LOGPIECE(ワンピースブログ)〜シャボンディ諸島より配信中〜 日記
ONE PIECEのBLOG、略してLOGPIECE。 ワンピースフィギュアを飾って楽しんでます。

シャボンディ新聞(twitter)
ファンアート
最新コメント
[09/20 coppa]
[09/18 そげきの王]
[09/17 coppa]
[09/15 名も無き島民]
[09/14 ブロンディの小さなライオン]
[09/09 スーパー]
[09/05 名も無き島民]
[09/03 名も無き島民]
[09/01 名も無き島民]
[09/01 名も無き島民]
[08/30 名も無き島民]
[08/29 名も無き島民]
[08/27 名も無き島民]
[08/24 朧プルリル]
[08/18 カッコマン]
[08/12 モーガン]
[08/07 名も無き島民]
[07/30  ]
[07/30 名も無き島民]
[07/29 ks。]
[07/29 ks。]
[07/27 キリ]
[07/26 名も無き島民]
[07/25 伝説の海兵]
[07/20 名も無き島民]
ブログ内検索
懸賞金(アクセスカウンター)
-
週刊少年ジャンプ展VOL.3 公式図録」収録の栄ちゃんのインタビューより。このインタビューは週刊少年ジャンプ2018年34号(ONE PIECE連載21周年記念号)に先行掲載されたもので、ジャンプ掲載分では4分の1程度がカットされていた模様です。カットされていた部分には栄ちゃんの師匠である和月伸宏先生のエピソードもありました。

ONE PIECE 尾田栄一郎 インタビュー

「いやあ、すばらしい。20歳そこそこにしては構成力がすばらしいと思います(笑)」

 『ONE PIECE』第1話が載ったジャンプを見ると、尾田の口からそんな冗談めかしたひとことが出た。実際、その完成度の高さに驚かされる。

「ボツを重ねられた上で描いたものだったのでね(笑)。いよいよ、というつもりで描いた海賊ネタだったし、読み切り版も人気があったんですが……連載が通るまでに、2回ボツにされています。連載できるかどうかの会議に出す時は3話分のネームを提出するんですが、2話目からアーロンやガイモンさんが登場するバージョンとか、いろんなパターンがあったんですよ。2回ボツになって、ようやく通った第1話でした。読み切り時代から、ボツはとにかくたくさんくらっていましたね」(中略)

新人時代の尾田が編集者から言われ続けたのが、「キャラクターがない」ということ。

「ストーリーはずっと研究していたんですよ。ストーリーがあって絵があれば漫画だと思っていたので、キャラクターがないと言われても意味がわからないんですよ。そこから葛藤が始まりましたね」

『ONE PIECE』に個性的なキャラクターがあんなにもたくさん出てくることを考えると、信じ難い話だ。

「今はあほみたいに(笑)たくさん作っていますが、コツをつかむまでは全然できなかった。キャラクターって、何か1つ事件が起きた時に『その人ならどうするか』ということで作れるんですよ。例えば、肉が降ってきたとして……食らいつくのがルフィでしょう?見ているのがナミ、敵かと思って斬るのがゾロ。これがキャラクターです。それをすべての場面で同じように再現できなければいけない。一度世に出たら、読者のほうがキャラクターをつかんでしまうので、僕がルフィらしく描いた上で、さらに読者を驚かせなきゃいけないんです。でも……今だから言えますが、最初のころはルフィのキャラクターですらつかみ切れていなかったんですよ。(かつて尾田がアシスタントをしていた)和月(伸宏)先生に相談したら『まだルフィは何か裏で考えてる』とか『お前の描くキャラクターは腹黒い』とか言われたんですよ。それって作家の計算が見えている、ということですよね。キャラクターが素直に動いていなかったのだと思います」(中略)

「僕は、責任感が強くないんです。もし『ONE PIECE』を終わらせる時が来たら、編集部から『もっと続けてくれ』と言われたところで、それを聞く気もないですしね。僕が終わるのは、僕の自由。まあ……終われないんですけどね。ストーリーがまだまだあるので」(中略)

漫画界を見渡して、こんなことも考えている。

「今、読者が選ぶ雑誌が多様化していって、同じ漫画をみんなが読むということが減りつつあるのは、ちょっと残念だなと思います。これは僕の実体験ですが、昔は『DRAGON BALL』を読んでいることを話したら、すぐに友達ができた。漫画には、そういう役割があると思っていて。特に僕らの子供時代は、ジャンプの役割は本当に大きかった。だから”たくさん売れる”ということには価値があるのだと思う。もっと共通の話題を持ってほしいという意味で、複数の雑誌が合わさって1つになってもいいんじゃないか?と思ったりもします。”アベンジャーズ”的にね(笑)」(中略)

