LOGPIECE(ワンピースブログ)〜シャボンディ諸島より配信中〜 日記
ONE PIECEのBLOG、略してLOGPIECE。 ワンピースフィギュアを飾って楽しんでます。

シャボンディ新聞(twitter)
最新コメント
[11/17 てれさ]
[11/11 coppa]
[11/07 か]
[11/06 coppa]
[11/03 アリ]
[11/02 coppa]
[10/31 名も無き島民]
[10/30 coppa]
[10/27 名も無き島民]
[10/25 ななし]
ブログ内検索
懸賞金(アクセスカウンター)
-
ナツコミの勢いで買ってしまった・・・orz



下ネタが強すぎて早々に打ち切りになる可能性を危惧して、保険で初連載から最強ジャンプを購入していたのですが、普通に単行本化されてしまいました(笑)。

コンプラやら何やらと表現が叩かれる今の時代に、”表現の自由”に生きる主人公のチンピィ。しかし、彼の戦い方は公然わいせつ罪という立派な犯罪。彼もある意味”海賊王”なのかもしれない・・・。



作者の天望良一先生が『ONE PIECE』のアシスタント経験者なので、連載にあたっての裏話が聞けるのかなと期待もしていたのですが、コミックスのおまけページは薄くて読み物もなく残念でした。


ONE PIECEスピンオフ漫画『コビー似の小日山』連載終了
『恋するワンピース』単行本のススメ、尾田先生コラボサイン色紙プレゼントキャンペーン 
『恋するワンピース』伊原大貴先生が可愛い件、先生の11つのコト 
世はまさにスピンオフ時代!?ワンピース公式ギャグ漫画2本、ジャンプ+で連載開始 
パロディ短編企画「ONE PIECE ショート!」【WJ4・5号】 
【問題作】 ONE PIECE公式スピンオフ漫画『CHIN PIECE(チンピース)』がやばい 
漫☆画太郎、新連載『珍ピース』開始3Pで打ち切り?! 【WJ42号】

拍手

はい、こちら7月4日発売の『ONE PIECE』93巻ですね。



コミックスを買ったら、”まずカバーをめくる”、『ONE PIECE』コミックス購読者ならばもう板についている行動だと思います。なぜかと言えば、カバー下の表紙絵にオマケ要素が隠されているから。主にパンダマンが描き加えられていることが多いですが、今回はパンダマンの他に別のモノが描き込まれていました。

拍手



TOHOシネマズのフリーペーパー「TOHOシネマズマガシン」の別冊として、8月9日公開予定の劇場版『ONE PIECE STAMPEDE』を全16ページにわたって特集した「ONE PIECE 特別号」が7月5日から全国のTOHOシネマズで配布されています。この特別号では、映画オリジナルキャラのブエナ・フェスタ役を演じているゲスト声優のユースケ・サンタマリアさんが責任編集となり、ONE PIECEファンのユースケさん自身が『ONE PIECE』を語るインタビュー、ルフィを除く”最悪の世代”船長8人に対するユースケさんの所感、映画予告映像で切り取られているシーンに対するユースケさん目線の解説、アフレコ後のユースケさんの感想、責任編集ユースケさんの後書きが掲載されています。その他に映画のあらすじ、映画オリジナルキャラ3人と麦わらの一味9人とアンが紹介されており、よくある薄っぺらい映画パンフレットよりもよほど内容が濃いものとなっています。無料なのに。

拍手


海賊フェス招待状?

拍手


配信ページ:https://shonenjumpplus.com/episode/10834108156631134195

ジャンプ+(ONE PIECE.comにも同時掲載)で連載されていたONE PIECE公式スピンオフ漫画『ONE PIECE コビー似の小日山~ウリふたつなぎの大秘宝~』(作:なかまる)が7月1日の第47話更新で最終回を迎えました。ちょうど1年間の連載で、昨年から連載が始まった公式スピンオフ漫画4本のうちで最初に完結した形です。『コビ山』は連載前の読切の完成度は高かったですが、設定が長期連載には不向きでしたので、連載47回はジャンプ+での連載と言えど続いた方だと思います。

今回の『コビ山』の最終回に際して話題として面白いのは、ジャンプ+で同じく連載しているONE PIECE』公式スピンオフ漫画『恋するワンピース』の伊原大貴先生が、『NARUTO』最終回の際に栄ちゃんが『ONE PIECE』の扉絵で描いたイラストを模して、『コビ山』のなかまる先生にエールを送るイラストを描いていることです。


↑話題のイラスト

拍手

【映画】 尾田栄一郎直筆の麦わらの一味 設定画 公開 【STAMPEDE】
【映画】 劇場版ストーリー&オリジナルキャラクター公開 【STAMPEDE】
【映画】 ゲスト声優発表、ユースケ・サンタマリア、山里亮太、指原莉乃 【STAMPEDE】
【映画】 第3弾特報、バレットが巨大ロボを操るシーンあり 【STAMPEDE】
【映画】 追加ゲスト声優発表、Fischer’sはフィッシャーズ海賊団として登場 【STAMPEDE】
【映画】 ダグラス・バレットはガシャガシャの実の合体人間! 【STAMPEDE】」の続報です。

8月9日公開予定のアニメ「ワンピース」劇場版最新作『ONE PIECE STAMPEDE(ワンピース スタンピード)』の本予告映像が公開になりました。恒例の入場者特典コミックスのナンバリングは海賊万博にちなんで10,089巻、壱萬八拾九(バンパク)になっており、配布数は300万部だそうです。『ONE PIECE FILM GOLD』同様に入場者特典はコミックスの他にも用意されているようです(第2弾、第3弾?)。おそらくそちらの特典はコミックスより準備数が少ないもので、今回コミックス以外の特典が複数種あるのならば配布時期は異なるものと予想されます。



今回の予告映像ではバレットの前に最悪の世代総出?で立ち並び、戦う様子が描かれています。ロボットのデザインがコミカルなのでそんなに強そうに思えませんが、まとめてやられちゃってます。その場に居合わせた強者達でバレットに対して共同戦線を張ることについてルフィが「絶対大丈夫だよ」ってCCさくらみたいなことを言っているは面白いわけですが、注目なのは前々から指摘しているように、最終的にルフィVSバレットの構図にどのように自然に持ち込むかという脚本の課題ですね。

拍手

≪ Next   │HOME│  Prev ≫

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10]