LOGPIECE(ワンピースブログ)〜シャボンディ諸島より配信中〜 産業能率大学 准教授、データ分析の結果「ONE PIECE」メガヒットの理由は”悪魔の実”
ONE PIECEのBLOG、略してLOGPIECE。 ワンピースフィギュアを飾って楽しんでます。

シャボンディ新聞(twitter)
ファンアート
最新コメント
[07/16 しゃか]
[07/14 カッコマン]
[07/10 てれさ]
[07/06 名も無き島民]
[07/05 名も無き島民]
[06/26 名無し]
[06/24 片足の変態]
[06/23 名も無き島民]
[06/23 名も無き島民]
[06/22 coppa]
[06/21 名も無き島民]
[06/21 名無し]
[06/21 しゃか]
[06/19 名も無き島民]
[06/15 coppa]
[06/07 名も無き島民]
[06/05 ks]
[06/03 フィギュア置く場所ない]
[05/30 片足の変態]
[05/30 coppa]
[05/30 名も無き島民]
[05/29 coppa]
[05/29 coppa]
[05/21 ハン・ソロ]
[05/19 名も無き島民]
ブログ内検索
懸賞金(アクセスカウンター)
-
ONE PIECE:ヒットの理由は悪魔の実? 1万人アンケートで産業能率大が分析

 累計発行2億8000万部を誇る尾田栄一郎さんの大ヒットマンガ「ONE PIECE(ワンピース)」。テレビアニメ、ゲーム、グッズなど、さまざまなジャンルで展開され“空前のメガヒットコンテンツ”となっている。マーケティングを専門に行う産業能率大学・情報マネジメント学部小野田哲弥准教授は、「カナヅチという代償と引き換えに特殊な能力が手に入る『悪魔の実』の存在こそが、『ワンピース』の最大のオリジナリティーではないだろうか」と話す。男女1万人を対象に行ったネット調査をもとに、ヒットの理由を分析した。

 「ワンピース」は、悪魔の実「ゴムゴムの実」によって、手足などがゴムのように伸びる麦わら帽子の青年モンキー・D・ルフィが、海賊王を目指して仲間とともに大海原を冒険するという物語。97年から週刊少年ジャンプ(集英社)で連載され、99年からテレビアニメが放送されている。

 小野田准教授はこのほど、東京都内で行われた産業能率大学主催の勉強会「『ワンピース』メガヒットの構造を徹底分析」に出席。20~60代の男女1万人を対象に、12年5月21~22日にインターネットで実施した「好きなキャラクター」と「食べたい悪魔の実」についてのアンケート調査とデータ分析結果を発表した。
90d4b162.jpeg
※アンケート対象者の「ONE PIECE」関与レベル
以降の質問の調査対象は関与レベル[3](漫画やアニメを数回見たことがある)以上の4,711人

 マンガに登場する約600キャラクターのうち、好きなキャラクターについて聞いた「人気キャラクター」の集計結果では、1位はルフィ、2位はチョッパー、3位はゾロ、4位はナミ、5位はサンジと「麦わらの一味」のメンバーが上位を占めた。

43f8b008.jpeg
※人気キャラクターランキング

相対的に男性支持率が高いキャラクター順では、1位に王下七武海のミホーク、2位に元海軍大将の青キジ、3位に四皇の白ひげがランクインしたほか、4位にナミ、11位に王下七武海のハンコック、24位にスリラーパークのペローナが入った。

17689a43.jpeg
※(男性支持率)-(女性支持率)の差が大きいキャラクター順

 小野田准教授は、「男性から人気のあるキャラクターは、非常に高い戦闘力を持つ強いキャラクター組織のボス。一方で、男性に人気のある女性キャラクターは、ハンコックのような妖艶(ようえん)な美女から、ペローナのような萌え系の美少女まで非常に多種多様男性が自分が好きなタイプにあうキャラクターが存在するという点も人気を支えてる一つ」と分析した。

 相対的に女性支持率が高いキャラクター順では、1位にチョッパー、2位にサンジ、3位にアラバスタ編のカルーがランクインしたほか、9位にバロックワークスのボン・クレー11位に頂上戦争編のイワンコフがランクイン。

470e08b7.jpeg
※(女性支持率)-(男性支持率)の差が大きいキャラクター順
 
小野田准教授は、「トナカイのチョッパーやカルガモのカルー、クジラのラブーンなど、かわいい動物キャラクターが多く登場するほか、戦闘面でも強く、コックとして料理も一流の腕を持つようなサンジなど、いざという時に頼れるような男性キャラクターが女性の心をつかんでいる。また、(ボン・クレー、イワンコフのような)威勢のいい“オカマキャラ”も人気」と話した。
 
