LOGPIECE(ワンピースブログ)〜シャボンディ諸島より配信中〜
ONE PIECEのBLOG、略してLOGPIECE。 ワンピースフィギュアを飾って楽しんでます。

シャボンディ新聞(twitter)
ファンアート
最新コメント
[10/16 m]
[10/13 名も無き島民]
[10/11 coppa]
[10/10 名も無き島民]
[10/09 TEREEY]
[10/09 ガム]
[10/06 coppa]
[10/06 わたしだーれだ]
[09/26 K]
[09/22 名も無き島民]
ブログ内検索
懸賞金(アクセスカウンター)
-
先日ブログページONE PIECE図鑑(ビブルカード)のリストを新しく設けたわけですが、リストの冒頭はスターターセットVol.1発売の時点で、以下のようになっています。



ビブルカードはキャラクター一人ずつに通し番号が付けられており、通し番号の基準はNo.0001〜0009までがルフィから始まりブルックまで、すなわち麦わらの一味となっており、No.00014以降はロジャー、アンジョウ、モンスター、シャンクスと、原作本編の登場順になっていることが分かります。

さて、ここでどうしても気になってくるのがNo.0010〜0013までの現状欠番になっているキャラクターについてです。ただし、No.0010はジンベエで間違いないでしょう

ですから、ここで問題となるのはNo.00110013までの3人のキャラクターについてです。

仮にNo.0013までが麦わらの一味だとすれば、あと3人も仲間が増える可能性があることになります。モモの助、イヌアラシ、ネコマムシであれば話が早いわけですが、どうなることやら。いずれにせよ、麦わらの一味をわざわざ通し番号の冒頭に持ってきているということはルフィの仲間の数は構想上もう確定して変更はないという自信が窺えます。

この場合、面白いのは、キャラクターは通し番号を当然2つ持つことはないため、No.0011〜0013が埋まる前に図鑑に登録されるキャラクターは麦わらの一味の仲間にはならないことが確定するということです。ちなみに、ビビがNo.0013に入るという粋な計らいも考えられます。それにしても仲間は2人増えることになるわけですが。追記)メリーとサニーが入る可能性も・・・(追記終)

もう一つの考える必要があるのは、原作本編の登場順の通し番号が本当にNo.0014から始まるのかということです。第1話冒頭のコマには確かにロジャーが登場しますが、同じコマには首斬り役人が2人描かれています。この首斬り役人とロジャーの回想エピソードが今後描かれるとすれば、No.0012とNo.0013が原作登場順で埋まる可能性はなきにしもあらずです。ただし、その可能性は低いと思います。

栄ちゃんのインタビューにおける「仲間はまだ9人」という発言や「仲間はまだ揃っていません。まだ続々と現れます」という主旨の発言を踏まえれば、仲間が3人増えるという展開は十分にあり得るものだと思います。

No.0011〜0013には一体誰が入るのか?
ONE PIECE図鑑の大きな楽しみの一つです。


ビブルカード(ONE PIECE図鑑)リスト
【VIVRE CARD】 ONE PIECE図鑑を集めるぞいっ!!
尾田栄一郎「物語は80%くらい」進んだけど「仲間はまだ9人」、最後は「大宴会で終わりたい」
【台湾】 尾田栄一郎「仲間はまだ揃っていません。まだ続々と現れます!」

拍手

近日放送予定のワンピ関連の番組 

9/17 (月) 22:45 ~ 23:15 NHK総合「のぞき見ドキュメント 100カメ」

【番組内容】
ひとつの場所に100台の固定カメラを設置して、人々の“生態”を観察する番組。インタビューもナレーションもなし、まさに「のぞき見」。今回の舞台は、毎週175万部を発行する「日本一売れる雑誌」、週刊少年ジャンプ編集部。創刊50年、ヒットを続ける秘密は何か?各編集者の机、足元、会議室、廊下、冷蔵庫の中まであらゆる角度から観察。個性的な編集者たちの決定的な一瞬や、思わず「あるある」と共感する人間関係が!

