LOGPIECE(ワンピースブログ)〜シャボンディ諸島より配信中〜 キャラ差なし!勝者の作品のみ商品化のガチルール「裏造形王頂上決戦」開幕
ONE PIECEのBLOG、略してLOGPIECE。 ワンピースフィギュアを飾って楽しんでます。

シャボンディ新聞(twitter)
最新コメント
[11/11 coppa]
[11/07 か]
[11/06 coppa]
[11/03 アリ]
[11/02 coppa]
[10/31 名も無き島民]
[10/30 coppa]
[10/27 名も無き島民]
[10/25 ななし]
[10/19 フィギュア置く場所ない]
ブログ内検索
懸賞金(アクセスカウンター)
-

裏造形王頂上決戦
主催:バンプレスト
出場原型師:山口範友樹(第4代造形王)、サイトウヒール(初代造形王)
投票期間:2015年6月8日~6月15日
公式サイト:http://bfc.bpnavi.jp/urazoukeio/

【大会ルール】
一、題材は「サンジ」とする
一、原型のみで勝負を行う
一、ユーザー投票で勝敗をつける
一、勝者のみが彩色をゆるされ、商品化される

【裏造形王開幕の経緯】
第4回造形王頂上決戦、優勝者は山口 範友樹 氏(製作キャラクター:サボ)に決定となった。しかし、そこに同大会第1回優勝者であり、これまで全ての大会に出場してきたサイトウヒール氏は大会後1つの言葉を山口氏に投げかけるーー。
パウリーやバギーといった決して大人気とは言えないキャラクターを選択し大会に出場する原型師がいる。個人的にはそういったキャラクターには50%増し、旬のキャラクターであるサボは50%減の減点と考えている」と。
山口氏は答える。「そんな事は投票してくれた人が決めた事。キャラクター人気と造形双方の評価が結果だ。終わってから文句を言うものではない」と。ここに本物の火種が発生したのである。
両氏はそこで睨み合うーーーー!果たしてどちらが正しいのか?互いに人間であるーー。譲れぬ想いがここにあり、そして衝突をしてしまった事実は厳然とある。
共に大会優勝経験者同士、奇しくも信念を違える者同士。「ならば改めて決めれば良かろう!」ここに「裏造形王頂上決戦」の開幕が宣言されたのである!!
終わって後に蟠りは残るやも知れぬーー。気は晴れぬやも知れぬーー。だが、決着はここに着けておこうではないか!!それを決めるのは当人同士ではない!投票者たる人々、民意である!!裁きは下される!有権者の支持の下に!論争の終わりは無いのかもしれない、だが、論議は続けるべきである!!なればこそ、常在戦場たる闘士達よ、存分に戦うが良い!!!!

【キャッチコピー】

「造形(モノ)で語れよ」



● 山口範友樹氏のサンジ

原型師コメント
KOZO:決めポーズ画像でわかるように、右ひざ、手、タバコ、ネクタイ、顔と、構図としては気持ちの良い位置に配置されており、シャツとジャケットの奥行き感やネクタイ、髪の毛の浮遊感で動作の中であるポーズを強調し、うまく表現されていました。


原型師コメント
VAROQ:全体のサラッとした爽やかな雰囲気を持ちつつ、モーションに入る瞬間を絶妙に捉えていると思いました。前後の動きを想像させてくれる服の皺、髪の流れもこだわって見えました。

原型師コメント
KOZO:このサンジは服のしわなど色々リアルに作っている為、サンジの顔設定資料から、目、鼻、口の基本バランスは変えずに、人体の顔骨格を踏襲しつつ体とのバランスをとり、全体的にリアルテイストなサンジに出来上がってると思いました。



原型師コメント
鈴木敏志:フィギュアの小さいボタンをここまで細かく造形するのは山口さんだけではないでしょうか?通常はあまり力を入れないジャケットの裏もきちんと表現されてるのも素晴らしいです。

原型師コメント
鈴木敏志:個人的には靴の裏のステッチもこのサンジの見所の1つだと思いました。

原型師コメント
山下マナブ緻密に、描きこんで描きこんで構築されている感じ。本当にサンジが実際人間として存在していたらこんな感じといったリアリティがそこにはあります。

原型師コメント
山下マナブ:更によく見ると、表面の素材感の造り分けから分割面、隅々まで手が行き届いている事がよく分かり、商業原型としての見本的な造形となっている。

