LOGPIECE(ワンピースブログ)〜シャボンディ諸島より配信中〜 【最新話】 ウラヌス太郎モモの助!?助けた巨象に連れられて〜 【第821・822話】
ONE PIECEのBLOG、略してLOGPIECE。 ワンピースフィギュアを飾って楽しんでます。

シャボンディ新聞(twitter)
ファンアート
最新コメント
[11/17 名も無き島民]
[11/14 フィギュア置く場所ない]
[11/12 G]
[11/10 coppa]
[11/07 名も無き島民]
[11/07 朝から]
[11/06 名無し]
[11/04 coppa]
[11/02 ブロンディの小さなライオン]
[10/31 coppa]
ブログ内検索
懸賞金(アクセスカウンター)
-
第821話 「承知した」
第822話 「下象」 

TOPICS
・象主の意志とモモの助の力
・ペコムズの能力
・新ソーサリー・クリマタクト
・いざ出発


・象主の意志とモモの助の力

ジャック再襲来の際にルフィにも聞こえたモモの助が言う”くじらの声”の主は象主(ズニーシャ)と判明。ジャックの攻撃を受けるズニーシャはしきりに何かを訴えようとしていますが、会話もできない、誰とも分からない”くじらの声”にルフィは困惑します。

くじらの声(象主):そこにいるなら……!!! 早くしてくれ…!!!

くじらの声(象主):早く……命じてくれ…!!! そこにいるなら……!!!

”くじらの声”は”万物の声”が聞こえるというロジャーとモモの助と同じ体質という光月おでんにもかつて聞こえたとのこと。やはり会話はできず、誰の声か分からなかったようですが、ジャック再襲撃の事態にモモの助は不思議な体験をするのでした。それは自身が「ゾウ」の森の中にいながら、ジャックが5隻の船でズニーシャを砲撃している様子を俯瞰で見る別の視点の映像が頭の中に流れ込んでくるというもの。



くじらの声(象主):苦しい!!私が倒れたら…!!お前達も危ない……!!

状況と文脈から判断してモモの助は”くじらの声”の主がズニーシャであることをようやく理解します。

くじらの声(象主):私は大昔に罪を犯し…ただ歩く事しか許されていないのだ

くじらの声(象主):命令に従い続けている…だから一度だけ許可をくれ…!!!

くじらの声(象主):命じてくれ……「戦え」と!!!

ルフィに後押しされてモモの助が「負けるなゾウ!! 倒れてはならぬ!!! ジャックを追い払ってくれー!!!」と叫ぶと、くじらの声(象主)は”承知した”と答え、自らの鼻の一振りでカイドウの船団を壊滅させるのでした。

まず確認しておくのは、動物語(?)が分かるチョッパーにはズニーシャの声は聞こえていないことです。次に考えるのは心を読む力もある見聞色の覇気ですが、ルフィが見聞色の覇気を得意としているのならまだ分かりますが、そうでもないのにルフィとモモの助だけ特別だというのは合点がいきません。やはり、ズニーシャの声が聞こえるのは特別な力だということでしょう。また今回、上陸してからずっと聞こえている”くじらの声”について、モモの助は「今までで一番大きい”声”でござる」と言っており、だからこそ今回、ルフィにもズニーシャの声が初めて聞こえたのでしょう。すなわち、ズニーシャの声を聞く力はルフィよりモモの助の方が優れているようです。

そしてこの件で思い起こされるのは、海王類にまつわるルフィとしらほしの関係です。リュウグウ王国ネプチューン家の言い伝えによると、唯一、海王類と話す事が出来るという伝説の人魚は数百年に一度、海王類の王として生まれてくるとのこと。それが、しらほし であり、古代兵器ポセイドンであることが判明しています。海王類の声はロジャーやルフィにも聞こえていますが、会話はできていません。海王類にまつわるルフィとしらほしの関係、象主にまつわるルフィとモモの助の関係は同じように思えて仕方ありません。

