LOGPIECE(ワンピースブログ)〜シャボンディ諸島より配信中〜 【最新話】 ”幻の王女” レベッカ、覚悟の出陣 【第721話】
ONE PIECEのBLOG、略してLOGPIECE。 ワンピースフィギュアを飾って楽しんでます。

シャボンディ新聞(twitter)
ファンアート
最新コメント
[02/17 片足の変態]
[02/08 名も無き島民]
[02/07 coppa]
[02/03 coppa]
[01/31 あ]
[01/27 朝から]
[01/20 サイレン]
[01/08 名も無き島民]
[01/07 名も無き島民]
[01/03 coppa]
[12/24 coppa]
[12/22 coppa]
[12/22 coppa]
[12/18 名も無き島民]
[12/12 イカ]
[11/28 G]
[11/21 いしじろ]
[11/21 いしじろ]
[11/19 名も無き島民]
[11/19 名も無き島民]
[11/18 名も無き島民]
[11/17 あ]
[11/15 名も無き島民]
[11/15 coppa]
[11/13  420ランド]
ブログ内検索
懸賞金(アクセスカウンター)
-
第721話「レベッカと兵隊さん」

TOPICS
・カリブーの新世界でケヒヒヒヒVol.38
・ここまでのドレスローザ編
・レベッカの過去と片足の兵隊の正体
・リッキーの正体


・カリブーの新世界でケヒヒヒヒVol.38
「のみこめ支配者スコッチ!!」

人魚の入り江で悪さをしようとしたカリブーはジンベエの御用になり、樽に詰められ小舟で海へ連行。
→ ジンベエがカリブーを海軍支部G-5の基地の前に置き去りにし、G-5ヤリスギ准将がカリブーを逮捕。
→ ヤリスギ准将がカリブーを火炙りにかけているところに、兄を助けるためコリブーが海賊船で再び登場。
→ カリブーを救出に来たコリブーらは皆、G-5に捕まり、カリブーのみ船に乗って逃走するも嵐で遭難。
→ 命からがら雪が積もるどこかの島に漂着。※どこかの島
→ 村人(?)のお婆さんに救護される。
→ 婆さんが寝ている隙に金品を物色。
→ 婆さんに見送られ島の港へ向かう。ミートパイまで貰い、カリブーは婆さんの親切さに困惑。
→ 港をへ行く道で、カリブーのこと(?)を「ガブル隊長」と呼ぶ謎の武装集団に遭遇。
→ 怒った婆さんが謎の軍隊に石を投げつけて追い払う。
→ 婆さんと再び別れ、港へ。
→ 気になり町へ戻ると、謎の軍隊がカリブー(ガブル隊長)を捜索していた。
→ 島に潜入すると、武器工場を発見。
→ 謎の軍隊と強制労働させられていた町の者達が武装し、”革命の子”ガブル隊長の旗を掲げ、決起。
→ ”アイアンボーイ”スコッチらに武力鎮圧される。
→ 見せしめとして暴動を起こした街に火が放たれる。
→ カリブーを助けた婆さんの家に戻ると、家が燃える中、倒れた婆さんと一枚の写真を発見。
→ 写真はガブル隊長の遺影。「I (LOVE) GRANDSON GABULL」の文字。
→ 婆さん 「早くお逃げガブル、もう戦ってはいけないよ」
→ ”アイアンボーイ”スコッチが婆さんの家の壁を破り現れ、はずみで婆さん吹っ飛ぶ。
→ 婆さん、鼻血を出しながらカリブーをかばい、スコッチを足止め。「お逃げガブル!!」
→ 婆さんのお言葉に甘えて、必死に逃げるカリブー。
→ G-5の基地で見捨てたコリブーらが海軍(G-5)の軍艦に乗って港に出現。
→ コリブーらが上陸し、カリブーと合流。
→ 一方、町ではスコッチに捕まった婆さんが維新軍(≠ 革命軍?)への見せしめに殺されるところ。
→ スコッチらは海岸に海軍の軍艦が来たことに気づく。
→ カリブーがガブル隊長としてコリブーらを率いて軍艦で参上。
→ 労働者達の解放を求めて、カリブー海賊団が維新軍としてスコッチらと戦闘。
カリブー、”ヌマヌマ”でスコッチを取り込み溺れさせる。

