LOGPIECE(ワンピースブログ)〜シャボンディ諸島より配信中〜 【フィギュア】 P.O.P "Sailing Again" ペローナ 【レビュー】
ONE PIECEのBLOG、略してLOGPIECE。 ワンピースフィギュアを飾って楽しんでます。

シャボンディ新聞(twitter)
最新記事
(01/20)
(01/18)
(01/16)
(01/15)
(01/14)
(01/14)
(01/13)
(01/12)
(01/11)
(01/11)
(01/10)
(01/09)
(01/08)
(01/07)
(01/07)
ファンアート
最新コメント
[01/16 名も無き島民]
[01/05 名も無き島民]
[01/04 coppa]
[01/03 みょるにる]
[01/03 coppa]
[12/31 coppa]
[12/29 アスファルトの花]
[12/29 名も無き島民]
[12/29 名も無き島民]
[12/27 朧プルリル]
[12/26 あかん]
[12/25 名も無き島民]
[12/17 アスファルトの花]
[12/12 kuririn]
[12/08 アスファルトの花]
[12/07 フィギュア置く場所ない]
[12/06 アスファルトの花]
[12/06 名も無き島民]
[12/05 ワンピフィギュア大好き王]
[12/04 フィギュア置く場所ない]
[12/04 フィギュア置く場所ない]
[12/01 ドムラエル]
[12/01 アスファルトの花]
[12/01 名も無き島民]
[11/23 名も無き島民]
ブログ内検索
懸賞金(アクセスカウンター)
-
popsapero006.JPG


メガハウス Portrait.Of.Pirates "Sailing Again" ペローナのレビューです。NEO-DX版との比較を中心に。

popsapero001.JPGpopsapero003.JPG
popsapero004.JPGpopsapero002.JPG
自立可能、高さ24センチ(帽子まで)、30センチ(傘まで)

新世界編のペローナ(SA版)。ポージングは一応、シャボンディ諸島でゾロを見送りに来た際の立ち絵(602話)が基になっているようです。

popsapero017.JPGpopsapero018.JPG
popsapero019.JPGpopsapero020.JPG

原型師が同じなので、髪型が変わったことによる見た目の変化以外はNEO-DXのペローナ(NEO-DX版)と大きな違いはありません。特徴的なまん丸の目のアイプリントはこれ以上何も言うことがないわけですが、ペローナらしからぬスマイルを見せているNEO-DX版のパッケージデフォルト表情に比べると、口元はこちらの方が良くなっています。ただ、NEO-DX版の差し替えの困り顔の表情の方がよりキャラクターらしく、ポージングの基になっているだろう立ち絵の表情にも近くなるので、個人的にはそちらの方が良かったです。
眉毛のプリントはなぜか今回は縁取りされており、何やら雄雄しいですw まぁ、前髪に隠れてしまうので気になりません。

popsapero057.JPG差し替え表情(NEO-DX版)

popsapero012.JPGpopsapero013.JPG
popsapero014.JPG

帽子は着脱式。着脱と言っても、被せるというよりは頭に載せているだけなので、あまり安定はしません。こんもりとした特徴的なシルエットはよく再現されています。頭部とのバランスを取るのが難しそうですが、違和感がなく自然な感じにまとまっています。

popsapero007.JPGpopsapero009.JPG
popsapero010.JPGpopsapero011.JPG

傘は新規造形ではなく、NEO-DX版の金型流用のようです。塗装はSA版の方が黒のドレスに合わせたためか、濃い赤に仕上がっています。

popsapero021.JPGpopsapero022.JPG
popsapero023.JPGpopsapero024.JPG

このクマシーによく似たぬいぐるみの名前はコミックスや関連書籍等では明らかになっていませんが、Figuarts ZEROペローナ(バンダイ)の公式レビューによると「モグシー」という名前を確認できます。真相は不明ですが、便宜上、ここではモグシーと呼びます。

