LOGPIECE(ワンピースブログ)〜シャボンディ諸島より配信中〜 【TVレポート】〝3D2Y〟エースの死を越えて!ルフィ仲間との誓い 【実況】
ONE PIECEのBLOG、略してLOGPIECE。 ワンピースフィギュアを飾って楽しんでます。

シャボンディ新聞(twitter)
最新コメント
[11/20 ブロンディの小さなライオン]
[11/19 coppa]
[11/18 名も無き島民]
[11/17 てれさ]
[11/11 coppa]
[11/07 か]
[11/06 coppa]
[11/03 アリ]
[11/02 coppa]
[10/31 名も無き島民]
ブログ内検索
懸賞金(アクセスカウンター)
-
フジテレビ 「土曜プレミアム」 8月30日放送


テレビアニメ「ワンピース」2時間スペシャル「〝3D2Y〟エースの死を越えて!ルフィ仲間との誓い」。今回の2時間スペシャルは特定のキャラクターのエピソードにスポットを当ててストーリーを振り返ることを主とした、これまでの「エピソードオブ」シリーズとは異なり、ルフィの”2年間”の修行期間のうちに起きたエピソードを描いた原作の補完ストーリーになっています。また、アニメ放送15周年を記念した特別作品ということで、かなり気合がこめられて制作されており、これまでと比べて、劇場版とまではいかないものの作画のクオリティはぐ~んと上がっていました。

この記事は私が放送中にツイートしていた実況コメントその補足感想のまとめです。



センゴク: 包囲壁を作動させろ!
冒頭はマリンフォード頂上決戦からルスカイナでの修行に入るまでのダイジェストとなっています。声は全て録り下ろしとなっており、センゴクの声は昨年亡くなった石森達幸さんに代わって大川透さんになっています。その間に発売されたゲームですでに代役を務めているのですが、私は今回初めて聞きました。やっぱり最初は違和感がありますが、合っていないわけではないのでじき慣れると思います。とは言ってもこれからはそんなに登場の機会はないでしょうけども。





今回の作画では線が太く荒々しいタッチ特徴的でした。そのタッチで統一されていれば何も問題ないのですが、レギュラーのテレビアニメのタッチとそのタッチがカットごとでコロコロ入れ替わるのが最初のうち目障りでした。


ルスカイナの猛獣のうなり声は、今回、出番がほとんどないルフィ以外の麦わらの一味声優陣が担当。青いゴリラがブルック(チョーさん)、青い鳥がサンジ(平田広明さん)、黒いウサギ=タフネスラビットがゾロ(中井和哉さん)でした。たぶん。


ビョージャックの点滴のマークは事前に公開されていた設定画では劇物や毒物につくようなドクロマークだったものが、アニメでは白ひげ初登場の時に点滴に描かれていたマークと同じものに変更されています。このマークについてはドフラミンゴのマークに似ているため、今ではコラソンのマークがより似ているため色々考察されていますが、変更前もドクロマークであったことに違いがないため、ワンピースの世界では点滴のマークはたまたまコレと考えるのがやはり無難でしょうか。30年以上前(おそらく33年前)のビョージャックの点滴にも同じマークが描かれていますが、その時ドフラミンゴは6歳。コラソンはその弟です。


ワールド: 王下七武海?なんだそれ?
ビョージャック:そうか、お前は30年もインペルダウンに幽閉されていて知らなかったんじゃの~

この会話かから30年前には王下七武海制度はまだなく、それ以降に作られた制度と分かります。これは新情報ですよ?少なくともハンコックが七武海に加入した13年前にはあるわけですが、創設されたのは大海賊時代以降(24年前~)ということでしょうか。


