LOGPIECE(ワンピースブログ)〜シャボンディ諸島より配信中〜 北米マンガ市場の2011年上半期 「ナルト」1位「ブリーチ」2位、、「ワンピース」11位
ONE PIECEのBLOG、略してLOGPIECE。 ワンピースフィギュアを飾って楽しんでます。

シャボンディ新聞(twitter)
最新コメント
[11/11 coppa]
[11/07 か]
[11/06 coppa]
[11/03 アリ]
[11/02 coppa]
[10/31 名も無き島民]
[10/30 coppa]
[10/27 名も無き島民]
[10/25 ななし]
[10/19 フィギュア置く場所ない]
ブログ内検索
懸賞金(アクセスカウンター)
-

 北米における2011年上半期(1~6月)の「マンガ売上ベスト25」が8月18日に発表され、「NARUTO‐ナルト‐」が首位を獲得。2位に「BLEACH‐ブリーチ‐」、3位には「ヴァンパイア騎士」がランクインした。

 この調査は、北米のポップカルチャー業界に詳しい市場調査会社ICv2が、マンガ販売店、製造会社などのインタビューに基づいて行ったもの。上位10作品は以下の通り。

1位:NARUTO‐ナルト‐
2位:BLEACH‐ブリーチ‐
3位:ヴァンパイア騎士
4位:黒執事
5位:DEATH NOTE
6位:BLACK BIRD
7位:ロザリオとバンパイア
8位:鋼の錬金術師
9位:ドラゴンボールZ
10位:ソウルイーター

 1位にランクインした「NARUTO‐ナルト‐」は、主人公のうずまきナルトが里一番の忍者である火影を目指し、数々の試練を乗り越えながらも成長していく忍者マンガ。単行本の国内累計発行部数が1億冊を超えるなど国内でも高い人気を誇る。2009年には米ヤフーの検索ワードランキングで6位につけたこともあり、依然として米国での「ナルト」人気は健在のようだ「ナルト」や2位の「BLEACH‐ブリーチ‐」は、忍者や刀など"日本的な要素"が多く登場する作品であり、それがランキング上位を獲得した要因の一つとして挙げられるだろう。

 さらに3位には「ヴァンパイア騎士」、6位には「BLACK BIRD」など、日本ではそれほど売上の上位に来ない少女マンガが多数ランクインしており、少女マンガが北米で高い人気を博していることがうかがえる。実際、北米では数年前まで少女マンガが出版されておらず、市場は男性向けに偏っていた。そこに日本の少女マンガが登場して、女性向けの市場を開拓したため、北米における少女マンガの需要は高くなっている。

 なお日本では不動の1位を誇り、オリコンが発表した2011年の上半期(2010年11月22日~2011年5月22日)コミック売上部数ランキングでは、「ナルト」(3,035,593)と比べて、7倍以上を記録した「ONE PIECE(ワンピース)」(23,366,030)だが、北米ランキングでは10位以内には入っておらず、11位にランクインしている

(ニコニコニュース)


25位までのランキングはこちら。


Rank Title Publisher
1 Naruto(ナルト) Viz Media
2 Bleach(ブリーチ) Viz Media
3 Vampire Knight(ヴァンパイア騎士) Viz Media
4 Black Butler(黒執事) Yen Press
5 Death Note(DEATH NOTE) Viz Media
6 Blackbird(BLACK BIRD) Viz Media
7 Rosario + Vampire(ロザリオとバンパイア) Viz Media
8 Fullmetal Alchemist(鋼の錬金術師) Viz Media
9 Dragonball & DBZ(ドラゴンボール) Viz Media
10 Soul Eater(ソウルイーター) Yen Press
11 One Piece(ワンピース) Viz Media
12 Maximum Ride Yen Press
13 Alice in the Country of Hearts(ハートの国のアリス) Tokyopop
14 Hetalia(ヘタリア) Tokyopop
15 Yu-Gi-Oh!(遊戯王) Viz Media
16 Pandora Hearts(Pandora Hearts) Yen Press
17 Bakuman(バクマン) Viz Media
18 Fruits Basket(フルーツバスケット) Tokyopop
19 Dendeki Daisy(電撃デイジー) Viz Media
20 D. Gray Man(D.Gray-man) Viz Media
21 Yotsuba!(よつばと!) Yen Press
22 Ouran High School Host Club(桜蘭高校ホスト部) Viz Media
23 Shugo Chara(しゅごキャラ!) Del Rey Manga
24 K-On!(けいおん!) Yen Press
25 High School of the Dead(学園黙示録 HIGHSCHOOL OF THE DEAD) Yen Press