原型師コメント
中澤博之:相変わらずの高密な仕上がり、シャツやジャケットの重なり合う感じネクタイやチェーンが演出する浮遊感が面白いし、動く前という難しいポーズをこなしている。「山口サンジ」、「ヒールサンジ」、両者共に手の造形がもう一つ、漫画らしいケレンミあるアウトラインの表現を軸としてを見ると、山口サンジは手のインパクトが弱い。


● サイトウヒール氏のサンジ

原型師コメント
VAROQ:造形とポーズから勢いが凄く伝わってきました。サンジの特徴である足の見せ方も、 長さや角度など計算して造形されていると思いました。表情とポーズが合っていてまとまっている感じがします。

原型師コメント
鈴木敏志:ヒールさんのサンジはとにかくポーズが素晴らしいですね!サンジらしい長い脚とジャケットのバランスが感動します!サンジファンの喜びそうな物とは何か?という答えを見たような気がします!

原型師コメント
KOZO迫力のあるポーズと勢いのある造形スタイルが、サイトウヒールさんらしい表現になっていると思いました。造形スタイルに関しては、異素材の境界線など(体と包帯や靴とソウルとの境界線など)に揺らぎやねんど感をのこしていたり、細部まで作り込まず、見ている側に作り手の勢いを感じさせ、素材感や戦いのダメージを想像させるような造形スタイルだと感じました。


原型師コメント
山下マナブ:印象を、無駄のないラインを素早くとらえたドローイング的な感じ。表面の粗さはありますが、その粗さが動きを表現するうえで効果的に働いていて、彼のイメージに近いモノを出力出来ているんだろうなという、気持ちよさがあります。


原型師コメント
山下マナブ:全体の構成としてどの方向から見てもカッコよく、迫力があってイイ!と感じました。

原型師コメント
KOZO:このような決めポーズの場合、手前にある足から顔までの距離が遠いため、顔の印象が弱くなってしまいがちですが、設定よりも目を大きく作ることで顔の印象を強くし、体の造形スタイルとあわせて死闘感が出ていると思いました。


原型師コメント
中澤博之荒々しい仕上がりのヒールサンジは、瞬時にカッコいいと思える定番なポーズ、包帯まきでジャケットの肩羽織がアイデアを感じる。ヒールサンジの荒い仕上がりはいいとしても、その荒い中にも流暢さがないとただ作りかけな感じになってしまう。



「裏造形王」と聞いてまず、裏造形王はこれまで造形王頂上決戦で一切評価されていない福家悠太さんだろ!と思ったわけですが、山口さんとヒールさんの二人で裏造形王なる一騎討ちをやることになった経緯については、冒頭の経緯の部分や公式サイトの「裏造形王頂上決戦に対する想い」に詳しく書かれています。

原型師の造形力を競うはずの造形王頂上決戦がキャラ人気投票になっている現状や投票形式への不満はユーザーの中にも以前からあったものですが、Twitterをやる参加原型師が増えたためか、そういった不満をTwitterで噴出する様子は前大会で見られました。まぁ、主に笠井昌次郎さんとヒールさんの二人なのですが。本来、実力が拮抗していた前大会で山口さんのサボが圧倒的な票差で優勝したことで、ついにヒールさんがキャラ人気に言及。名指しされた山口さんがそれに対して正論を返すわけですが、出場原型師同士がTwitter上でケンカする形となり、見かねた大会プロデューサーの阪田さんが今回の企画を二人に提案。プロレスに昇華させたことで、間を取り持った模様です。
結局、造形王頂上決戦への不満は棚上げにした形ですが、バンプレストの企画力は素直に評価すべきでしょう。

端から見て、両者のコメントを読むと、山口さんは大人の対応という印象。ヒールさんは何だか言い訳じみていて、プロレスやるんだったら、名前の通りもっとヒールに徹すればいいのにと思います。本人も言及していますが、そもそも第3回大会でヒールさんはゾロで出場して準優勝していて立場的にキャラ人気にもの申すのは苦しいものがありますが。

さて、両者が造り上げたサンジについてですが、原型師の方々が寸評しているので敢えて言うこともないかなと。プロデューサーの阪田さんが言う「理詰め(山口氏)vs 感性(サイトウヒール氏)」が的確な表現だと思います。

