LOGPIECE(ワンピースブログ)〜シャボンディ諸島より配信中〜
ONE PIECEのBLOG、略してLOGPIECE。 ワンピースフィギュアを飾って楽しんでます。

シャボンディ新聞(twitter)
最新コメント
[01/15 coppa]
[01/06 coppa]
[01/06 名も無き島民]
[01/05 coppa]
[01/05 coppa]
[01/04 mo]
[01/02 coppa]
[12/23 coppa]
[12/23 coppa]
[12/22 チャキピ]
ブログ内検索
懸賞金(アクセスカウンター)
-
【熊本】 地震被災各地に「麦わらの一味」銅像、県の新方針 【ルフィ像】
【熊本】 ルフィの仲間像8人は県内30市町村による争奪戦!? 【麦わらの一味像】
【熊本】 麦わらの一味争奪戦!県内31市町村のアピール 【麦わらの一味像】」の続報です。

県庁に設置されたルフィ像に続く麦わらの一味の像8体の設置場所について、18日、熊本県は設置希望の県内31市町村から提出された復興のストーリーにつながる「被災地の困りごと」「希望キャラクター」「設置場所」の案を発表しました。やはり史跡に関連してロビンの希望が13件と最多だったようです。逆に希望数が最も少なかったのはゾロとウソップが3件ずつ(前回の記事ではウソップが多そうに読めましたが)、次点でブルックが4件です。いずれもキャラクターと復興を結びつけるのが難しかったと察します。
No. 市町村 希望順 被災地の困り事 キャラクター 設置場所
1 熊本市 熊本市動植物園の復興 チョッパー 熊本市動植物園
2 熊本市 熊本城石垣の復旧 ロビン 城彩苑
3 八代市 八代港を起点とした復興の実現 フランキー 八代港
4 八代市 庁舎再建と誇りの回復 ナミ 八代市役所新庁舎
5 人吉市 地域経済の復興 ゾロ 人吉クラフトパーク石野公園
6 人吉市 市庁舎の再建 ロビン 人吉市役所新庁舎
7 荒尾市 有明海の復興 ロビン 有明海海岸沿い
8 荒尾市 有明海の復興 ナミ 有明海海岸沿い
9 玉名市 被災者の生活再建と風化防止 ナミ 立願寺公園
10 玉名市 被災者の生活再建と風化防止 サンジ 立願寺公園
11 山鹿市 中心市街地の復興 チョッパー さくら湯
12 山鹿市 中心市街地の復興 フランキー さくら湯
13 菊池市 「桜」=「地震」イメージの払拭 チョッパー 市民広場
14 菊池市 記憶の風化防止 ロビン 生涯学習センター
15 宇土市 市庁舎の再建 フランキー 宇土市役所新庁舎
16 宇土市 農・漁業の再建と心の復興 ナミ 網田駅前
17 上天草市 - コミュニティ活性化と産業振興 サンジ 花海好公園(展望所)
18 宇城市 文化財の尊さと建物の復興再建 ロビン 県博物館ネットワーク
19 宇城市 子育て・教育環境の復興 ナミ 中央図書館・美術館
20 阿蘇市 阿蘇山上と草原景観の復興 ウソップ 阿蘇駅前
21 阿蘇市 阿蘇山上と草原景観の復興 ロビン 阿蘇駅前
22 天草市 - 地域産業が受けた風評被害の払拭 サンジ 天草市イルカセンター
23 合志市 - 被災した公共施設(体育館等)の復興 サンジ 合志市総合センターヴィーブル
24 美里町 - 再度の激甚災害からの復興 サンジ 二俣橋公園
25 玉東町 - 西南戦争関連文化遺産の再建 ロビン 木葉駅南側ふれあい広場
26 長洲町 - 被災住宅の再建 フランキー 金魚と鯉の郷広場
27 大津町 被害認知不足と観光客の減少 ゾロ 大津中央公園
28 大津町 道路・鉄道・庁舎の復旧 フランキー 道の駅大津
29 菊陽町 町民の心の復興 ブルック 菊陽町総合交流ターミナルさんふれあ
30 菊陽町 災害時の「食」の大切さの伝承 サンジ 菊陽町総合交流ターミナルさんふれあ
31 南小国町 震災後の風評被害の払拭 ブルック 瀬の本駐車場
32 南小国町 町内食品流通の復興 サンジ 総合物産館きよらカアサ
33 小国町 - 震災後の風評被害の払拭 チョッパー けやき広場(道の駅そば)
34 産山村 - 震災後の医療介護の人手不足 チョッパー うぶやま牧場
35 高森町 - 南阿蘇鉄道の全線開通と沿線地域の復興 フランキー 高森駅前
36 西原村 被災村民の心の復興 ナミ 俵山交流館 萌の里
37 西原村 コミュニティの復興 ロビン 俵山交流館 萌の里
38 南阿蘇村 生活・産業インフラの復旧 チョッパー 立野駅前
39 南阿蘇村 記憶・教訓の後世への伝承 ロビン 東海大阿蘇キャンパス1号館
40 御船町 前向きになれない被災者の心の復興 ブルック ふれあい広場(公園)
41 御船町 前向きになれない被災者の心の復興 ロビン ふれあい広場(公園)
42 嘉島町 文化財(井寺古墳)の復旧 ロビン 嘉島町民会館内
43 嘉島町 住民間のコミュニティの形成 ナミ 嘉島町民会館内
44 益城町 - 料理による子どもたちの笑顔の復活 サンジ 〔仮設〕交流情報センターミナテラス(公園)⇒〔本設〕木山区画整理地区内
45 甲佐町 失われた町の活力の再生 ウソップ 甲佐町住まいの復興拠点施設
46 甲佐町 町のシンボル「キンモクセイ」の復活 ロビン 生涯学習センター
47 山都町 - 農業の復興 ウソップ 山都町観光文化交流館
48 湯前町 交流人口の低迷 ロビン 湯前まんが美術館前
49 湯前町 交流人口の低迷 ゾロ 湯前まんが美術館前
50 五木村 すまいを再建する木材の提供 フランキー 五木源パーク
51 五木村 子守唄による安らぎの提供 ブルック 五木源パーク

