LOGPIECE(ワンピースブログ)〜シャボンディ諸島より配信中〜 発売直前!「ONE PIECE BURNING BLOOD」の購入を判断する11の要素
ONE PIECEのBLOG、略してLOGPIECE。 ワンピースフィギュアを飾って楽しんでます。

シャボンディ新聞(twitter)
ファンアート
最新コメント
[12/18 JerryVam]
[12/18 christinayh69]
[12/12 イカ]
[11/28 G]
[11/21 いしじろ]
[11/21 いしじろ]
[11/19 名も無き島民]
[11/19 名も無き島民]
[11/18 名も無き島民]
[11/17 あ]
[11/15 名も無き島民]
[11/15 coppa]
[11/13  420ランド]
[11/12 名も無き島民]
[11/12 coppa]
[11/10 チェ]
[11/09 イカ]
[11/07 名も無き島民]
[11/06 名も無き島民]
[10/30 coppa]
[10/28 優しい死神]
[10/28 Y]
[10/25 coppa]
[10/19 coppa]
[10/16 ジンガ]
ブログ内検索
懸賞金(アクセスカウンター)
-
今月21日に発売予定のプレイステーション4/Vita向け対戦アクションゲーム「ONE PIECE BURNING BLOOD」の情報が公式PVやVジャンプ動画により、概ね出揃ってきています。ゲームのシステム概要はルフィが解説する第3弾PVで大体把握することができます。



ここでは(私が)今作の購入を検討するために、ポイントをまとめてみます。


【1】対応機種がPS4とPS Vitaのみ

ソフトの購入検討以前に、「ハードをどちらも持っていない問題」です。PS3は「海賊無双」をプレイするために買ったわけですが(海賊無双仕様の金色のやつを)、結局PS3ソフトは「海賊無双」シリーズのみしかプレイしていないという歴とした海賊無双仕様のPS3となっています。今回も「バーニングブラッド」をプレイするためにハードを新たに買うかというところです。携帯機のVitaは選択肢のないので、買うならPS4なのですが、定価は3万8000円程度。なかなかの値段です。そもそも、Vitaでも出すならPS3でも出せよ、と。PS4があれば体験版をプレイしているところです。


【2】次世代のワンピース据置型ゲームの主流は「バーニングブラッド」?!

無双シリーズとのコラボでワンピースゲーム史上一番の売上げを記録した「海賊無双」。シリーズは現在までに3作まで出ていますが、シリーズを重ねる度に売上げはかなり減退しています。個人的には「3」は良作だったのですが、「1」のアドベンチャーモード、「2」のコインシステムとオリジナルちゃんぽんストーリーでどんどん人が離れていったと思われます。単純に”飽き”もあるでしょうし、今後続編があるかは分かりません。一方、携帯型ワンピースゲームの主流は「グラバト」「ギガバト」シリーズとなっており、求められているのは単なるアクションではなく、やり込み要素の高い”対戦”アクションなのでしょうか。また、世界で300万本以上を売り上げた対戦アクション「ドラゴンボール ゼノバース」の成功(※日本国内よりも海外で人気を博した)も発売元のバンナムは意識していることでしょう。「バーニングブラッド」は12言語対応で展開します。


【3】開発元はスパイク・チュンソフト

対戦アクションゲームの実績はあまりありません。合併前のスパイクとしては「ドラゴンボールZ Sparking!」シリーズ、合併後のスパイク・チュンソフトとしてはコンパチヒーローズシリーズの「HEROES' VS」とジャンプヒーローズの「ジェイスターズ ビクトリーバーサス」が挙げられます。オンライン対戦が搭載されていたのは「ジェイスターズ ビクトリーバーサス」のみで、対戦ゲームにおいては通常、欠陥と言える永久コンボが発見されたようですが、発売後に調整等のアップデートは一切なかったようです。ただし、今作では相手のコンボに割り込めるシステムがあるため、その点は問題ないかもしれません。しかし、不安ですね。


【4】オンライン対戦搭載 バトルは基本 3on3


オンライン対戦がないとまず購入を検討する余地もなかったのですが、オンラインモードは搭載されているようです。問題は過疎やサーバーエラーも含めてランクマッチ(ランキングバトル)でちゃんとマッチングされるのか。対戦する相手がいないと面白くないですからね。バトルは途中交代有りの3on3で、3キャラとも体力が0になった方の負けです。「MARVEL VS. CAPCOM 3」(通称:マブカプ3)方式と言った方が伝わりやすいのか、いや…伝わりづらいのか。3D対戦アクションでマップはそこそこ広く、交代制の3on3ですから、1試合が長くなるのは容易に想像できます。システムは一見してダルそうなのですが、こればかりは実際に触ってみないと分かりません。また、オフ対戦では変則バトル(2on1とか3on2)や最大9対9(実質3on3の勝ち抜き制チーム戦)の対戦ができるようです。つまり、1人が1チームを担当すれば、コントローラー2つの2人用対戦で最大6人で遊べるわけです。


【5】本格的な格闘ゲーム仕様?


