LOGPIECE(ワンピースブログ)〜シャボンディ諸島より配信中〜 女子がハマる少年・男性漫画ってどんな漫画?(エンタミクス調べ)
ONE PIECEのBLOG、略してLOGPIECE。 ワンピースフィギュアを飾って楽しんでます。

シャボンディ新聞(twitter)
最新コメント
[11/20 ブロンディの小さなライオン]
[11/19 coppa]
[11/18 名も無き島民]
[11/17 てれさ]
[11/11 coppa]
[11/07 か]
[11/06 coppa]
[11/03 アリ]
[11/02 coppa]
[10/31 名も無き島民]
ブログ内検索
懸賞金(アクセスカウンター)
-

女子がハマった男子漫画ランキング 連載中トップは「弱虫ペダル」

 5月発売号からタイトルを一新したインドア系エンタメ総合情報誌「エンタミクス」(旧オトナファミ)では、全国3000店の女性書店員の投票による「女子がハマった 男子漫画ランキング」を連載中作品と、完結作品に分けベスト20を発表した。連載中の作品1位には、週刊少年チャンピオンにて連載中の「弱虫ペダル」(渡辺航著)が選出された。

 この企画は男女の嗜好ギャップと共通性を楽しむ新ランキング。1位の「弱虫ペダル」はオタク高校生が自転車競技にのめり込んでいく姿を描いた作品で単行本は既刊32巻で累計850万部を突破している。推薦した書店員は「主人公やその仲間、ライバルたち。少年の成長物語に、男の子っていいなぁと思わずにはいられません」などとコメント。成長していく主人公たちの姿に胸が熱くなり、またライバルとのバトルは女性たちも目が離せないよう。

作者の渡辺航氏は「あまり女性読者を意識して描いていない」と言い、「持論ですが、女性読者の方も“自分たちに向けて描かれた少年漫画”は喜ばないのではないか、と思っています。」と話す。

 ファンからは「家族みんなで楽しんで読んでいます」とも言われるそうで「たくさんの方に読んでもらって、女性読者にも喜んでもらえていること、そして今回このようなランキングで支持してもらえたことは驚きであり素直にうれしいです」と喜びを語っている。

 2位にはモーニング(講談社)で連載中の「鬼灯の冷徹」(江口夏実著)、3位には別冊少年マガジン連載中でアニメも好調、実写映画化も決定しているの「進撃の巨人」(諫山創著)が入った。

スポニチアネックス

書店員が選ぶ“女子がハマった男子漫画”第1位は『弱虫ペダル』

 現在発売中の新雑誌「エンタミクス」5月号にて、全国3000店の女性書店員の投票による「女子がハマった男子漫画ランキング」を、連載中作品と完結作品に分け、Best20を発表している。連載中作品で、栄えある第1位に輝いた漫画は『弱虫ペダル』に決定した。

 新雑誌「エンタミクス」は、映画、TV、漫画、アニメ、ゲーム、コンビニグルメ、ファストフードなど、日常生活圏内に溢れるエンターテイメントの中から良作良品をリコメンドして、毎月届ける日本で唯一のインドアエンタメ総合誌。

 今回、連載中の作品で堂々の第1位となった『弱虫ペダル』は、オタク高校生が自転車競技にのめり込んでいく姿を描く。「週刊少年チャンピオン」(秋田書店)にて連載中で、単行本は既刊32巻で累計850万部を突破。現在TVアニメも放送中の本作を推薦した書店員は「主人公やその仲間、ライバルたち。少年の成長物語に、男の子っていいなぁと思わずにはいられません」などとコメントしている。

  第2位には、「モーニング」(講談社))連載中の『鬼灯の冷徹』がランクイン。ドSの主人公・鬼灯が厄介事を始末していくゆるゆる地獄コメディだ。第3位は「別冊少年マガジン」(講談社)にて連載中でありTVアニメも好評を博し、さらに実写映画化も決定した諫山創の『進撃の巨人』。「だんだんと明らかになっていく謎に加え、巨人の描写の気持ち悪さ。癖になる作品です」と、投票した書店員の言葉の通り、女性もこの異色ファンタジーにハマっている。

クランクイン!


