LOGPIECE(ワンピースブログ)〜シャボンディ諸島より配信中〜 TVレポート
ONE PIECEのBLOG、略してLOGPIECE。 ワンピースフィギュアを飾って楽しんでます。

シャボンディ新聞(twitter)
最新コメント
[10/15 coppa]
[10/15 coppa]
[10/08 名も無き島民]
[10/08 ななし]
[10/05 coppa]
[10/04 Yd]
[10/04 coppa]
[10/03 名も無き島民]
[10/03 ななし]
[09/30 ななし]
ブログ内検索
懸賞金(アクセスカウンター)
-
アニメ「ワンピース」(初回放送:1999年10月20日)の放送20周年となる10月20日の放送は、20周年記念企画として、『ONE PIECE』連載前の読切『ROMANCE DAWN(ロマンス ドーン)』がアニメ化されます。


20周年!特別編ロマンスドーン。祖父が海賊で将来はピースメインと呼ばれる海賊になるという夢を持つ少年、ルフィ。これはワンピースの原点となる物語である。

尾田栄一郎が描いたワンピースの原点
壮大なロマン
海の先にある大いなる夢
この海で一番自由な男、それこそが海賊王
もう一人のルフィの大いなる旅の始まり

10月20日(日) 9:30~10:00 放送


『ONE PIECE』の原点と言うと語弊があり、今回アニメ化されるのは週刊少年ジャンプ1996年41号に掲載(短編集『WANTED!』収録)された、”2つ目”の『ROMANCE DAWN』です。読切の『ROMANCE DAWN』には同タイトルの2つのバージョンがあり、”1つ目”は同年のジャンプ増刊SummerSpecialに掲載(『ONE PIECE RED』収録)されたもので、こちらは連載版の『ONE PIECE』とほぼ同じ設定のもので、時間軸的にもまさしく原点と言えます。一方、ジャンプ本誌デビューとなった”2つ目”の『ROMANCE DAWN』は、意図的にルフィの生い立ちの設定が変えられています。これは連載を見据えて、シャンクスとのエピソードを描く連載第1話の鮮度を保つ戦略だったわけです。

ちょっとしたパラレルワールドなので、ルフィの声優は変えても面白いかなと思っているのですが、予告編は田中真弓さんのままですね。番組情報では「解説放送あり」となっており、副音声による解説があるようです。


尾田栄一郎「(連載は)あと5年で終わりたい」「映画にコアな考察組がザワつく仕掛け」
田中真弓「最後まで絶対やりたい」山口由里子「ロビンは誰にも渡しません」チョー「骨になるまで演じます」尾田栄一郎「ト~ルネ~~ド~!」
TVアニメ「ワンピース」放送20周年、声優高齢化問題は考えない。

拍手

8月10日、劇場版『ONE PIECE STAMPEDE』の舞台挨拶を終えた直後の麦わらの一味の声優陣が総出演した生配信がLINE LIVEで行われました。放送アーカイブは現在、ONE PIECE公式LINEから観ることができます。麦わらの一味の声優陣が総出演した生配信は珍しく、さらに配信中は各出演者がスマホ片手にLINE LIVE上に投稿されたコメントを見ながらやっているのも新鮮でした。



配信ではカードを引いて、カードに書かれたお題についてトークが行われました。

「実は演じてみたいキャラクターは?」

「ワンピースに関わって一番自慢できることは?」

「名台詞”海賊王におれはなる”を自己流にアレンジ」

 平田広明(サンジ) → スケベ王におれはなる
 チョー(ブルック) → パンツ王におれはなる
 山口由里子(ロビン) → パス
 大谷育江(チョッパー) → 動物王におれはなる
 八尾一樹(フランキー) → 赤いパンツ王におれはなる
 山口勝平(ウソップ) → 狙撃王におれはなる
 岡村明美(ナミ) → セクシー王に私はなる
 中井和哉(ゾロ) → 洗濯王におれはなる

