LOGPIECE(ワンピースブログ)〜シャボンディ諸島より配信中〜 【最新話】 ローの切り札炸裂!ドレスローザ編最終決戦 【第780・781話】
ONE PIECEのBLOG、略してLOGPIECE。 ワンピースフィギュアを飾って楽しんでます。

シャボンディ新聞(twitter)
最新記事
(08/22)
(08/20)
(08/18)
(08/16)
(08/15)
(08/13)
(08/12)
(08/12)
(08/10)
(08/09)
(08/08)
(08/06)
(08/05)
(08/05)
(08/02)
ファンアート
最新コメント
[08/21 名も無き島民]
[08/13 ウルトラ]
[08/09 coppa]
[07/29 名も無き島民]
[07/23 げんちゃん]
[07/22 名も無き島民]
[07/22 coppa]
[07/10 m]
[07/07 coppa]
[07/06 名も無き島民]
[07/01 名も無き島民]
[06/26 G]
[06/21 m]
[06/14 名も無き島民]
[06/14 coppa]
[06/08 名も無き島民]
[06/06 名も無き島民]
[06/06 名も無き島民]
[06/03 名も無き島民]
[06/02 coppa]
[06/01 ジンガ]
[05/25 名も無き島民]
[05/22 名も無き島民]
[05/21 g]
[05/04 名も無き島民]
ブログ内検索
懸賞金(アクセスカウンター)
-
第780話「ハートの呪縛」第781話「本懐」

TOPICS
・ジンベエの海侠一人旅 Vol.24-25
・ここまでのドレスローザ編
・ルフィVSドフラミンゴ
・ローの切り札
・カウンターショックという技の位置づけ


・ジンベエの海侠一人旅 Vol.24-25
「港のそばに遺跡をしずめました」「壊したおわびに海獣漁船」
Vol.23(778話)

1 仲間達(魚人海賊団)の元へ向かう。
2 迷子の子海ネコに遭遇する。
3 子海ネコを海イヌのお巡りさんのところへ連れて行くが、子海ネコが泣いてばかりで困ってしまう。
4 実は子海ネコと同じ町に住んでいるという海イヌのお巡りさんに子海ネコと一緒について行く。
5 子海ネコと海イヌのお巡りさんが住んでいたはずの海底の町が跡形も無く消えていた。
6 なぜか お巡りさんの家だけ残っていた。
7 見上げると今まさに沈んでいる船があった。船体は傷だらけ。
8 転覆した船を助ける。
9 救助した人達に見せられた新聞で、ルフィとローの海賊同盟を知る。
10  港町で海獣たちが暴れる事件が発生したことを知る。事件には謎の遺跡が関与?
11  事件が起きた港町へ行く。
12  港町の上の遺跡は消えた海ネコ達の町だった。
13  港町に上陸。住民から起きた出来事を聞く。「急に遺跡が町を潰すわ、海獣が船を壊すわ、お供えなくなるわ」
14  海神へのお供えが消えたことを確認
15  遺跡の上に新たな遺跡と海イヌのお巡りさんが降って来た。
16  海底に消えた影を追って海中へ
17  海底で大量のお供え物と犯人(?)を発見
18  犯人(?)ワダツミ登場。ワダツミ「礼には及ばねぇら」
19  海底の遺跡を港町に移動させた犯人とお供え泥棒はワダツミだった。
20  ワダツミに説教をする
21  人間達が街を奪ったと勘違いしていた海獣達の誤解を解く
22  子海ネコ、母海ネコと再会。海獣達とワダツミ、人間達に謝罪する。
23  遺跡の中から〝歴史の本文〟が発見される
24  港町のそばに遺跡を沈め、再び海獣達の住処になる
25  港町の船を壊した償いとして海獣達が漁船代わりに働く

前回のVol.23でポーネグリフが出てきて、ようやく核心に迫るのかと思いきやそれっきりで、また海獣達の話に戻っています。海獣が漁船になったら魚が逃げそうなものですがw


・ここまでのドレスローザ編
前話までの現状整理。

SOP作戦成功によりオモチャの呪いが解け、ドレスローザの真実が暴かれたドフラミンゴは、"イトイトの実"の能力でドレスローザ全体に巨大な"鳥カゴ"を作り、国中にいる者全員が賞金稼ぎになる”殺しのゲーム”を開始する。ドレスローザの地形はピーカの能力により大きく変えられた。