魚人島 「ゾウ」
リュウグウ王国 モコモ公国
住んでいる種族 魚人族 ミンク族
関係のある者・一族 ジョイボーイ ワノ国の光月一族
歴史の本文 ジョイボーイの謝罪文 ロードポーネグリフ
巨大な動物 海王類 象主
会話/命令できる者 伝説の人魚(しらほし) モモの助
声だけ聞こえる者 ルフィ、ロジャー
※レイリーには聞こえていないため、見聞色の覇気でも聞こえない
ルフィ、ロジャー、光月おでん?
使命 魚人島のノアは海王類が引くために数百年前に建造され、”約束の日”にその使命が果たされる。”来るべき日”にノアを引く使命は海王類に代々伝えられている。 象主は大昔に罪を犯したため、ただ歩く事のみしか許されていない。その命令に従い続けている。
古代兵器 伝説の人魚=ポセイドン モモの助=ウラヌス?!

この表のように、モモの助のポジションを魚人島に当てはめると、まさしくしらほしに当てはまります。3つある古代兵器のうち、所在不明の「ウラヌス」はまさかモモの助ではあるまいな、と。ネプチューン家の言い伝えでは、伝説の人魚にはいつかその力を正しく導く者が現れ、その時世界には大きな変化が訪れるという話でした。その人物になるのはおそらく主人公であり、”D”であり、なぜか海王類の声が聞こえるルフィだろうと私は予想しているのですが、モモの助=ウラヌス説では、これがルフィとモモの助の関係にも当てはまるのではないかと思うわけです。つまり、ワンピースの最終章では海王類と象主と、あと謎のプルトンをルフィが引き連れてーーー???

前回の考察では、ロジャーと光月おでんは”万物の声”が聞けるという同じ力を持っているのではと疑問に思いましたが、モモの助と光月おでんの力はズニ—シャに対してだけ発揮される特別なものと考えれば納得できます。しらほしはズニーシャの声を聞くことはできないでしょうし、モモの助と光月おでんは海王類の声を聞く事はできないはずです(前回のイヌアラシとネコマムシの冒険談から光月おでんは魚人島を通過している)。一方、ルフィとロジャーはどちらの声も聞くことが出来ます。これぞ、まさしく”万物の声”を聞く才でしょう。

光月おでんはズニーシャの声を聞くだけしかできなかったのか、例えば、命令をすればどうなったのか。おそらく、光月おでんはモモの助と同じ力を持っていたのではないでしょうか。と言うのも、なぜズニーシャはモモの助の命令に応じたのかを考えると、なんとなく分かります。海王類の使命は、大昔の当時の伝説の人魚が”約束の日”のために命じたものでしょう。では、ズニーシャに対して歩くこと以外許さないという命令を下したのは誰なのでしょう。命令を下しているわけですから、当然ズニーシャと会話できる力を持っている者となります。遥か昔から、それこそ”歴史の本文”が作られた900年以上前からミンク族と光月一族は親交があるわけですが、なぜ親交があるのでしょう?ズニーシャが大昔に犯した罪とは何でしょう?

・・・例えば、ズニーシャに命令を下したのは大昔の光月家の当主だったとしたら、、、これらの事柄がなんとなく理解できるような気がします。

命令を下したのが当時の光月家の当主であれば、ズニーシャにとってみれば、命令を解除するのも光月家の当主が妥当でしょう。ズニーシャと会話できる力が、当時の光月家の当主から代々子供に引き継がれていたとして、光月おでんがズニーシャの声を聞くことが出来たのであれば、命令を下すこともできたはずと思うわけです。


・ペコムズの能力
今更ですが、ペコムズの能力名が判明。
大方の予想通り、カメカメの実の能力者でした。亀の動物系能力者ですね。当人曰く、甲羅はダイヤモンドの硬度を誇るとのこと。ダイヤモンドの硬度は表面に傷がつきにくいだけであって、打撃には弱いものです。ダイヤモンドの硬度を誇っても、あまり身は守れません(ぁ


