LOGPIECE(ワンピースブログ)〜シャボンディ諸島より配信中〜 【映画】 尾田栄一郎「宣伝してあまりある映画が出来ました」 【Z】
ONE PIECEのBLOG、略してLOGPIECE。 ワンピースフィギュアを飾って楽しんでます。

シャボンディ新聞(twitter)
最新コメント
[11/17 Michaelfiply]
[11/17 てれさ]
[11/11 coppa]
[11/07 か]
[11/06 coppa]
[11/03 アリ]
[11/02 coppa]
[10/31 名も無き島民]
[10/30 coppa]
[10/27 名も無き島民]
ブログ内検索
懸賞金(アクセスカウンター)
-
映画「ONE PIECE FILM Z」の公開を記念して開設しているYahoo! JAPANのONE PIECE特集ページに、ルフィ役・田中真弓さん、ウソップ役・山口勝平さん、ナミ役・岡村明美さんの座談会が掲載されていたのでご紹介。

95280047.jpeg

― 映画『ONE PIECE FILM Z』を観た感想から聞かせてください

山口:今回は中華屋さんで見る「冷やし中華、はじめました」みたいに、「かっこいい映画、できました!」って張り紙を掲げたいくらいの作品ですね。
田中:ほんと、男っぽい映画だよねぇ。
岡村:で、なんだか懐かしい感じもありますしね。
山口:どこか昭和テイストが漂うというか…。
岡村:それでいてアヴリル・ラヴィーンさんの曲が使われていたり、そういったギャップも面白いですよね。
山口:あと、TVシリーズだと決まったコスチュームですけど、映画では劇中でコスチュームが3回くらい変わるので凄くカラフルなんですよね。そういったところも映画ならではの見どころだと思います。

― 過去の作品と比べて感じるところは?

山口:『STRONG WORLD』よりも話が簡潔なんですよ。凄くシンプルな物語なので、その分じっくり描けているように感じましたね。
田中:ストーリーを追っていくというよりも男の生き様にフォーカスしている映画なので、とても心に残るんです。
山口:確固たる信念を持った男同士が対峙すると、お互い自分の道は譲れないものですよね。ルフィには譲れない信念があって、海賊を憎むゼットにも譲れない正義がある。
田中:我々(麦わらの一味)はゼットと闘ったわけだけど、ゼットに対する憧れとか好きだっていう想いは消えないんですよ。
山口:自分が信じていたものに対して絶望する悲しさが、ゼットにはあるんですよね。
岡村:実はゼットも根っからの「悪」ではないので、単純に悪い奴を倒して終わり。という印象ではありませんでした。
田中:ルフィとゼットを比べると、ルフィは本当に自由。「やりたいように生きろ」っていう台詞もたくさん出てきますし。

― 人気放送作家の鈴木おさむさんが脚本を手掛けていますが、だからこその内容だなと感じた点はありましたか?

田中:さっきも言いましたが、ストーリーを追う感じの映画ではないところですね。心情とか信念にフォーカスした物語は、シリーズでも始めてのことじゃないかな。
岡村:私たちも演じていて新鮮でした。
山口:ゲスト声優さんを迎えるのもコラボとして楽しいことなんですけど、脚本を手掛ける作家さんの中にも『ONE PIECE』を面白く料理してくれるファン代表みたいな方がいるんじゃないかって、レギュラー・キャスト間でも話していたんです。今回それが叶った気がしてて。鈴木さんが舞台挨拶のときに「僕も『ONE PIECE』のファンだから、ファンの方が見たいと思う物語が描けると思っていた」と仰ってたのが嬉しかったです。

― 大ヒットした『STRONG WORLD』以来、原作者の尾田先生が参戦している点もトピックですよね?

山口:尾田っちが参加してくれると、ガチッと『ONE PIECE』ワールドが出来上がるんですよね。

― 尾田っちと呼ぶほど親しい仲なんですか?

山口:我々はみんな尾田っちと呼んでます(笑)。ほんと、ルフィみたいな方なので。
田中:ルフィが鼻ほじってるシーンを見ると、尾田っちそっくりだなって思っちゃうし(笑)
山口:ここだけの話ですけど、なんとなく似てます(笑)。
岡村:でも仕事になると、凄く真面目な方ですよ。手抜き一切なし!
山口:少年漫画のあるべき姿を大切に考えている方だと思いますね。そして根っからのイタズラっ子。
岡村:そうそう、よくちょっかい出してきますしね(笑)。

deebf6cf.jpeg9ed82666.jpeg5915dac2.jpeg

― 『ONE PIECE』のアフレコ現場ならではの空気感ってあるものなんですか?