【司会】オードリー


『ONE PIECE』の電話打ち合わせの様子も映っているそうです。

拍手

第917話「食糧宝船」

TOPICS
・染物職人ベラミー
・馬並な女
・盗賊 酒天丸
・カラクリ刀

拍手

原型師の造形技術とバンプレストの製品化力を広くアピールするイベント「バンプレスト フィギュアコロシアム」。これまでに『ドラゴンボール』を扱う「造形天下一武道会」と『ワンピース』を扱う「造形王頂上決戦」が国内の商業原型師達によって行われてきましたが、昨年からは海外の原型師を交えたプロ・アマ不問の「バンプレストワールドフィギュアコロシアム」という世界大会に生まれ変わりました。

今大会で扱う作品もやはりこれまでと同様に『ドラゴンボール』と『ワンピース』で、参加原型師はそれぞれ9人となり、海外枠が2つ、国内枠が1つ増えました。今回の審査結果の発表は本年度のジャンプフェスタ(12月22日・23日)で行われる予定とのことです。商品化については不明です。

BANPRESTO WORLD FIGURE COLOSSEUM 2018

特設サイト:http://banprestowfc.com

【開催概要】
・バンプレスト フィギュア コロシアム(※以下:BWFC)は造形の殿堂である。そこに集うのは「最強のフィギュアとは何か?」を追求する使命を帯びた原型師たちだ。
・大会運営部は世界各国から腕利きの原型師たちを集めた。彼等こそが2018年の「BWFC」に挑む造形戦士となるのだ。
・「造形天下一武道会」と「造形王頂上決戦」参加者の中からそれぞれに9名の戦士が振り分けられる。
・各戦士はリストアップされたキャラクターの内から、自分の代表となるアバターを選び、ポーズ、デザインを自由に考え、造形する事が出来る。
・この大会は原型師の世界では珍しく、ポーズ・デザイン・造形手段などが予め指定される事は無い。まさに原型師たちの究極バトルなのだ。粘土、彫刻刀、3Dモデリングツール…。選べる武器も無限ならば、出てくるフィギュアの可能性も無限と言えよう!
・戦士達はアトリエに戻り、自分が選択したキャラクターの究極表現を研究し、造形に挑む。 果たして誰が勝利するのか? 今はまだ誰もその答えを知らない…。
・ドラゴンボール、そしてワンピースの世界観をを知り尽くしている審査の方々が、投票し、キャラクターの個性やクオリティーを判定する。その結果は今年の「ジャンプ・フェスタ」で発表!

【賞金】
<優勝賞金>
「造形天下一武道会」と「造形王頂上決戦」。それぞれのトップに輝く原型師は1人ずつ。さぁ、世界で初の「BWFC」グランドプライズと賞金10,000ドル(USD)をつかむのは一体誰だ!?

<ファンアワード>
もちろん観戦しているファンの皆もお気に入りフィギュアへの投票が可能だ!「造形天下一武道会」と「造形王頂上決戦」それぞれ1名、誰よりも多いファンの支持を得た原型師には、ファンアワードと賞金3,000ドル(USD)が贈られる。

【参加原型師】
「造形天下一武道会/ドラゴンボール」
・ERICK SOSA(メキシコ)・・・製作キャラ:トランクス
・MRS(スペイン)・・・製作キャラ:ベジータ
・JEM GONZALES(フィリピン)・・・製作キャラ:SSロゼ悟空ブラック
・LEE DOO YEON(韓国)・・・製作キャラ:第2形態フリーザ
・G.O(韓国)・・・製作キャラ:孫悟空(少年)
・VAROQ(日本)・・・製作キャラ:人造人間17号
・山下マナブ(日本)・・・製作キャラ:孫悟空
・中澤博之(日本)・・・製作キャラ:孫悟空
・松浦健(日本)・・・製作キャラ:ピッコロ

「造形王頂上決戦/ワンピース」
・RAUL(スペイン)・・・製作キャラ:サボ
・RONALD GEBILAGUIN(フィリピン)・・・製作キャラ:ジンベエ
・WU HAN(中国)・・・製作キャラ:シャーロット・カタクリ
・FRENCH DOLL(韓国)・・・製作キャラ:ナミ
・GORAESH(韓国)・・・製作キャラ:ウソップ
・福家悠太(日本)・・・製作キャラ:首領クリーク
・ウロタ:髙橋晋太郎(日本)・・・製作キャラ:サンジ
・山口範友樹(日本)・・・製作キャラ:ルフィ
・KENGO(日本)・・・製作キャラ:ウソップ


拍手

『ONE PIECE』の企画展「Hello, ONE PIECE ~ルフィが町にやってくる!~」が中国の6都市で、今年の11月から18ヵ月間に渡って巡回開催されることが決定したそうです。中国で初出展となるイラストもあるようです。