ジャンプを背負っている意識はない、と言い切った尾田だが、話すほどにジャンプのナンバーワンらしい貫禄のようなものを感じ、本当に自負はないのか、重ねて聞いてしまう。

「本当に、その器じゃないんですよ。秋本先生が『こち亀』の連載をやめた時にね、編集部の皆さんにはっきり言ったんです。『僕はエースになるけど、キャプテンにはなれないから』って。秋本先生は、キャプテンなんです。毎週ジャンプを読んで、新人の漫画も知っていて、新年会で1人1人に『君の漫画はここがおもしろいね』って声をかけて回るんですよ。そんなすごいこと、僕にはできない。僕ができるのは、1番をとって、売り上げ的にジャンプを引っ張ること。エースとして、そこは任せて、と思っています」

様々なメディアに展開してきた『ONE PIECE』だが、歌舞伎そして海外ドラマと、ここへ来てまた新しい展開を見せている。

「ここから先は、前人未到というか前例がないことばかりになってくる。怖さもありますが、気楽でもあって。成功者がいると『あの人はうまくいったのに、何でおまえはうまくいかないんだ』と言われてしまうけど、誰も成功していないんだったら、転ぶのも自由ですから。新しいことは、どんどんやっていきたいですね。めちゃくちゃ楽しみです」

『創刊50周年記念 週刊少年ジャンプ展VOL.3 公式図録』掲載インタビューより抜粋


>(仮定)もし『ONE PIECE』を終わらせる時が来たら・・・

>まあ……終われないんですけどね。ストーリーがまだまだあるので
(仮定の否定)
||
能動的に『ONE PIECE』を終わらせる時は来ない
||
『ONE PIECE』を死ぬまでに描き終えることができるか分からない!?

 なん…だと…


尾田先生、ヒロアカ人気で娘に「パパの漫画大丈夫?」と心配される 【堀越耕平対談】
『ONE PIECE』初代担当編集の「尾田栄一郎先生との思い出ベスト3」 【週刊ラジオジャンプ】
尾田栄一郎「物語は80%くらい」進んだけど「仲間はまだ9人」、最後は「大宴会で終わりたい」
尾田栄一郎「ワンピースの正体は自分の心の成長でした みたいな事はしません」【さくらももこ対談】
岸本斉史「連載終わると楽しいよ」→尾田栄一郎「もっと言ってくれ!その時が来るのを楽しみに走り続けるから」
プロデューサー「矢尾一樹を船に乗せろ」尾田栄一郎「どんな役がいい?」矢尾一樹「男っぽくて、無骨な感じ」→フランキー

拍手

gooランキングにて食べたい悪魔の実がアンケート調査されました。昨年もgooランキングで同様の調査が行われていますが、前回はモニターに対するアンケート調査だったのに対して、今回はサイト上での投票サービスを利用したアンケート調査となっており、ランキングは様変わりしています。

調査方法
:gooランキングの投票サービスにてアンケート
投票合計数:2,738票
調査期間:2018年7月17日~2018年7月31日

順位 悪魔の実(能力者) 得票
1  スケスケの実 (アブサロム) 314
2  メロメロの実 (ボア・ハンコック) 268
3  ゴムゴムの実 (モンキー・D・ルフィ) 254
4  オペオペの実 (トラファルガー・ロー) 222
5  メラメラの実 (ポートガス・D・エース、サボ) 213
6  ゴロゴロの実 (エネル) 138
7  スベスベの実 (アルビダ) 120
7  ハナハナの実 (ニコ・ロビン) 120
9  ピカピカの実 (ボルサリーノ) 95
10  ヒエヒエの実 (青雉) 91
11  マネマネの実 (ボン・クレー) 70
12  グラグラの実 (白ひげ、黒ひげ) 54
13  サラサラの実 (スマイリー) 51
14  チユチユの実 (マンシェリー) 50
15  シロシロの実 (カポネ・ベッジ) 46
16  メモメモの実 (シャーロット・プリン) 33
17  モクモクの実 (スモーカー) 30
18  トリトリの実 (ペル) 29
19  イトイトの実 (ドンキホーテ・ドフラミンゴ) 28
19  ヤミヤミの実 (黒ひげ) 28
21  ホルホルの実 (エンポリオ・イワンコフ) 20
21  ホロホロの実 (ペローナ) 20
23  バラバラの実 (バギー) 19
24  ギロギロの実 (ヴァイオレット)
18
25  バリバリの実 (バルトロメオ) 16
26  ナギナギの実 (ドンキホーテ・ロシナンテ) 15
26  ノロノロの実 (フォクシー) 15
26  ユキユキの実 (モネ) 15
29  マグマグの実 (サカズキ) 14
29  ミラミラの実 (シャーロット・ブリュレ) 14
前回圏外のスケスケの実が1位w