前回、バルトロメオが憧れている”あの人”がルフィと判明したわけですが、そういえばカリブーが言っていた”あの人”は未だ分からないままです。

”財宝の山”と”人魚姫の秘密”を手土産にすりゃ~おれァあの人に必ずや気に入ってもらえるのに」(652話)

カリブーの性格上、以前から候補として考えていたのはドフラミンゴ、ティーチ、カイドウの3人。カリブーはカイドウ傘下のスコッチをとうとう倒してしまいそうなので、カイドウは違うということでしょうか。ただし、カリブーは維新軍のガブルとして戦っているので、まだ可能性は一応残っています。それよりも、カリブーが維新軍のガブルに成り済ましたことが今後の展開にどうつながって行くのか気になるところです。


・ここまでのドレスローザ編
前話までの現状整理。

【ルフィ】NEW!
所在: コリーダコロシアム
目的: コロシアム賞品の”メラメラの実”を 獲得
 正体を隠し、「ルーシー」として予選バトルロイヤルCブロックに出場。過去のガープへの恨みをルフィで晴らそうとするチンジャオに勝利してCブロック勝ち抜き決定。正体に気づいたキャベンディッシュ(Dブロック)に命を狙われている。一方、ドフラミンゴはベラミーにルフィの暗殺を指令。すでにAブロックはバージェス(黒ひげ海賊団)、Bブロックはバルトロメオが勝ち抜き決定。バルトロメオはルフィの大ファン(~720話)。

【フランキー】【片足の兵隊】
所在: ”お花畑”の地下「リク王軍 決起本部」
目的: スマイル工場の発見と破壊/スマイル工場で働く者達の救出
 同じく工場の崩壊を企てていた片足の兵隊を仲間に加え、彼らの計画に便乗する。反ドフラミンゴ体制「リク王軍」の隊長である片足の兵隊の目的は工場で働く者達を救うこと。片足の兵隊はドレスローザで固く遵守される2つの法(「0時以降出歩かない」「オモチャは人間の家に、人間はオモチャの家に入ってはいけない」)があることとオモチャの真実を語る。ドレスローザのオモチャ達はドフラミンゴが連れて来た能力者によってオモチャの姿に変えられてしまった国民達だった。”お花畑”地下の決起本部で先に到着していたゾロと合流する。偵察部隊の情報によると、ドンキホーテファミリーと「シュガー」の動きを確認済みとのこと。(~718話)。

【ゾロ】【ウィッカ】
所在: ”お花畑”の地下「リク王軍 決起本部」
目的: サニー号へ帰還
 盗っ人”妖精”の正体はトンタッタ族(小人族)のウィッカであった。ゾロは「リク王軍」偵察部隊の彼女からドンキホーテファミリーがサニー号へ襲撃に向かったことを聞く。サニー号まで道案内をしてもらうことを約束し、足を挫いたウィッカを”お花畑”地下の決起本部へ連れて来たが、コロシアムのルフィの試合中継に夢中になり本来の目的を忘れる。フランキーと合流し、ピンチのナミ達を救うという目的を思いだすが・・・(~718話)。

【サンジ】【錦えもん】【バスティーユ】
所在: コリーダコロシアム外
目的: スマイル工場の発見と破壊/カン十郎の救出
 ドンキホーテファミリーを裏切ったヴァイオレットはスマイル工場の表向きの建物「オモチャの家」の地図をサンジに渡し、行動を別にする。サンジはヴァイオレットに作戦が終了したら一味たちの集合場所である”西の港”で落ち合い、必ずドレスローザから逃がしてあげることを約束。カン十郎が捕まっているという「オモチャの家」を目指す錦えもんと合流。コリーダコロシアムを通りがかった二人は(バスティーユ率いる)海軍がコロシアムを包囲しているところを目撃し、中にいるルフィに状況を伝えようと画策する?一方、海軍中将バスティーユはコロシアムから敗者が一人も出てこないことに疑念を持ち始めていた(~717話)。