popsapero025.JPGpopsapero026.JPG

モグシーはペローナ本体に固定されています。中身が詰まっていないゆるゆるのぬいぐるみの感じというか、首がすわっていない感じはうまく造形で再現できていませんが、塗装は必要以上に綺麗です(ボディのグラデーション塗装はPOP標準として、青色の部分をメタリック塗装にする必要はあったのかとw)。
爪は細かな造形で棘のようになっています。ぬいぐるみですし、原作の描写を見る限り、実際はリアルな感じではなく、フェルト生地のような平坦な造形が正しい気もします。まぁ、別にどっちでもいいですけどw

popsapero027.JPG
popsapero028.JPGpopsapero029.JPG

コウモリのタトゥーと腕時計。本当に”腕”につけている腕時計は実際は文字盤がもっと大きいデザインなので、あまり忠実ではありません。ネイルの色はNEO-DX版はピンクでしたが、SA版では赤に。

popsapero030.JPGpopsapero032.JPG

ペローナの胸は”『ONE PIECE』基準”ではそれほど大きくない設定のはずですが(描写の他、シャボンディ諸島でのサンジの反応からも読み取れる)、フィギュアの場合はそんなこと構わずデカいですw \P.O.P=パイレーツおっぱい/

popsapero015.JPGpopsapero016.JPG

キャストオフについて
popsapero064.JPGpopsapero065.JPG
popsapero066.JPGpopsapero067.JPG

胸とドレスは接着されていないため、(やや強引に)めくると胸が露わになります。意外にも(?)先端部分に着色はありません。ちなみにキャストオフ後のドレスはほっといても元に戻ります。

popsapero033.JPG
popsapero034.JPGpopsapero035.JPG
popsapero036.JPGpopsapero037.JPG

髪の毛はクリアパーツに塗装している点はNEO-DX版と同じですが、塗装はパールカラー(っぽい)かつグラデーションを意識しており大変綺麗です。が、髪の毛の質感はなくなり、硬そうな物体になっていますw

popsapero038.JPG
popsapero039.JPG

着ていない!?みたいなカット。

popsapero045.JPG
popsapero046.JPGpopsapero048.JPG
popsapero047.JPG

今回もホロホロゴーストが2体付属。NEO-DX版は2体とも自立可能な腕を下ろしたポージングでしたが、SA版ではどちらも自立できない代わりに2体とも台座に固定できるようになりました(NEO-DX版では1体のみ支え棒で飾ることができる仕様でした)。ベロを出しているタイプがついているのも嬉しい点です。塗装は微妙に暗くなっています。
NEO-DX版は長く飾っていると、支え棒がホロホロゴーストの重みで歪んできたのですが、SA版で強度が上がっているかどうかは現時点では分かりません。ただ、支え棒の根元に支持を安定させるタグのようなものがつきました。

popsapero040.JPGpopsapero041.JPG

ドレスの塗装はグラデーション塗装が美しいですが、フリルの形がほぼ規則的な上、ドレスのシルエットも中世ヨーロッパを思わせる膨らみが不自然です。そして、ペローナのO脚が気になりますw ドレスと相まってまるで埴輪みたいです。

popsapero042.JPG

写真だとよく分かりませんが、ドレスは白く塗装されているパーツがクリア素材になっており、紫の部分がやや透けています。

popsapero043.JPG
popsapero044.JPG

下着の色は”2年前”(NEO-DX版)のピンクからに変わっています。つまり、デレたということです(ぇ
胸のキャストオフとドレスの形状から、ハンコック ウエディングVer.のように下半身をドレスの下からすっぽり引っこ抜くことができる思いきや、どうやら上半身と接着されているようです。