一瞬だけ新聞に載ったワールドの過去の手配書が写っています。懸賞金は5億ベリー。その前は2億ベリーだったようです。


にょん婆: 一時期、氷漬けの仮眠状態でインペルダウンに幽閉されているという噂は流れてはいたが…

ワールドは黒ひげがインペルダウンを襲撃した際に、Lv.6から脱獄した囚人の一人で、現在78歳でありながら見た目は45歳の時のままという設定です。見た目が若いのは30年もの間、氷漬けにされていたため、肉体が老いていないということのようです。しかし、Lv.5の極寒地獄ならともかくLv.6は無限地獄ですし、氷漬けの囚人を保存しておく巨大な冷室のようなものは描かれていません。しかも、氷漬けだったらどうやって脱獄したというのかw

氷漬けされた巨大な囚人はパンクハザードにもあり、これについては伏線がまだ回収されていませんから、何か関係があるのかもしれません。今回の脚本は栄ちゃんが一度目を通していますから、無い話ではないです。


溺れたルフィがサロメに救出される

ハンコック: ルフィ!

ハンコック: おお!無事じゃったか

ルフィ: いくぞ!ハンコック!

ハンコックあ、はい、あなた/// きゃっ///



バギー一味は王下七武海として初めて召集を受け、海軍本部へ向かっている途中に偶然ルフィらと遭遇し、ストーリーに絡んできます。王下七武海になったばかりであり、”2年前”と特に変わった様子はありません。というか、こいつらまだ囚人服着てるのかよ!w


ワールド:見せてやる!おれの速さを打ち破るなんざ幻想にすぎんということを
     ”モアモア10倍速”!
ワールドのモアモアの実の能力は「触れた物の大きさ・速さを100倍まで高められる」というもの。”モアモア10倍速”ではワールド自身が高速で移動していることから、能力者本人にも能力が有効なようです。つまり、実際にアニメで描かれることはありませんでしたが、体格100倍になることも可能ということです。モアモアの実の”大きさ100倍”についてですが、球の体積が100倍になると直径は高々9倍といったところ。しかし、ワールドは元々体格が大きいので巨大化するとオーズ並みの大きさになれるのかも?



ナイチン 「 ”漢方毒霧”」

服だけ都合よく溶ける漢方拳法の秘技




ナイスお色気。漢方の勉強になりますし、サンジはナイチンの下で修行するべきだった?w


※シャフ度=アニメ制作会社「シャフト」の作品でよく見られる、人物がアゴを上げて斜め下を見下ろす表情およびそのアングル。
アニメオリジナルではハンコック目線の”キレイ”なルフィや妄想の中でのウエディングドレス姿のハンコックなど恋するハンコックのオリジナル描写が沢山あるのですが、特に害もないのでアニメオリジナルをやるならこれからもハンコックをストーリーに絡めていけば楽しいなと。


ラストバトル始まります。



作画タッチも安定して、かつ、よく動くのですが、一時停止してコマ送りしたらこんなルフィが現れました。誰だよこいつ(笑)


なぜかこのカットだけ、ドレスの破れた部分がシースルー仕様になっています。


ルフィ: ゴムゴムの・・・



ルフィ 「拳銃(レッドホーク)!!



ルフィあっ、エースの炎・・・
”レッドホーク”はこうして生まれたのでした。←納得できるかー!w




エンディングパートにサボが登場。原作では直接描かれていないもののその足跡が示唆されていたエースの墓参りの様子が描かれています。台詞は無しでした。人気キャラになることが確約されているようなものですから、声優のキャスティングには注目ですね。


ワールド海賊団のストーリーはいまいちよく分からないものだったのですが、全体を通してみれば、2時間にストーリーを程よく詰め込んだなという印象です。作画はタッチがコロコロ変わるのが目障りだったのは置いといて、レギュラー放送やこれまでの2時間スペシャルに比べれば比にならないほど良かったですし、ワールドゲスト声優の古田新太さんの演技も上手でした。今後もこのクオリティーを望みたいところですが、今回は15周年特別作品ということで特別だったのかなと。次は5年後、アニメ放送20周年に期待ですねw


TVアニメ放送15周年特別作品、尾田先生描き下ろしオリジナルキャラ設定画公開

拍手

この記事にコメントする
Vodafone絵文字i-mode絵文字Ezweb絵文字
NAME:
TITLE:
COMMENT:
無題
風莉
毎度お早い更新お疲れ様です。
アニワンについてはサボが声変わりしてるかどうかが目下の関心事、というより声変わりしてなかったらなんか色々ややこしい気がする主にジャンプに連載してる漫画の主人公的な意味で。