女子がハマった男子漫画ランキング<連載中作品>
順位 作品 作者(性別) 連載誌(出版社)
1  『弱虫ペダル』  渡辺航(男)  「週刊少年チャンピオン」(秋田書店)
2  『鬼灯の冷徹』  江口夏実(女)  「モーニング」(講談社)
3  『進撃の巨人』  諫山創(男)  「別冊少年マガジン」(講談社)
4  『ハイキュー!!』  古舘春一(?)  「週刊少年ジャンプ」(集英社)
5  『ジョジョリオン』  荒木飛呂彦(男)  「ウルトラジャンプ」(集英社)
6  『ONE PIECE』  尾田栄一郎(男)  「週刊少年ジャンプ」(集英社)
7  『七つの大罪』  鈴木央(男)  「週刊少年マガジン」(講談社)
8  『3月のライオン』  羽海野チカ(女)  「ヤングアニマル」(白泉社)
9  『黒子のバスケ』  藤巻忠俊(男)  「週刊少年ジャンプ」(集英社)
10  『暗殺教室』  松井優征(男)  「週刊少年ジャンプ」(集英社)

連載中の11位以下と完結作品ベスト20は誌面で楽しめるとのこと。

記事中の”推薦”という表現から察するに、ランキングは販売実績ではなく、女性書店員が女性におススメする少年・男性漫画のランキングのようです。女性書店員の好みもあると思いますが、上位3作品は今期と前期のアニメで女性人気を博したメディア化作品で、良く言えば”旬を読んでいる”、悪く言えば”浅い”ランキングになっています。

とりわけチャンピオンの『弱虫ペダル』は、女性に支持されたジャンプの『テニスの王子様』(完結作品)路線でメディア展開しており、原作はともかく、アニメは腐向けの演出が意識されているようです。『弱虫ペダル』(→自転車レース)、『ハイキュー!!』(→バレーボール)、『黒子のバスケ』、それに『テニスの王子様』と、男子のスポーツ漫画は多数の男キャラの友情やら汗臭い試合が展開する中、紅一点の女性マネージャーという構成になりやすく、元より腐人気(女性人気)が集まりやすいという性質があります。アニメは円盤(DVD・BD)が売れることが生命線なわけですが、20代から30代の独身ヲタク女性はグッズに惜しみなくお金を使う傾向があり、アニメの戦略としてはこういった層に訴求するため腐向けの演出を入れてきっかけを作ることは自然な流れなのかもしれません。

さて、このランキングから女性がハマる男子漫画とはどういうものなのか分析しようとすると、なかなか難しいです。『ジョジョリオン』は古くから女性人気があるらしい『ジョジョの奇妙な冒険』シリーズの続編ですが、この位置にあるのはやっぱり最近のアニメ化の影響でしょうか。『ONE PIECE』は女性の購読者が全体の約4割を占めるらしいので、販売実績では男子漫画の中でおそらくトップと思われます。『3月ライオン』は作者が元々人気少女マンガ家なので女性がハマるのは当然ですね。『暗殺教室』はビッチ先生が出て来たあたりから読むのをやめたので、『七つの大罪』は全く読んだことがないので、どうして女性人気があるのかはよく分かりません。

逆に男性が女性漫画にハマるきっかけといば、やっぱりアニメ化されたもので、漫画から入るということは、まずないでしょう。ジャンプなどの少年漫画誌は女性の購読率が高く、ランキングの連載誌を見れば明らかですが、男性にとって敷居の低い少女・女性漫画誌というのは思い当たりません。アニメがただのきっかけなのか、良作だったアニメが脳内再生されるから普段読まない漫画が読めるかは、漫画から入ったことのない私の経験的にはどちらかはっきりしません。

完結作品のランキングは誌面掲載なので分かりませんが、おそらくジャンプ作品では『テニスの王子様』と『バクマン。』『ヒカルの碁』あたりはランクインしているはずです。あと絵柄も重要だと思いますが、結局のところ、女性がハマる男子漫画ってどんなものなのか、よく分かりません。漫画通の女性の方、解説求む〆


ワンピース最新購買層(TSUTAYA調べ)
ONE PIECE 読者層調べ

拍手

この記事にコメントする
Vodafone絵文字i-mode絵文字Ezweb絵文字
NAME:
TITLE:
COMMENT:
≪ Next   │HOME│  Prev ≫

[3073] [3071] [3070] [3069] [3068] [3067] [3066] [3065] [3064] [3062] [3061]