LOGPIECE(ワンピースブログ)〜シャボンディ諸島より配信中〜 ワンピファンの芥川賞作家・中村文則、ONE PIECE展を行く
ONE PIECEのBLOG、略してLOGPIECE。 ワンピースフィギュアを飾って楽しんでます。

シャボンディ新聞(twitter)
最新コメント
[11/17 てれさ]
[11/11 coppa]
[11/07 か]
[11/06 coppa]
[11/03 アリ]
[11/02 coppa]
[10/31 名も無き島民]
[10/30 coppa]
[10/27 名も無き島民]
[10/25 ななし]
ブログ内検索
懸賞金(アクセスカウンター)
-
3cab6b5a.jpeg

大人の心にしみる 「ONE PIECE展」


 東京・六本木で開催中の「ONE PIECE展」は、大人だって楽しめる。作家の中村文則さんに、展覧会を見てもらった。

■15年、人生に溶け込んで 作家・中村文則さん

 締め切りを終えた夜、「ONE PIECE展」へ行った。僕は『ONE PIECE』が大変好きである。「あらゆる世代に楽しんでもらおう」というサービスに満ちている。

 たとえば“麦わらの一味”のメンバーも、多様な年齢層になっている。冒険漫画でこの構成は楽しい。新刊でルフィがジンベイを仲間に誘ったけど、これが実現すれば年齢はもっと多様になる。ジンベイは今四十六歳だ。

 さらに付け加えれば、試しに“麦わらの一味”のメンバーをランダムに選んで、二人きりにしたところを想像してみて欲しいぎこちなくなったり、会話が弾まなくなったりすることは(メンバー同士の世代が違っていても)絶対にない。これは各メンバー同士の関係の深さが偏らないように(かつ個性的になるように)見事に構成されているからだと思う。このような決め細やかさは驚異的である。読む側からすれば、本当にありがたい。

 そしてこの「ONE PIECE展」も、「あらゆる世代に楽しんでもらおう」というサービスに満ちている。


 子供たちなら展開されている斬新な映像などに、僕のような「大人」なら、美しい原画や再現された作者尾田栄一郎さんの仕事机などに心惹(ひ)かれたりするだろう。等身大のフィギュアには、世代も関係なく迫力を感じると思う。漫画の世界のはずなのに、目の前にリアルに、そこにある。必見である。

6f5a9df3.jpeg

 『ONE PIECE』は一九九七年から連載がスタートしている。十五周年だそうだ。もう六十巻を超えている各コミックの表紙と、刊行年数が記されたコーナーが途中に何気(なにげ)なくあるのだけど、そこで長く立ち止まる人たちも多かった。彼らの後ろ姿を眺めながら、何だか心にしみるものがあった。

 みなが、それぞれの表紙を指さしながら、語り合っている。「この頃俺ら高校生だったよね」とか、「空島編の時、私たちまだ結婚してなかったんだ」という風に。長く、そして広く読まれているものは、大勢の人生の中に溶け込む。その美しさを実際の光景として見ている気分だった。それぞれの人生と共に、『ONE PIECE』も歩んでいる。十五年か、と僕は思う。『ONE PIECE』が始まった時、僕は大学生だった。まさか自分がこういう人生を歩むとは。僕が作家デビューしたのは『ONE PIECE』二十五巻が出た頃。僕はまだ駆け出しの作家だった。ルフィの懸賞金は一億を超えていた。

 帰りに、会場でしか売られていないグッズの中から、絵葉書(えはがき)を選んで購入した。仕事机の脇に立てかけている。

    ◇

 なかむら・ふみのり 1977年生まれ。2005年、「土の中の子供」で芥川賞。10年に『掏摸(スリ)』で大江健三郎賞。近刊に『王国』など。

(朝日新聞デジタル)


>“麦わらの一味”のメンバーをランダムに選んで、二人きりにしたところを想像してみて欲しい。ぎこちなくなったり、会話が弾まなくなったりすることは(メンバー同士の世代が違っていても)絶対にない。

・・・確かに。
漫画本編では色々な組み合わせが描かれており、どの組み合わせも違和感は全然ないですし、おもしろい。作家視点のこういった構成の評価は説得力がありますね・。・

ちなみに、中村文則さんからは

ワンピースのような漫画が描かれている限り漫画界は安泰

という名言が出ていますので、そこのところ宜しくお願いします。(←何が?w


有識者が語る「ONE PIECE」人気の理由
雑誌ジャック⑩⑪2月5日発売
鈴木おさむ、ワンピースを特に好きな理由

拍手

この記事にコメントする
Vodafone絵文字i-mode絵文字Ezweb絵文字
NAME:
TITLE:
COMMENT:
ホント、確かに…
ジョーカー
ある大型リサイクルショップの漫画コーナーに『これを読まないと人生損をする』とワンピースを紹介しておりました。リサイクルショップよく言った…

別に読まなくても生きてゆけますが… この漫画は物事の本質を捉えようする『素直な』日本人には受けがいいと思います。尾田っちが意図としているかは別として、小難しいPHP本を紐解くよりあらゆる場面に於いての教本的な要素はありますね。

たいしたイケメンはいませんが、ルフィをはじめ皆カッコいい。これぞ見た目より中身の本質です。
2012/05/25(Fri)09:46:13
仲間
隆明
尾田先生が、ジャンプ三十周年の公式コメントで、最も尊敬する漫画家は鳥山 明先生で、一番好きなジャンプ作品はキン肉マンと答えていた理由が、麦わらの一味の
「絆」の強さを見て、ハッキリとわかりました。
ワンピースの作風に絶大な影響を与えてくれた鳥山 明&ゆでたまご両先生に感謝です・・・
2012/05/26(Sat)18:27:43
≪ Next   │HOME│  Prev ≫

[1812] [1811] [1810] [1809] [1808] [1807] [1806] [1805] [1804] [1803] [1802]