 一方で、「食べたい悪魔の実」について聞くと、1位は透明人間になる能力を持つアブサロムの「スケスケの実」で、2位はルフィの「ゴムゴムの実」、3位は雷攻撃ができるエネルの「ゴロゴロの実」、4位は空を飛べたり物を動かしたりできるシキの「フワフワの実」、5位は美肌になれるアルビダの「スベスベの実」だった。「スケスケの実」を食べてみたい理由について、男性は「の夢だから」と全世代からの支持があり、女性からも「夫の浮気調査をしたいなどの理由から人気を得た。
 
7cbd0062.jpeg
※食べたい悪魔の実ランキング
相対的に男性支持率が高いのは「ゴロゴロの実」「ピカピカの実」
相対的に女性支持率が高いのは「スベスベの実」「ヒソヒソの実(アニメオリジナル)」
 
 「キャラクター」と「悪魔の実」のそれぞれの人気度は単純に比例するのかを分析する「ポートフォリオ分析」を行った結果について、小野田准教授は、「『人気キャラクター』であり、かつ『悪魔の実』でも人気を集めた唯一のものは、ルフィゴムゴムの実)だった」と紹介。ポートフォリオ分析によると、悪魔の実で人気だった「スケスケの実」の実の能力を持つアブサロムの人気は下位だった一方、人気キャラであるチョッパーの「ヒトヒトの実」は、悪魔の実としての人気は低かった
 
45e1c802.jpeg
 ※「キャラクター」人気とそのキャラクターの「悪魔の実」人気の分布
解像度が悪すぎて字が全く読めませんが雰囲気だけ
レイヤー1(赤色)側が人気が高い

 
 これらの分析結果をふまえ、小野田准教授は、「ワンピース」のヒットの理由について、「悪魔の実が相乗効果となって、キャラクターの魅力を高めている。また、『ドラえもん』の『ひみつ道具』のように、物語とは別に、次はどんな悪魔の実が出てくるのだろう?と尽きない興味がそそられる。さらに、先天的な能力と生い立ちや性格や悪魔の実が掛け合わせることによって、バラエティー豊富な世界観が描かれてリアリティーとなっている」と分析。
 
 また、「悪魔の実」は、長編マンガに不可避である、なかなか新たな顧客を獲得できないことや、ファンが離れてしまうという2大リスクを解消しているといい、「悪魔の実の能力が独立して存在していることによって、ストーリーの詳しい背景を知らなくてもすぐに入りやすい。また、今後どんな悪魔の実が登場するのどうかや、キャラクターがいつ登場するのか関心が尽きないので、物語が一時的につまらなくなっても決して離れない」と分析。最後に、「『ワンピース』は、マーケティングの教科書と言えるような作品。尾田先生は稀代のマンガ家にして、マーケターではないか」と話した。 
 
(毎日新聞デジタル)

お化け漫画「ワンピース」メガヒットの要因

 単行本累計発行部数2億8000万部超の人気漫画「ONE PIECE(ワンピース)」。日本人の9割が知っているといわれ、今やモンスターコンテンツとなっている。アニメ、映画、グッズにまで広がったメガヒットの要因を、産業能率大学の小野田哲弥准教授(36)らが研究してみると、このお化け漫画は「マーケティングの教科書」なのだという。

 小野田氏は先月27日、都内で開かれた産業能率大主催の勉強会「『ワンピース』メガヒットの構造を徹底分析」の講師として登壇。20~60代の男女1万人に聞いた「好きなキャラクター」と「食べたい『悪魔の実』(=欲しい能力)」についての調査・データ分析結果を発表した。「実」を食べた者は泳げなくなる代償として、様々な能力が身につく。主人公のルフィは「ゴムゴムの実」を食べて自在に体を伸ばせるゴム人間になった。だからといって視聴者や読者が、魅力的な能力を持つキャラに憧れるかといえば必ずしもそうではない。

 1位を獲得した「実」は「スケスケの実」だ。透明人間になる能力は「男の夢」として圧倒的支持を獲得。「夫の浮気調査をしたい」などの理由で女性人気も高かった。だが、この実の能力を持つ「墓場のアブサロム」の人気は下位だった。小野田氏は「ドラえもんの『ひみつ道具』と似ていて、物語とは関係なく、次にどんな『実』が登場するのかファンの関心を引き寄せる」と説明する。

