LOGPIECE(ワンピースブログ)〜シャボンディ諸島より配信中〜 【原作ネタ】 ワンピースGREEN 構想ノート&製作秘話 【これは伏線なのか】
ONE PIECEのBLOG、略してLOGPIECE。 ワンピースフィギュアを飾って楽しんでます。

シャボンディ新聞(twitter)
最新記事
(03/24)
(03/22)
(03/21)
(03/19)
(03/18)
(03/17)
(03/16)
(03/15)
(03/14)
(03/12)
(03/11)
(03/10)
(03/07)
(03/05)
(03/04)
ファンアート
最新コメント
[03/24 名も無き島民]
[03/21 唐辛子は一味]
[03/21 名も無き島民]
[03/08 名も無き島民]
[03/08 名も無き島民]
[03/07 名も無き島民]
[03/07 名も無き島民]
[03/07 アスファルトの花]
[03/06 名も無き島民]
[03/06 朧プルリル]
[02/26 名も無き修羅]
[02/17 名も無き島民]
[02/15 coppa]
[02/13 名も無き島民]
[02/12 名も無き島民]
[02/12 ちょぱお]
[02/11 生ハムメロン]
6
[02/11 名も無き島民]
[02/11 名も無き島民]
[02/11 名も無き島民]
[02/11 名も無き島民]
[02/11 名も無き島民]
[02/10 名も無き島民]
[02/10 名も無き島民]
[02/10 名も無き島民]
ブログ内検索
懸賞金(アクセスカウンター)
-
ワンピースGREEN一通り読み終わりました。

扉絵集からは結局、ヘルメッポの決意以外収穫なく、扉絵短期連載まとめて読むときに便利程度です。
伏線ガイドはあまり充実していないのでコレ目当てで買う人は期待はずれかもしれません。
公式の伏線案内であるため、気になるものは「【伏線】 未回収のまとめ 」に追記しました。

GREENのコンセプトであるSECRET PIECES(秘話)にふさわしいSECRET LOGのコーナーは、全てが初公開というわけではないのでご注意を。


そんな構想ノートで「これは伏線ではないのか」というものがあったのでご紹介。
こちらも「【伏線】 未回収のまとめ 」に追記しています。

アーロン一味の幹部初期設定です。
a3ced044.jpeg

初期設定では剣士枠に、はっちゃんではなく、女剣士が描かれています。
その名もイカの人魚・メイプルリード

そのまま採用されていれば、グランドラインからやって来た侵略イカ娘になっていたわけです。

上半身が魚であるのに「人魚」となっており、この当時はまだ「魚人」と「人魚」の区別がかたまっていなかったのかもしれません。単純に魚人人魚だったのかも。

剣士枠は結局はっちゃんに置き換わるわけですが、このイカ娘は魚人島編に持ち越しとなったとすれば、はっちゃんのこの発言(↓)には納得するわけです。
78ff0e71.jpeg


白ひげ海賊旗デザイン変更

大人の事情で白ひげの海賊旗のデザイン変更になったわけですが、GREENの製作秘話ではこれについて説明がされています。

え~と、なになに・・・

「エースが初登場した頃と今では白ひげ海賊団のシンボルマークが違っている。これは、最初のマークに書かれていた、『卍(まんじ)』が原因。お寺を表すマークとして有名な事から、混乱を避ける為に普通の十字マーク変更されたのだ。」

・・・fmfm

これは、嘘だと思います
おそらく、編集者が子供の読者のために用意した適当な理由ではないでしょうか。
お寺うんぬんを言うならセンゴクの能力「ヒトヒトの実モデル大仏」は確実にアウトでしょうw

真相は、やはり「卍」が原因ですが、理由はお寺との混同ではなく、「ナチスのハーケンクロイツ(卐)」で間違いないでしょう。

ヨーロッパ、特にドイツでは「卐(逆まんじ)」は忌まわしいナチスを意味するため法律によって使用が禁止されています。
仏教国で「卍」は一般的ですが、ハーケンクロイツと向きの違う「卍」もヨーロッパではタブーなのです。

こうした理由で「卍」が使用されているアニメや漫画がヨーロッパへ輸出される際は、修正が加えられることが多いようです。
ワンピースもこの例に他なりません。

小学生以下の読者に、デリケートな歴史問題を説明するわけにもいかないため(おそらく栄ちゃんも、ワンピースという娯楽漫画にそんな難しい事情があったなんて説明したくないはずです)、このような説明になったのではないでしょうか。


ce72cbfc.jpeg

!?

拍手

この記事にコメントする
Vodafone絵文字i-mode絵文字Ezweb絵文字
NAME:
TITLE:
COMMENT:
≪ Next   │HOME│  Prev ≫

[42] [41] [40] [39] [38] [37] [36] [35] [34] [33] [32]