<ゲーム終了の条件>
ドフラミンゴの首を取ること、あるいは12名の「受刑者」たち全ての首を取ること

<ルール>
・「鳥カゴ」からは誰も逃げられない。外への通信も不能。
・プレイヤーはドレスローザにいる者全て。
・”寄生糸”で操られた人間が無差別に隣人を傷つけ続け、ゲームを終了しなければ全員死に絶える。
・討ち取った「受刑者」の星1つにつき1億ベリーの賞金が出る。

<受刑者>
★→レベッカ、ロビン、錦えもん、ヴィオラ、フランキー
★★→キュロス、ゾロ
★★★→サボ、ルフィ、ロー、リク
★★★★★→ウソップ


【ルフィ】【ロー】New!
所在: 新「王宮」最上階
目的: ドフラミンゴの討伐
 仲間たちの数々の援護によりついに王宮最上階に到着。ドフラミンゴ、トレーボルと戦闘開始。ドフラミンゴは分身の〝影騎糸〟を出し、さらに〝寄生糸〟でベラミーを操って戦う。ドフラミンゴと戦うローはドフラミンゴに右腕を切り落とされてしまう。一方、ルフィは〝影騎糸〟を倒し、ベラミーを〝寄生糸〟から解放させたが、今度はベラミー自身がルフィの行く手を阻む。ベラミーのことを友達だと思っているルフィは攻撃できずに説得していたが、ベラミーの強い覚悟に諦め、ついに止めを刺す。ローが麦わらの一味と海賊同盟を組んだ目的は、カイドウを倒すためではなく、遠回りにドフラミンゴを討つことだった。ローにとってドフラミンゴは13年前殺されたコラソンの仇。(~779話)

<ローの過去>
16年前、〝北の海〟の港町「スパイダーマイルズ」。滅亡した〝白い町〟から一人脱出し、ドフラミンゴのもとへやって来た10歳のロー。「珀鉛病」によって寿命があと3年と2ヶ月と知っているローは自身が死ぬ前にできるだけたくさんの人間を殺したいと思っていた。ドフラミンゴはローの将来性を見込んで、「珀鉛病」が悪魔の実によって治療できる可能性を示し、自身の右腕になれるようローを鍛え上げる。
ローがドンキホーテ海賊団(ファミリー)に入って2年が経ったある日、バッファローとベビー5にせがまれてローは本名を教える。ローの本名はトラファルガー・D・ワーテル・ロー。これを盗み聞きしていたコラソン(本名:ロシナンテ)はローにファミリーから出て行くべきだと諭す。コラソンの目的は弟として兄ドフラミンゴの〝暴走〟を止めることであり、実は海兵であり、能力者でもあった。
コラソンはファミリーからローを連れ出し、珀鉛病を治療できる病院を探して回るが見つからないまま6ヶ月が経過してローの容体が悪くなる。ドフラミンゴから〝オペオペの実〟の情報を手に入れたコラソンはファミリーと海軍を裏切って、これを奪い、ローに食べさせた。裏切りがばれ、ドフラミンゴに追い込まれたコラソンはローを逃がして自身は命を落とした。(752話、761話〜767話)


【コアラ】New!
所在: 王宮の下「外壁塔」
目的: 戦争を助長しているドレスローザからの武器の輸出を止めること
 革命軍のサボ、ハック、コアラはドレスローザに武器「生産」の場所を突き止めるために潜入。コアラは地下交易港で他国の貿易船が海賊船を装って武器貿易をしていることを発見する。その後、王宮の下「外壁塔」内部に潜入していたが、何かトラブルが起きそうなことを予期してサボに応援に来るよう連絡する。(~779話)

【キュロス】【ロビン】【レベッカ】【キャベンディッシュ】
所在: 4段目「ひまわり畑」
目的: ドンキホーテファミリーとの因縁に決着をつける
 キュロスはディアマンテに撃ち殺されそうになっていた娘のレベッカを救出する。ディアマンテとの戦闘はレベッカを守りながらの戦闘に苦戦していたが、到着したロビンがサポートにつき形勢が変わる。ディアマンテの鉄球攻撃に負けず、最終的にキュロスが勝利する。キャベンディッシュは睡眠中。(~779話)

【レオ】【カブ】【マンシェリー】
所在: 4段目「ひまわり畑」
目的: マンシェリー姫の救出
 治癒の能力者であるためにドフラミンゴに一人捕らえられているトンタッタ族のマンシェリー姫。〝ひまわり畑〟へ向かうレベッカに同行していたレオ達は、ヴィオラからマンシェリー姫の居場所(礼拝堂の裏にある小さな部屋)を聞き、救出に向かう。部屋には負傷したファミリー幹部達が集められ、ジョーラがマンシェリーに能力を無理強いしようとしていたところを間一髪で阻止し、マンシェリーを救出する。姫はレオに夢中。(~779話)

