LOGPIECE(ワンピースブログ)〜シャボンディ諸島より配信中〜 日記
ONE PIECEのBLOG、略してLOGPIECE。 ワンピースフィギュアを飾って楽しんでます。

シャボンディ新聞(twitter)
ファンアート
最新コメント
[05/19 名も無き島民]
[05/19 ki]
[05/14 ks]
[04/30 sx]
[04/29 coppa]
[04/08 coppa]
[04/01 coppa]
[03/11 coppa]
[03/08 ken]
[02/24 朝から]
[02/17 片足の変態]
[02/08 名も無き島民]
[02/07 coppa]
[02/03 coppa]
[01/31 あ]
[01/27 朝から]
[01/20 サイレン]
[01/08 名も無き島民]
[01/07 名も無き島民]
[01/03 coppa]
[12/24 coppa]
[12/22 coppa]
[12/22 coppa]
[12/18 名も無き島民]
[12/12 イカ]
ブログ内検索
懸賞金(アクセスカウンター)
-
やる夫が「ONE PIECE Island Song Collection」シリーズを試聴して感想を一言述べただけの記事です。現在、avex公式サイトの特設ページにてシリーズ全曲が試聴可能になっています(いずれも数フレーズのみですが)。作詞者と作曲者は公式に記載が無く、誤りがあるかもしれません。

ONE PIECE Island Song Collection ドーン島「始まりの宝石」
歌:モンキー・D・ルフィ(田中真弓)
作詞:藤林聖子 作曲:田中公平

<試聴部分>
あの頃と何も変わらない
高鳴る鼓動が連れて行く
次のステージ
胸で輝いた宝石のカケラ
今も光の矢を放って 未来へ続く
あの日あの場所で 手にしていた
とてつもない冒険の種
始まりの宝石


  作詞・作曲の黄金タッグに
  船長の安定の歌い上げだお

拍手


「ジャンプ+α」で連載が始まったコミックエッセイ『ヒット作のツメアカください!』(作:天望良一)の第1回に栄ちゃんが登場しています。本作は様々なクリエイターに創作に関するノウハウなどを取材するインタビュー漫画で、第1回は本作が連載されるきっかけとなった、過去に作者が栄ちゃんに「どうすれば面白い漫画が描けるのか」という質問をしたエピソードが描かれています。

拍手


やって来ました新橋演舞場。目的はもちろん、2015年の初演以来2年ぶりの再演となるスーパー歌舞伎II(セカンド)『ワンピース』を観劇するためです。初演以来2度目の訪問です。

拍手

11月2日に発売されたジャンプ関連書籍のうち、『ONE PIECE 巻87』『麦わらストーリーズ』の他に注目していた本がもう一冊。

To LOVEる-とらぶる-シリーズ10周年アニバーサリーブック とらぶるくろにくる



「とらぶるくろにくる」は週刊少年ジャンプで連載されていた『To LOVEる-とらぶる-』、ジャンプSQ.で連載されていた『To LOVEる-とらぶる-ダークネス』のシリーズ約10年間を振り返る記念本。取材企画では脚本の長谷見沙貴先生と作画の矢吹健先生へのインタビュー、両氏と秋本治先生の鼎談などが掲載。注目のイラスト企画では矢吹先生の描き下ろしイラストの他、矢吹先生が尊敬しているという、あるいは交流がある作家陣22名による10周年を祝うトリビュートイラストが掲載されています。

参加している作家陣は出版社の枠に囚われず、豪華なメンツが揃っており、しかも寄稿されたイラストはカラーで美麗なものばかりの豪華さです。『To LOVEる』のエロ同人誌を出していたことがあるイラストレーターが参加しているのもビックリでした。

<寄稿作家一覧(50音順)>
秋本治/荒木飛呂彦/諌山創/石恵/一本木蛮/岡勇一/尾田栄一郎/小畑健/桂正和/きただりょうま/佐藤友生/椎名高志/椎橋寛/篠原健太/助野嘉昭/空知英秋/高橋留美子/鳥山明/藤巻忠俊/村田雄介/横田卓馬/和月伸宏

拍手


半年ぶり3回目の訪問。秋晴れです。

拍手

やる夫が「京都麦わら道中記~もうひとつのワノ国~」に行ったようです。





  そうだお!京都へ行くおーー!!!





まずは尾田っち取材ポイントの貴船神社に来たお



貴船神社 梶取社

貴船川と鞍馬川が合流する貴船口に鎮座。貴船神社創建の伝説によると、約千六百年前、玉依姫命(たまよりひめのみこと)が大阪湾に御出現になり、『われの留まる所に、水源の神を大事にお祀りしなさい。そうすれば人々の願いには、福運を与えよう。』と言われ、黄色い船に乗って淀川・鴨川をさかのぼり、貴船に辿り着かれました。その時、急流をものともせず巧みに舵(梶)を操ってご案内されたのが梶取大神(かじとりのおおかみ)です。その見事な舵さばきから、古来より航海安全の神、また幸運の梶・万福の梶を取る神であり、また人生の舵(梶)を巧みに操る神であり、現代では車のハンドルを巧みに操る神として交通安全の篤い信仰を集めています


  参道入り口にある末社でお参りするお
  航海安全の神だお

拍手

≪ Next   │HOME│  Prev ≫

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10]