popsapero005.JPG

台座
popsapero068.JPG

NEO-DX版では正八角形でしたが、サイズが横に伸びています。また、厚さが太くなっています。※ホロホロゴーストはNEO-DX版のもの。

popsapero049.JPGpopsapero050.JPG
popsapero052.JPGpopsapero051.JPG

ディスプレイ案。台座を省スペース化して、ペローナの浮遊能力再現。ホロホロ笑っている差し替え表情が欲しかったところです・。・

popsapero059.JPG

ゴーストの数を増やして。

popsapero058.JPG

ゴーストの種類を変えて。

popsapero053.JPGpopsapero054.JPG

比較
popsapero056.JPG

NEO-DX版※台座は支え棒が2本立つように改造してあります)との比較。まだ言及していない点としては自立が安定していること、サイズ(身長)が大きくなっていることがあります。また、NEO-DX版では差し替えパーツによって傘の持ち方や角度を変えることが出来たため使い勝手が良かったですが、SA版は差し替えパーツが一切ありません。

popsapero060.JPG

一緒に飾る
popsapero061.JPG
popsapero062.JPG

ペローナの不思議の庭(ワンダーガーデン)をイメージして。背景は元々、NEO-DX版の傘を寝かせたポージングに高さを合わせていたため、高さが足りていませんw 

【フィギュア】 POP NEO-DX ”ゴーストプリンセス” ペローナ 【レビュー】
【フィギュア】 アタックモーションズ NEW CHAPTER 【レビュー編】
【フィギュア】 一番くじ ヒストリー・オブ・チョッパー「スリラーバーク編」 【レビュー】
【フィギュア】 ぬいぐるみクマシー、ラブーン ティッシュカバー 【まさか、ぬいぐるみのレビューをすることになるとは】
【フィギュア】 ハイグレードカラーリングキーホルダーvol.5 オーズ 【レビュー】
【フィギュア】 一番くじ スリラーバーク編 ネガティブメモスタンド 【今更すぎてすみません・・・死のう・・】

popsapero055.JPG

以上、POP SAペローナのレビューでした。

塗装はさすがのエクセレントモデルシリーズということで、文句のつけようがないほど素晴らしく、カラーリングもセンスがいいです。顔はペローナゆえに似ない方が難しいわけですが、キャラクターらしさがあまり出ていません。自立は嬉しいですが、ポージングはずっしりとしているというか、ドレスが重そうというか、ペローナの華奢で軽やかな印象は薄いです(胸が大きいせいもあるかも?)。

最上位モデルゆえのクオリティは保証できますが、新世界編ペローナフィギュアの決定版かというと、正直そうは言い切れないところがあります。造形王ペローナの新世界編Ver.が出れば話は早いのですが。ただ、差し替えはないものの、モグシー(仮)、傘、ホロホロゴースト2体付属と、ボリュームがあり、満足度は十分得られるのは確かです。
ちなみに私の場合は、現状ではアタモが一番のお気に入りだったりしますw

拍手

この記事にコメントする
Vodafone絵文字i-mode絵文字Ezweb絵文字
NAME:
TITLE:
COMMENT:
無題
KYUN
私、ペローナのコスするんですが、2年後コスのドレス確かに重いです‼

ペローナ大好きなんで自分でもコスしちゃいました。
2013/03/04(Mon)08:41:13
Re:無題
シャボンディ島民
すごく珍しいコメントがフィギュアレビュー記事にw
どもです。

タレントの芹那さんが新世界編ペローナのコスプレをしたのですが(http://onepiece.ria10.com/Entry/2458/)、これもシルエットが末広がりになっています。私としてはもっとしゅっとしたというか、しなっとしたイメージなんですよね。
ドレスは確かに生地が重なってて(あとワイヤーが入っている?)重そうです。帽子も形が難しそう・。・
2013/03/05(Tue) 12:49
無題
コッパ
ホロホロゴーストめっちゃいるw
2013/03/04(Mon)15:20:47
≪ Next   │HOME│  Prev ≫

[2457] [2456] [2455] [2454] [2453] [2452] [2451] [2450] [2449] [2448] [2447]