【バルトロメオ】
所在: 3段目
目的: ルフィの援護
 グラディウスを倒すが、毒針を受ける。(~779話)

【サイ】【チンジャオ】【ブー?】【ハイルディン】【エリザベロー】【ダガマ?】【オオロンブス】【イデオ】【スレイマン】【ブルー・ギリー
所在: 2段目
目的: ドフラミンゴの討伐
 ウソップあるいはルフィへの恩返しのため、初めはそれぞれがドフラミンゴを討つため王宮を目指したが、手を組み王宮を目指すルフィ達を援護する。ハイルディンがマッハ・バイスを倒すも、半身骨折で戦闘不能。ベビー5はサイに恋をしてファミリーを裏切る。サイはチンジャオを倒したラオ・Gを倒す。イデオはデリンジャーに敗れる。オオロンブスは〝提督キラーボウリング〟でゾロを射出してピーカ打倒に貢献。エリザベローは温存していた〝キングパンチ〟を旧「王の台地」に降るピーカの巨石を薙ぎ払うのに使った。(~779話)

【サボ】New!
所在: コリーダコロシアム
目的: 
 密かに革命軍に入隊し革命軍No.2の「参謀総長」にまでなっていたサボはルフィと入れ替わり、ルーシーとしてコロシアム決勝戦に出場。優勝賞品である”メラメラの実”の能力を手に入れる。革命軍の目的はドレスローザの武器「生産」の場所を探し出すこと。サボは一人、兄としてルフィを援護するため、海軍をくい止めるが、大将藤虎(イッショウ)との勝負は引き分けに終わる。王宮の下「外壁塔」内部に潜入しているコアラからルフィに危害が及ぶ可能性のある事態が発生しそうだと連絡を受け、コアラのもとへ向かう。(~779話)

【ゾロ】
所在: 旧「王の台地」
目的: ドフラミンゴの討伐
 ピーカの能力を見極めたゾロが圧倒。石化巨大化したピーカはゾロを放置して王宮のある台地から旧「王の台地」へ移動し、リク王を仕留めようとしたが、ゾロがオオロンブスとの連携によって猛スピードで追いつき、岩がない空中に追い込んだピーカをついに討ち取る。(~779話)

【藤虎(イッショウ)】New!
所在: 旧「王の台地」の裏
目的: 
 イッショウはローと麦わらの一味の海賊同盟の真相、グリーンビットへ向かった目的を調べるため、ドレスローザに派遣される。同盟が真実だったため、ローの七武海の称号剥奪を決定し、ローと麦わらの一味を追う。ドフラミンゴが”鳥カゴ”のゲームを始めてもなお、ドフラミンゴではなく海賊同盟の追跡を続けるが、それにはドレスローザ国民の想いを酌んだ高度な判断があった。追跡は本気ではなく、麦わらの一味らがドフラミンゴを討ち取ることを期待している。ゾロが宙で斬りエリザベローが吹き飛ばしたピーカの巨大な岩が街に落ちる前に能力で浮かせ、住民を避難させていた。また、〝王下七武海〟制度の完全撤廃を望んでいる。(~779話)

【ウソップ】【錦えもん】【カン十郎】【リク】【ヴィオラ】
所在: 旧「王の台地」
目的: 
 受刑者を捕らえようとして王の台地に集結したドレスローザの国民達に何をするべきか尋ねられたリク王はルフィ達がドフラミンゴを討ってくれることを期待して、少し待つことを提案し、戦況を見守る。(~779話)

【フランキー】【トンタッタ族】
所在: 「SMILE工場」
目的: スマイル工場の破壊、スマイル工場で働くトンタッタ族の解放 
 インヘルが率いるトンタッタ族は騙されて工場で働かされている仲間たちの救出に成功。フランキーは工場の破壊を阻止しようとするセニョールと戦闘。互いに満身創痍の中、漢の賭けに勝ったフランキーに軍配が上がる。トンタッタ族はスマイル工場の破壊する。(~779話)

【サンジ】【ナミ】【チョッパー】【ブルック】【モモの助】【シーザー】
所在: ドレスローザの沖
目的: シーザーを連れて作戦の次の島「ゾウ」を目指す
 シーザーを連れてサニー号で、ローの作戦の次の島「ゾウ」を目指す。途中、ドレスローザの沖にてドフラミンゴとは別の理由でシーザーを追うビッグマム海賊団の攻撃を受け、戦闘に?!(~730話)

