LOGPIECE(ワンピースブログ)〜シャボンディ諸島より配信中〜 森田まさのり「尾田くんは天才。少年漫画は『ONE PIECE』で完成した」
ONE PIECEのBLOG、略してLOGPIECE。 ワンピースフィギュアを飾って楽しんでます。

シャボンディ新聞(twitter)
最新記事
(11/12)
(11/11)
(11/10)
(11/10)
(11/08)
(11/07)
(11/06)
(11/05)
(11/04)
(11/03)
(11/02)
(11/01)
(10/30)
(10/29)
(10/28)
ファンアート
最新コメント
[11/12 G]
[11/10 coppa]
[11/07 名も無き島民]
[11/07 朝から]
[11/06 名無し]
[11/04 coppa]
[11/02 ブロンディの小さなライオン]
[10/31 coppa]
[10/29 キリ]
[10/28 coppa]
ブログ内検索
懸賞金(アクセスカウンター)
-
プロ・アマ不問の漫才大会「M-1グランプリ」に、『ろくでなしBLUES』『ROOKIES』『べしゃり暮らし』で知られる森田まさのり先生が、同じく漫画家の長田悠幸先生(現在「月刊ビッグガンガン」にて『SHIORI EXPERIENCE』を連載中)と漫才コンビを組んで出場し、見事1回戦を突破したそうです。コンビ名はまさしく「漫画家」。ネタも漫画家の立場を活かしたものを準備したそうで・・・。


M-1挑戦直前のインタビューからです。

『べしゃり暮らし』作者・森田まさのりがM-1グランプリ2018出場を表明! あの有名漫画家をネタに!?

『ろくでなしBLUES』『ROOKIES』『べしゃり暮らし』などの漫画家・森田まさのり先生が、『キッドアイラック!』などで知られる漫画家・長田悠幸先生と組み、お笑いコンビ「漫画家」としてM-1グランプリ2018に出場することを表明!なぜM-1出場を決意したのか!?漫才初披露となった週プレ酒場でのイベント「MM(森田まさのり)-1グランプリ」直後の本人を直撃!

――今日のイベント、MM(森田まさのり)-1グランプリ優勝おめでとうございます!プロの芸人2組以上に会場を爆笑させていましたが、漫才初披露の手応えは?

森田:自分のトークイベントというホームな環境でしたが、ひとまず笑ってもらえて良かったです。思った以上の笑い声に驚いてネタが少し飛びましたが......。普段漫画を描いていても読者の反応はファンレターやアンケートでしか分からないので、直に反応が得られるというのはうれしい体験でした。芸人さんが羨ましいですね。

――ところで、今回M-1出場を目指すことになったきっかけは?

森田:実は、『べしゃり暮らし』を描いていた頃から、「やっぱり漫画内の漫才のセリフで誰かを笑わせるというのは限界があるな」と感じ、モヤモヤしていたんです。

――いえ、『べしゃり暮らし』、かなり笑えますが!

森田:そんな中で、大喜利が題材の漫画『キッドアイラック!』の作者である長田悠幸くん(相方)と、冗談半分で「M-1出ようか」と言っていたんです。そしたらしばらくして長田くんの方から「先生、ネタができました」と送ってきて。
長田:ご一緒したとき2回連続でお誘いいただいたので「これは本気なのでは......」と眠れなくなってしまって、書きました。

――ネタを受け取ったときの、森田先生の感想は?

森田:「いや、やるなら俺が書きたいのに!!」と思いましたね(笑)。でも、読んだら面白くて。僕も負けたくないのでネタを書いて持っていったんですけど、漫画家という立場を活かしたネタであったことからも、長田くんのネタをベースに育てていこうという気持ちになりました。

――漫才中、森田先生が放つ漫画家としての叫びは、漫画ファンなら必見ですね。ネタバレになるので詳細は避けますが、尾田栄一郎先生や井上雄彦先生、冨樫義博先生らに対する発言部分は、森田先生の本音でしょうか?

長田:はい、僕は一切関知しておらず、すべて森田先生の中から出てきたものです(笑)。
森田僕、漫画の中で一番面白いと思っているのが尾田くんの『ONE PIECE』なんですよ。作品の世界観、スケール、キャラクターの造形、伏線があるけど1話で読んでも感動するストーリーづくり......天才ですね。少年漫画は『ONE PIECE』で完成したとすら感じていて、もしあれを超えるものが出るとしたら、それを描いているのは尾田くんなんだと思っています。年齢もジャンルも違うから、実際はそんなに嫉妬はないんですけど、それを嫉妬に燃えてる事にしたら面白いかなと思ってああいうネタにしました。井上さんと冨樫さんは同い年なんで結構本音ですけど(笑)
長田:ヒヤヒヤする部分もありますが、大先輩の森田先生が言いたいならと(笑)。

――ちなみに、コンビ名「漫画家」はすぐに決まった?

森田:いえ、最初は「ツートーン」の予定でした。インクと紙の"ツートーン"と、僕たち2人ともスカの"ツートーン"というジャンルの音楽が好きだったので、ちょうどいいなと。でもモテたくてやってるわけじゃないし、カッコつけず、分かりやすさ重視でシンプルに「漫画家」にしようとなりました。

――かなり話題性のある漫才だと感じましたが、ズバリ目標は?

森田:まずはM-1初戦突破。過去に漫画家コンビが出場したことはないらしいので、可能性としては未知数だと思っていますよ。とにかくテレビに映るのを目指して頑張ります。それから、アマチュア芸人の中から選ばれる「ベストアマチュア賞」も狙っています!!素人には難しいとされるネタ中の表情作りもバッチリ。まずは1回戦突破なるか!?(後略)

週プレNEWS


というわけで、森田先生による最大級のフォローが入っています(笑)。一体どんなネタなんでしょう。嫉妬すると言っても、森田先生自身も売れっ子漫画家ですけどね。

アマチュアの域を超えているとも評されているそうなのですが、テレビでネタを見るのは難しいと思います。それこそ「ベストアマチュア賞」を獲ったりすれば、YouTubeの公式チャンネルで動画がアップされるかもしれません(話題性があるので期待しています)。そうでなければ、「漫画家」が参加するM-1の予選かお笑いライブに観に行く他ありませんね。。

拍手

この記事にコメントする
Vodafone絵文字i-mode絵文字Ezweb絵文字
NAME:
TITLE:
COMMENT:
無題
スーパー
いつもいつも拝見させていただいております。
こんなネタまで拾い上げて、記事にされるのが、とてもすごいことだと思います。一見、ONE PIECEとは関係なさそうな事に見えてしまうので。

ワノ国編の鋭い考察も楽しみにしています。
ホールケーキアイランド編あたりから、2〜3話で1度の考察になったのは、本編の1話の密度がそれほどでもないよ、って見解なんでしょうか?
2018/09/09(Sun)23:07:34
Re:無題
シャボンディ島民
どもです。
章の冒頭は謎が多く、終わりには新事実が出て来るため考察材料が多いのですが、バトルに移行すると、ただのあらすじになってしまいがちで、数話をまとめることが多くなります。単純に書く時間がないというのもあります。書き始めた頃に次の話が公開されていることもしばしば。
どうぞヨロシク。
2018/09/10(Mon) 05:51
≪ Next   │HOME│  Prev ≫

[4635] [4634] [4633] [4632] [4631] [4630] [4629] [4628] [4627] [4626] [4625]