LOGPIECE(ワンピースブログ)〜シャボンディ諸島より配信中〜 RADWIMPS楽曲「週刊少年ジャンプ」本家公式コラボMV公開 【ネタバレ注意】
ONE PIECEのBLOG、略してLOGPIECE。 ワンピースフィギュアを飾って楽しんでます。

シャボンディ新聞(twitter)
ファンアート
最新コメント
[06/21 m]
[06/14 名も無き島民]
[06/14 coppa]
[06/08 名も無き島民]
[06/06 名も無き島民]
[06/06 名も無き島民]
[06/03 名も無き島民]
[06/02 coppa]
[06/01 ジンガ]
[05/25 名も無き島民]
[05/22 名も無き島民]
[05/21 g]
[05/04 名も無き島民]
[05/03 名も無き島民]
[05/01 coppa]
[04/28 名も無き島民]
[04/27 名も無き島民]
[04/26 名も無き島民]
[04/23 ワンピース太郎]
[04/23 隆明]
[04/23 隆明]
[04/15 coppa]
[04/08 名も無き島民]
[04/08 名も無き島民]
[04/07 名も無き島民]
ブログ内検索
懸賞金(アクセスカウンター)
-

RADWIMPS×週刊少年ジャンプがコラボMV公開 ルフィ、銀さんら名シーン続々

 ロックバンド・RADWIMPSの楽曲「週刊少年ジャンプ」のミュージックビデオ(MV)が完成し、公開された。MVには『ONE PIECE』のルフィ、『銀魂』の銀さんら、『週刊少年ジャンプ』で連載中の作品の名シーンが続々登場。「週刊少年ジャンプ的な未来を夢みていた」読者の胸が熱くなるMVに仕上がっている。

 同曲は最新アルバム『人間開花』(昨年11月発売)収録曲。アルバム収録内容発表時からツイッターでトレンド入りするなど、話題になっていた。タイトルの響きから「アップテンポな楽曲ではないか」と予想されていたが、実際はピアノの演奏でしっとり歌い上げるバラード曲。そのギャップでも反響を呼んだ。

 メンバー自身、『週刊少年ジャンプ』を愛読して育ったこともあり、アルバムの中での特に思い入れの強い楽曲となっているが、同曲を聴いた集英社の『週刊少年ジャンプ』スタッフも感銘を受け、今回のコラボレーションが実現することに。楽曲の歌詞とリンクし、『ONE PIECE』『銀魂』『ハイキュー!!』といった誌面で連載中の作品の名シーンが次々と登場するMVが完成した。

 同誌の相田聡一副編集長は「50年近い歴史の中でさまざまなヒーローが誕生し、おかげさまで読者の皆様に熱い声援をいただける漫画誌を作り続けてくることができました。今回、RADWIMPSさんが、その読者の皆様の想いを代弁するようなジャンプへの愛が溢れる楽曲を生み出していただけたことに大変感激し、このようなコラボ企画を実現させていただく運びとなりました。ぜひお楽しみください」とコメントを寄せている。

 このMVは2月25日から開幕するRADWIMPS全国ツアー『Human Bloom Tour 2017』のファイナルとなる5月10日の東京・日本武道館公演までの限定公開。

オリコン



初耳だとややこしい話ですが、ロックバンドRADWIMPSが昨年11月にリリースした最新アルバム『人間開花』に収録されている『週刊少年ジャンプ』という楽曲のMVが本家「週刊少年ジャンプ」とコラボして公開されたという話です。

歌詞の内容は「週刊少年ジャンプ的な未来を夢みていたよ」という一節に集約されているようで、ジャンプ漫画の主人公のような展開に憧れる思春期の少年の成長潭的な感じだと思います(たぶん…ぶっちゃけ全然共感できないのが悲しい)。歌詞と漫画のコマがリンクしているかどうかはよく分からないのですが、MVに使われている漫画は、現在、週刊少年ジャンプで連載中の作品群で、休載中の『ワールドトリガー』や月イチ連載の『BORUTO』、歌詞の内容とはかけ離れているギャグ漫画も含めて一応網羅されています(唯一『HUNTER×HUNTER』を除いて)。

なお、文字通り「週刊少年ジャンプ」派のMVとなっており、コミックス派にはまだネタバレとなるコマを含んでいるため要注意です。2月3日発売の『ONE PIECE』84巻を読んだ後に視聴すればネタバレは回避できます。

<5月10日までの限定公開>

拍手

この記事にコメントする
Vodafone絵文字i-mode絵文字Ezweb絵文字
NAME:
TITLE:
COMMENT:
≪ Next   │HOME│  Prev ≫

[4184] [4183] [4182] [4181] [4180] [4179] [4178] [4177] [4176] [4175] [4174]