県外の人間にはこれだけの情報だとイメージが全然掴めないわけですが、、、
将来的に銅像巡りをするだろう個人的な希望としては、設置場所は屋内と屋外では「屋外」、それに銅像が映えるような背景のロケーションが良いですね。

今後のスケジュールとしては、18日に行われた県と県内の有識者による意見交換会の意見を踏まえて1月下旬〜2月上旬にかけて県が応募された51件の採点を行い、3月中旬までに県がベースとなる複数の案を作成。2回目の意見交換会で再度意見を受け付け、県で決定した最終案を集英社に確認してもらい、4月に公表予定とのことです。銅像自体は既に製作が進行中だったりするのでしょうか。


【熊本】 ワンピースカフェ 2月から1ヶ月限定開業、TGC熊本コラボ 
【熊本】 ルフィ像、お披露目 【除幕式】
【熊本】 熊本県庁職員有志が集った「熊本県庁の一味」とルフィ像 【非公式】
【熊本】 『ONE PIECE』熊本復興プロジェクト 第3弾
【熊本】 東京ガールズコレクション『ONE PIECE』コラボイラスト公開
【熊本】 ルフィの仲間像8人は県内30市町村による争奪戦!? 【麦わらの一味像】
【熊本】 東京ガールズコレクションと『ONE PIECE』のコラボが決定、来年4月開催
尾田栄一郎氏に熊本県民栄誉賞、贈呈式に直筆メッセージ 【熊本】
【熊本】 尾田栄一郎、故郷の熊本の新成人へ特別メッセージ 【成人式】 
【熊本】 『ONE PIECE』熊本復興プロジェクト 第2弾
熊本産みかんとナミのコラボ再び「ONE PIECEみかん」発売 
【熊本】 復興支援イラスト…尾田先生が描く ゆるキャラ達 【東日本大震災】
【熊本】 「熊本国際漫画祭」開催、人気漫画家の特別応援イラスト展示も 
【熊本】 尾田栄一郎直筆サイン入り海軍パーカー 落札価格は・・・! 
【熊本】 尾田栄一郎『ONE PIECE』で故郷を応援!熊本復興プロジェクト
田中真弓さんが知人に送った熊本県被災地へのメッセージ 【熊本地震】
【熊本】 麦わらの一味が熊本県の農業を応援!「ONE PIECE」絵柄のプレミアム付商品券発売

拍手

スマホ向けアプリ「ONE PIECE トレジャークルーズ」(通称:トレクル)とのコラボフィギュアシリーズ『TREASURE CRUISE WORLD JOURNEY』がバンプレストのアミューズメントプライズに新登場。“世界旅行”をテーマに、ゲームに登場するキャラクターと同じ衣装でラインナップされるとのことで、第1弾となる今回は17日よりゲーム内に新登場したカウボーイ衣装のルフィ、ナミ、ゾロがフィギュア化されています。


