LOGPIECE(ワンピースブログ)〜シャボンディ諸島より配信中〜 【造形王】 造形王頂上決戦WORLD 彩色原型公開&ファン投票開始 【軽くレビュー】
ONE PIECEのBLOG、略してLOGPIECE。 ワンピースフィギュアを飾って楽しんでます。

シャボンディ新聞(twitter)
最新記事
(12/13)
(12/12)
(12/10)
(12/09)
(12/07)
(12/06)
(12/05)
(12/04)
(12/02)
(12/01)
(11/29)
(11/27)
(11/26)
(11/26)
(11/24)
ファンアート
最新コメント
[12/12 イカ]
[11/28 G]
[11/21 いしじろ]
[11/21 いしじろ]
[11/19 名も無き島民]
[11/19 名も無き島民]
[11/18 名も無き島民]
[11/17 あ]
[11/15 名も無き島民]
[11/15 coppa]
[11/13  420ランド]
[11/12 名も無き島民]
[11/12 coppa]
[11/10 チェ]
[11/09 イカ]
[11/07 名も無き島民]
[11/06 名も無き島民]
[10/30 coppa]
[10/28 優しい死神]
[10/28 Y]
[10/25 coppa]
[10/19 coppa]
[10/16 ジンガ]
[10/12 coppa]
[10/11 てれさ]
ブログ内検索
懸賞金(アクセスカウンター)
-
舞台は世界へ!バンプレスト"ワールド"フィギュアコロシアム 開幕 【造形王頂上決戦】」の続報です。

10月5日〜8日に開催されるニューヨーク・コミックコンにて行われるバンプレストワールドフィギュアコロシアム(BWFC)に出品される彩色原型が一斉に公開になり、特設サイトでファン投票が始まりました。おそらく、このウェブ投票と当日の会場ブースで実施されるであろうリアル投票の結果を合わせ、優勝作品とは別にファンアワードが決定するものと思われます。投票は毎日投票ではなく、『ドラゴンボール』と『ワンピース』それぞれに1票限りですのでご注意下さい。

『ドラゴンボール』投票:http://banprestowfc.com/ja/dragonball-voting/
『ワンピース』投票:http://banprestowfc.com/ja/one-piece-voting/

※投票締め切りは10月5日15:59まで(日本時間)




髙橋晋太郎(ウロタ)- 日本
製作キャラクター:シャンクス




「アメリカに寄せたなぁ〜」というのが私の第一印象でして、アメコミのバッドマンやスポーンが彷彿されるデザインだと思います。何と言っても目を引くのが、”生きている”様な存在感を放つマントでして、リアルではあり得ないであろう複雑なシワが折り込まれています。これが漫画やアニメだと不自然に感じるはずですが、フィギュアだとこの振り切り方が逆に気持ちよく、マントだけで80点は出ている気がします(笑)。圧倒的に動的なマントに対してシャンクス自身は静的ですが、足元に目をやると、左足のかかとがサンダルから浮いていることに気づいてグっときます。

良くない点を強いて挙げれば、耳が大きく下付きなので猿っぽい気がするのと、抜刀はこのフィギュアの情景には合っていない気もします。ただ、風格が半端ではなく、優勝を十分狙える作品だろうと思います。



● 山口範友樹 - 日本
製作キャラクター:ゾロ




ウロタさんのシャンクスと対照的に和テイストで世界大会に勝負する山口さん。まず、和物(日本刀、着物、腹巻き)という理由でゾロを製作キャラに選んだそうで、インタビューでは「浮世絵のアウトライン」を取り込んだという話なのですが、服のシワをハイライトで塗装していることを指しているのでしょうか。「浮世絵」と言うよりは、ネットオークションで取り引きされて人気の一品物フィギュアやリペイント物のそれに近い気がするのですが、ともかくこの手法が効果的なのは確かだと思います。また、構図はどのアングルから観ても楽しめるように練られており、単に筋肉アピールのために着物を脱いではいないことが分かります(笑)。昨今のバンプレストフィギュアコロシアムでトレンドの「躍動感」と「空中姿勢」がしっかり取り入れられており、今回もしっかり勝ちに来ている山口さんの抜け目無さがうかがえます。ファンアワード大本命です。