中国6都市で人気漫画「ONE PIECE」の巡回企画展

 中国人民対外友好協会と株式会社黄山美術社は5日、北京で記者会見を開き、漫画家・尾田栄一郎の人気漫画「ONE PIECE」の巡回企画展「尾田栄一郎監修 Hello, ONE PIECE 路飛来了!」が中国の6都市で今年11月3日から18ヶ月間にわたって開催されることを発表した。先陣を切るのは深センで、11月3日から2019年1月15日まで開催される。人民網が報じた。

「ONE PIECE」は1997年の「週刊少年ジャンプ」34号で連載をスタートさせてから、世界中で絶大な人気を誇り、今年7月の時点で、世界での単行本の累計発行部数は4億4000万冊に達している。

記者会見で中国人民対外友好協会の宋敬武・副会長は、「今年はちょうど中日平和友好条約締結40周年という節目の年を迎えた。『ONE PIECE』は、世界的な影響力を持つ漫画作品で、勇敢に夢を追う精神、決して諦めない精神は、中日の若者に積極的な影響を与えている。企画展は、プラスのエネルギーに満ちた青年文化交流の場となるだろう」と期待感を示した。

巡回企画展の会場には、尾田栄一郎が「ONE PIECE」を描く際に使っている等身大のデスクが展示されるほか、巨大な自筆原稿も中国で初めて展示される。その他、企画者はクラッシクバージョン「ONE PIECE」外伝も特別に製作し、日本の伝統文化・浮世絵風に描いたワンピースのイラストも展示される。また、仮想現実(VR)装置を使いイラスト製作を体験できるコーナーや人と同じ大きさのキャラクターと記念撮影ができるコーナー、集英社が企画した関連グッズ約1000種類が購入できるコーナーなども設けられるという。

人民網日本語版


「クラシックバージョン「ONE PIECE」外伝」というのは麦わら道中記のものでしょうか(「企画者は特別に製作し」とありますが)。国内はまだ2都市しか巡回しておらず、アジア圏からもなかなか出て行かないルフィですが、このように新しい展示物が追加されていくことを考えると、ルフィが自分に町にやってくるのは遅くてもいいかなと思います。一体何年後になるのか…そもそも自分の町で開催されるかも分かりませんが。。

なお、今年の11月はシンガポールでも開催されることが決定しています。開催時期が被っているため、企画展に出展される原画は分散されることになるのでしょうか。

尾田栄一郎監修 Hello, ONE PIECE ~ルフィが町にやってくる!~

公式サイト:https://hello.one-piece.com

【開催概要】
1997年に「週刊少年ジャンプ」で連載を開始し、日本国内のみならず、世界中にファンがいる大人気マンガ『ONE PIECE』。連載20周年を記念し、マレーシアで初開催された企画展 「Hello, ONE PIECE」が、このたび各地を巡回することになりました!
色とりどりのカラーイラストや、作者・尾田栄一郎の描き下ろしのVRイラストが体験できるコーナーなどをひっさげて、 君の住む町にも麦わらの一味がやってくるぞ!さぁ、ルフィたちと一緒に冒険の旅に出よう!!

【展示みどころ】
1.5つのキーワードに分け、印象に残る名シーンの原画を展示!
 様々なシーンと台詞を通して、ルフィの魅力を紐解いていくぞ!ルフィを取り巻くキーアイテムをあしらった巨大な立体手配書も必見だ!!

2.原作カラーイラストの原画とパネルの数々を展示!
 彩り豊かなイラストに囲まれて『ONE PIECE』の世界に浸ってみよう!緻密な線や筆のタッチを間近で感じることができるぞ!

3.『ONE PIECE』が生まれた作者・尾田栄一郎のデスクを再現!
 カラーイラストへのこだわりを語った作画映像にも注目!!

4.最新のVRシステムを使って作者・尾田栄一郎の頭の中を覗いちゃおう!
 VR空間の中で麦わらの一味が描かれる様を体験できるぞ!

【開催予定】
<中国・深セン会場>
会期:2018年11月3日~2019年1月15日
主催:中国人民対外友好協会、黄山美術社
会場:海上世界文化芸術中心(中华人民共和国深圳市南山区蛇口望海路1187号)

<シンガポール会場>
会期:2018年11月27日~2019年1月1日
主催:株式会社アイフリークサンタファンド
会場:リゾート・ワールド・セントーサ内マリタイム・エクスペリエンシャル・ミュージアム(Resorts World Sentosa 8 Sentosa Gateway Sentosa Island Singapore 098269e Experiential Museum/MEM)

拍手

≪ Next    Prev ≫

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]