【ロビン】【ウソップ】【トンタッタ族】
所在: グリーンビットの地下「トンタッタ王国」
目的: 「闇の工場」で働かされているトンタッタ族の仲間達500人の救出とドフラミンゴファミリーの討伐
 グリーンビットの森でトンタッタ族(小人族)に遭遇。小人の姿を見たため麻酔花で眠らされ、グリーンビットの地下「トンタッタ王国」に運ばれる。小人達はウソップ(ウソランド)が伝説のヒーローであるというウソップの嘘を信じ込み、ウソップをドンキホーテファミリーと共に戦ってくれるリーダーとして担ぎ上げる。トンタッタ空港から地下道を通り”お花畑”に向かう。捕らわれた仲間の中にはトンタッタ族の「マンシェリー姫」がいること、「闇の工場」はコロシアムの地下にあることが判明。トンタ長ガンチョがドフラミンゴとトンタッタ族の因縁は「空白の百年」に当たる約900年前の歴史の中にあると発言(~718話)。

【CP-0(サイファーポール ゼロ)】
所在: ドレスローザ
目的: ドレスローザの騒ぎの沈静化
 「世界貴族」直属、世界最強の諜報機関。ドフラミンゴの手配で、ルフィらより先にドレスローザに到着。ドフラミンゴが七武海およびドレスローザ国王を辞めたという朝刊の記事は誤報であるとドレスローザ国民に伝えた。(~712話)。

【ロー】【シーザー】【イッショウ】【ドフラミンゴ】
所在: グリーンビットの南東のビーチ
目的: 海軍とドフラミンゴをグリーンビットに引き留めて作戦の時間を稼ぐこと
 約束の15時。ロー、ドフラミンゴ、海軍が相対する。ローはドフラミンゴが”七武海”を辞めていないこと、仕掛けた罠が七武海の権力を超えていることを追及したが、それには”ドフラミンゴの過去”が関連しているらしい。イッショウはローの称号剥奪を決定し、戦闘突入。窮地に立たされたローはナミ達に連絡し、サニー号をグリーンビットに近づけてシーザーを回収するように指示する。が、ローはサニー号が現在ジョーラによって機能しない状態であることを知らない(~718話)。

【ナミ】【チョッパー】【ブルック】【モモの助】【ジョーラ】
所在: ドレスローザの沖
目的: サニー号の守備
 サニー号の男部屋に潜入していたのはドンキホーテファミリーのジョーラであった。ジョーラの襲撃の目的は「サニー号の奪取」で、ジョーラの”アトアト”の能力により、サニー号とナミ達は珍妙な姿に変身してしまいサニー号は船としての機能を失う。さらに、ジョーラはモモの助の誘拐を狙っている。武器すらも芸術的な形に変えられてしまい大ピンチ(~718話)。 

<その他のキーパーソン>
【リッキー】
 鉄仮面、ドクロマントの謎の老剣士。盾を持たない戦い方が特徴的。元剣闘士だが、コロシアムに彼を知る者はいない模様。予選Bブロック敗退。ドフラミンゴを憎んでいる。レベッカに対して自責の念があるらしい。
【キュロス】
 コロシアムの歴史上、最強の剣闘士。20年前まで活躍していたらしいが、国中の誰も彼を知らない。コロシアムの選手控え室にはなぜかキュロスの銅像があり、知られている情報はそのプレート書かれたことのみ。
【レベッカ】NEW!
 コリーダコロシアム専属の女剣闘士(”囚人剣闘士”)。予選Dブロック出場予定。幼い時から自分を守ってくれた片足の兵隊を守るため、”メラメラの実”を手に入れてドフラミンゴを討とうとしている。


