LOGPIECE(ワンピースブログ)〜シャボンディ諸島より配信中〜 ストーリー漫画家とギャグ漫画家のジャンプ内格差(うすた京介&大石浩二 談)
ONE PIECEのBLOG、略してLOGPIECE。 ワンピースフィギュアを飾って楽しんでます。

シャボンディ新聞(twitter)
最新コメント
[11/20 ブロンディの小さなライオン]
[11/19 coppa]
[11/18 名も無き島民]
[11/17 てれさ]
[11/11 coppa]
[11/07 か]
[11/06 coppa]
[11/03 アリ]
[11/02 coppa]
[10/31 名も無き島民]
ブログ内検索
懸賞金(アクセスカウンター)
-
TOKYO FMの書き起こし記事より。TOKYO FM「高橋みなみの『これから、何する?』」の6月5日の放送はサプライズで高橋みなみさんに代わりギャグ漫画家のうすた京介先生がパーソナリティを担当。ゲストには同じくギャグ漫画家の大石浩二先生を招き、週刊少年ジャンプにおける待遇やストーリー漫画家とギャグ漫画家の格差を愚痴っていたようです(笑)。

【週刊少年ジャンプ】うすた京介が語る作家間の“格差”とは?

(前略)自身がコミュ障だと自覚しているといううすたさんと大石さん。2人はアシスタントを選ぶ際も、絵の上手さだけではなく話しやすさを基準にしているそうです。

アシスタントとの関わりって編集者も教えてくれないですよね。連載が決まると何が忙しいって、地方の人だといきなり住む部屋を決めないといけない。何人かアシスタントさんが来るから、その人たちのぶんの家具や寝具を準備しなきゃいけないんです」と話す大石さん。

うすたさんも連載準備で苦労したそうで、「まあお金がかかるじゃん。お金は自分たちで払うんですけど、連載準備金みたいなものや契約金が出るけど、ほぼ引っ越しでなくなる。それで連載が始まって雑誌に載って、ギャラが入ってくるのがその1ヵ月後とかだから。下手したら半年くらい無収入だよ。俺も親に借金したりしてやってたから。ろくでもない仕組みだと思うんだよ(笑)」と振り返っていました。

連載決定から開始までの期間が短すぎるという大石さん。「僕の場合は1ヵ月くらいしかなかったからバッタバタですよ。アシスタントも初めて会う人なので、性格があわないとコミュ障が発動しちゃうんです」とのこと。

アシスタントとの初の顔合わせでは、ゲームセンターで格闘ゲームで対戦して打ち解けたといううすたさん。

大石さんの場合は「僕は初めてのアシスタントは『まず温泉行こう』って2人で温泉に行ったんですよ。とりあえずまずは裸で向き合わないとって。それで向こうも嫌がってなかったから、『この子とは一生やれる!』って」と裸の付き合いで仲良くなれたそうです。

『週刊少年ジャンプ』で連載を抱える作家たちの群像劇を描いた『バクマン。』。大石さんによると、実際のマンガ家の世界はそれほど華やかじゃないんだとか。

うすたさんは、「リアルな部分とそうじゃない部分があまりにもうまく融合されているのが困るよね。読者の人はみんな信じてるけど全部が本当じゃない」と話します。

大石さんは『バクマン。』とは180度違う体験をしたそうで、「うますぎて全部信じちゃうんですよね。主人公が入院するシーンあったじゃないですか。編集長が病院に来て、『(連載を)休め』って言うんですけど、でも主人公は『やります』っていうじゃないですか。あれは完全にフィクションです。僕、実際連載中に腰をやっちゃって入院したんですよ。そしたら『バクマン。』みたいに編集長が病院に来て、『いつできる? 今週は休めないよ』って言われて(笑)」と明かしていました。

2人によるとストーリー作家とギャグ作家には大きな格差があり、両者は別物なんだそう。

扱いが全然違うんですよ!(笑)。俺は世代的には尾田栄一郎や岸本斉史とほぼ同年代で俺のほうがちょっとデビューは早いくらい。ギャグマンガ界だとけっこうな実績を残したと思うんだけど……(笑)。作家のランクだと雲泥の差があるんだよね。引け目を感じて切ない」と語るうすたさん。

大石さんは「たまに飲みに行くと、僕とかうすた先生は電車で帰ってますよね。ストーリー作家の人はタクシーで帰ってないですか」と飲み会の席で格差を実感しているそうです。

今日はハイヤーを出してもらったけど、たまたま赤塚賞の審査員で。たまにVIP扱いされると『頑張ろう』って思うよね」といううすたさんに、大石さんは「年に2回くらいありますね。それで騙されてる感じが(笑)」と頷いていました。

最後にうすたさんと大石さんは『ジャンプ』編集部へ、「もっとギャグ作家を敬って。仕事ください!」(うすた)、「なんだかんだ『ジャンプ』が好き。一生付いていきます」(大石)とメッセージを送っていました。

【番組概要】
番組名:高橋みなみの「これから、何する?」
放送日時:毎週月~木 13:00~14:55
パーソナリティ:高橋みなみ
番組ホームページ:http://www.tfm.co.jp/korenani



カワイソスww


漫画家の職業病である腰痛で入院した話が出てきましたが、『HUNTER×HUNTER』の富樫先生は腰を痛めて、短期集中連載と長期休載を繰り返す現在のスタイルになったようです。いかに人気でも、ギャグ漫画だったらこのスタイルにはならず、とうに打ち切られていると思われますから、これも格差の例ですかね。ギャグ漫画からバトル系のストーリー漫画に路線変更される漫画がジャンプではよくありますが(例:ドラゴンボール、ターちゃん)、あれは連載の長期化の他に、ジャンプ漫画家としてのランク昇格の意味も実はあったのでしょうか(笑)。

最後の方で言われているのはお二人が審査員を務める赤塚賞の授賞式のことですね。手塚賞がストーリー漫画であるのに対して赤塚賞がギャグ漫画のジャンプ漫画賞で、どちらも年2回同時開催されています。


【ジャンプ+】 新連載記念!うすた京介先生がアプリをジャック 【9月5日】
人気急上昇のおかずクラブ・オカリナの夢は劇場版アニメ「ワンピース」のゲスト声優出演
【ニュース】 尾田先生、扁桃切除手術に臨むため入院→2週休載へ
【ニュース】 尾田先生、扁桃周囲膿瘍で入院→2週休載へ

拍手

この記事にコメントする
Vodafone絵文字i-mode絵文字Ezweb絵文字
NAME:
TITLE:
COMMENT:
≪ Next   │HOME│  Prev ≫

[4274] [4273] [4272] [4271] [4270] [4269] [4268] [4267] [4266] [4265] [4264]