LOGPIECE(ワンピースブログ)〜シャボンディ諸島より配信中〜 日記
ONE PIECEのBLOG、略してLOGPIECE。 ワンピースフィギュアを飾って楽しんでます。

シャボンディ新聞(twitter)
ファンアート
最新コメント
[06/21 m]
[06/14 名も無き島民]
[06/14 coppa]
[06/08 名も無き島民]
[06/06 名も無き島民]
[06/06 名も無き島民]
[06/03 名も無き島民]
[06/02 coppa]
[06/01 ジンガ]
[05/25 名も無き島民]
[05/22 名も無き島民]
[05/21 g]
[05/04 名も無き島民]
[05/03 名も無き島民]
[05/01 coppa]
[04/28 名も無き島民]
[04/27 名も無き島民]
[04/26 名も無き島民]
[04/23 ワンピース太郎]
[04/23 隆明]
[04/23 隆明]
[04/15 coppa]
[04/08 名も無き島民]
[04/08 名も無き島民]
[04/07 名も無き島民]
ブログ内検索
懸賞金(アクセスカウンター)
-


『ONE PIECE』連載20周年を記念して、公式Twitterに続いて『ONE PIECE』公式LINEアカウントが25日に開設されました。早速、公式LINE開設記念として、栄ちゃんの描き下し漫画が投稿されており、公式Twitterとの差別化が図られているようです。Twitterはウェブ上で閲覧できるのに対して、LINEを閲覧するためにはアプリにログインして友達登録をする必要があるため、描き下し漫画見たさに私もついにLINEアカウントを作りましたよ(プライベートなやつですけど)。『ONE PIECE』公式LINEスタンプはアカウント開設前から販売されていますが、栄ちゃん描き下ろしLINEスタンプ配布なんてものも期待できちゃうかもしれません。

なお、昨年12月に開設された公式Twitterアカウントのフォロワー数は先日10万人に到達しましたが、公式LINEアカウントは開設から1週間経たずして、登録者数が既に10万人を突破しています。


※描き下し漫画は落書きのタッチで、定番のルフィのイラスト付きサイン(サイン色紙)をネタにしたものでした。

週刊少年ジャンプの表紙ができるまで!
週刊少年ジャンプ「目次コメント」編集裏話〜『ONE PIECE』の場合
原作公式Twitterに尾田先生が降臨!ONE PIECE連載20周年イヤーのご挨拶
『ONE PIECE』連載20周年イヤー突入 【WJ2017】

拍手

こちらの記事はスマホ向けアプリ「ONE PIECE トレジャークルーズ」(通称:トレクル)の無課金プレイ日記です。トレクル3周年記念が忙しいです。

【やる夫AA】 トレクル無課金航海日誌~その25「トレクル3周年」 【フレンド船長募集中】


価値の希薄化がすっごいお

拍手

こちらの記事はスマホ向けアプリ「ONE PIECE トレジャークルーズ」(通称:トレクル)の無課金プレイ日記です。

【やる夫AA】 トレクル無課金航海日誌~その24「超進化の選択」 【フレンド船長募集中】



>「超スゴいヤツ」をいずれか1体プレゼント

え?もらちゃっていいのかお

拍手


GWにニュージーランドにやって来たおw

拍手

PEACH JOHN × ONE PIECE コラボ下着&水着 発売
PEACH JOHN × ONE PIECE コラボパジャマ&ルームシューズ 発売


  発売から3週間経ったし
  自己顕示欲の高い女子達が既に写真を投稿しているはずだお
  くっくっくっ…

※天使梨桜(グラビアアイドル)

拍手

『ブラッディ・パーティー』
作詞:尾田栄一郎 作曲:田中公平
歌:ビッグ・マム(小山茉美)

<作曲者・田中公平さんのコメント>
尾田先生の原稿を読んで、不気味なワルツのメロディが浮かび、最後まですぐにイメージがわいて作曲しました。出来上がりに尾田先生からもお褒めの言葉をいただきましたよ。ミュージカルの舞台や映画を観たことがないって人には、今回の「ブラッディ・パーティー」をアニメで観てミュージカル楽しそうだなって思ってもらいたいですね。


フジテレビ同時ネットだと4月30日放送だったのですが、もう皆さんご覧になったでしょうか?
原作827話に相当するアニメ786話「万国! 四皇ビッグ・マム登場」では、ビッグ・マム海賊団が歌っているシーンのために、アニメ「ワンピース」の楽曲制作でお馴染みの田中公平先生がミュージカル曲「ブラッディ・パーティー」を作曲。作画も本気度MAXで、ミュージカルシーンを切り抜いてYouTubeに公開された公式動画は納得の好評価となっています。

ビッグ・マム編は元よりディズニー版の『ふしぎの国のアリス』を連想される世界観ですが、それを改めて感じさせるミュージカルシーンでした。

拍手

≪ Next   │HOME│  Prev ≫

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7]