LOGPIECE(ワンピースブログ)〜シャボンディ諸島より配信中〜 ONE PIECEマニアならすぐに分かるサイゾーのジャンプ編集部ネガキャン記事の嘘
ONE PIECEのBLOG、略してLOGPIECE。 ワンピースフィギュアを飾って楽しんでます。

シャボンディ新聞(twitter)
最新コメント
[11/11 coppa]
[11/07 か]
[11/06 coppa]
[11/03 アリ]
[11/02 coppa]
[10/31 名も無き島民]
[10/30 coppa]
[10/27 名も無き島民]
[10/25 ななし]
[10/19 フィギュア置く場所ない]
ブログ内検索
懸賞金(アクセスカウンター)
-
問題の記事はこちら↓

次は『BLEACH』が終了か? 無能な編集者に落胆する『ONE PIECE』作者の念

――2013年のデータによれば、コミックスの微増と電子版の好調でわずかながら回復の兆しもみせているマンガ市場。メガヒットで笑った人泣いた人、毎度おなじみ作品トラブル、あの超ヒット作の作者と編集部の不仲説まで、業界激震必至!?の噂の真相をぶちまけます!

 世界中から惜しまれながら昨年末に連載が終了した『NARUTO-ナルト-』。その終了の背景には、『ONE PIECE』の現場から透けて見えた、編集部の実態があった。

 2014年11月10日発売の「週刊少年ジャンプ」(14年50号)をもって、岸本斉史氏による人気連載『NARUTO』が最終回を迎えた。1999年からスタートし、同い年のマンガ家・尾田栄一郎の『ONE PIECE』と並ぶ人気を15年間もキープしてきた同作は、海外での売り上げも凄まじく、“『ドラゴンボール』の後継作品”として認知されてきた。

 そんな『NARUTO』の終了には、読者から「打ち切りか!?」との臆測も飛び交ったが、実際は、その背景に「ジャンプ」編集者たちの“作家頼み体質”があったと関係者A氏が話す。

「『NARUTO』の連載終了は、決して突然のことではありませんでした。7年くらい前から、岸本さんはずっと『連載を辞めたい』と周囲に漏らしていたんです。『次のシリーズが終わったら……』という言葉を、何度も聞きましたからね(苦笑)。しかし、海外では『ONE PIECE』をも上回る人気を誇る同作を、『ジャンプ』がそう簡単に終了させはしない。岸本さんにしてみれば、『やっと念願かなった』という気持ちではないでしょうか。
 集英社は、たとえば作家が悩んだ時に積極的にアイデアなどを出してくれる講談社の編集スタイルとは違って、ほぼ100%、作家さん任せの作品づくりです。よく言えば、作家の独創性を尊重してくれるってことなんですが、そのせいもあってか、一度当たったらズルズルと引き延ばされていくところがあるんですよね……」

 そんな中、『NARUTO』終了が7年越しのこのタイミングで実現した理由とはなんだったのか?

「単純に、『ハイキュー!!』や『暗殺教室』など、次なる“金脈”が大きく成長してきたことが大きな要因でしょう。この調子でいけば、『NARUTO』同様、長年作者の久保帯人さんが連載終了を懇願している『BLEACH』の最終回も近いかもしれませんね」(

 こうして世代交代が進む一方で、一向にその席を明け渡そうとしないのが、今や国民的作品となった『ONE PIECE』の尾田栄一郎氏だ。

「岸本さんクラスのベテランになれば、人気投票なんて気にしなくなるんです。固定のファンがしっかりついていますから、多少中だるみする回があってもコミックスの売り上げに影響はありません。しかし尾田さんだけは、あれほどの地位を築いてなお、毎号ランキングは気にするし、ネームが上がるたびに、アシスタントさんたちに『今回面白かった?』と聞くといいます。本当にマンガが大好きで、もっともっと面白くしたいっていう意識が高い人なんですよね。

 だからこそなんですが、とにかく、尾田さんは編集者に厳しくて(苦笑)。以前、テレビのインタビューで『尾田さんにとって編集とは?』という質問をされ、『足手まといでしかない』というような発言をしたこともあったらしいんです。当然、その発言は集英社のチェックですべてカットされ、逆に編集者が活躍しているふうの編集になっていたそうですが……その後、『ほこ×たて』(フジテレビ)で歴代編集者が出演した『ONE PIECE』知識対決を観ながら、尾田さんが『この中で役に立った担当はひとりもいないけどね』とくさしてたらしいですよ(笑)」(別の関係者B氏