 一方で、個性豊かな様々なキャラクターの登場もヒット要因だ。戦闘能力が高いキャラに人気が集まったり「姉御肌が好かれるから」(同氏)と女性票がオカマキャラの「イワンコフ」に投じられているのも特徴だ。

 ヒットの最大の理由は、読者が自分を投影できる約600ものキャラクターが揃っている点と、読者の欲望を具現化した悪魔の実が登場する点この2つの相乗効果なのだという。

 小野田氏は「作品には現代人の夢や欲望が見事に反映されている。作者の尾田栄一郎さんは素晴らしい漫画を送り出したと同時に、マーケティングの教科書を作ったとも言える」と指摘する。

 同じく講師を務めた「キャラクター・データバンク」代表取締役社長陸川和男氏(50)は時代にフィットした設定がヒットの理由だとみる。

社会の経済や政治に閉塞感がある中、大人が持たなくなった信念を持ったルフィたちの生き方への共感が生まれている

 キャラクタービジネス市場は1兆6000億円規模。

 2011年の購入金額は上位から「アンパンマン」「ポケットモンスター」「ミッキーマウス」「ハローキティ」。ワンピースは5位だったが、今後はさらに上位にいくとみられている。

 ちなみに女性に人気の高い能力は「スベスベの実(美肌になる)」「ヒソヒソの実(動物と会話できる)」「メロメロの実(自分にほれた相手を石化する)」「キロキロの実(体重変化)」などだった。現実的で欲深い女性の心理にもワンピースは応えているといえそうだ。

(東スポweb)


最後の結論や長期ヒットの理由を語るには、調査対象に「(3)漫画やアニメを数回見たことがある」と「(4)以前は関心があったが今はほとんど関心がない」という関心レベルの方を含んでいるのが、まずおかしいです。これらの人が実際の調査対象の過半数(57.4%)を占めているのですから、標本が不適切と言えます。母数を増やして関与レベル[6](主にアニメで観ている)以上で調査したのなら、まだ分かりますが。人気キャラランキングの過半数を非能力者が占めている点も説得力に欠けるものがあります。

そもそも、初めから「人気キャラクター」と「食べたい悪魔の実」の2つを調べている時点で、結論ありきの決め打ちでしょうと。真面目に何をやっているんだか、トホホ。

ただ、男女比の人気順データは単純に興味深く、面白いです。


『ONE PIECE』は世界に普及しているのか?―答えはWikipediaで
国際マンガ研究センター長が語るONE PIECEの人気の理由
ワンピース止まらぬ快進撃 共感を呼ぶ「確かな人間関係」

拍手

この記事にコメントする
Vodafone絵文字i-mode絵文字Ezweb絵文字
NAME:
TITLE:
COMMENT:
無題
名も無き島民
確かに悪魔の実は面白いアイデアだと思う
だけどワンピースが本当に評価される所は世界観や演出だと思う
2013/03/11(Mon)05:01:31
えっ?!
例のアメリカ人
ちょっと待って、「ワンピースを知らない」と「名前ぐらいは聞いたことある」ちゃんと分けてましたよね?ってことは「ワンピースを知らない」と答えた人は「ワンピース」と言うシリーズの名前ぐらいは聞いたことない?


……

ハァアアア!?!?

そんなマゼラン臭い日本人って本当にいんの!?しかも10%近く!?もう、DB時代見たく子供からお年寄りまではせめて「名前ぐらいは聞いたことある」はずだけど。アンチじゃない?怪しすぎる…
2013/03/11(Mon)07:29:28
ヒソヒソの実???
名も無き島民
ヒソヒソの実って?
原作に出てきますか?
2013/03/11(Mon)21:22:44
Re: えっ?!
シャボンディ島民
>例のアメリカ人(Greg)さん

50代・60代の人がどれだけ入っているか分かりませんけど、漫画文化に触れていない人だと多少は全く知らない人もいたりはしますね。このアンケートがどういった形で実施されたのか分からないので、実際のところはよく分かりません。このアンケートに参加した人っていうのは、読者の中にはまず1人もいないんじゃないでしょうか。

>名無しの方(2号)

ヒソヒソはアニメオリジナルです。しかもシリーズ初期。
2013/03/13(Wed)12:50:27
≪ Next   │HOME│  Prev ≫

[2479] [2478] [2477] [2476] [2475] [2474] [2473] [2472] [2471] [2470] [2469]