しかし、どうしてアニワンはこう作画クオリティが低いんでしょうか。
他のジャンプ漫画のアニメと比べてもちょっと酷過ぎる、単純にお金の問題なら曲がりなりにも日本で一番売れてる漫画のアニメなんだしもう少し優遇してもいいんじゃ…
2014/08/31(Sun)17:05:43
無題
名も無き島民
ハンコックの色恋はアニオリでもokって意見わかります。
自分が思ったのはミホークやらバギーやら大将など名のあるキャラクターを簡単に使ってほしくないという事です。(アニオリ
)zの時のクザンは物語に厚みを持たせるために、または尾田先生が深く関わっているためにある程度安心して見れたのですが、バギーとルフィが会った時は先生が目を通したとはいえ不安でしょうがなかったです。わざわざ七武海招集する程かとも思いましたし、しなくても同じ展開の話しは作れたと思います。わざわざミホークだすのならゾロがルフィとお互いの存在をしらないまま迷子で現れて敵の幹部一人倒してくれればなんて思いましたがそれは個人的なワガママですね。
自分的にはzの直前のアニオリspが最悪だっただけに今回のは作画も良くなっておりその点は良かったと思います
2014/08/31(Sun)18:51:13
無題
シャボンディ島民
>風莉さん

だってばよ。

作画のクオリティが低いのは「ワンピースのアニメ制作会社が東映アニメーション」で通じますからね、、w 
東映アニメで最近制作したジャンプ作品は「ドラゴンボール改」「ワンピース」「トリコ」ぐらいですか。他のジャンプ連載作品は制作会社が違います。昔の「ドラゴンボールZ」とか「スラムダンク」を作っている時の東映アニメは良かったんですけど、今は作画崩壊が当たり前ですからね。


>名無しの方

強い時のまま凍結保存されていた割りに、あまり強さが伝わってこなかったですよね。止めがホーディと同じなのも印象が悪いです。やっぱり強いのかなと思う幻想もミホークがぶった斬ってくれましたしw

ペローナとミホークはこれから当分出てくる機会がないということでのファンサービスだったと思うのですが、その話だとファンサービスになっていなかったということですね。
2014/08/31(Sun)22:07:40
無題
名も無き島民
サボの声は竹内順子に決まってるんじゃないの?
サボは青年時代も出るから、始めからそうキャスティングされたんだと思うな。
2014/09/01(Mon)10:03:12
Re:無題
シャボンディ島民
あくまでも幼少期のサボの声なので決まってはいないです。もちろん、続行の可能性はあると思いますが、新世界編のサボは22歳なので、さすがに竹内順子さんだと声が軽い気もします。やっぱり少年声ですから。
2014/09/07(Sun) 00:13
無題
名も無き島民
東映アニメでも監督やキャラデザにツテがあれば、ここぞという回では内外の優秀スタッフを連れてこられるんでしょうけど…
オマツリ以降のワンピ映画は作画的にも見どころのあるパートが少なくともひとつはあるようになってますし
優秀なスタッフが育つとすぐ他のアニメに流れちゃうのも辛いところ
今回は普段のワンピに関わってない人が総作画監督だっただけあって、結構目新しい作画がベースだったけど、それを補佐する作画監督が10人もいたのが絵柄が安定しなかった理由でしょうかね?
でも要所要所の原画は豪華だったけど、渡辺さんの人望かもしれません
トリコも終わったことだし、ぜひ普段のワンピに来てほしいところです
2014/09/02(Tue)20:40:55
なぜ!!!
Alice
えいがはすごいい!!、でもがぞおがちさいで T_T
わたしはにほんじんでない
2014/11/02(Sun)22:20:28
≪ Next   │HOME│  Prev ≫

[3280] [3279] [3278] [3277] [3276] [3274] [3273] [3272] [3271] [3270] [3269]