LOGPIECE(ワンピースブログ)〜シャボンディ諸島より配信中〜 【レビュー】 Jスターズ ビクトリーバーサス 【妄評】
ONE PIECEのBLOG、略してLOGPIECE。 ワンピースフィギュアを飾って楽しんでます。

シャボンディ新聞(twitter)
ファンアート
最新コメント
[06/21 m]
[06/14 名も無き島民]
[06/14 coppa]
[06/08 名も無き島民]
[06/06 名も無き島民]
[06/06 名も無き島民]
[06/03 名も無き島民]
[06/02 coppa]
[06/01 ジンガ]
[05/25 名も無き島民]
[05/22 名も無き島民]
[05/21 g]
[05/04 名も無き島民]
[05/03 名も無き島民]
[05/01 coppa]
[04/28 名も無き島民]
[04/27 名も無き島民]
[04/26 名も無き島民]
[04/23 ワンピース太郎]
[04/23 隆明]
[04/23 隆明]
[04/15 coppa]
[04/08 名も無き島民]
[04/08 名も無き島民]
[04/07 名も無き島民]
ブログ内検索
懸賞金(アクセスカウンター)
-
ゲーム『海賊無双2』制作決定!ジャンプヒーローの対戦格闘ゲーム開発も始動!?
【JStarsVS】 究極のジャンプゲー?「J-STARS VictoryVS」テレビCM第1弾
渋谷の街で悟空とルフィの本気バトルが激写される」の続報です。


  非公式動画がたくさんアップされてるから貼っておくお
  消されてたらスマン

<必殺技集>







<サポートキャラ集>


<掛け合い集>※全容の3分の一程度


  (・・・もう お腹いっぱいだお)


対戦ややりこみ要素には期待しておらず、キャラクターの掛け合いを楽しみにしていた私としては、買わずしてこの動画ですでに腹八分目だったりするのですが、発売から3日経ってレビューも結構出てきているので、現在投稿されているAmazonレビューの中から内容が良かったもの3つを紹介しておきます。ゲーム内容をよく捉えているので、購入検討をしている人にはかなり参考になるかと思います。


<レビュー①>割と甘め(メーカーに良心的)
お祭りゲーでバンナムのソフト・・・ということでジョジョASBの悪夢が蘇るのですが、今回は開発も別の会社でDLCもないと公言されているため、気になって購入したところ、以外としっかり出来たゲームだな、と感じる作品でした。

戦闘システムについて
2VS2の格闘アクションゲームですがゲーム全体のスピードはあまり早くなく、ダッシュやジャンプ、攻撃などの硬直が全体的に長めに設定されており、敷居が低めに、アクションゲームが苦手な人でも楽しめるチューニングがされているのは好印象でした。

似たようなゲームを上げるとエクストリームバーサスシリーズが有りますが、あれは初心者につらい内容になっていたため あれよりも2段階ほど敷居が下げられており、気軽にプレイできるのは個人的にありがたかったです。かと言って2VS2のチーム戦というゲーム性が疎かになっているわけではなく、味方と協力しあい、サポートしあうことでより深い対戦が可能になっています。

キャラクター数は1作目にしては相当多く、プレイアブルキャラクターは39名います。各キャラクターそれなりに個性が強く、同じような性能のキャラクターが何人も集う、というようなこともないのはいいですね。

人によっては「スピード感が足りない」と思う人もいるかもしれません。格闘ゲームのようなハイスピードなバトルを期待されてる方は肩透かしを食らうかもしれませんが、2VS2の対戦格闘としては良く出来てると思います。

一人用モードについて
ジャンプヒーローが集う世界を冒険するモードが有るのですが、この完成度がよくありませんでした。ジャンプヒーローが集ってミッションなどを受け、レベルを上げて冒険をするのですが、 肝心のミッションの内容が「トレーニングしよう」と対戦になるか「フィールドに落ちているアイテム拾って来い」「お使い」のいずれかで フィールドの移動スピードも早くなく、ミッションの内容も驚くほどチープな内容となっています。

戦闘も代わり映えのしない内容で、NPCと対戦して倒すだけの内容ばかりになっており、ミニゲーム等もありません他作品同士のキャラが絡み合う様子は楽しいのですが、数もさほど多くなく、同作品同士のキャラクター内で会話が完結してしまうパターンも多いのでコラボ感が薄くなってしまっています。全体的なテンポの悪さも咬み合って、かなり完成度の低い内容になっています。

またプレイヤーのレベルを上げていかない限りキャラクターが解放できません。
好きなキャラクターから順番に解放できますし、プレイヤーのレベルを上げる方法はアドベンチャーモード以外でも様々な方法があるのはいいのですが、もう最初から解放していても良いのではないか、と感じました。

