LOGPIECE(ワンピースブログ)〜シャボンディ諸島より配信中〜 【ニュース】 『FILM Z』公開31日間で動員500万、興収60億円突破
ONE PIECEのBLOG、略してLOGPIECE。 ワンピースフィギュアを飾って楽しんでます。

シャボンディ新聞(twitter)
最新コメント
[11/19 coppa]
[11/18 名も無き島民]
[11/17 てれさ]
[11/11 coppa]
[11/07 か]
[11/06 coppa]
[11/03 アリ]
[11/02 coppa]
[10/31 名も無き島民]
[10/30 coppa]
ブログ内検索
懸賞金(アクセスカウンター)
-


ジャンプ映画強し!劇場版『HUNTER×HUNTER』が『ONE PIECE』から首位を奪う!
 先週末の動員ランキングは、「ONE PIECE」と同じ週刊少年ジャンプ連載マンガの映画化作品『劇場版 HUNTER×HUNTER 緋色の幻影(ファントム・ルージュ)』が、4週にわたり首位を独走した『ONE PIECE FILM Z ワンピース フィルム ゼット』からトップの座を奪い、初登場1位を記録した。

 全国257スクリーンで公開された本作は、土日2日間で動員35万7,976人、興収4億5,677万9,000円を記録。男女比は42対58で、年齢別では10代から20代が70パーセント以上と若年層に訴求した様子。先着100万名対象の「コミックス0巻」配布も人気で、20.5パーセントの観客がこの特典を来場理由に挙げた。配給元は「興収20億円を目指せる大ヒットスタート」としている。

 4週連続で2位の『レ・ミゼラブル』は、アカデミー賞へのノミネートも話題となり、累計動員235万3,240人、累計興収28億8,665万3,500円を突破。福山雅治がラジオで「感激した」と語るなど、着実に口コミの輪が広がっている。『ONE PIECE FILM Z』は公開5週目にして首位から3位にダウン。しかし、1月14日までの累計動員が502万2,708人累計興収60億5,776万7,850円と、動員500万人、興収60億円を突破している。

 リーアム・ニーソンが主演する人気アクション『96時間/リベンジ』は初登場4位。全国288スクリーンの金曜公開で、土日2日間の成績は動員9万4,112人、興収1億1,468万6,300円となった。ジョセフ・ゴードン=レヴィット、ブルース・ウィリス共演の『LOOPER/ルーパー』は初登場5位。全国201スクリーン公開で、土日成績は動員9万2,646人、興収1億1,995万800円。

 6位は『007 スカイフォール』。7位は『ホビット 思いがけない冒険』。8位の『映画 妖怪人間ベム』は累計興収10億5,770万2,100円と10億円を突破。9位は『今日、恋をはじめます』、10位は『青の祓魔師(エクソシスト) 劇場版』。公開6週目の『仮面ライダー×仮面ライダー ウィザード&フォーゼ MOVIE大戦アルティメイタム』は11位と惜しくも圏外に落ちた。

 今週末は『特命戦隊ゴーバスターズVS海賊戦隊ゴーカイジャー THE MOVIE』『テッド』『東京家族』『フラッシュバックメモリーズ 3D』『カラカラ』などが公開予定となっている。(ランキング・数字などは興行通信社、文化通信社、配給元など調べ)

(シネマトゥデイ)


『ONE PIECE』、60億突破で『テルマエ』『踊る』超え!海外興行も続々決定!
 昨年12月15日に公開された『ONE PIECE FILM Z ワンピース フィルム ゼット』が、今月14日時点で興行収入60億円を突破し、昨年公開され話題となった『テルマエ・ロマエ』『踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望』の記録を破った。『ONE PIECE FILM Z ワンピース フィルム ゼット』は、海外興行も続々と決定しており、アジアだけでなく、欧州、米州、全世界への波及を目指していくという。