■ TREASURE CRUISE WORLD JOURNEY vol.1 -MONKEY・D・LUFFY-
2019年1月中旬より順次投入
メーカー:バンプレスト
サイズ:全高約21センチ


拍手

【熊本】 地震被災各地に「麦わらの一味」銅像、県の新方針 【ルフィ像】
【熊本】 ルフィの仲間像8人は県内30市町村による争奪戦!? 【麦わらの一味像】

熊本県は昨年11月、栄ちゃんからの寄付金を活用して県庁にルフィの銅像を設置。県は麦わらの一味の他8人(ジンベエを除く)の銅像も設置予定で、設置候補地の案を自治体から募っていました。これに県内の約7割に当たる31市町村が立候補。

候補地の選定には復興につながる「ストーリー」、設置場所の「セキュリティー」、設置後の「活用策」の3点が重視されるそうで、やはり肝となりそうなのは「ストーリー」の部分です。一部の市町村については応募したキャラが明らかになっています。なお、県は出版元の集英社と協議し、4月までに設置場所を決定する方針のようです。


「ワンピース」像、うちにも=漫画キャラ、市町村が争奪戦―「被災地に元気を」熊本

(前略)県はルフィの像を県庁敷地内に設置し、2018年11月の除幕式には約1500人のファンが訪れた。他の仲間8人の像は県内各地に建てることになり、希望する市町村を募った。

 これに全体の7割近い31市町村が名乗りを上げた。設置場所には「復興につながるストーリー」「設置後の活用策」などが求められるが、県は具体的な選定基準を明かしていない。地震から3年となる19年4月ごろまでに決めたい考えだ。

 応募自治体の間では、被害の大きかった地域は選定されるとの見方が強く、他の市町村は知恵を絞る。上天草市は、船を模した展望台がある公園に設置を計画。「天草の海が一望できる場所。船上でコックをしている『サンジ』にぴったり」(堀江隆臣市長)とアピールする。

 南小国町は「霧が立ち込める町内の瀬の本高原こそ、霧の中から初登場した『音楽家ブルック』にふさわしい」と提案した。観光客誘致の起爆剤としての期待も大きく、自治体は地元の名所とキャラクターを絡めた売り込みに心を砕いている。

 震災の傷痕は深く、阿蘇市では鉄道や国道の寸断が解消されていない。同市の秦美保子観光課長は「学生は朝早くから代行バスで通学し、観光客数は落ち込んでいる。市民を明るくする力が欲しい」と像の設置を訴えた。 

時事通信

「ワンピース」仲間8体はどこへ 熊本県31自治体がラブコール

 人気漫画「ONE PIECE(ワンピース)」の主人公ルフィ像に続き、「麦わらの一味」と呼ばれる仲間8体の立像が2019年度から県内各地に設置される。県は、熊本地震復興のシンボルとして近く設置場所を決めるが、県内31市町村が“誘致”を熱望。個性豊かな仲間のキャラクターと地域の魅力を組み合わせたストーリーを練り、アピール合戦を繰り広げている。

 像は、復興支援に多額の寄付を寄せた作者尾田栄一郎さん(44)=熊本市出身=の県民栄誉賞受賞を記念して建設。昨年11月末に県庁プロムナードに設置されたルフィ像は「世界で唯一」の常設像とあって、早くもファンの間で“聖地”の様相を呈している。

 県は仲間8体の設置場所について、市町村が示した「熊本地震の復興につながるストーリー」などを審査し、出版元の集英社とともに選考する方針。31市町村の多くは手の内を明かしていないが、熊日の取材に対し一部が回答を寄せた。

 考古学者ニコ・ロビンは、嘉島町と荒尾市がラブコール。嘉島町井寺古墳など被災文化財の復旧に、荒尾市荒尾干潟の渡り鳥とコマドリの英語名「robin」(ロビン)に絡めて応募した。考古学者だけに博物館や震災遺構も似合いそう。ロビンとともに航海士ナミを1位希望にする両にらみ作戦をとるのは宇城市ナミはミカンが好物で、同市は「デコポン発祥の地をアピールできれば」と期待するが、ミカン産地同士の競合も予想される

 人吉市の“本命”は世界一の大剣豪を目指す戦闘員ロロノア・ゾロ。担当者は「酒豪で米好きのゾロは球磨焼酎のPRに最適。市内には刀鍛冶の体験施設もある」。相良藩家臣で剣豪の丸目蔵人佐[まるめくらんどのすけ]ゆかりの地だけに相性は良さそうだ