その他について
ロードは長めです。戦闘中にロードが入るようなことはありませんが 全体的にローテンポなゲームなので、ロードは短めにしてもらいたかったです。
ネット対戦は快適でした。アンテナ5本同士ならほぼストレスなく楽しめ、ついつい20戦くらいプレイしてしまいました。
トレーニングモードがないのも格闘アクションゲームとしては残念です。

総評としては「格闘アクションとしてはよくできている」「全体的にローテンポ」「一人用モードはおすすめできない」の3点です。1作目としてはよく詰め込んだという印象を受けました。次回作があるならこれらの改善を期待したいです。
評価:★★★☆☆


<レビュー②>主にシステム面について
この手のオールスターものは立派なのは外見だけでスカスカというものが多いのですが、このゲームは非常に頑張って作っているのが分かります。ただその頑張りがおかしな方向に行ってしまってます。それが非常に勿体無い。

グラフィックのクオリティは高いです。PS3もまだまだ頑張れるなと感心しました。キャラ同士の専用のやり取りボイスも多数収録されています。ここまでやるのかというくらい。

で、残念な所
まずロックオンシステムがよろしくない。基本的にはガンダムみたいなロックオンシステムなのですが、このゲームは常時ロックオンではなく、ロックオンが外れるという現象があります。これがマイナスにしか働いてない。例えばある程度近づかないとロックオン出来ないとか、敵に攻撃を貰うと外れてしまうとかです。
このゲームはFPSのように裏取りしてどうこうとか、建物の影に隠れてどうこうとかいうゲームではありません。建物ごしでも相手の体力ゲージは表示されますし。MAP上に強化アイテムが配置してあるとかでも無いですしね。
ロックオンしていない時間は「ただの無駄な時間」なんですよ。

次に「ビクトリーボルテージ」です。これが貯まると一定時間パワーアップしたり超必殺技が使えるようになりますが、貯まる条件が「敵に攻撃を当てる」です対COM戦ならこれで良かったんですが、対戦だと非常にマズい何せ勝ってる方がさらに強くなるんですから
一人用モードなら「敵に攻撃を当てると貯まる」、対戦なら「敵に攻撃を受けると貯まる」とシステムを分けちゃった方が良かったと思います。

あと頻繁にセーブが入りますオンライン対戦では試合開始前に1回、終了後に2回入ります。意味が分かりません。PS3はちょっとのセーブでもそこそこ時間がかかるので、これが3回ともなると結構な時間になります。

ダッシュする時に「溜め」の動作が入るのも気になりました。「ヨーイ、ドン!」みたいな感じです。これがテンポを損なっています。ただ小まめにダッシュ出来るようになると「ステップ」というゲージを消費して行える行動が死にスキルになる恐れがあるので苦渋の決断かもしれませんが・・・。

キーコンフィングが固定なのもACTとしてはいかがなものかと。ボタン割り当て自体は標準的な配置だとは思いますが。

「ただのキャラゲーじゃない、ちゃんと遊べるゲームを作ろう」という意気込みは伝わってくるんですよ。だからこそ惜しい。パッチで問題点が解決されれば一気に化ける可能性のあるゲームです。メーカーさんには是非早急に問題点の改善をお願いしたいです。
評価:★★☆☆☆


<レビュー③>たぶんこれが総評の決定版
私はこういう格ゲーはあまりやらないのですがジャンプ作品は大概好きなので思いきって購入しました。

今をときめくワンピースから古くは北斗やラッキーマンなど素晴らしきメンバーが集まった! が、しかしまさか筋肉マン、遊戯王、シャーマンキング、スラムダンク、Mr.フルスイングといった作品がないのは…あまりにも寂しい…著作権的な問題もあるでしょうからダイの大冒険はきついにしても…かなりの作品数があるにしてもサポートキャラとしてのみ出場だったりやるせない感がひしひしと…ディーグレのアレンさん使えないって地味にショックです

メインとなるバトルモードはそれなりにハチャメチャで戦う楽しさはありますが…薄い…
子供向けと言うべきか戦略をきかせるような展開にもならず技を覚えたりしなくてもボタンごり押しでどうにかなりますね …これとあるのPSP思い出すなぁ…。
フィールドも広く設定しすぎたのか遠距離技を持つキャラクターがかなり有利に思えます
というかキャラの強さバランス適当過ぎないかな…

ストーリーモードらしきアドベンチャーモードではおもにお使いのような旅をすることになりますが移動が遅く結構イライラします。お使いゲーはお使いの最中も楽しめるからこそだと考えていますがこれでは…駄目だな。
内容はまぁお約束のような分かりやすい敵がきて「みんなで倒そうぜ!」となって進みます 戦うごとにキャラが成長するレベル方式になっていますが成長しないキャラがいたり、仲間になった!と思ったらすぐに離脱したり…何しに来たの?と言いたくなる
またストーリーはルフィ、ナルト、トリコ、一護の四人をそれぞれ主役としたストーリーで4つの物語から一つを選択して行いますが、それぞれの主役メンバー(ほぼ3、4人)しか後半までほぼ動かせません ストーリーの内容も一本道…
このストーリーでは仲間になったキャラの掛け合いが面白かったですね 声はありませんがそれぞれが引き立つのでいい感じです モブ皆さんは顔面崩壊が当たり前ですが私にとって声がないなら全部同じことです

