LOGPIECE(ワンピースブログ)〜シャボンディ諸島より配信中〜 北米で日本漫画・アニメを扱うVIZ Mediaが実写映像化のため大手ハリウッド代理店と提携→『ONE PIECE』実写化の可能性が浮上!?
ONE PIECEのBLOG、略してLOGPIECE。 ワンピースフィギュアを飾って楽しんでます。

シャボンディ新聞(twitter)
最新コメント
[11/20 ブロンディの小さなライオン]
[11/19 coppa]
[11/18 名も無き島民]
[11/17 てれさ]
[11/11 coppa]
[11/07 か]
[11/06 coppa]
[11/03 アリ]
[11/02 coppa]
[10/31 名も無き島民]
ブログ内検索
懸賞金(アクセスカウンター)
-

「ONE PIECE」「東京喰種」も実写化!? 小学館・集英社子会社が漫画実写化計画明かす

 小学館と集英社、並びに両社のキャラクター&コンテンツビジネスを扱う株式会社小学館集英社プロダクションによる総合エンターテインメント会社 VIZ Media(本社:アメリカ・サンフランシスコ)が、アメリカの大手エージェンシー(代理店)である United Talent Agency(以下、UTA)と協力し、同社が有する漫画・アニメコンテンツの実写映像化を企画していることを現地時間23日に発表した。VIZ Media が有しているコンテンツには、「ONE PIECE」「BLEACH」「東京喰種」「ワンパンマン」などがある。

 VIZ Media は、漫画やアニメコンテンツの北米出版権や配給権、および国際ライセンス部門を担当。先述した作品のほかにも、「DEATH NOTE」「NARUTO -ナルト-」「犬夜叉」「ポケットモンスター」などを扱い、アメリカの漫画出版会社のトップを走り続けている。また、小学館・集英社作品ではないがアニメ「美少女戦士セーラームーン」の北米放映・ビデオ権も所有している。

 VIZ Media の最高マーケティング責任者ブラッド・ウッズ氏は、「UTAとのパートナーシップは、VIZ Media と日本の仲間たちのために、重要な新たな道を示してくれることでしょう」とコメント。続けて、「UTAはわれわれのビジョンを共有したイノベーターであり、国内および国際的なエンターテイメント業界との強い絆や実績もあります。われわれが前に進むための重要な要素になるでしょう」と語っている。

 UTAの書籍部門共同代表のハワード・サンダース氏は、「われわれはこのパートナーシップによって、VIZ Media の多くの所有コンテンツを通してストーリーテリングや技術、キャラクターの新たな可能性を切り開くことができることに興奮しています」とコメント。両社は、日本のポップカルチャーへの強い関心を活用して、ハリウッドを含めた国際的な映画会社、テレビ業界、オンラインコンテンツ会社等によって表現される機会を創出できると自信を見せている。

 今のところどのコンテンツの実写化企画が進められているのかは、まだ明らかにされていない。以前、「DEATH NOTE」「BLEACH」「NARUTO -ナルト-」に関してはハリウッドで映画化の動きがあることが報じられてきた。これらの作品の今後についても気になるところだ。

シネマトゥデイ


現在、どの作品が実写化の対象になっているかは不明です。具体的な企画は現段階では何も決まっていないのかもしれません。ハリウッドではアメコミの実写化が盛んに行われているので、実写化が一番現実的なのは『ワンパンマン』(英:ONE-PUNCH MAN)でしょうか。

また、明らかになっているのはVIZ Mediaが保有するコンテンツの”実写化企画”のため、日本の芸能界で言うところのタレント事務所に当たるエージェンシーのUnited Talent Agencyと提携をするということだけで、映像作品がどのような形で披露されるかも不明です。それがハリウッド映画なのか、ドラマなのか、TVCMなのか。

日本の漫画・アニメがハリウッド映画(と呼べるもの)になった例は公開されたもので2作品あり、原作者が”別物”と公言している「DRAGONBALL EVOLUTION」(原作:ドラゴンボール)と、逆アカデミー賞と言えるゴールデンラズベリー賞の最低リメイク賞にノミネートされた「Speed Racer」(原作:マッハGoGoGo)です。



「Speed Racer」に関しては、原作アニメ自体がストーリーがあってもなくても良いもので、ビジュアルの再現度や映画としての完成度は高かったため文句無しなのですが(興行はコケましたが)、「DRAGONBALL EVOLUTION」の原作レイプと駄作っぷりはあまりにも有名ですね。

原作がある場合、ハリウッドの映画製作の方式上、脚本家はもちろん、監督や主演俳優が原作ファンでない限り、原作者・原作ファンの感情や原作シナリオは尊重されないため、原作レイプになりやすい傾向があると言えます。来年公開予定のハリウッド映画「Ghost in the Shell」(原作:攻殻機動隊)もどうなるか分かりません。既に、物語の舞台は日本からアメリカに改変されることが明らかになっています。


ともあれ、アメリカでの『ONE PIECE』の実写化がない話ではない状態になったという話でした。トップ画像は先述したゴールデンラズベリー賞(最低映画賞)のトロフィーイメージなのですが、あれ?!なんだか”悪魔の実”に見えてくるような…w


世にも奇妙な共演!〝ゴムゴムの実〟を食べてゴム人間になった阿部寛がルフィと出会う奇妙な人間ドラマ
「ONE PIECE」がもし実写化するなら麦わらの一味はこのキャスト!(マイナビウーマン調べ)
「ONE PIECE」がもし実写化するなら演じて欲しい有名人ランキング
【SG海賊団】 ONE PIECE実写版キャストイラスト 【第144回】
絶対に実写化してほしくない漫画ランキング

拍手

この記事にコメントする
Vodafone絵文字i-mode絵文字Ezweb絵文字
NAME:
TITLE:
COMMENT:
無題
生ハムメロン
え、実写化すんの・・・
2016/03/27(Sun)18:15:23
無題
名も無き島民
ドラゴンボールのはスーパーサイヤ人5とか出てくるわけのわからん二次創作よりマシ。
実写化くらいでアレルギー反応起こしすぎなんだよ。メディアミックスなんだし。見たくなきゃ見るな。話題にも出すな。口に出すな。ネットに反応を書き込むな。区別くらいつけろダボ。
2018/12/09(Sun)18:48:59
Re:無題
シャボンディ島民
この記事?コメント?にそれほどキレることが疑問でして、それこそアレルギーではないかと。

超サイヤ人4が出る『GT』は『DB』を原作にしたアニメオリジナルストーリーで、ある種の二次創作です。『超』と違って原作者が関わっていない点で色々と言われることはありますが、私は「4」のデザインは割と好きですけどね。同人作品の超サイヤ人5は明らかに「4」をベースにしたもので、原作アニメへの愛は感じます。それよりも原作へのリスペクトを一切感じないハリウッド版の方がマシと言ってしまう感覚はどうかしていると思います。メディアミックスの意味も勘違いされているような。

ともかく、この失敗があったからこそ、『ONE PIECE』の実写化に向けて現在慎重にプロジェクトが進められているわけです。原作ファンを裏切らないために。
2018/12/09(Sun) 20:47
≪ Next   │HOME│  Prev ≫

[3876] [3875] [3874] [3873] [3872] [3871] [3870] [3869] [3868] [3867] [3866]