・レベッカの過去と片足の兵隊の正体
レベッカ回想のまとめ(時系列は不確定な部分があるので前後入れ替わる可能性あり)。

①ドフラミンゴが国王に就く前まで、ドレスローザは
リク家の王族が過去何百年、統治してきた貧しい国で、レベッカの祖父が先代国王だった。

②10年前、王族である母スカーレットと娘レベッカは町の外れに二人で暮らしており、花を売って生計を立てていた。

③リク王軍は突然、村に火を放つ蛮行をして、国民の恨みを買った。

④ドンキホーテファミリーが扇動して?クーデターが発生。王宮が襲撃され、リク家の王族達が捕らえられた。

⑤レベッカ親子がディアマンテの軍(ドンキホーテファミリー)に襲われるが、片足の兵隊(※両足あり)が銃で応戦し、二人が逃げるのを助けた。

⑥ドフラミンゴがドレスローザの新しい国王に就任(10年前)。

⑦レベッカ親子は”お花畑”に身を隠していたが、町に食料の買出しに行った母スカーレットがクーデター軍に襲われて死亡。スカーレットを守れなかった片足の兵隊(※片足)は娘のレベッカを命に換えて守り抜くことを誓った。

⑧レベッカと片足の兵隊のホームレス生活。

⑨季節は冬になり、二人はかつてリク王の軍に焼かれた村に移動。レベッカは空き家に住み、片足の兵隊は「オモチャの法」を守り、夜中に”オモチャの家”に行く生活を始めた。

⑩レベッカ、7歳。

⑪数年後、レベッカが人攫いに遭い、片足の兵隊がレベッカを救出。しかし、これが原因で片足の兵隊が指名手配されてしまい、二人は村を出た。

⑫片足の兵隊は、レベッカが自身を守ることが出来るように剣術を教えた。

⑬レベッカ、コリーダコロシアム専属剣闘士になる。※経緯不明


①ドフラミンゴが国王に就く前まで、ドレスローザはリク家の王族が過去何百年、統治してきた貧しい国で、レベッカの祖父は先代国王だった。

― 片足の兵隊が隊長を務める反ドフラミンゴ体制組織「リク王軍」の由来は、ドフラミンゴ以前にドレスローザを統治していた王とその軍隊の名前と判明。片足の兵隊以外の「リク王軍」の構成はトンタッタ族なので、片足の兵隊が過去のリク王軍と関係がありそうです


②10年前、王族である母スカーレットと娘レベッカは町の外れに二人で暮らしており、花を売って生計を立てていた。

― 町に花を売りに出て平和そうに暮らしていること、王宮が襲撃(?)されて燃えているのを見てスカーレットが「この国で何が起きているの……!?」と言ったことから、王族に危険が及ぶことになったため町外れに隠れ住んでいるというよりは、元から町外れに住んでいた様子ですが、その辺の経緯は謎です。


※王宮が燃えるのを遠くから見ているスカーレットとレベッカ

また、レベッカがスカーレットのことを「たった一人の家族だった母親」と言っているので、父親の存在は不明。状況的に父親がオモチャになっている可能性が高いです。ただし、オモチャになった人間についての記憶は消えてしまうので、いつの時点でオモチャにされたかは分かりません。


③リク王軍は突然、村に火を放つ蛮行をして、国民の恨みを買った。

― 「国王は一体どうなされたんだ!?
レベッカの祖父である先代の国王が急に理解できない行動をしだしたというのは、ドフラミンゴが国を獲るために暗躍していたと考えるのが妥当なところです。人を操る能力者がドフラミンゴファミリーにいるのか。


④ドンキホーテファミリーが扇動して?クーデターが発生。王宮が襲撃され、リク家の王族達が捕らえられた。

― リク王の消息は不明。


⑤レベッカ親子がディアマンテの軍(ドンキホーテファミリー)に襲われるが、片足の兵隊(※両足あり)が銃で応戦し、二人が逃げるのを助けた。

― ???「お逃げ下さいスカーレット様ァ!!!
片足の兵隊「走れーー!! 遠くへー!!

