LOGPIECE(ワンピースブログ)〜シャボンディ諸島より配信中〜 【ニュース】 『FILM Z』公開10日間で動員260万、興収30億円突破
ONE PIECEのBLOG、略してLOGPIECE。 ワンピースフィギュアを飾って楽しんでます。

シャボンディ新聞(twitter)
最新コメント
[11/19 coppa]
[11/18 名も無き島民]
[11/17 てれさ]
[11/11 coppa]
[11/07 か]
[11/06 coppa]
[11/03 アリ]
[11/02 coppa]
[10/31 名も無き島民]
[10/30 coppa]
ブログ内検索
懸賞金(アクセスカウンター)
-


『ONE PIECE FILM Z』70億円狙うハイペースでV2!お正月興行No.1へ
 クリスマスイブを含む3連休となった先週末の動員ランキングは、『ONE PIECE FILM Z ワンピース フィルム ゼット』が2週連続首位を獲得した。3日間の成績は動員が83万5,720人で、興収が10億2,181万350円。さらに公開10日間の累計は、動員261万1,284人、興収31億7,636万7,450円と、早くも興収30億円を突破した。

 この好調を受け配給元の東映では、入場者特典の「コミックス第千巻」を200万冊増刷。今週末から本格的なお正月興行に突入することで、さらなる集客が期待され、「最終興行収入70億を突破する見込み」としている。

 全世界で上演されてきた大ヒットミュージカルの映画化作品『レ・ミゼラブル』は2位に初登場。金曜日に全国360スクリーンで公開された本作は、土日2日間で動員22万9,225人、興収2億9,541万6,850円を記録。連休を含む4日間の成績は、動員41万9,361人、興収5億3,617万8,950円となった。特に都市部で強さを見せており、TOHOシネマズ 六本木ヒルズでは、4日間で1万3,000人弱を動員した。

 公開3週目の『今日、恋をはじめます』は3位を維持し、累計動員81万3,936人、累計興収9億6,393万3,850円を記録。公開4週目の『007 スカイフォール』は4位で2ランクアップ。『ホビット 思いがけない冒険』は5位をキープ。『仮面ライダー×仮面ライダー ウィザード&フォーゼ MOVIE大戦アルティメイタム』は6位。『映画 妖怪人間ベム』は5ランクダウンの7位で、累計動員37万4,083人、累計興収4億3,444万1,350円となった。

 8位には堺雅人、菅野美穂主演の『大奥~永遠~[右衛門佐・綱吉篇]』が初登場。全国307館で公開され、連休3日間で動員11万512人、興収1億3,826万9,600円を上げた。客層は20代から60代の女性が中心で、カップルも集まったもよう。9位の『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』は、公開6週で累計動員は336万6,359人、累計興収は46億3,892万4,650円。今週末から入場者への描き下ろしポストカードの配布も始まるとのことで、さらなる動員に期待。10位は『フランケンウィニー』、公開4週目の『劇場版イナズマイレブンGO vs ダンボール戦機W』は11位と圏外に落ちてしまった。

 今週末は『トワイライト・サーガ/ブレイキング・ドーン Part 2』『青の祓魔師(エクソシスト) 劇場版』『ゾンビデオ』などが公開予定となっている。(ランキング・数字などは興行通信社、文化通信社、配給調べ)

(シネマトゥデイ)


【国内映画ランキング】「ONE PIECE」盤石のV2。「レ・ミゼラブル」が2位デビュー
12月22~23日の国内映画ランキング(全国週末興行成績・興行通信社提供)が発表された。前週、今年公開作品でナンバーワンのスタートを切った「ONE PIECE FILM Z」が今週も首位を守った。入場者に無料で配布されるコミック「千巻」を200万部増刷し、見込み客を早めに刈り取る作戦が奏功、この3連休の動員は83万5720人、興収10億2181万0350円。累計で261万1284人、31億7636万7450円となっている。となると、「千巻」はまだ130万部あまり残っている計算。(後略)

(映画.com)

『ONE PIECE FILM Z』でアヴリルが2週連続アニメチャート制覇
 映画『ONE PIECE FILM Z』の主題歌を担当したアヴリル・ラヴィーンの「バッド・レピュテーション」が今週もBillboard JAPAN Hot Animationで1位にチャートインし、2週連続で首位獲得となった。同時に2週連続洋楽アーティストが王座を守る記録ともなっている。

 人気作3年ぶりの劇場版ということで大ヒット中の本作だが、様々なコラボ企画も話題となっている。アニメ界でも世界規模の人気を誇る『ドラゴンボールZ』の新作映画との鑑賞券がセットになったコラボチケットはそれぞれ尾田と鳥山による描き下ろしビジュアルを使用している。その『DRAGON BALL Z 神と神』では主題歌をFLOWが担当しており、名曲「CHA-LA HEAD-CHA-LA」をカバーしており、今後のアニメチャートを賑わしてくれそうだ。

 また今週はタイアップ楽曲だけでなく声優陣の活躍が目立った。5位に豊崎愛生の「オリオンとスパンコール」が、7位にはニコ生番組から生まれた入江玲於奈、島崎信長、鈴木裕斗、西山宏太朗によるスペシャルユニットアニ○ズの「Stride!」が初登場している。

(Billboard Japan)


そいつぁ~すげーや。


【ニュース】 『FILM Z』公開2日間114万人、千巻200万部増刷
【ニュース】 『FILM Z』史上最速の100万人突破へ 12年度邦画No.1も視野
超コラボチケットを買ったZ(ゼェーット!)
海賊の宝袋って?
【やる夫AA】 とあるやる夫の休日 【Z観賞編】
映画評「ONE PIECE FILM Z」

拍手

この記事にコメントする
Vodafone絵文字i-mode絵文字Ezweb絵文字
NAME:
TITLE:
COMMENT:
≪ Next   │HOME│  Prev ≫

[2316] [2315] [2314] [2313] [2312] [2311] [2310] [2309] [2308] [2307] [2306]