3つ目のお題は自身が演じるキャラクターに当てはめてルフィのセリフをアレンジするというもので、かなりの無茶振りで、皆さん辛そうでした。由里子さんは「パス」を使って逃げたのですが、コーナーが終了すると「ロビンは?」と指摘するコメントが多数あり、真弓さんが一応コメントを拾う場面もありましたが、由里子さんは「考えておくわ」と、またしてもスルーしています。だって!、、、ロビンは「おふざけ禁止」ですからw(参照→【ラジオ】 麦わらの一味のオールナイトニッポンGOLD 【STAMPEDE】

こういった無茶振りの状況ではロビンの場合は「人として 恥ずかしいわ」で回避すれば良いと思いますよ、由里子さん。なお、ロビンじゃない時はキャラソン「Family」のフレーズを使ってふざけていましたw

面白かったのはアニメのアテレコ時の中井さんのNG話が聞けたことです。原作で第100話、アニメで第53話のグランドラインへの進水式と称して、樽の上に足を載せて、それぞれの野望を語る場面があります。そこでゾロが「おれァ 大剣豪に」と言うところで、中井さんは「おれァ 大富豪」と言い間違ったのだとか(笑)。アニメ「ワンピース」のNGシーンは3月に放送されたアニメ20周年記念特別番組「ひとつなぎの大宴」にて初めていくつか公開されたわけですけども、やはりもっと観てみたいですね。


【ラジオ】 麦わらの一味のオールナイトニッポンGOLD 【STAMPEDE】
【TVレポート】 アニメ20周年記念特別番組「ひとつなぎの大宴」

拍手


8月9日放送のラジオ、ニッポン放送「オールナイトニッポンGOLD」は劇場版の公開に合わせた「劇場版『ONE PIECE STAMPEDE』SP」として番組パーソナリティを麦わらの一味の声優陣が担当。荘口彰久アナウンサーが進行を務めました。

番組では事前に声優陣への質問と、番組に”乱入”してくるかもしれない麦わらの一味への質問を募集していましたが、番組が始まってすぐにルフィが”ゴムゴムの風船”で跳ね返した砲弾がスタジオに直撃してパーソナリティは全員卒倒し(笑)、無事だった荘口アナがスタジオに続々とやってくる麦わらの一味にパーソナリティの代役をお願いするというのが主たる構成だったため、番組で読まれたのは麦わらの一味への質問が大半でした(他は番組と映画の感想メールなど)。キャラクターを演じている場面でも質問の受け答えはアドリブだったようで、”素”が出る場面が多く、それがとても面白いところでした。

ここでは個人的に面白かったトークを書き起こしています。

拍手

田中真弓、「ONE PIECE」ルフィ役の後継者問題語る

声優の田中真弓(64歳)が、7月28日に放送されたトーク番組「ボクらの時代」(フジテレビ系)に出演。アニメ「ONE PIECE」ルフィ役の“後継者問題”について語った。

田中は「ONE PIECE」の作者である尾田栄一郎氏から、毎年「あと10年」と言われているが、「そんなに続くと、私だってうっかり死んじゃうかもしれない。その時、ONE PIECEファンの人たちも私が決めた人なら認めてくれるんじゃないか」と思い、息子に、後継者になりそうな人物を聞いたという。

すると、田中の息子は悩みながら「オカンの後釜か……野沢雅子さんしかいないな!」と答え、田中も思わず「私より年上言ってどうする!」とツッコんだとのこと。

だが、この話を聞いた野沢はひとしきり笑った後に、「真弓、やるよ」とルフィ役を引き受けると承諾。野沢は「私は最低100歳まで現役。128歳まではできると思ってる」と語った。

ナリナリドットコム


野沢雅子さんが Dr.くれは にリアルに近づきつつあるのは興味深いところですが(笑)、TVアニメ「ワンピース」の声優の高齢化は深刻です。「ワンピース」のキャラクターを演じた声優の訃報に関しては必然的に扱う回数が増えてくると思い、もう4年前からブログでは扱っていません。TVアニメ「ワンピース」のキャスティングの傾向として、設定年齢の高いキャラクターには年齢が実際に高齢の名優がよく抜擢されるものですから、どうしようもありません。