 尾田氏は時に、新しいアイデアや的確な修正指示を編集者に期待し、尋ねることもあるという。しかしその回答のほとんどは、「編集のくせにこの程度なのか……」と、彼の期待に沿うことはなかったそうだ。

 一方で、『NARUTO』の最終回が掲載された号の『ONE PIECE』の扉絵には、尾田氏から岸本氏に向けられた、ねぎらいと熱い友情の念が込められていた。これまで共に戦ってきた同志を失った今、尾田氏は「ジャンプ」に何を思うのだろうか。


サイゾー 絵:我喜屋位瑳務)


”作者頼み”だというジャンプ編集部の体質と連載終了のタイミングの因果関係が意味不明で、結局何を言いたいのか理路整然としていません。それに加えて、何を風刺しているのかよく分かりませんが、拘束されて窒息している(?)ルフィのイラストが添えられており、とりあえず記事に悪意があるのは分かります。

『サイゾー』は以前、マンガ特集の号でジャンプ漫画でアシスタント経験のある人達の対談記事を掲載したことがあり、おそらく記事に登場する関係者というのはその元アシスタントではないかと思われます。だとすれば最初に出てくる関係者A氏は『NARUTO』の元アシスタントの可能性が高いわけですが、ただ言っていることが意味が分からない(笑)。連載漫画なら一度ヒットすれば、原作ありの漫画でない限り、引き延ばされるのは当然のことでしょう。

岸本先生が「連載を辞めたい」と周囲に漏らし始めたという7年くらい前というのは、『NARUTO』の立ち上げから9年間担当編集を務めた矢作康介編集(現・ジャンプSQ.編集長)が担当を降りた時期で妙にリアリティがありますが、新章ストーリーの伏線を全然回収していない時期に辞めたいもクソもありません。本当にそういった発言をしていたとしても、その意味は単に「早くストーリーを完結させて週刊連載のスケジュールから解放されたい」という願望であって、実際は伏線を回収する道筋というものがあってそう簡単にいくものではないでしょう。決して編集部から無理矢理に連載を引き延ばされていたとは思えません(そういった旨の発言をインタビュー等でしていれば話は別ですが)。

また、いかにも情報筋のように『BLEACH』連載終了の可能性について言及していますが、『BLEACH』が最終章に入っていることはジャンプ読者なら誰でも知っていることです。随分前からそう告知されていますから(ただの当の漫画の進行速度が異常に遅いのでいつ終わるのか分かりませんが)。

次に記事に出てくる関係者B氏もまた怪しいものです。前半の「毎回ランキングを気にしている」「アシスタントさんたちに『今回面白かった?』と聞く」というのは、担当編集のインタビュー等から知ることができる栄ちゃんの漫画家像らしいものですが、逆に言えば容易に考えつくことです。決定的なのは、テレビのインタビューで栄ちゃんが編集者は足手まといでしかないという旨の発言をして、集英社のNGでその部分はカットになったというエピソード。栄ちゃんはテレビのインタビューを一度も受けたことがありません

『ほこ×たて』の「ONE PIECE 知識対決」を観ながら歴代担当編集を腐していたというのも文面に明らかに悪意が感じられます。仮に本当に言っていたとしても、それは笑える冗談でしょうと。また、よく言われる栄ちゃんの担当編集の役割は”最初の読者”であって、編集者からのアイディア等の提言はそもそも求められてはいません。編集が面白くないと感じたら、また新しいアイディアを栄ちゃんが考えるだけです。まぁ、一応たまに「何かアイディアある?」と聞かれて、編集が答えることもあるみたいですけど、基本却下らしいです(笑)。最初から聞く気はないんでしょうねw それならジャンプ編集でもマガジン編集でも変わらないでしょう。そして、売れている漫画と漫画家を輩出し続けているのはどこの編集部かと問えば、ジャンプ編集部が無能という結論には至ることはないでしょう。