山口:10年以上やってる現場なのでファミリー感があってやりやすいんですけど、凄くプロ意識が高い現場なので油断できないですね。
岡村:本番の緊張感は凄いですよ。
田中:その緊張感ある現場で、ケータイを鳴らしまして…。

― 田中さんが!? それは今回の映画で?

山口:そう。そして今回に限らずです!(笑)
田中:みんなに「船長、何年この仕事やってるんですか?」って叱られるんですけど、「ごめんなさい。35年」って言うと「ご苦労さまです」って逆に労われちゃったりして(笑)。
山口:大先輩なんですけど気さくな方なので、ついつい大ベテランであることを忘れてツッコミ入れてしまうんですよね。
岡村:私たちにとっては〈麦わらの一味〉の船長のような存在ですから。

― ちなみに自分の役以外で演じてみたい役はありますか?

山口:やっぱり僕はウソップですね。
岡村:どの役って考えたら、自分の役しかないかなぁ。
田中:私はガープかなぁ。
岡村:え!? 意外(笑)。
田中:キャラ的に(笑)。そういえば〈ニセ麦わらの一味〉をやるなら誰の役をやりたい?ってみんなに聞いたときは、偽ロビンが人気でしたね。

― 子共から大人まで惹きつける『ONE PIECE』の魅力は、どのようなところにあると思いますか?

岡村:グッとくる言葉が多いところ。決して体裁のいい言葉を並べているのではなくて、ストーリーの中で自然に発せられる台詞に惹きつけられるんですよね 。
田中:言葉の力もあるけれど、その言葉を発したシチュエーションを含めて心に刺さるよね。
山口:あとはキャラクター力ですかね。次から次に出てくるワクワク感は、今回の『ONE PIECE FILM Z』にもあります。
岡村:いい台詞もたくさん飛び出しますし!
田中:残念ながらここでは言えないので、ぜひ劇場で!
山口:ほんと、早くたくさんの人に観て欲しい。尾田っちから「宣伝してあまりある映画が出来ました」ってメールが届いてたので、僕もガンガン宣伝していきたいと思います!

― では最後に、映画『ONE PIECE FILM Z』を楽しみにしている方々へメッセージをお願いします

山口:男性の方に観て欲しいストーリーなんですけど、女性にはこういう男たちってかっこいいと思ってもらえるはず! どんなジャンルの方が観ても満足できる、おもちゃ箱のような仕掛けが満載の映画です。
岡村:大迫力なので、ぜひ劇場に足を運んでいただいて大画面でご覧になっていただければと思います。
田中:観てねっ!
岡村:船長! 最後に何でかわいいキャラなんですかっ!!(笑)


・・・特に、当たり障りのない内容ですw

02cc0d40.jpeg

特集ページでは「チョッパーの足跡を探せ!」というプレゼントキャンペーンを実施中。ヒントを頼りに、リンク先の関連サイトのページのどこかにある「チョッパーの足跡」をクリックして足跡を集め、9つ集まると応募フォームよりキャンペーンに応募することができます。応募期間は12月5日~2013年1月15日。

da439cac.jpegチョッパーの足跡

【賞品】
A賞 PSP専用ソフト「ワンピース ROMANCE DAWN 冒険の夜明け」 5名
B賞 麦わらストア限定オリジナルTシャツ 5名
C賞 劇場映画「ワンピース フィルム ゼット」映画プレスキット 10名
参加賞:オリジナルPC用壁紙
9e479481.jpeg

また、特集ページとは別に、Yahoo! JAPANのトップページ下部には麦わらの一味が登場。キャラクターは公開日まで日ごとに変わってたようでした。

a4406186.jpeg

一味をクリックすると・・・
b9df5ff7.jpeg
1dffb6c5.jpeg


Yahoo! JAPAN特設ページ
ワンピース関連番組情報 【映画公開直前版】(★随時更新中)
週刊ONE PIECE新聞って?第3週

拍手

この記事にコメントする
Vodafone絵文字i-mode絵文字Ezweb絵文字
NAME:
TITLE:
COMMENT:
≪ Next   │HOME│  Prev ≫

[2277] [2276] [2275] [2273] [2272] [2271] [2270] [2269] [2268] [2267] [2266]