作品名の後ろに( )をつけていない12位の「Maximum Ride」以外すべてマンガ(※日本産の意)です。

現在連載中のジャンプ王道3本柱の「ワンピース」、「ナルト」、「ブリーチ」のうち、「ワンピース」が「ナルト」と「ブリーチ」に大きく突き放されています。
いや~、外国人は忍者が好きというのはガチですからね。”日本らしさ”が出ている「ナルト」と「ブリーチ」に対し、無国籍世界観の「ワンピース」が大きく水をあけらえた形です。前者が外国人でも入り込み易いバトルマンガであるのに対し、「ワンピース」がストーリーマンガということも原因の1つでしょう。

ところで「人気」と聞いて、勘違いされるといけないので断っておきますと、北米のマンガ/コミックスの市場規模(雑誌売り上げ+単行本売り上げ)はとても小さいです。というか日本の市場規模がバカでかいだけなんですけどw
日本のマンガ市場約4000億円(2009年)に対し北米のマンガ市場1億4000万ドル(2009年)しかありません。現在の円相場は1ドル70円台と大変円高なので、90円ぐらいで計算しておきますけど、そうすると約130億円となり、日本のマンガ市場のわずか3%しかありません。しかもマンガは翻訳が入っているため価格が高い!売り上げ部数になると3%よりもっと少ないわけです(日本のマンガ単行本発行部数は年間約7億部。一番売れている「ナルト」でも20万部程度らしいです)。北米のコミックス(※北米産の意)市場も高々3億ドルしかありません。

北米において「マンガ・コミックスは子どもが読むもの」という認識が一般的で、サブカルチャーとして日本のように広く大衆に浸透しているものではないんですよね。マンガは高校生までで、大学生が読んでると子どもだなって思われる風潮らしいです。読んでつまらないと言うなら結構なのですが、多くが「読まず嫌い」でしょうから残念です。「ワンピース」は大人が読んでもおもしろいんだってばよ!(ぇ

北米でマンガが主にどういった人たちに読まれているかというと、いわゆる「ヲタク」です。ランキングに入っているタイトルには”ヲタ色”が強いものがちらほら。そんなランキングの中ワンツーを決めた「ナルト」と「ブリーチ」。・・・やっぱり外国人は忍者が大好き。

拍手

この記事にコメントする
Vodafone絵文字i-mode絵文字Ezweb絵文字
NAME:
TITLE:
COMMENT:
無題
グダグダの実
うっはw黒執事けっこう上位にいる
たしかに海外のアニメは子供っぽいのが多いですね
シンプソンとかハピツリ見てるわたしって・・・
フルーツバスケットって海外で人気あったってきいたことあるけどそれほどでもなかったんですね
2011/08/25(Thu)01:12:43
無題
シャボンディ島民
フルバはかつての1番人気ですね。「ナルト」によってセールス記録は塗り替えられました。
>海外のアニメは子どもっぽいのが多い
日本も変わりませんよw
シンプソンやハピツリはコミックスないんじゃないでしょうか?よく知りませんけど。。
ちなみに私はサウスパークが好きでした。吹き替え無くなったシリーズから見なくなってしまいましたね。
2011/08/28(Sun)07:42:09
≪ Next   │HOME│  Prev ≫

[1129] [1127] [1126] [1125] [1124] [1123] [1122] [1121] [1120] [1119] [1118]