ポイントはヒールさんの粗い造形をどう評価するか。そこが投票の分け目になるはずです。
どちらが欲しいかという点では、今までに無いライダーキックポーズのヒールサンジがよりユーザーが求めていたものに違いありません。しかし、ポーズの迫力に劣るものの、どちらの造形力が優れているかという点では山口さんが一枚も二枚も上手です。山口さんが使う3Dプリンターも造形力に含めて考えていいのかという議論がもしかするとあるかもしれませんが、機械を使いこなす事も含めて原型師の腕と言えるでしょう。ヒールさんはおそらく山口サンジの造形を真似することはできないでしょうが、山口さんはヒールサンジの造形をコピーすることは容易いのかもしれません。ただし、そうして造った作品が造りかけの中途半端な物に見えて成立しないのならば、その足りない部分がヒールさんの造形力・表現力になるのでしょう。それをどう評価するかです。

包帯を巻いてジャケットを羽織ったヒールサンジはドレスローザ編のドフラミンゴ戦後の再現になっていますが、本来羽織っているはずのワイシャツは省略されています。もし山口さんがヒールサンジを造るなら、ワイシャツすらも造形していたのではないかと私は思ってしまうのです。


私は山口サンジに一票を投じます


データで見る造形王頂上決戦4 投票結果 【中間報告】
【速報】 造形王頂上決戦4 最終投票結果

拍手

この記事にコメントする
Vodafone絵文字i-mode絵文字Ezweb絵文字
NAME:
TITLE:
COMMENT:
無題
ナイトメアルフィーが大好き
僕はサイトウヒールさんのサンジが好きです!他のフィギュアと飾るとしたら、と山口さんのサンジはなんか違う物のように見えてしまいそうです。(リアルすぎて)造形力は圧倒的に山口さんの方が上だと思います。欲しいものに投票するならヒールさんに、造形力があるものに投票するなら、山口さんに投票します。好みで選ぶか、技術で選ぶか、どちらを基準にして投票しようか悩みます…。
2015/06/03(Wed)10:33:01
無題
カボ
コメントを読んでると山口さんがどうにも好きになれず、今後を考えてもヒールさんに勝って欲しいところですが、フィギュアを見ると山口サンジのかっこいいこと細かいこととは言えヒールサンジの荒々しさポージングも捨てがたい・・・
どちらも商品化して欲しいです。
2015/06/03(Wed)10:55:36
無題
名も無き島民
撮影上手いんだろうな。
どちらもクソかっこいい。
2015/06/03(Wed)11:59:52
無題
名も無き島民
二年前と二年後じゃ二年前の方が有利じゃ・・・


2015/06/03(Wed)13:10:50
無題
チェ
自分も、欲しいと思うのはヒール、出来が良いと思うのは山口ですね。投票悩む・・・

皆して投票操作して全くの同点にしてどっちも商品化!ってなんないかなw



2015/06/03(Wed)17:46:26
無題
名も無き島民
今回は、それぞれの言葉がかなり表に出ているので、人間性も反映されてしまいそう。そうならないように、造形で語れよを投票の時は意識したいですね。
造形は、山口さん、人間性はサイトウヒールさんの私の小言でした(笑)
2015/06/03(Wed)20:29:47
無題
ワンピース
原作に似せてるというキャラフィギュアで一番大事なところを踏まえてサイトウヒールだな
あとワンピースのことをどれだけ知ってるかって観点からでもヒール

山口さんはワンピース愛はないよ
あと核心つけば
生きてるものならヒール
無機質なものなら山口
人間の造形ならヒール
物なら山口
2015/06/03(Wed)21:03:01
無題
ラン
ワイシャツを着ていないとの事ですが、サンジが包帯をしているという事は、ドフラミンゴ戦の後だと思います。つまり、ヒールさんのサンジは対ビッグマムのサンジでは?
2015/06/04(Thu)06:59:57
無題
神木
山口さんの技術凄すぎますね。あの細密さは鳥肌立ちます。ジャケットの裏、ズボンのしわ、静かな躍動感。「造形力」は山口さんが今回のフィギュアに関しては上だと感じました。

しかし「サンジ」の造形力に関していえばサイトウヒールさんが上かな。
少なくとも山口さんのサンジの顔は私の知ってるサンジではない。
めちゃくちゃ上手くてカッコいい絵を描ける人がサンジを描いて、それを精密に立体化したような感じ。特に横顔。カッコよすぎていいんだけど、原作から飛び出してくるサンジのカッコよさではないというか・・