・新ソーサリー・クリマタクト
ウソップ製作の新しい”天候棒(クリマタクト)”がナミに授けられました。このクリマタクトはウェザリアの装置を埋め込んだ代物で、新世界編のシャボンディ諸島でナミがウソップと再会した際に、製作を依頼していたもののようです。

ナミ:お店替えましょ!ちょっとお願いもあるし!(598話)
ナミ:ーーでね 新しい技術を手に入れたわけだけど…(598話)
ウソップ:マジかお前!!空島にいたのかよ!!(598話)
<新しいクリマタクト製作の依頼>
ナミ:つまり魔法のステッキよ(本話822話補完)

新世界編のナミのクリマタクトは既に”魔法の天候棒(ソーサリークリマタクト)”という名前ですが、今回製作されたものが本当にナミが求めていたソーサリークリマタクトのようです。「ポップグリーン」の成長を利用し、フランキーによる表面加工が施されたこのクリマタクトは使い手の力加減で自在に伸縮するとのこと。




ナミが握ると伸びる太い棒


これこそがウェザリアの天候科学の集大成!!(←違う)


・いざ出発
ワノ国で百獣海賊団と決戦に臨む”忍者海賊ミンク侍同盟”は一旦、四手に分かれます。

● ルフィチーム:ルフィ、ナミ、チョッパー、ブルック、ペドロ、(ペコムズ)
 →サニー号(?)でホールケーキアイランドへ
 →目的はお茶会に潜入して結婚式をぶっ壊しサンジを連れ戻すこと
 →ビッグマムが所有するロードポーネグリフを発見した場合は写しを取る

● ネコマムシチーム:ネコマムシ、ミンク族の戦士
 →マルコを探して心当たりがあるという場所へ

● 錦えもんチーム:残りの麦わらの一味、ハートの海賊団、侍
 →ローの潜水艇でワノ国へ
 →目的は侍同志を集めること
 →ロビンはカイドウが所有するロードポーネグリフを調べる

イヌアラシチーム:イヌアラシ、イヌアラシ三銃士、モモの助
 →しばらく「ゾウ」に残る
 →目的はカイドウの脅威から「ゾウ」を守るため
 →モモの助はもう一度ズニーシャと会話したいと思っている

ルフィチームにペドロが増えたのは「ペコムズ」に何か原因があるようです。ネコマムシ曰く「あガラ(ペコムズ)を抑えられるんはペドロしかおらんきのう」とのこと。イヌアラシが「ゾウ」に残るのは、ジャックが簡単に再び「ゾウ」にやって来た理由が不明のままで、再び襲撃される可能性があるからです。

一方、カイドウ陣営にはアプーが配下に付いた模様です。



上のコマの左上に注目して欲しいのですが、キッドはワノ国で牢屋に入れられているのではないでしょうか。突然空から降って来たカイドウ(795話)と対峙したキッド、アプー、ホーキンスの三船長はどうやらカイドウに戦いを挑んで敗れたようです。ホーキンスはどうなったのでしょう?


そして一方、アラバスタ。ネフェルタリ家が世界会議(レヴェリー)に出発するようです。(ワンピースの世界で)今年は世界会議が開催される年です。魚人島の移住計画や王下七武海の廃止といった議題に注目が集まります。



タマリスクに王家の船が係留されていますが、後ろに付いている船は海軍の護衛船でしょうか?

拍手

この記事にコメントする
Vodafone絵文字i-mode絵文字Ezweb絵文字
NAME:
TITLE:
COMMENT:
無題
ハン・ソロ
ビビのより先に階段を上っているのはぺルなような気がします。
2016/04/18(Mon)18:36:00
無題
生ハムメロン
状況が全く読めねぇ
2016/04/18(Mon)21:20:26
やばい
生ハムメロン
話についていけなくなってきた・・・
やばいやばい
2016/04/18(Mon)21:22:14
≪ Next   │HOME│  Prev ≫

[3896] [3895] [3894] [3893] [3892] [3891] [3890] [3889] [3888] [3887] [3886]