LOGPIECE(ワンピースブログ)〜シャボンディ諸島より配信中〜 【フィギュア】 SCultures BIG 造形王頂上決戦3 vol.3 ナイトメアルフィ 【レビュー】
ONE PIECEのBLOG、略してLOGPIECE。 ワンピースフィギュアを飾って楽しんでます。

シャボンディ新聞(twitter)
最新記事
(07/22)
(07/20)
(07/17)
(07/15)
(07/14)
(07/14)
(07/13)
(07/12)
(07/11)
(07/09)
(07/08)
(07/07)
(07/07)
(07/06)
(07/04)
ファンアート
最新コメント
[07/23 げんちゃん]
[07/22 名も無き島民]
[07/22 coppa]
[07/10 m]
[07/07 coppa]
[07/06 名も無き島民]
[07/01 名も無き島民]
[06/26 G]
[06/21 m]
[06/14 名も無き島民]
[06/14 coppa]
[06/08 名も無き島民]
[06/06 名も無き島民]
[06/06 名も無き島民]
[06/03 名も無き島民]
[06/02 coppa]
[06/01 ジンガ]
[05/25 名も無き島民]
[05/22 名も無き島民]
[05/21 g]
[05/04 名も無き島民]
[05/03 名も無き島民]
[05/01 coppa]
[04/28 名も無き島民]
[04/27 名も無き島民]
ブログ内検索
懸賞金(アクセスカウンター)
-


バンプレスト 「SCultures BIG 造形王頂上決戦3 vol.3 ナイトメアルフィ」のレビューです。


自立可能、高さ17センチ

〝カゲカゲの実〟の能力によって捕らえられた影を100体取り込みパワーアップしたモンキー・D・ルフィ、通称「ナイトメア・ルフィ」。巨大化するわ、上半身が異常にビルドアップするわ、肌が青くなるわ、髪の毛が逆立つわ、眉毛ないわ、あと口調が変わるわ。海軍の手練れ剣士の影も入っているため剣術も使えるようになっており、どこから持ってきたか分からない大剣を背負っています。





顔はどこから見てもナイトメア・ルフィ。ナイトメア・ルフィは特徴的な顔をしているため、元のルフィより立体物として再現しやすそうです。造形は原作より複雑で、浮き立った血管の他にアレンジで血管(?)が細い溝で表現されています。また、掠り傷も、原作作画中の影表現でさえも彫り込みで再現されています。
肌は樹脂肌ですが、肌色ではないのでやはり大して気になりません。ただし、色は原作・アニメカラーよりも濃く、全体的にダークに仕上がっています。塗装はやや雑で、この個体は髪の毛の生え際と目の下の傷が多少ずれています。が、厚みのある塗装で眼に迫力があります。黒目も彫られていますね。



右の拳を地面について、左手で背中の刀を抜こうとしているポーズはオリジナル。アンバランスなフォルムをしていますが、3点ポジションのおかげで安定して自立可能です。


台座は両足の底をダボ接着でフィギュアが台座からずれないように固定しているだけです。つまり、完全に不要です。



造形王のレギュレーションで単色塗装となっており、肌は乳首と爪を除いて青い樹脂色一色です。単調なカラーリングを補うように表面にはぎっしりと細かな造形が施されています。顔と同様に、浮き出した血管と彫り込みの血管、皺、掠り傷、漫画的な影表現、そして骨と筋肉の隆起と。見方によっては気持ち悪いので多少やりすぎな感は否めませんが、複雑で飽きさせない造形であることは確かです。




刀の柄や紐も丁寧に造られています。ボディに対して刀と上着はそれぞれ別パーツで、上着の自然な窪みに鞘が納まるようになっています。刀の紐が少し長いため、余った分が多少浮いてくるのが難点です。紐を浮かせないためには刀の柄の先を持たせればいいのですが、そうすると鍔も隠れてしまい画的にバランスが悪くなってしまうため難しいところです。




着脱



変身の際、ルフィの服までが巨大化してしまったことは置いといて。別パーツの上着は柔らかいPVC製で良く設計されており、組み立ての際は難なくかつ自然な感じで着せることが出来ます。裏地にも複雑な造形が・・・。



両腕は組み立てで、肩の部分にパーティションラインがあり、本来上着でほぼ隠れています。上着がなくても普通に成立しますね。


鬼の形相(かお) →注)いわゆる背中の筋肉隆起のことです。




ゴリゴリの筋肉造形。ゴツゴツした肌の質感はもしかすると超人ハルクの実写版をイメージしているのかもしれません。そもそも、ナイトメア・ルフィのネタ元がハルクっぽいですしね。ワンピースがハリウッドでリメイクされたらこんな感じかも?w



ちなみに、パンツも樹脂色で表面には細かく皺が造形されています。このフィギュア、ほぼほぼ樹脂色で塗装箇所は全体の1割に満たないと思いますw 


一番くじナイトメア・ルフィと一緒に。コンセプトがここまでくっきり分かれてしまうと逆に比べようがなく、あとは好みという気がします。私は一番くじの方が好みです。とりあえず、左は邪悪ですねw


造形王 錦えもんと一緒に。ナイトメア・ルフィはおおよそ37分の1スケール、錦えもんはおおよそ10分の1スケール。造形王3のレギュレーションぎりぎりで造られている錦えもんに比べると、こじんまりとしているように見えるかもしれません。


1/144 WORLD SCALE オーズと一緒に。単体だと見栄えの良いポージングですが、合わせて飾るにはあまり向いていないかもしれません。スケール的にはワンコレが一番近いでしょうか。


以上、造形王ナイトメア・ルフィのレビューでした。

造形王3のレギュレーションによって「単色塗装」になっているのはいいのですが、さらにほぼ「樹脂色」になっているというこちらのナイトメア・ルフィ。せめて塗装して欲しいのですがw ただし、そんなチープさを感じさせないのは造形の密度が高いからでしょう。

特徴的なフォルムを活かし、安定して自立できるポージングもポイントが高いです。ただし、単体で飾るのならともかく、サイズ(スケール)が中途半端な上、ゴリゴリの造形ですから合わせて飾るワンピースフィギュアがないのが難点です。

ナイトメア・ルフィはスリラーバーク編で一度きりの登場でしたけど、またルフィが〝ナイトメア〟に変身する機会はあったりするのでしょうか。最終章でモリアと共闘なんて展開になれば期待できるかもしれませんね。

拍手

この記事にコメントする
Vodafone絵文字i-mode絵文字Ezweb絵文字
NAME:
TITLE:
COMMENT:
無題
ナイトメアルフィーが大好き
私は、ナイトメアルフィーが大好きなのでこれは欲しいです❗️2年後のナイトメアルフィーは見てみたいですね〜。
2014/11/07(Fri)07:19:18
≪ Next   │HOME│  Prev ≫

[3356] [3355] [3354] [3353] [3352] [3351] [3350] [3349] [3348] [3347] [3345]