前回上位だったチユチユの実、マネマネの実、ギロギロの実、バリバリの実はいずれも順位を落とし、前回ランキング圏外だったスケスケの実スベスベの実がそれぞれ1位と7位に入り、前回13位のメロメロの実が2位になっています。調査方法が変わると、こんなにも下心と欲望が露わになるものとはw


一番欲しい“悪魔の実”の能力ランキング (gooランキング調べ)
ジャンプ史上最高の“おっぱい”を持つキャラクターランキング (gooランキング調べ)
各界著名人が『ONE PIECE』を熱烈応援!橋本環奈のルフィ&チョッパーなりきりグラビアも 【WJ37・38号】

拍手

『ちびまる子ちゃん』のモデルで原作者のさくらももこ先生が乳がんのために亡くなっていたことが27日に発表されました。翌28日、さくら先生と親交があった栄ちゃんは故人を悼んで、ちびまる子ちゃんとルフィのイラストを発表しています。

さくらももこ先生ご逝去に際し、尾田先生より追悼イラストが届きました
対談はもちろん、プライベートでもほんとうに仲が良かったお二人。
さくら先生のご冥福を心よりお祈り致します。

ONE PIECE.com



さくら先生を”ももちゃん”と呼ぶ栄ちゃんは「ちびまる子ちゃん」のアニメ25周年の記念ムック本でも、ルフィ(ルフィまる子)がまる子に肉をプレゼントするイラストを寄せています。ルフィが相手に肉を振る舞うというのは、栄ちゃんの中で最大級の敬意なんですよね。

週刊少年ジャンプの『ONE PIECE』連載18周年の特別企画では、「〝悪魔の実〟を食べるとしたら、何を食べてみたいですか?」というアンケートに対して、さくら先生は〝オペオペの実〟を挙げ、その理由として「能力を有効に使って、みんなの役に立ちたいです」と回答していました。ルフィ役の田中真弓さんは同じく〝オペオペの実〟を挙げて「ガンを体内から取り出してやる!!」と回答しています。やはり、身近な人がガンを経験していると〝オペオペの実〟は夢のような能力に見えるようです。

これは3年前のアンケート企画ですが、もしかするとこの時すでにさくら先生自身がガンの摘出手術を経験していたのかと思うと、泣けてきます。追記)一部の報道によると、2007年頃には既に乳がんを患っていたとのこと(追記終)。


↑こちらはさくら先生の漫画家デビュー30周年記念のムック本の対談企画に掲載された さくら先生によるルフィとチョッパーのイラスト


各界著名人が『ONE PIECE』を熱烈応援!橋本環奈のルフィ&チョッパーなりきりグラビアも 【WJ37・38号】
ちびまる子ちゃんムック、尾田先生がまる子とまる子ヘアーのルフィのイラスト寄稿
尾田栄一郎「ワンピースの正体は自分の心の成長でした みたいな事はしません」【さくらももこ対談】

拍手

映画『僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ~2人の英雄~』が先日、入場者100万人を突破したそうです。入場者特典として配布されたコミックス0巻「僕のヒーローアカデミア Vol. Origin」は限定100万部ということで、ほとんどの劇場では配布が終了している頃でしょうか。本特典冊子に収録されている「堀越耕平先生×尾田栄一郎先生 スペシャル対談」からの抜粋です。

——堀越先生が『ONE PIECE』から受けた影響はありますか?

堀越:なんだろう…。キャラが自分の気持ちを口に出す、というところは影響受けてます。自然とですね。
尾田:でも僕が連載を始めた時代は、風向きが違ったんですよ。ルフィのようにキャラが思ったことを喋るのは恥ずかしいとされていた
堀越:ええっ。でも僕の世代の作家はみんなやってました。
尾田:嬉しいですねー。当時は僕も若かったから、とにかく時代に反発することにこだわっていたんですよ。女性の髪型も内巻きが流行っていたから外巻きに描いてたし

——逆に逆に、と進んで行ったのはどうしてでしょう?