町外れに住むレベッカ親子がディアマンテの軍に襲撃された際、二人を逃がすためリク王軍と思われる者(達)と片足の兵隊が登場しています。スカーレットを守っていることから①で考察したように、片足の兵隊もリク王軍の兵隊、少なくとも王族側の人間だった可能性が高いです。



さらに注目すべきは、片足の兵隊の言葉遣いです。リク王軍と思われる者(達)が「お逃げください」「スカーレット様」と敬語を使っているのに対して、片足の兵隊はスカーレットに「走れー遠くへ」と言い、敬語を使っていません。オモチャにされた人間は過去の記憶が残っているので、この場に駆けつけたリク王軍と思われる者(達)と同じであれば、言葉遣いも同じく敬語になるのが普通のはずです。そうではないということは、②で考察したようにレベッカの父親はオモチャにされており、そのオモチャが片足の兵隊と考えられます。片足の兵隊がレベッカの父親ならば、過去のリク王軍でも隊長だったかもしれません。


⑥ドフラミンゴがドレスローザの新しい国王に就任(10年前)。

― ドフラミンゴ「過去 何百年貧しい国を営み続けたリク家の王族 終いにゃあ私欲が為 国民から金品を奪う浅ましさ!!! おれはこの国に”富”を与える!!!

ドフラミンゴが国王として国民から人気を得たのは、貧しいドレスローザに”富”をもたらしたことでした。


※10年前の時点で、スペードの幹部(???)、クラブの幹部(トレーボル)、ダイヤの幹部(ディアマンテ)が見える。


※ドフラミンゴが国王になった当時のドレスローザの町並みは確かに今と違い、ボロボロの家しかない。


⑦レベッカ親子は”お花畑”に身を隠していたが、町に食料の買出しに行った母スカーレットがクーデター軍に襲われて死亡。スカーレットを守れなかった片足の兵隊(※片足)は娘のレベッカを命に換えて守り抜くことを誓った。

― 逃亡生活でお腹を空かせたレベッカのために食料を買いに町に出たのがスカーレットの最後になってしまいました。レベッカは自分がお腹を空かせたことが原因で母親が死んでしまったという気持ちがあるらしく、前回の意味深な発言につながっています。

お腹空かないの・・・私・・・」(620話)



また、今回もスカーレットを片足の兵隊が助けようとしたようですが、守りきれず自身は片足を失っています。高々、国王軍の一兵士だった場合、レベッカまでも命に換えて守り、成長するまで面倒を見る義理があるのかと考えると、やはり片足の兵隊がレベッカの父親という気がします。


⑨季節は冬になり、二人はかつてリク王の軍に焼かれた村に移動。レベッカは空き家に住み、片足の兵隊は「オモチャの法」を守り、夜中に”オモチャの家”に行く生活を始めた。

― 「オモチャの法」(717話
一、国の消灯は”午前0時” それ以降は外を出歩かない
一、オモチャは”人間の家”に 人間は”オモチャの家”に入ってはならない

「人間の家」に対して「オモチャの家」とあるので、オモチャが住む家が1軒1軒指しているのかと混乱しましたが、オモチャ達は人間が就寝した後、一同に「オモチャの家」という場所に向かうようです。これで、ヴァイオレットが秘密の工場について「表向きは”オモチャの家”という所」(713話)と言っていたことにつながり、やはり、オモチャ達は夜中にオモチャの家=秘密の工場で秘密裏に働かされていると考えられます。そして、片足の兵隊は秘密の工場でトンタッタ族と出会ったと考えられます。



また、この時から片足の兵隊はいつもそばにいるとレベッカを安心させるため、毎朝新しい花びらを1枚、レベッカの家の窓のすき間から落とすことを約束しており、711話でレベッカがコロシアムの窓にあった花びらを意味深に見つめていたこととつながりました。