「サンジの造形」、そして私は原作の絵が大好きなのでサイトウヒールさんに1票!
2015/06/04(Thu)07:42:15
無題
ナイトメアルフィーが大好き
>ランさん
もちろんこの造形は対ビックマムのサンジであると、ヒールさん自身が発言しているので、そうだと思います!でも、その時もサンジはワイシャツ着ていますよ!73巻の表紙でしっかりワイシャツが描かれています。そして、ヒールさんのサンジには襟があるので、ワイシャツを着ていると思います。(造形を直で見たわけではないので、違うかもしれませんが…)間違っていたらすいません。m(_ _)m
2015/06/04(Thu)07:51:57
Re:無題
シャボンディ島民
襟は形状から見て、ジャケットの襟かと思われます。
2015/06/14(Sun) 09:19
無題
名も無き島民
僕も造形、考え方共に山口さんを支持します。
サイトウヒールさんは造形も考え方も素人ならそれでいいと思いますが、プロでやるにはちょっとどうなんでしょうね。
2015/06/04(Thu)09:46:36
無題
名も無き島民
サイトウヒールさんの方が躍動感あるね。
表情もサンジって感じ。

山口さんの方は全体にのっぺり。
サンジじゃなくてもいい感じ。

これなんで、題目がサンジなのか謎。
ルフィ造らせたら、結構差が出るんじゃない?
2015/06/04(Thu)09:49:55
無題
名も無き島民
ヒールのフィギュアはいつもボロボロで笑える。
顔はどっちも似てないですね。残念。
2015/06/07(Sun)23:59:17
無題
シャボンディ島民
>ナイトメアルフィーが大好きさん

結局、好みでとなると、極論「キャラ差」と同じになるので決着がつかないんですよね。是非、投票者が考える造形力を物差しに投票して欲しいところです。


>カボさん

ポージングも同じにすれば、もっと分かりやすかったですね。


>名無しの方 06/03(Wed)11:59:52

色が無い原型ですからね。陰影だけでここまで魅せるとは。


>名無しの方 06/03(Wed)13:10:50

そうなんですか?!w
新世界編サンジでもクールな表情で造形していれば、その印象は変わっていたとは思いますが。


>チェさん

それじゃあ、本題の決着が着かないですからね〜w
まず同点になることはありえないですが、もしそうなったら、お二人でボクシングをして決めてもらいましょうw


>名無しの方 06/03(Wed)20:29:47

誰が考えたのか「造形(モノ)で語れよ」は良いキャッチコピーですね。
山口さんは先の造形王に遅刻した印象で(サボの画像解禁まで原型が公開できなかっただけですが)、アンケートのコメントも他の原型師に比べると適当でありながら、キャラパワーで優勝をあっさり搔っ攫っていった印象があるため、反感を感じている人は多いだろうなと思っています。個人的には、ヒールさんの人間的に好きになれない部分を知っていて、人間性については私は真逆に感じているのですが、これは言おうか悩みます。


>ワンピースさん

どうしてそこまで言えるかは分かりかねますが、少なくとも「ワンピースのことをどれだけ知ってるか」は投票には関係なく、設定画や原作資料をどう解釈して立体化するかは原型師として重要なセンスだとは思います。

クールなキャラは山口
熱いキャラはヒール

じゃないでしょうか。


>ランさん

時系列がつながっており、対ビッグマム海賊団においてもワイシャツは羽織っています。


>神木さん

すごい神木さんらしい考え方だと思うのですが、神木さんの場合、栄ちゃんが「山口さん」と言えば、ころっと意見が変わりそうだからなぁw
ヒールさんは先の造形王で栄ちゃんが選んだ特別審査員賞を受賞していましたね。


>名無しの方 06/04(Thu)09:46:36

山口さんは自身を商業原型師と呼んで、暗にそれを指摘していますね。


>名無しの方 06/04(Thu)09:49:55

プロデューサー曰く、サンジは形状がシンプルだから、ということでした。
ポージングが自由な上に、ルフィの場合は色々なバリエーション(形状)があるので、避けられえた模様です。


>名無しの方 06/07(Sun)23:59:17

「ヒールのフィギュアはいつもボロボロで笑える」

それな。第3回の造形王ゾロは特に酷かったですね。
納期まで時間があれば、山口さんは細部の造形をさらに造り込み、ヒールさんはダメージ加工を増やしていくのだと思います(ぁ
2015/06/14(Sun)09:15:05
≪ Next   │HOME│  Prev ≫

[3591] [3590] [3589] [3588] [3587] [3586] [3585] [3584] [3583] [3581] [3580]