラブ>2015年のブレークは序章? 「今年が勝負」

 お笑いコンビ「おかずクラブ」が5日、東京都内で行われた映画「クリムゾン・ピーク」(ギレルモ・デル・トロ監督)の公開直前イベントに登場。ブレークを果たした2015年について司会者から「(活躍の)ピークだった?」と聞かれると、オカリナさんは「去年は序章でしたよ!」と強気の返答。相方のゆいPさんは「(昨年は)ターニングポイントとなる年だった。どちらかというと今年が一番勝負の年。2015年がピークにならないように、2016年全力で頑張っていきたい」と意気込んだ。

 この日は今年初のイベント出演。年末年始には多数のバラエティー番組やネタ見せ番組に登場したが、ゆいPさんは「今まで大喜利やらずにきた。手も足も出なかった。大喜利力をつけるのが一番。積極的に大喜利ライブに出て、合宿もやって強化したい」と目標を掲げた。一方のオカリナさんは「マンガの『ワンピース』が好きなので、夏に公開されるらしい映画に出たい。今年が勝負。村人Aでも何でも構わない」と個人的な夢をアピールして、ゆいPさんをあきれさせていた。

 映画は、「パシフィック・リム」「パンズ・ラビリンス」などを手がけたデル・トロ監督の最新作で、やがて生きものと化す「お化け屋敷」が舞台のゴシック・ミステリー。幽霊を見ることができる女性・イーディスが、父親の不可解な死をきっかけに、愛するトーマスと結婚、その姉のルシールとともに、「クリムゾン・ピーク」と名付けられた山頂にある広大な屋敷で暮らすことになるが、屋敷には隠された秘密があった。イーディスは自分の能力を使って、屋敷の秘密を解き明かそうとする……というストーリー。8日から全国で公開予定。

まんたんウェブ


目標は?と聞かれると、各所でこの発言をしているようで、東映のワンピースがこの時のイベントでは他社作品にあたるわけですから、所構わずです。昨年、別の場所では「できれば作者の尾田さんが監修のときに」とも発言しており(「人気急上昇のおかずクラブ・オカリナの夢は劇場版アニメ「ワンピース」のゲスト声優出演」)、今夏に栄ちゃんが総合プロデューサーを務める『GOLD』が上映になるのは、コンビがブレークしている今、絶好のチャンスでしょう。


↓この役をやらせればいいんじゃない?(適当)


舞台設定&テゾーロ一味の設定画公開!今度の舞台は世界最大のエンターテイメントシティ 【GOLD】

拍手

赤西仁&小栗旬の2ショットに大絶賛の声「まじかっけーっす」「ドフラミンゴが隣に」

 歌手の赤西仁が23日、小栗旬とのツーショットを自身のインスタグラムで公開。ハンチング帽をかぶる赤西、風変わりなサングラスをかけた小栗の珍しいツーショットに「ステキすぎるツーショット」「まじかっけーっす」と大絶賛の声が寄せられている。

 赤西は、「小栗の旬。」「Hanging out with Shun Oguri.(小栗旬と一緒に過ごしてます)」というキャプションを添え写真を公開。写真への「いいね!」は3万を超え、「むりーーかっこよすぎてむりーー」「かっこいいパパ2人だなぁ」「仲良いの!? 最高ふたりともすき」と歓喜の声が続々届いた。

 また、小栗がかけているサングラスの形が、アニメ『ONE PIECE』のキャラクター、ドンキホーテ・ドフラミンゴのものとそっくりであることから、「ドフラミンゴが隣に!」「ドフラミンゴのサングラス…似合う人がいたんだ」との声も多数上がった。

クランクイン!


サングラスの形が「ドフラミンゴのものとそっくり」というか、色や形状からして、昨年コスパから数量限定発売されたドフラミンゴサングラスそのものではなかろうかと思われます。プレゼントで誰かから貰ったのでしょうか。



ところで、小栗旬さんってもっと線が細いイメージだったのですが、確か最後に見たのはルパン三世で、、、うっ、頭が・・・!!


Jin Akanishi (赤西仁) Instagram
【数量限定】 ドフラミンゴ サングラス 発売
『勇者ヨシヒコ』、小栗旬「『ONE PIECE』の実写やれるわ」

拍手

≪ Next   │HOME│  Prev ≫

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10]