⑩レベッカ、7歳。

― 10~9年前、7歳の誕生日を祝っているので(※ケーキのロウソクが7本)、レベッカの現在の年齢は16歳か17歳です。


⑫片足の兵隊は、レベッカが自身を守ることが出来るように剣術を教えた。

― 片足の兵隊「お前が傷つかない方法を教えるのだ
この時、母スカーレットの教えで人を傷つけず、自分を守る剣術を学んでいます。おそらく、これがレベッカが”無敗の女”(704話)と呼ばれている所以のようで、周りの”囚人剣闘士”がボロボロの中、レベッカ一人だけ無傷だったわけです。ただし、相手を傷つけないので勝つも出来ないと。しかし実際、殺し合いを何度もする中で無傷でいられるスキルを授けた片足の剣士は何者なのかと。20年前まで活躍していたというコリーダコロシアム伝説の剣闘士キュロスは「3千戦全勝、その内、敵の攻撃を受けたのはたったの一太刀だけ」(704話)ということでしたが・・・。


・リッキーの正体
先代国王リク王の孫と顔が割れているレベッカはコロシアム観客から人でなしの一族と呼ばれひどく嫌われていたのでした。舞台に向かうレベッカは、覚悟を決め、盾を捨て去ります。



思わず、装備の重量制限がもったいねーよ!wと突っ込みそうになりますが、これは守り一点で勝つことは出来ないディフェンススタイルから、オフェンススタイルに切り替えたということで、優勝して片足の兵隊を守るというレベッカの覚悟がうかがえます。

ところで、盾を持たない剣一本のこのスタイルは、鉄仮面の剣闘士リッキーと同じです。

幼い頃のレベッカ(推定5、6才)とふれあうリッキーの回想描写(714話)から、リッキーはレベッカの父親と予想していましたが、レベッカ本人がスカーレットが「たった一人の家族だった」と言っているのが矛盾します。というのは、リッキー自身はオモチャになっていないので、リッキーとふれあった記憶はレベッカに残っていてもおかしくないからです。

では父親ではなく、かつレベッカに申し訳ない気持ちでいるリッキーは何者なのかと考えると、名前が決定的なヒントになっているじゃないですか?!


リッキー ←→ リク


ねぇ?
レベッカの祖父、先代国王のリク王がリッキーであるとすると、709話考察でまとめたリッキーの謎を大方説明することが出来ます。

①鉄仮面で顔が分からない
 →正体がばれれば、捕らえられてしまう。

②「元」剣闘士(707話)
③コロシアムの剣闘士は剣と盾で戦う訓練を受けるはずなのに、リッキーは剣一本で戦う(707話)
④コロシアムで長く剣闘士をやっている者もリッキーを知らない(707話)
⑤観客の中にはリッキーの戦い方に見覚えがある者はいるが、その人物を思い出せない(707話)

⑥刃がない剣(709話)
 →国民を斬りたくないため?

⑦年寄り(709話)
 →スカーレットが10年前の時点で20代後半、リク王の20代の子供とすると、リク王は生きていれば現在50~60代。

⑧「この歓声が憎い・・・!!!」(709話)
 →国の”真実”を知らない国民達が憎い?

⑨「ドフラミンゴ!!! お前が憎い・・・!!!」(709話)
 →陰謀により国を奪われたので当然憎い。

⑩「プロデンスの王・・・!!」(709話)
 →国王だった時に会ったことはあるはず。

しかしながら、やはり②③④⑤はキュロスを連想させるもので、リッキーの正体がリク王では説明がつかない点も残っています。う~ん・・・?


次号は休載。

拍手

この記事にコメントする
Vodafone絵文字i-mode絵文字Ezweb絵文字
NAME:
TITLE:
COMMENT:
無題
みみっく
国王を操ったのはドフラミンゴじゃないですか?