一つ、いえ もはや大体が愚痴のようになってしまって申し訳ないですが
これは、これだけは言わせて欲しい
ワンピースのエースファンとして

バトル前エース「俺は人生に悔いは残さない
技発動 エース「俺は人生に悔いは(以下略)
掛け合いエース「俺は人生に(以下略)
レベルアップエース「俺は(以下略)
セリフのパターンがカツカツ過ぎる…頼むから名言を乱用しないでくれ…何かある毎にそれを言われるのはきつい。聞いててだんだん安っぽく感じてくる
エース最高級の名言なのに…

去年から待っていた身から言わせてもらうとちょいと残念です。
このゲームのポテンシャルは高い部類に入ると思われますが
マ◯オパーティーのようなワイワイ感はなく
無双のような爽快感もなく
鉄拳のような緊迫感もなく
スマブラのようなやりこみ要素もない
全てにおいて中途半端というのが素直な感想でございます
45周年はおめでたいですし、素晴らしいですがもうちょっと頑張って欲しかったですね。まあクソゲー界の安打製造機と言われるバンナムにしては頑張ってるのかもしれませんが(笑)
評価:★★☆☆☆


「クソ(糞)」と一言で割り切る辛辣なレビューもあるのですが、概ねまとめると、

クソゲーではないが

対戦は子供向けで格ゲーのようなやりこみ要素はなく

良ゲーでは決してない

といった感じです。
ゲームバランスの悪さについてはキャラクターの原作再現を優先している結果なので、ファンゲーとしてはそれでいいのかもしれません。対戦と一人用モードどちらもやりこみ要素はないため、やっぱりジャンプのファンゲームとして割り切って考えるべきで、それにしては価格は高いので値落ちを待ちましょうという結論です。そこで期待するキャラクターの掛け合いは、原作の台詞をそのまま当てはめたり、”中の人”繋がりを利用して参戦していないキャラを持ち出したりと、それなりに原作・アニメともにジャンプ作品に精通していないと楽しめないものです。動画最後の掛け合い集でネタがよく分からなかった人やワンピースぐらいしか知らないという人には全くおススメできないゲームだと思います。

というか掛け合い集だけで安価にディスク販売してくれれば、そっちを買うのですがw


追記)掛け合い集 ワンピキャラまとめ


Jスターズ ビクトリーバーサス公式サイト
【WJ16号】 浮世絵風 るふぃ 【公式】

拍手

この記事にコメントする
Vodafone絵文字i-mode絵文字Ezweb絵文字
NAME:
TITLE:
COMMENT:
無題
名も無き島民
買ってないのにねwwww
2014/03/23(Sun)19:32:44
無題
名も無き島民
キャラ図鑑のルフィの通常ボイス24にルフィとは全く関係ない打ち切り漫画のツギハギのキャラのセリフが入ってましたね
尾田っちや集英社は知ってるのかな
2014/03/23(Sun)20:02:11
Re:無題
シャボンディ島民
え?w
2014/03/26(Wed) 13:13
無題
朧幻龍
海賊無双より酷いww
エースが同じセリフしか言わないってどういうことだってばよ
2014/03/26(Wed)19:34:14
無題
名も無き島民
とあるのPSPって禁書目録のあれですか?ww
2014/03/26(Wed)21:50:48
無題
隆明
ジャンプ黄金期を支えた名作であるにもかかわらず、キン肉マンが除外されたのはハンコック等の女性キャラとの相性だと思われます。
大人の事情で敗れた人・・・
2014/03/29(Sat)02:49:28
Re:無題
シャボンディ島民
今回はジャンプ45周年作品と言いつつ、ターゲット層はジャンプが対象としている読者層のようなので、アクション・バトル系漫画を問わず最近の漫画が参戦していますね。80年代のジャンプ作品で参戦しているのはジョジョ(1部・2部)、星矢、北斗、男塾、Dr.スランプですか。星矢は微妙ですけど、ジョジョと北斗、男塾はPS3ゲームのベースが既にあるので参戦しやすかったとは思います。
まぁ、ここで下地が出来たので、続弾があるとすれば50周年の時に期待はできるんじゃないでしょうか。ただ、もし参戦したとしても声は神谷明さんではないでしょうね。
2014/03/30(Sun) 09:22
≪ Next   │HOME│  Prev ≫

[3058] [3057] [3056] [3055] [3054] [3053] [3052] [3051] [3050] [3049] [3048]