LOGPIECE(ワンピースブログ)〜シャボンディ諸島より配信中〜 【フィギュア】 フィギュアーツZERO マゼラン 【レビュー】
ONE PIECEのBLOG、略してLOGPIECE。 ワンピースフィギュアを飾って楽しんでます。

シャボンディ新聞(twitter)
最新記事
(07/25)
(07/24)
(07/23)
(07/22)
(07/20)
(07/17)
(07/15)
(07/14)
(07/14)
(07/13)
(07/12)
(07/11)
(07/09)
(07/08)
(07/07)
ファンアート
最新コメント
[07/23 げんちゃん]
[07/22 名も無き島民]
[07/22 coppa]
[07/10 m]
[07/07 coppa]
[07/06 名も無き島民]
[07/01 名も無き島民]
[06/26 G]
[06/21 m]
[06/14 名も無き島民]
[06/14 coppa]
[06/08 名も無き島民]
[06/06 名も無き島民]
[06/06 名も無き島民]
[06/03 名も無き島民]
[06/02 coppa]
[06/01 ジンガ]
[05/25 名も無き島民]
[05/22 名も無き島民]
[05/21 g]
[05/04 名も無き島民]
[05/03 名も無き島民]
[05/01 coppa]
[04/28 名も無き島民]
[04/27 名も無き島民]
ブログ内検索
懸賞金(アクセスカウンター)
-
zeromage033.JPG


バンダイ コレクターズ事業部 Figuarts ZERO マゼランのレビューです。

zeromage002.JPGzeromage003.JPG
zeromage004.JPGzeromage001.JPG
高さ20センチ(マゼラン本体)、27センチ(毒竜込み)

監獄署長マゼラン。ドクドクの実の能力”毒竜(ヒドラ)”を再現しています。

zeromage036.JPGzeromage035.JPG
zeromage037.JPGzeromage046.JPG

まずはカスタマイズの説明です。このマゼランは大きな”毒竜”が背中に付いているために、重心が後ろにあり付属の補助パーツ(画像左下)を足元に嵌めてフィギュアを支持するのですが、見栄えが良くないので出来る事ならあまり使いたくありません。そこでZEROの台座後方に必ずあるダボ穴に魂STAGEの支柱パーツを挿して、その上に毒竜の尾を乗せることで安定させました(支柱の長さは前に重心がかかる程度に適当にカットしています)。そうすることで、足元がスッキリです(画像右下)。

zeromage030.JPG

顔アップ
zeromage005.JPGzeromage006b.JPG
zeromage006.JPGzeromage006a.JPG

フィギュアサイズの割に顔は小さく、造形がかなりシンプルな印象を受けます。キャラクターの特徴が多いためにどこから見てもマゼランなのですが、アゴひげの生え際のギザギザがありません。また、配色は原作カラー・アニメカラーとは微妙に異なり、目元が黒(オリジナルは紫)、唇が明るいオレンジ(オリジナルは濃いオレンジ?)、帽子のエンブレムが銀色(オリジナルは金)、シャツが赤(オリジナルはえんじ)となっています。肌は塗り肌。
ちなみに、マゼランの角のように見えるものはハンニャバルの角とは違い、髪飾り(武器)です。

zeromage009.JPG
zeromage007.JPGzeromage008.JPG

”毒竜”のエフェクトはパッケージ封入時から取り付けられており、取り外して飾るオプションはありません。”毒竜”発動時はマゼランの体表は毒だらけになるので、せめて服や顔に少しでも毒がついていれば良かったと思います。

zeromage051.JPGzeromage052.JPG

コートの塗装はパール粒子らしきものが入っており、きらきらしています。おかげで、コートの塗装は単調ですが、皺によって光の陰影ができ、見栄えは良いです。紋章はプリント。

zeromage010.JPGzeromage011.JPG
zeromage012.JPGzeromage013.JPG

グローブからドクドクの毒が垂れる様子は紫のクリアパーツにグローブの塗料を吹き付けて再現。グローブの指先はつやあり塗装。エフェクトを含んだグローブの塗装は質感が大変良い感じです。

zeromage025.JPG
zeromage014.JPGzeromage015.JPG
zeromage016.JPGzeromage017.JPG
zeromage024.JPGzeromage019.JPG