尾田:目立たなくちゃいけないんでね。当時は絵も変だと散々言われてましたよ。だからのちに誰かが僕の影響を受けて漫画家になるなんて、当時は夢にも思いませんでした。
堀越尾田先生の影響を受けて僕、キャラの目が小さくなりましたよ。ただうまく描かないと、何考えてるか分かんなくなるから難しくて…。だから最近は、ちょっと目が大きくなってきてます(笑)ブログ注:誌面では『僕のヒーローアカデミア』コミックス1巻と17巻の主人公デクの目が比較されている)。
尾田僕もそうですね(笑)

——堀越先生、絵以外の部分でも『ONE PIECE』から影響を受けたところはありますか?

堀越:僕、アーロン編が大好きなんですよ。「助けて…」「当たり前だ」の流れがとても!あの辺がカッコよすぎて、ルフィみたいな主人公を描きたいって思うようになりました。あと、今週の『ONE PIECE』やばくないですか(ジャンプをパラパラめくりながら)(ブログ注:906話?)。

——〝世界会議〟で過去キャラがたくさん出てますね。

尾田:衝撃ですよね(笑)。連載が長いと昔のキャラを出す演出もできるんですけど、理解できてないジャンプ読者もたくさんいるんですよ。コミックス派の読者は理解が深いんですけど、ジャンプ読者の皆が皆全部読んでるわけじゃないから、過去の設定ひっぱり出して失敗こくことあるんですよ。
堀越:え、あるんですか?
尾田:あるんです、びっくりするほど票が取れないときが。「人気キャラだから嬉しいでしょ!」って描いたら「知らない」って言われて(笑)。
堀越:ええ〜!
尾田:連載が長いとそういうことも起きるんですね。

——尾田先生の、堀越先生への印象は?

尾田:次世代の大ヒットヒーロー作家。
堀越:信じられない…。
尾田『ヒロアカ』のアニメの曲が娘の遠足のバスで流れたらしくて。みんなめっちゃ盛り上がって、家で「パパの漫画大丈夫?」って娘から心配されましたよ
堀越:ありがたいですけど、それはちょっと…(笑)。
尾田:でも、キャラが多い作品だから心配はしてました。

——どうしてですか?

尾田:キャラが多いほどまとめるのが難しくなるので、描ききれるのかなって。でも、ちゃんとキャラを認識させつつ人気もある。杞憂でしたね。僕ね、ずっと思ってるのが、堀越先生ってコミックスの表紙めっちゃ上手くないですか。センス尖っててかっこいい。工夫して描いてるなって。
堀越:ありがとうございます。嬉しい……嬉しすぎる……。
尾田:これ何で塗ってるんですか?
堀越:フォトショップで。
尾田:パソコン塗りなんだ。
堀越:はい。でも少し飽きがきて、18巻はアナログに戻してまあすね。アナログで塗ってるほうが圧倒的に楽しい。
尾田:アメコミ好きなんですね。画風への影響も?
堀越:はい。『スパイダーマン』や『デッドプール』とか全部読んでいますね。

——キャラの性格でいうと?

堀越:そこはやっぱり尾田先生の影響が大きいです。ルフィのような快活なキャラを描きたい!って思って。でも全然描けなくて。自分っぽい分析屋・オタク気質に明るさを足した末に、主人公のデクで落ち着きました。


実際に劇場に足を運んでみると、劇場版『ワンピース』と比較して小中学生の観客が多い印象を受けました。小中学生に絞れば、確かに『ヒロアカ』の方が人気なのかもしれません。今の小中学生は『ヒロアカ』のアニメ放映にドンピシャな世代ですから、当然と言えば当然でして、もちろん、娘さんに心配されるような不安もないとは思いますが…w

↓こちらは対談の際に描かれたお二人の色紙です。

劇場版『ヒロアカ』入場者特典コミックス0巻、堀越耕平&尾田栄一郎 対談収録
尾田流 【ジャンプ流】(Vol.7 堀越耕平)
【やる夫AA】 やる夫と一緒に斜め読みトピックス 【77巻・魂の夏コレ・メガホビ】( 『ヒロアカ』の堀越先生がUGK団員だった件)

拍手


買ったおwww

拍手

≪ Next   │HOME│

[1] [2] [3] [4] [5] [6]