あと、ジャンプでの長期連載漫画について編集部が無理矢理連載を引き延ばしているという憶測がさぞ当たり前のようによく聞かれるのですが、そのイメージの元凶っていうのは鳥山明先生ですよね。『Dr.スランプ』もそうですし、『ドラゴンボール』もそうです。そういった話は当時の担当編集が語っていることなので真実です。ただ『Dr.スランプ』はギャグ漫画ですし、『ドラゴンボール』はサイヤ人襲来編以降は伏線がないバトル漫画なので、作者が辞めたい時にすぐに区切りをつけられる漫画ですが、ストーリー性の強い『NARUTO』や『ONE PIECE』のような漫画ではそうはいかないということは考えないといけません。もし、デービーバックファイト編みたいなエピソードが連発すれば、きっとそうなのでしょうけどw


週刊ONE PIECE新聞って?第4週
『NARUTO』完結!からの来夏に新作映画公開決定←尾田先生「NARUTO終わったって言ったじゃないか!!!」
岸本斉史先生、『ONE PIECE』のナルト仕様の扉絵を見て尾田先生にLINEで「ありがとう!」のメッセージ

拍手

この記事にコメントする
Vodafone絵文字i-mode絵文字Ezweb絵文字
NAME:
TITLE:
COMMENT:
無題
風莉
NARUTOに関しては作者がやめたがっていたのは本当なのかなとか思ったり…。
数年前から連載終了時期を見越してストーリーのまとめに入っていたらしいですがその割に色んな伏線や問題を投げっぱなしで強引に大団円、映画でもそれらについて特に言及されることはありませんでしたし(もしかしたら短期連載や次の夏の映画のために出し惜しみしているのかも知れませんが)。

しかしこのニュース、またまとめサイトとかが拡散してワンピアンチやジャンプアンチが嬉々として食い付くんでしょうね。
2015/01/20(Tue)23:32:54
無題
ナイトメアルフィーが大好き
明らかに、ワンピース嫌いが書いたのがよくわかります。以上です…。
2015/01/21(Wed)05:14:37
無題
そうし
講談社の進撃の巨人が好き過ぎる人が書いたんでしょうね。
2015/01/21(Wed)09:44:23
無題
片足の変態
作者任せにしているから連載が引き延ばしにされるという言い方がされてますね…
むしろそれだと逆になるんじゃないかな?

書きたい方向に無理矢理持っていってる気がしますね
2015/01/21(Wed)12:47:02
無題
名も無き島民
黒子のバスケは人気絶頂で終了しましたね。
2015/01/21(Wed)14:26:29
無題
名も無き島民
ワンピアンチってやたら作者を酷い人物にしたてあげようとしますよね
人格否定どころか勝手に人格創り上げて叩いてる
そんなネットの空気に迎合して最近はTVも「ワンピースは叩いてもいい作品」みたいなとこありますよね
そういうのはラジオでやんなさいと
2015/01/21(Wed)18:07:04
無題
ナナシ
こいつァ臭え!ワンピアンチの匂いがプンプンするぜェーッ!
2015/01/21(Wed)23:31:01
無題
カルカロドン
まさに「なに言ってんだこいつ」
引き伸ばし引き伸ばしとよく言われますが、そういう人は「銀牙〜流れ星銀〜」のような本物の引き伸ばしを知らないのでしょう。
ワンピースで言えば4皇たちとの決着がつき、ラフテルにたどりつきワンピースを見つけた上「D」「空白の100年」の謎が明らかになりルフィが海賊王になったのに話が終わらず「四次元海賊編」とかが始まるようなものです。
本当に引き伸ばされて続いている漫画なら、「メインの話は終わっているのに、キャラが死んだ目でダラダラ続いて」いるものです(by島本和彦先生)。
おそらくアンチ論者は「その通り!今のルフィは池沼!目が死んでる!」とはしゃぐだけでしょうが・・
2015/01/22(Thu)09:41:27
無題
名も無き島民
そういやサイゾーの記者様は軽自動車には軽油を入れると思ってた方がいらっしゃる程ですからね
なにをかいわんやw
2015/01/28(Wed)00:22:53
≪ Next   │HOME│  Prev ≫

[3448] [3447] [3446] [3445] [3444] [3443] [3442] [3441] [3440] [3439] [3438]