 ガイコツ音楽家ブルックに照準を定める南小国町は「特産のジャージー牛乳や音楽を関連づけたイベントを展開したい」と瀬の本高原への設置を希望小国町日本細菌学の父・北里柴三郎生誕の地として、船医トニートニー・チョッパーを狙う。ルフィ同様に立像が等身大なら、ブルックは最大の277センチ、チョッパーは最小の90センチ(人獣型)になる。

 船大工フランキー造船が盛んな長洲町のほか、高森町が名乗り出た。同町は水の都で育った生い立ちと作中の「海列車」の物語が南阿蘇鉄道に似合うと見立てた

 一味のムードメーカーである狙撃手ウソップ甲佐町が希望。植物を武器とするユニークさに目を付け、複数の自治体が自然のPRを狙った物語を描く。料理人で女性に優しいキャラクターのサンジは「恋人の聖地・二俣橋公園にぴったり」という美里町のほか、食のイベントに絡めた誘致の動きがある

 一方、熊本地震で大きな被害を受けた益城町応募キャラを公表していないが、ワンピース好きの職員有志が知恵を絞った企画で応募。担当者は「町や住民を勇気づけられるよう、必ず誘致を成功させたい」と意気込んでいる

熊本日日新聞


「ストーリー」の作りやすさから、意外にもウソップがかなり競合しているようです。そしてミカンの産地の自治体間でナミも競合している模様です(古墳の多い熊本ではロビンも競合しそうなものですが)。ここで明らかになっているものに限れば、ユニークなアピールポイントを持つ人吉市=ゾロ、小国町=チョッパーは有力候補と思われます。


【熊本】 ワンピースカフェ 2月から1ヶ月限定開業、TGC熊本コラボ
【熊本】 ルフィ像、お披露目 【除幕式】
【熊本】 熊本県庁職員有志が集った「熊本県庁の一味」とルフィ像 【非公式】
【熊本】 『ONE PIECE』熊本復興プロジェクト 第3弾
【熊本】 東京ガールズコレクション『ONE PIECE』コラボイラスト公開
【熊本】 ルフィの仲間像8人は県内30市町村による争奪戦!? 【麦わらの一味像】
【熊本】 東京ガールズコレクションと『ONE PIECE』のコラボが決定、来年4月開催
尾田栄一郎氏に熊本県民栄誉賞、贈呈式に直筆メッセージ 【熊本】
【熊本】 尾田栄一郎、故郷の熊本の新成人へ特別メッセージ 【成人式】 
【熊本】 『ONE PIECE』熊本復興プロジェクト 第2弾
熊本産みかんとナミのコラボ再び「ONE PIECEみかん」発売 
【熊本】 復興支援イラスト…尾田先生が描く ゆるキャラ達 【東日本大震災】
【熊本】 「熊本国際漫画祭」開催、人気漫画家の特別応援イラスト展示も 
【熊本】 尾田栄一郎直筆サイン入り海軍パーカー 落札価格は・・・! 
【熊本】 尾田栄一郎『ONE PIECE』で故郷を応援!熊本復興プロジェクト
田中真弓さんが知人に送った熊本県被災地へのメッセージ 【熊本地震】
【熊本】 麦わらの一味が熊本県の農業を応援!「ONE PIECE」絵柄のプレミアム付商品券発売

拍手

1月7日発売の週刊少年ジャンプ2019年6・7合併号の誌面では連載作家陣25名が本年の抱負を書初めした色紙のプレゼント企画が実施されています(応募締切:1月21日)。

2019年ジャンプ連載作家書初め色紙プレゼントキャンペーン

【応募方法】
郵便はがきの裏に、氏名・年齢・住所・電話番号と欲しい色紙の番号を明記した上で、このページの応募券を貼って下記の宛先(※誌面記載)までお送りください。抽選で各色紙1名、合計26名様に「2019年ジャンプ連載作家書初め色紙」をプレゼントします。

応募締切:2019年1月21日


拍手

■ Portrait.Of.Pirates “LIMITED EDITION” トニートニー・チョッパーVer.OT
2019年5月下旬発送予定
メーカー:メガハウス
販売:メガトレショッププレミアムバンダイジャンプキャラクターズストア東映アニメーションオンラインショップ、麦わらストア
受注期間:2019年1月11日~3月4日予定
原型製作:Mジャンゴ
彩色:たぅもけい
価格:5,000円