<その他のキーパーソン>
【リッキー】
 鉄仮面、ドクロマントの老剣士。盾を持たない戦い方が特徴的。元剣闘士だが、コロシアムに彼を知る者はいない模様。正体はドレスローザの先代国王リク王。10年前、ドフラミンゴの計略により国を奪われる。

【キュロス】
 20年前まで活躍していたコロシアムの歴史上、最強の剣闘士。片足の兵隊の正体。10年前、オモチャにされた時、シュガーが契約を交わし忘れたため、オモチャ達の中で唯一自由に行動することができた。レベッカの父親。

【レベッカ】
 コリーダコロシアム専属の女剣闘士(”囚人剣闘士”)。国民に恨みを買ったドレスローザの元国王リク王の孫(”幻の王女”)。ドフラミンゴが新しい国王になった際、母親のスカーレットをドンキホーテファミリーに殺される。片足の兵隊の正体が実の父親だとは知らなかった。

【ヴァイオレット】
"ギロギロの実"の能力者。正体は元ドレスローザの王女ヴィオラ(レベッカの叔母)。10年前、リク王(父)を殺さないことを条件としてドンキホーテファミリーに入る。"千里眼"の能力を持つ彼女は昨夜からサニー号の接近に気づいていたはずだが、ファミリーには報告しなかった。一時はサンジを罠にかけたが、ファミリーを裏切りサンジに協力する。ヴァイオレットは能力で「リク王軍」の行動をずっと見ていた。

【コラソン】
 コラさん。本名ロシナンテ。ドフラミンゴの実の弟。元ドンキホーテファミリー幹部。海軍のスパイとしてドンキホーテファミリーに潜入していたが、裏切りがばれ13年前にドフラミンゴに殺された。コラソンの目的は弟として兄ドフラミンゴの〝暴走〟を止めることであった。珀鉛病によって自暴自棄になりドンキホーテファミリーに加入したローに自分を取り戻させ、海軍も裏切って〝オペオペの実〟をローに食べさせ不治の病から命を救った。

【ベラミー】
 ”2年前”ドフラミンゴに見捨てられたベラミーは、かつてその存在を信じる者を笑っていた”空島”へ行き、海賊団の仲間を失ったが、スカイピアの黄金を持ち帰りそれをドフラミンゴに寄与することで再びドフラミンゴの部下になっていた。コリーダコロシアムで今回優勝すればドンキホーテファミリーの幹部になれることをドフラミンゴから約束されていたが、Bブロック予選で敗退。ベラミーに愛想を尽かしたドフラミンゴから指令を受けたデリンジャーに殺されかけるが、バルトロメオに助けられる。建前では殺されかけてもなおドフラミンゴへの忠誠を示すが、ルフィにも割と協力的である。


・ルフィVSドフラミンゴ
ベラミーを追い込んだドフラミンゴに怒るルフィとドフラミンゴの戦いがついに開始。

780話


〝鷹(ホーク)銃乱打(ガトリング)〟


780話


〝荒浪白糸(ブレイクホワイト)〟


新技の応酬でしたがどちらも空振りでした。
〝ホークガトリング〟はギア2派生技で〝JETガトリング〟に武装色の覇気を纏った技のようです。〝JET銃弾(ブレット)〟〝JET回転弾(ライフル)〟の覇気派生がそれぞれ〝レッドホーク〟〝ホークライフル〟となっており、ギア2のパンチ技には共通して「鷹(ホーク)」の名がついています。

ギア3の覇気派生技はパワーをイメージして大型哺乳類「象(エレファント)」「灰熊(グリズリー)」の名前が付いていて、ひょっとするとギア2はスピードをイメージして他の猛禽類の名前が付くかとも思いましたが、今のところ「鷹(ホーク)」で統一されているっぽいです。まだ分かりませんけどね。〝JETバズーカ〟の覇気派生の名前が気になるところです。

ドフラミンゴの技は相変わらず「糸」であれば何でもアリという感じで…w


・ローの切り札
ところで、前回ドフラミンゴによって死亡がほのめかされていたローはというと・・・

780話


死亡…




してませんでした。(だろうな)




しかし、ドフラミンゴがローは死亡したと思っているのは本当で、ローはドフラミンゴを油断させて隙を突くために命を削って一芝居打っていたのでした。

780話
・ローに銃で止めを刺すドフラミンゴ(ルフィが来る数分前)