今作のシステムは「ジェイスターズ ビクトリーバーサス」や「海賊無双」のようなお手軽アクションを基本としつつ、上級者向けのテクニカルなシステムも搭載されているようです。通常アクションは弱攻撃と強攻撃、レンジ(範囲)攻撃、ガードブレイク、ガード、ステップ、そしてキャラクター固有の必殺技と、ベーシックな要素に加え、自然系能力者を再現したロギアガード、覇気使いの覇気、その他キャラクター固有の特殊行動があります。剣士や蹴り技のみのキャラクターがいるため、おそらく弱・強攻撃は2ボタンのみ。コンボはアナログスティックの方向キー入力で派生し、キャラクター交代もコンボに絡めることが出来るようです。したがって、難しいコマンド入力は要求されないと思われますが、誰でも簡単に操作できるように「かんたん操作」という機能の切り替えが可能になっています。この機能はオートガードが発動するのと、おそらくアナログスティックの入力なしにコンボを完走できる、いわゆる”マクロコンボ”仕様と思われます。上級者テクニックとしては、攻撃を受ける際にタイミング良く入力することで発生し、有利を取れる「フラッシュガード」および即座に反撃を与える「フラッシュカウンター」があります。これは「ストリートファイターIII」のブロッキングと類似したシステムのようです。上・下攻撃の選択がないため、使いこなせば相当強いシステムと思われますが、タイミングはかなりシビアなようです。


【6】プレイアブルは全42キャラクター


スモーカーの2年前Ver.が新世界編とシステム面で何が違うのかさっぱり分かりませんが、対戦アクションで42キャラクターは十分すぎる数です。全キャラ触ってみるだけで、かなり時間が掛かりそうです。前述の通り、キャラクター固有の特殊行動がある他、ゲージ(バーニングゲージ)を最大まで溜めると一定時間発動できる限界突破(グランドインパクト)状態になると、強力な技を繰り出すことができるようになります。例えば、ルフィはギア4、動物系能力者は変身できたりとバリエーション豊かです。強キャラや弱キャラといったキャラ差やキャラ相性は間違いなくあると思われますが、3on3対戦でチームの組合せがあるため、一辺倒にはならないはずです。あと、プレイアブルキャラはもちろん全てフルボイス(のはず)です。


【7】サポートキャラクターシステム


プレイアブル全42キャラクターに加えて、今作ではさらに(画像を見る限り)全65種類(+ランダム選択)のサポートキャラクターが登場します。使用タイミングも含めて対戦中に様々な効果を発動します。これは「ストリートファイター クロス 鉄拳」のジェム的な要素ですね。サポートキャラは3キャラクターまで選ぶことができるようです。サポートキャラの効果が加わるため、プレイアブルキャラクターのバリエーションはさらに広がります。ルッチのサポート効果を見ると、永久コンボの危険性が・・・。強すぎるサポート効果が紛れているかもしれないため、不安要素でもあります。




【8】魅力的なキャラクター同士の掛け合い演出


対戦開始前の登場演出では、チームキャラクターや対戦相手のキャラクターとの組合せでキャラクター同士の掛け合いが発生することがあるようです。これは「ジェイスターズ ビクトリーバーサス」でもあった要素で、キャラクターゲームとしては素晴らしい演出です。


【9】ストーリーモードはマリンフォード編


ストーリーモードはドラマチックなムービーにより、頂上決戦を様々なキャラクターの目線で体験できるようです。が、トレーニングモードと対戦しかやらないと思うので、あまり興味はありません。


【10】ゲームオリジナルのコアラの水着姿


ゲームと同時発売になるVジャンプ編集のムック本「BURNING BATTLE BOOK」にはコアラの水着コスチュームのプロダクトコードが特典として付属。コアラの水着姿はゲームオリジナルです。昭和を感じます。


【11】ダメージを受けると服が破ける


今作はダメージ量に応じてキャラクターのグラフィックに変化が起きるとのこと。男性キャラクターは基本的に薄汚れていくだけっぽいのですが、なぜか…なぜか?!!女性キャラクターは服が破ける仕様となっています。完全に事後です。



最後ので買うの決めたお
  長いフリだったな・・・


ONE PIECE BURNING BLOOD(ワンピース バーニングブラッド)
メーカー:バンダイナムコエンターテインメント
ジャンル:対戦アクション
対応機種:PlayStation Vita / PlayStation 4 / Xbox One(海外の一部地域のみ)
発売エリア:日本・北米・中南米・欧州・アジア・オセアニア・ロシア
対応言語:英語・フランス語・イタリア語・ドイツ語・スペイン語・ロシア語・ポーランド語・ブラジルポルトガル語・ ニュートラルスパニッシュ語・繁体字・韓国語・日本語
発売日:2016年4月21日 
価格:[PS4] 8,208円 [Vita・ダウンロード版] 7,344円
公式サイト:http://opbb.bn-ent.net


渋谷の街でエネルとクロコダイルが大暴れ!「バーニングブラッド」新PV公開
【速報】 PS4/PS Vita向け新作アクション「ワンピース バーニングブラッド」発表
【速報】 新作対戦アクション「ワンピース バーニングブラッド」過去最多12言語対応で2016年発売
「バーニングブラッド」初回封入特典で浮上するP.O.Pペローナver.BBの可能性?!

拍手

この記事にコメントする
Vodafone絵文字i-mode絵文字Ezweb絵文字
NAME:
TITLE:
COMMENT:
無題
名も無き島民
これ、良く対戦動画などで技のコンボパターンなどが少ないのかなーって思ってたんですがどうなんですかね?簡単操作に切り替えがあるという事は技の分岐もあるのでしょうか?キャラ数が多いからその点が逆に心配です
2016/04/13(Wed)01:29:10
≪ Next   │HOME│  Prev ≫

[3889] [3888] [3887] [3886] [3885] [3884] [3883] [3882] [3881] [3880] [3879]