ブログで最初に扱った訃報がミホーク役の青野武さんでしたが、キャスティングされた時点で青野さんは64歳とかですからね。今生きていたとして82歳ですから、いずれにせよ引退されていたでしょう。


ルフィ役:田中真弓(64)
ゾロ役:中井和哉(51)
ナミ役:岡村明美(50)
ウソップ役:山口勝平(54)
サンジ役:平田広明(56)
チョッパー役:大谷育江(53)
ロビン役:山口由里子(53)
フランキー役:矢尾一樹(60)
ブルック役:チョー(61)
ジンベエ役:宝亀克寿(72)


麦わらの一味声優陣では真弓さんが年長者でしたが、ジンベエの加入で宝亀さんが年長者になっています。宝亀さん、見た目が若いですが72歳・・・! ジンベエ役については先代の郷里大輔さんがいますが、出演回数が少なくて印象は無く、ジンベエといえば宝亀さんでしょう。

現・麦わらの一味声優陣の声は原作を読むともう脳内再生されるようになってしまっているので、アニメで声が変わるのは考えられないですね。たまに休業の際に代役がありますが、もちろん違和感しかないです。続きもののアニメでここまで長期放送になった例はなく、日常系のアニメとは訳が違います。

もし、声が変わることがあるのなら、麦わらの一味の後任に限っては「ルパン三世」のように前任者の声を再現できる人を希望したいところです。それが無理なら、アニメ「ワンピース」はそこで打ち切りで構わないと私は思います。と言っても、必ず代役が立てられて放送は続いていくものでしょうが。

だから、もしそうなった時、私はアニメを見ません。そうすれば、その後も原作コミックを開けば、変わらず麦わらの一味の声が脳内再生されることでしょう〆

拍手

応募総数4千件「ワンピース コスプレキンググランプリ」応募作品を見る 【コスプレ】
「ワンピース コスプレキンググランプリ」一次審査通過150作品が発表される 【コスプレ】
「ワンピース コスプレキンググランプリ」二次審査通過60作品が発表される 【コスプレ】
「ワンピース コスプレキンググランプリ」ファイナリスト20作品が発表される 【コスプレ】」の続報です。

8月3日、「ワンピース」初のコスプレ世界大会「ONE PIECE COSPLAY KING GRAND PRIX(ワンピース コスプレキンググランプリ)」の決勝ステージが名古屋市オアシス21で行われ、ファイナリスト20名がステージパフォーマンスに臨みました。その模様はYoutubeでライブ配信され、チャット欄は海外のコメントで溢れていました。



決勝の審査方法は、ゲスト審査員を含む審査員7名それぞれによるステージパフォーマンスの審査点点の合計700点と、事前に行われた衣装の審査点100点の合計800点、さらにTwitter上の一般投票の順位による加点(1位20点、2位10点、3位5点)がこれに加わるとのこと。ファイナリストは上手から登場し、ステージ中央のマイクでキャラクターになりきって台詞を喋り、下手でポージングを行います。ステージパフォーマンスの審査項目は「キャラクター再現度」が50点満点、歩き方や台詞などの「なりきり度」が50点満点です。

拍手

7月28日、8月4日放送のTVアニメ「ワンピース」(895・896話)は8月9日公開の劇場版『ONE PIECE STAMEPDE』の前日譚を描く特別編でしたが、振り返ればゲスト登場のハンコックの温泉回だったことに尽きる内容でした。ハンコックは海賊万博へ向かう途中に寄った島の温泉で湯浴み中にルフィと偶然再会します。




ジャンプ漫画でよくあるラッキースケベですねw

拍手

≪ Next   │HOME│

[1] [2] [3] [4] [5] [6]