【商品仕様】
彩色済み完成品フィギュア
内容:本体(※ぱんけーきに座った状態で完成品です。専用台座はありません)
サイズ:全高約11センチ

【商品説明】
絶好調のP.O.Pワンピースシリーズより、麦わらの一味の船医トニートニー・チョッパーが、シリーズ発売15周年を飾るにふさわしい完全新規造形で登場します。
今回は世界的なスポーツイベントのマスコットキャラクターをデザインした、谷口亮氏とのコラボが実現!谷口氏による「大好きなお菓子を身にまとった、パフェみたいなチョッパー」を、デザインイメージそのままに立体再現しています。
作品ファンやP.O.Pファンならずとも夢中にさせる可愛らしさで、フィギュア初心者の方々にも是非手に取って頂きたい商品となっています。

【谷口亮コメント】
<デザインコンセプト>
今回「チョッパーを僕なりの可愛らしさで」とのお題を受けて、もうすでに可愛らしいチョッパーをどうアレンジしたらまた違った可愛らしさが出せるのだろうか悩みました。可愛い、可愛い……と悩んでいた時、妻がよく「(僕の)お菓子の絵の色使いが可愛い」と言ってるのを思い出し

「チョッパーだしお菓子だ!」⇒「もういっそのことパフェにしてしまおう!」

ってな感じで今回のデザインができました。世界的にも有名なキャラクターをアレンジさせてもらうことは大変光栄なことでした。少しでも多くの人にチョッパーのまた違った可愛さが伝わってくれれば嬉しいです。


世界的なスポーツイベント=2020年東京オリンピックのマスコットキャラクターにデザインが採用されたイラストレーターの谷口亮さんとのコラボとなったトリッキーなP.O.Pです。P.O.Pでチョッパーの原型を長く担当されている(原型師コンビ・ジャンゴの)Mジャンゴさんの手により、お菓子と一体化したチョッパーがデザイン通り立体化されています。Ver.「OT」の意味は不明ですが、東京オリンピック(Tokyo Olympics)の略でしょうか?w

拍手

1日、ONE PIECE公式Instagramにて栄ちゃんの誕生日をお祝いして、『ONE PIECE』連載950回記念を祝して編集部から栄ちゃんに贈られた記念トロフィーが公開されています。というのも、このトロフィーがホールケーキアイランド編に出てきたウェディングケーキを模したものだからです。


週刊少年ジャンプでは連載50回ごとに編集部から漫画家に記念トロフィーが贈られるのは割と知られている話ですが、連載950回ともなると流石にトロフィーも立派なものです。・・・というか、『ONE PIECE』は連載950回にはまだ到達していないわけですが(この点を指摘しているInstagram上のコメントは見当たりません)。

2019年1月現在でも連載話数は928話であり、この記念トロフィーの日付は平成30年(2018年)7月13日?です。このことから連載回数=連載話数を表していないことが分かります。そして、担当編集の投稿文によると「週刊少年ジャンプでは、年に1度、連載50回を重ねることに記念のトロフィーを送り、連載を表彰する」だそうで、なるほど、連載1周年で簡易的に50回とカウントするものと読み取れます。

しかし、そうなると『ONE PIECE』連載20周年の一昨年で連載回数は1000回に到達することになり、計算が合いません。

週刊少年ジャンプは年間大体52号まで発行され、うち4回程度(年末年始2回、ゴールデンウィーク1回、盆休み1回)合併号を含むため、正味の巻数は48冊程度です。「年に1度」とは投稿文の制約から端折って説明しているのでしょうか。しかし、年間48回と簡易的にカウントしても昨年の連載21周年の時点で連載回数は1000回に到達することになります。

そこでさらに休載を年間2-3回は編集部が想定している(3回×1週間=21日。週刊連載漫画家の有給的な?)と仮定して、連載回数を年間45-6回でカウントしているとすると、ようやく昨年の連載21周年の時点で連載回数がおよそ950回となります。

この仮定が正しければ、連載が長く続けば続くほど、実際の連載話数と記念トロフィーの連載回数との間にあるズレが大きくなっていくわけです。ともかく今年中には連載1000回を祝した記念トロフィーが贈られることになりそうです。1000回ですからね。一体、どんなものが贈られるのか。きっと、公式Instagramで公開されることでしょうから、楽しみではあります。


【賀正】 尾田先生から年賀イラストが届いたぞ! 【2019】
ONE PIECEスタッフ公式 Instagram(インスタグラム)始動

拍手

≪ Next  

[1] [2] [3] [4] [5] [6]