KENGO - 日本
製作キャラクター:ルフィ




MSPシリーズやグラチルなど、バンプレストのワンピースシリーズに携わってきたKENGOさんが造形王に初参戦。製作キャラが海外ではあまり認知されていないだろう『ONE PIECE FILM Z』のルフィという時点で、あまり勝ちにはこだわっていない様子でして、フィギュア自体はかなり実験的な作品になっているようです。このルフィのメインアングルは1枚目の写真で、この構図をより良く見せるためにパースが設定されている模様ですが、真横の全身写真が無いので実際どうなっているかよく分かりません(頭がでかい?)。また、漫画的な残像や効果線の表現が、服や草履から直接伸びる突起物で再現されているのが斬新です。黒目の流線が描かれているのも、(原作の『ONE PIECE』では見られませんが)漫画的な表現方法です。フィギュア表面の造形や彩色は非常にシンプルでアニメ的。顔は佐藤雅将(FILM Z作画監督)ルフィですね。



● Bruno Moss - ブラジル
製作キャラクター:しらほし


うーん…どう見ても力不足。ブラジルで造形教室をやっている方らしいですのですが、おそらく商業フィギュアのような小さなサイズの造形はあまり経験がないのではないでしょうか。指は太く、随所に粗雑さが目立ちます。髪の毛の構図が可愛い以外にヒカルものが見当たりません。ちなみに、塗装がアレでよく分からないと思いますが、台座部分は泡をイメージしているそうです。



● Stephen Anderson - USA
製作キャラクター:ミホーク



こちらはアメリカの大学で造形を教えている講師で、キャラクター造形とは縁遠そうです。このミホークは3Dプリンターで出力する”デジタル造形”で造られており、デジタル造形は造形王ではこの1作品のみです。『ドラゴンボール』の造形天下一武道会に出品されているデジタル造形物は巧く造られているものもあるのですが、このミホークはというと全体的にもっさりしていて線が太く、やはり力不足をまじまじと感じます。黒刀はペーパーナイフよりも太く、顔は似ておらず(インタビューによると敢えて似せていないらしい)、パーティションの設計が緩すぎる、と良いとこなし。唯一、ブーツは良く出来ており、山口さんがブーツにデジタル造形を採用していることが正解なのだとよく分かります(笑)。



● Zhansong Wang - 中国
製作キャラクター:ナミ


他の出場原型師とは異なるルートで選出された模様の中国の原型師で、造形歴4年という前情報だったので不安な感じがあったのですが、蓋を開けてみると十分、造形王頂上決戦のレベルに達している作品でした。髪やクリマタクトのカラーリングにオリジナル要素が入っているために勘違いされそうですが、このチャイナドレスは710話の扉絵のナミが着ているものをベースにしており、原作初期32話の扉絵のナミが着ているチャイナドレスに付いているドクロのアクセサリーを合わせたものです。だったら、髪型は32話扉絵のナミもしているチャイナドレスに似合うお団子ヘア(シニヨンと言うらしい。団子に被っている布はシニヨンカバーと言うらしい)にして欲しかったところです。顔は似ていると思いますが、オリジナルの髪色のせいで損をしている気はします。プロポーションは原作以上に現実離れしており、チャイナドレスで下乳のラインはそんなに出るわけないだろ!と思いますが、エロいので良しとします。服装と髪色・髪型的にキューティーハニー感がありますね。



追記)結果発表
ファンアワード・・・Bruno Moss/しらほし
優勝・・・山口範友樹/ゾロ

拍手

この記事にコメントする
Vodafone絵文字i-mode絵文字Ezweb絵文字
NAME:
TITLE:
COMMENT:
無題
チェ
今のとこゾロとしらほしでトップ争いですね。
海外ではしらほしが人気キャラ?
ほんと、どこを評価して投票してるのかよくわからんです。
2017/10/01(Sun)09:34:17
Re:無題
シャボンディ島民
インタビュー動画のコメントを拝見すると、しらほしのブラジルの方は身内の方達(生徒さん?)の応援が多いようです。
2017/10/01(Sun) 10:01
無題
coppa
ゾロかっこいいなー
確かにどこから見ても絵になる

ナミも美し可愛い!

シャンクスのマントの襟が悪魔の角に見えるのは私だけでしょうかね笑
2017/10/01(Sun)21:29:00
無題
名も無き島民
ゾロがダントツな気がします
2017/10/02(Mon)08:29:14
無題
名も無き島民
ルフィもなかなかひどいけどなwてか佐藤さんのキャラデザのルフィではない気が、単純に素人の作品にしか見えない。イラストの段階でキツかった‼wやっぱ画力もこういうの関係するんだな
2017/10/03(Tue)21:26:25
≪ Next   │HOME│  Prev ≫

[4360] [4359] [4358] [4357] [4356] [4355] [4354] [4353] [4352] [4351] [4350]