 15日時点での『ONE PIECE FILM Z ワンピース フィルム ゼット』の成績は、観客動員数504万人、興行収入60億8,287万1,000円。これは、興行収入59億8,000万円を記録した阿部寛主演の映画『テルマエ・ロマエ』、興行収入59億円(12月12日時点)を記録した織田裕二主演の映画『踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望』を超える成績となり、2012年邦画ナンバーワンの興行収入73億3,000万円を記録した映画『BRAVE HEARTS 海猿』にも迫る記録となった。

 映画『ONE PIECE』シリーズでは、2009年に日本公開された『ONE PIECE FILM ワンピースフィルム STRONG WORLD』が、台湾、韓国、タイ、フランスなどで公開されていた。最新作『ONE PIECE FILM Z ワンピース フィルム ゼット』はすでに、台湾、シンガポール、香港、タイ、韓国での公開が決定しており、そのほかにもアジア5か国からの公開オファーが来ているという。海外への興行という面でも、これまでのシリーズ作品を上回る勢いを見せている。

 東映アニメーションの経営戦略本部海外ライセンス事業部長・東伊里弥氏は「この勢いをそのままにアジアだけでなく、欧州、米州と全世界への大航海を大公開へと繋げていきたい」とコメント。映画『男たちの大和/YAMATO』の50億9,000万円の記録を破り、2000年以降の東映配給作品でナンバーワンのヒットを記録した『ONE PIECE FILM Z ワンピース フィルム ゼット』のさらなる飛躍に期待を寄せている。

 『ONE PIECE FILM Z ワンピース フィルム ゼット』は、原作者・尾田栄一郎が総合プロデューサーを務め、鈴木おさむが脚本、『プリキュア』シリーズに携わってきた長峯達也がメガホンを取った映画『ONE PIECE』シリーズ最新作。アヴリル・ラヴィーンが主題歌を担当、Armani Exchangeが衣装協力しており、アクション描写も高い評価を得ている。(数字などは興行通信社、文化通信社、配給元など調べ)

(シネマトゥデイ)

映画『ONE PIECE FILM Z』興収60億円突破 アジア公開も続々決定
 公開中の映画『ONE PIECE FILM Z』(長峯達也監督)が、4週目で興行収入60億円を突破したことが16日、わかった。15日現在の興行成績は60億8287万1000円、観客動員数504万1232人。昨年のヒット作『テルマエ・ロマエ』(興収59.8億円)、『踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望』(興収59億円)超えを達成し、2012年邦画1位の映画『BRAVE HEARTS 海猿』(興収73.3億円)を猛追している。

 海外での興行も続々と決定しており、台湾1月25日公開)、シンガポール2月1日公開)、香港2月14日公開)、タイ韓国近日公開予定アジア5ヶ国封切り間近。東映アニメ―ションの東伊里弥海外ライセンス事業部長は「日本での興行成績が大変好調です。この勢いをそのままにアジアだけでなく欧州、米州と全世界への大航海を大公開へ繋げていきたい」とコメントしている。

(オリコン)


このペースだと早ければ1月末には興収70億円を突破する見込みとのことです。


【ニュース】 『FILM Z』公開23日間で動員450万、興収54億円突破、V4達成
【ニュース】 『FILM Z』公開22日間で興収52億円突破!東映の記録塗り替える
【ニュース】 『FILM Z』公開20日間で動員400万、興収48億円突破確実
【ニュース】 『FILM Z』公開13日間で動員300万、興収36億円突破
【ニュース】 『FILM Z』公開10日間で動員260万、興収30億円突破
【ニュース】 『FILM Z』公開2日間114万人、千巻200万部増刷
【ニュース】 『FILM Z』史上最速の100万人突破へ 12年度邦画No.1も視野
『FILM Z』1月25日公開へ盛り上がる台湾、台湾版「海賊の宝袋」も明らかに

拍手

この記事にコメントする
Vodafone絵文字i-mode絵文字Ezweb絵文字
NAME:
TITLE:
COMMENT:
≪ Next   │HOME│  Prev ≫

[2366] [2365] [2364] [2363] [2362] [2361] [2360] [2359] [2358] [2357] [2356]