”毒竜(ヒドラ)”の3体の竜は紫の大きなクリアパーツで再現。竜のサイズはマゼランの右が小、左が中、真ん中が大となっています。上顎と下顎の間や2体の竜の間にパーティション・ダボ接着が見えますが、とくに気になる程度ではありません。肉厚の大きなクリアパーツで造られた”毒竜”は最高に格好いいです!

zeromage020.JPGzeromage021.JPG
zeromage022.JPGzeromage023.JPG
真ん中のサイズ大の竜。

zeromage026.JPGzeromage029.JPG
zeromage027.JPGzeromage028.JPG

なるほど、この後ろ姿を見ると、マゼランを始としたインペルダウンの長らが背中に翼の飾りをユニフォームとしてつけている理由は、”毒竜”の翼になるようにデザインされているからだと分かりますね・。・

zeromage031.JPG
zeromage034.JPG
zeromage040.JPGzeromage038.JPG
zeromage039.JPGzeromage041.JPG

zeromage050.JPG
zeromage043.JPGzeromage042.JPG
zeromage044.JPGzeromage045.JPG

左のグローブもドクドク再現。右手と異なり、こちらは指先から毒が垂れています。
”毒竜”のタコ足尻尾は本体から出る大きなダボに嵌めて固定してあるのですが、クリアパーツゆえに中身のダボが割と目立ちます。ダボの向きは逆の方が良かったかもしれません。

zeromage056.JPG
zeromage048.JPGzeromage053.JPG
zeromage055.JPGzeromage054.JPG

台座
zeromage047.JPG

フィギュアの重心は後ろにあるというのに、台座は前側が無駄に広いです。

一緒に飾る
zeromage058.JPG

ワーコレVol.11のインペルダウン脱出ズッコケ組4人と一緒に。マゼランは推定475センチ(→詳細)なので、スケール的にはワーコレルフィらはちょうどいいサイズです。ワーコレはマゼランの台座前側に置けば、スペースの節約になりますね。

zeromage057.JPG

ワーコレを後ろ向きに飾っても、劇中のシーン再現のようになり、いいかもしれません。

zeromage060.JPG
zeromage059a.JPG
zeromage059.JPG
※3枚目はちょっと画像加工。

zeromage049.JPG

以上、ZEROマゼランのレビューでした。

このフィギュアの特徴はなんと言っても、肉厚なクリアパーツ!これに尽きます。当初はZEROハンニャバルのスケールを考えて、P.O.Pで立体化されるのを期待して購入を見送ろうかと思っていたのですが、店頭で飾られているのを見て、大きなヒドラ3体に目を奪われたものです。「クリア素材のドラゴン」って、少年心をくすぐられるものがありますね。グローブから垂れる”ドクドク”のエフェクト表現も素晴らしく、塗装もグローブやコートの質感など全体的に良く仕上がっています。それに比べて、顔の塗装はやや物足りなく感じます。

”毒竜(ヒドラ)”のエフェクトパーツはパッケージ時点で本体に取り付けられており、取り外して飾ることはできません。であれば、”毒竜”発動時のようにもっと”ドクドク”しい体であった方が良かったです。せめて顔やコートに”ドクドク”のエフェクトがあれば・・・といったところです。ただし、価格帯は3千円台に抑えられており、満足度は高いフィギュアです。


【フィギュア】 H.O.O.K.2 サディちゃん 【適当レビュー】
【フィギュア】 フィギュアーツZERO ハンニャバル 【レビュー】
P.O.P "LIMITED EDITION" サディちゃん 発売

拍手

この記事にコメントする
Vodafone絵文字i-mode絵文字Ezweb絵文字
NAME:
TITLE:
COMMENT:
無題
ちょにお
彩色が素晴らしいですね。。。!!
テキスト楽しみにしています^^
2013/01/15(Tue)17:21:25
≪ Next   │HOME│  Prev ≫

[2364] [2363] [2362] [2361] [2360] [2359] [2358] [2357] [2356] [2355] [2354]