780話
・前に倒れうつ伏せになったローに銃で完全に止めを刺すドフラミンゴ(ルフィが来る数分前)

背中に銃弾を8発撃ち込み、動かなくなったローを見てドフラミンゴはローの死亡を確信するのですが、ここまでが実はローの想定通りで、ドフラミンゴはローの術中にまんまと陥っていたのでした(〝オペオペの実〟だけに)。

781話
一発目の銃弾を腹(?)に受けて急所を逃れたローは前に塞ぎ込み、ドフラミンゴに見えないように、王宮1階に気絶して転がっているファミリーの下っ端と体だけ〝シャンブルズ〟して位置を入れ替わり、その後の8発の銃弾は受けていなかったのでした。ドフラミンゴが死亡を確信したのはローではなく身代わりになったファミリーの下っ端だったわけです。そして、ルフィが来た時には元の位置に入れ替わっています。

ドフラミンゴとトレーボルがこの入れ替わりに気づくことができなかった理由はもう一つあり、ローが王宮の周囲に王宮からは目の届かないほど巨大な「ROOM」をいつからか既に張り続けており、それに気づいていなかったドフラミンゴらにはローが「ROOM」の展開なしに能力を使うことは想定外だったのでした(しかし、旧「王の台地」から戦闘を見守っているウソップらは巨大な「ROOM」に気づけたはずですが、誰も気づいていません…なんでや…)。

780話
こうしてドフラミンゴらに自身が死んだと思わせることに成功したローは、駆け寄ってきたルフィに密かにとっておき技をドフラミンゴにくらわせるための作戦を伝えるのでした。

781話

〝ゴムゴムの〟ォ!!!





〝シャンブルズ〟




781話

ドフラミンゴ ∑(゚Д゚)ハッ!?


781話


〝ガンマナイフ〟!!!


ルフィと〝シャンブルズ〟する必要性があったかは置いといて(正面から向かっているルフィとシャンブルズしてドフラミンゴに身構えられるより、ドフラミンゴの背後の瓦礫とシャンブルズして隙を突いた方が効果的)、ローの〝ガンマナイフ〟は外傷なく内蔵を破壊する〝オペ〟とのこと。

そんな〝オペ〟があってたまったもんじゃありませんが、「ラジオナイフ(=電気メス)」(759話)同様、「ガンマナイフ」も医療器具の名称です。実物は”ナイフ”のような形状ではなく、放射線を患者の脳に照射する大きな装置です。弱いガンマ線を複数位置から非侵襲的に集中照射して脳腫瘍などの病変部だけ特異的にピンポイントで照射する「ガンマナイフ」に技が由来しているようです。


〝ガンマナイフ〟が狙い通りキレイに決まり、おそらく放っといても多臓器不全でいずれ死ぬドフラミンゴにローは少し語りかけ、〝カウンターショック〟で止めを刺します。


これでようやくコラソンの本懐を遂げることが


できませんでした(ぇ

781話

ドフラミンゴは〝ガンマナイフ〟をくらった後、ローと会話したわずかな時間に体内で「」による内蔵の修復作業を進め、応急処置が間に合ったとのこと。〝イトイトの実〟万能すぎるだろ、おいw

〝オペオペ〟の能力を使いすぎて体力を消耗したローは戦闘から完全に離脱し(※ 〝オペオペ〟の能力は使うほど体力を消耗する)、ここにルフィとドフラミンゴの真っ向勝負が始まるのでした。

781話
トレーボルは外野です(笑)。

「糸」で内蔵を接合してどうにかなるものじゃない気がしますが、実際、ドフラミンゴ自身も糸による修復を「回復とは少し違う」と言っており、内蔵破壊のダメージ自体は残っているようです。その分、ドフラミンゴは不利を背負っているのでローの作戦は「自爆」ではなかったと言えるでしょう。最終的にこのドフラミンゴのダメージが勝負の分け目になるとアツいですね。


・カウンターショックという技の位置づけ
劇中ではスコッチ(イエティクールブラザーズ)に初めて使われたローの〝カウンターショック〟という技は「電気ショック」に由来しており、相手の人体に通電して気絶させる技だと思われます。電気的なものを使っており、その発生源はこれまで〝オペオペの実〟の能力とは別物と考えていましたが(〝ラジオナイフ〟〝ガンマナイフ〟も同様の考え)、今回の781話より〝カウンターショック〟は純粋な〝オペオペの実〟の能力であることが明らかになりました。

