LOGPIECE(ワンピースブログ)〜シャボンディ諸島より配信中〜
ONE PIECEのBLOG、略してLOGPIECE。 ワンピースフィギュアを飾って楽しんでます。

シャボンディ新聞(twitter)
ファンアート
最新コメント
[02/26 名も無き修羅]
[02/17 名も無き島民]
[02/15 coppa]
[02/13 名も無き島民]
[02/12 名も無き島民]
[02/12 ちょぱお]
[02/11 生ハムメロン]
6
[02/11 名も無き島民]
[02/11 名も無き島民]
[02/11 名も無き島民]
[02/11 名も無き島民]
[02/11 名も無き島民]
[02/10 名も無き島民]
[02/10 名も無き島民]
[02/10 名も無き島民]
[02/07 朝から]
[02/04 あ]
[01/26 名も無き島民]
[01/26 K]
[01/23 朧プルリル]
[01/22 名も無き島民]
[01/16 名も無き島民]
[01/05 名も無き島民]
[01/04 coppa]
[01/03 みょるにる]
ブログ内検索
懸賞金(アクセスカウンター)
-


集英社の少年マンガ誌「週刊少年ジャンプ」が2018年に創刊50周年を迎えることを記念して、創刊から50年の歴史を振り返る展覧会「週刊少年ジャンプ展」が開催されることが明らかになりました。

ジャンプは1968年7月に月2回刊行の「少年ジャンプ」として創刊され、1969年9月に週刊化されて「週刊少年ジャンプ」へ。集英社の少年マンガ誌の創刊は出遅れたために、創刊当初はサンデーとマガジンの後塵を拝す形でしたが、既に70年代には発行部数で逆転して少年誌の地位を確立。あくまでも少年のための少年誌としてブレることなく(ちょっとブレた時期はあったけど)走り続けて半世紀。

この展示会は世代別に3回に分けられているようで、第1弾の「VOL.1 創刊~1980年代、伝説のはじまり」は50周年に先んじて今年7月に東京都内で開催されます。おそらく90年代と2000年代から現在に当たる第2弾と第3弾は2018年に開催予定とのことです。

単にヒット作を振り返るだけでなく、編集裏話やアンケート順位の公開、打ち切りマンガの特集みたいなジャンプの人気の秘訣が分かるようなものがあれば面白いと思うのですけど、詳細は今後、公式サイトで発表されるそうです。


週刊少年ジャンプ展 公式サイト

拍手

こちらの記事はスマホ向けアプリ「ONE PIECE トレジャークルーズ」(通称:トレクル)の無課金プレイ日記です。セミリタイアから復帰しました。

【やる夫AA】 トレクル無課金航海日誌~その18「復帰」 【フレンド船長募集中】

フフ…

拍手

第855話 「ぐぎゅるるる!!!」
第856話 「ウソつき」

TOPICS
・ボビンの能力
・ナポレオン
・ポーネグリフ奪取
・もう一つの陰謀
・決戦は結婚式

拍手

週刊少年ジャンプの巻末ページには通常、掲載作品の目次と作者のコメントが一緒に載っています。この目次コメント(編集部での通称は「目コメ」らしい)は非常に短い文字数ですが、普段露出の少ない漫画家の趣味等のプライベートや担当編集との内輪話などが聞ける貴重な場となっています。Twitterサービスが始まる何十年も前から漫画家達はつぶやいていたわけです。

そんな目次コメントに関する裏話が、『ONE PIECE』スタッフ公式Twitterで明かされました。


拍手


(最初に観た時、限定公開だったのですが、一般公開に変わっていましたので、今更ですが)集英社が2月3日発売のコミックス『ONE PIECE 84』のスペシャルPVを公開しました。84巻収録のサンジの結婚にまつわるエピソードを昼帯の情報バラエティ番組風に伝えています


拍手

■ Portrait.Of.Pirates “LIMITED EDITION” カリファ Ver.BB
2017年7月下旬発送予定
メーカー:メガハウス
販売:メガトレショップ、プレミアムバンダイ、ジャンプキャラクターズストア、東映アニメーションオンラインショップ、麦わらストア
受注期間:2017年2月24日~2017年4月上旬予定
原型制作:稲田基樹(HEPTA)
彩色:たぅもけい
価格:9,072円

【商品仕様】
彩色済み完成品フィギュア、専用台座
サイズ:全高約12センチ(1/8スケール)

【商品説明】
独自性の強いコンセプトが話題を呼んでいるP.O.PワンピースVer.BB(bathing beauty=水着の美女)シリーズ。その第十弾として、 サイファーポールNo.9の紅一点・諜報部員「カリファ」が登場します!CP9のコスチュームを思わせるボンテージ風の水着を身に纏ったセクシーな姿を、原型製作:稲田基樹(HEPTA)と彩色見本製作:たぅもけいのタッグが、 大胆な造形アプローチで魅力たっぷりに立体再現しています。
トレードマークである眼鏡はプラ製に加えて、エッチングパーツも封入されるなど、ディスプレイする際の楽しみも広がります。
「P.O.Pならでは」の魅力がはちきれんばかりに詰まったこのシリーズ、今後の展開にも是非ご期待ください。


拍手

≪ Next  

[1] [2] [3] [4] [5] [6]