ヴァイオレットとスカーレット…名前の響きも似てますし、両方色を表す名前ですし。ヴァイオレットもリク王族だという可能性はありませんかねー?殺してほしい男がドフラミンゴなら、それでも良さそうですが…。

片足の兵隊がレベッカの誕生日を祝っているコマで、ちゃっかりレベッカの家の中に入っているように見えるのですが、あれは人目を忍んだからセーフということでしょうか(笑)
それにしても、片足の兵隊って何者でしょうねー。考察を読ませていただきましたが、リッキーが祖父で兵隊が父親というのは納得です。レベッカの剣の速さはリッキーの遺伝なのかもしれませんね!
兵隊だからといって必ずしも兵隊のおもちゃにされるわけではないと思うので、元が何なのかはわかりませんね。
国民から忘れられていることを考えると、キュロスも謎ですし…。
どうにせよ来週の休載が悲しいです(・ω・`)
2013/09/15(Sun)17:34:50
無題
K
キュロスが片足の兵隊?!
2013/09/15(Sun)21:52:36
無題
テリー
今回の過去エピソードで片足の兵隊さんのファンになりました(笑)
レベッカの父親ってのはありえそうですね!

でもなんで、本当父だと言ってないんですかね?
大人のレベッカなら理解できそうなのに
2013/09/15(Sun)22:58:20
無題
G
別に悪いことではないけどDR編のストーリーは先読みしやすいですね。ここ最近予想出来なかったのがチンジャオの宝は実際に「目の前」にあったってこと。そのままだったんだw

先読み出来ると普段激しく不満を感じてしまうけどキャストと舞台がすごく面白いからどんなにバレバレでもめちゃめちゃ面白い。そして尾田さんがお父さんのストーリーを大きくテーマに使ってるって凄いなと思いました。ベルメールの時は号泣したけど今回は男側の話だからどんなに心の準備が出来ても足りないと思います。
2013/09/16(Mon)02:07:58
無題
M-134
キュロスが片足の兵隊でレベッカの父親・・・キュロスを国民、レベッカが知らない(記憶がない)のもの繋がる気がします。

ブロデンスの王が破壊した城壁ってドレスローザの事だったりして・・・

ドフラミンゴがリク王(リッキー)を操って火をつけたとか

まだ確証は何もないけどドフラミンゴがドレスローザを手に入れたかった理由は古代兵器が関係あったり・・・でも、アラバスタ編とかなりカブってきますね。

2013/09/16(Mon)07:16:39
無題
シャボンディ島民
>みみっくさん

操るといっても、ドフラミンゴの能力で操ることが出来るのは脳ではなくて体というのが、難しいところです。国王よりも、リク王軍を直接操って村を放火させた方が可能性は高いかもしれません。

ヴァイオレットがドフラミンゴを殺して欲しいというはっきりした理由は語られていませんでしたね。王族達は皆捕らえられるということでしたが、生死については相変わらずはっきりしていないので、ヴァイオレットが王族だったという可能性は確かにあるかもしれません。ドフラミンゴが怖くて従っているという話でしたからね。

ケーキのシーンは私も最初そう思いましたが、あれは窓の外ですw
よく見ると夜空があるので。

>テリーさん

もし本当に父親なら、

オモチャにされた人間についての記憶は周囲の者の記憶から消えて、元々なかったものに改変されてしまっている様子なので、存在しないはずの父親であること説明するのがまず難しそうです。それに少なくとも幼少のレベッカはオモチャは元々人間という事実を知らないので、これまた説明が難しいです。

その点を置いといても、母親を守れなかったという自責があるので、自ら父親と名乗ることが出来ないのかもしれません。

>Gさん

分かりやすい代わりにブラフが多いような気がします。初めに思っていたことが合っているケースが多いので。バルトロメオがもっと「根が深い」と言ってみたり。私は結構騙されまくりですw

>M-134さん

国の乗っ取りなんかはアラバスタを連想させますよね。
ドフラミンゴとトンタッタ族の何百年に渡る因縁があるということですし。
2013/09/17(Tue)09:11:40
状況説明Tシャツ
ブロンディの小さなライオン
ひさびさに出ましたねぇ~
1コマめはかくれてましが、2コマめで読めました。
ここ、笑いました。
2013/09/20(Fri)01:28:29
≪ Next   │HOME│  Prev ≫

[2793] [2792] [2791] [2790] [2789] [2788] [2787] [2786] [2785] [2784] [2783]