というのも、〝カウンターショック〟を撃つためにローが「ROOM」を展開していることがはっきりと描かれたからです。また〝ガンマナイフ〟についてトレーボルが「〝オペオペ〟の攻撃」と表現しています。

〝カウンターショック〟が〝オペオペの実〟の能力とは別物であるという私の考えの根拠になっていたのは、683話でヴェルゴに〝カウンターショック〟を撃った時、その前の描写から「ROOM」の外の出ていると解釈できたことでした。この時も気づかれないうちに「ROOM」を展開していたのでしょうかね。

〝オペオペの実〟の能力者は改造自在人間と表現されるように、その能力は手術室(ROOM)で自在に改造手術(オペ)することができるものだと認識していましたが、〝カウンターショック〟も〝ガンマナイフ〟も人体を破壊しにきているので手術というイメージがありませんw

拍手

この記事にコメントする
Vodafone絵文字i-mode絵文字Ezweb絵文字
NAME:
TITLE:
COMMENT:
さながら往年の舞の海ですな
片足の変態
トレーボルは誰が相手するんだろ
まさか2対1!?

あの場面はローが背中にシャンブルズしてガンマナイフを食らわせて、ルフィが加えて腹にホークガトリングかませば勝てたのでは?
もっというと若様のシャンブルズを受ける体勢から見てルフィのパンチもくらわせられたんじゃない
そうなると島民さんの言う通りシャンブルズした意味とは…

         猫だまし?

2015/04/05(Sun)00:06:55
無題
名も無き修羅
現在、ローダウン、ルフィとドフラは満身創痍?となると、案外トレーボルはドフラも見捨て、一人勝ちを狙っているのかもですね
2015/04/05(Sun)07:55:36
無題
てれさ
>>ルフィと〝シャンブルズ〟する必要性があったかは置いといて(正面から向かっているルフィとシャンブルズしてドフラミンゴに身構えられるより、ドフラミンゴの背後の瓦礫とシャンブルズして隙を突いた方が効果的)

物理状態も交換できると考えてみてはいかがでしょうか。
ルフィが向かってくると思わせてドフラを油断させ、ギリギリで自身及び速度を交換すれば、ドフラに対処の余裕はありまん。

一方、ドフラの背後の瓦礫と位置交換した場合、満身創痍でドフラに走って?向かうことになり…

一応、ルフィと位置交換をした理由になってますかね?
2015/04/16(Thu)00:18:28
無題
名も無き島民
>シャンブルズ
そりゃ、死んだと思わせたからこその奇襲でしょう
ただ背後を取るだけじゃ、ドフラミンゴは間違いなく誰だろうと対応できたハズ
だけど「ルフィと入れ替わり」で「死んだと思った男が考える暇もなく眼前に現れたから」こその不意打ちでしょうし、別に正面でいいと思います
策士策に溺れるじゃないですが、ひねりすぎると逆に通じないように思いました

>カウンターショック
クールブラザーズ斬った時も展開してたし、さすがにオペオペ無関係だとは思いませんでしたが、確かにそういう考えもありますね!
ひねった解答ですが、最初展開していたROOMを解除していなかった、というところですかね…
維持にも体力使いそうですが、完全に倒されるのではなく、一撃二撃喰らったくらいなら維持できる、とか
2015/04/19(Sun)20:19:50
無題
シャボンディ島民
>てれささん

これまで”シャンブルズ”によって運動状態が交換された様子はなく(G-5の銃弾をシャンブルズしたシーンが分かりやすい)、また今回はドフラミンゴの真正面で位置交換しているため運動状態の交換について特に考察する必要はないかと思います。

しかし、ドフラミンゴの背後のちょうどいい位置に交換する対象がなく止む無し、というのなら正面から行った理由説明になっていますね。ドフラミンゴとルフィを位置交換しても良かったかもしれません。


>名無しの方 04/19(Sun)20:19:50

ドフラミンゴがルフィの攻撃を受け止める保証は無いですからね。実際、その前のルフィの象銃は蜘蛛の巣がきでブロック、鷹銃乱打は回避していますから、ルフィの攻撃を避けられるリスクも考えると正面突破はやはり愚策です。そもそも真正面まで迫っているルフィに対してドフラミンゴがあまりにも無防備でした。
2015/04/19(Sun)22:58:18
≪ Next   │HOME│  Prev ≫

[3529] [3528] [3527] [3526] [3525] [3524] [3523] [3522] [3521] [3520] [3519]