LOGPIECE(ワンピースブログ)〜シャボンディ諸島より配信中〜 【ニュース】 『ONE PIECE』のiPhoneアプリを無断販売 / ワンピースだけに海賊版
ONE PIECEのBLOG、略してLOGPIECE。 ワンピースフィギュアを飾って楽しんでます。

シャボンディ新聞(twitter)
最新コメント
[11/20 ブロンディの小さなライオン]
[11/19 coppa]
[11/18 名も無き島民]
[11/17 てれさ]
[11/11 coppa]
[11/07 か]
[11/06 coppa]
[11/03 アリ]
[11/02 coppa]
[10/31 名も無き島民]
ブログ内検索
懸賞金(アクセスカウンター)
-

香港の販売業者『ワンピース』のiPhoneアプリを無断で販売していることが判明した。著作権を有している集英社等の承諾を得ずに販売しているらしく、iPhoneアプリを販売しているアップル社は著作権のチェックをせずに販売していたと思われる。

このiPhoneアプリは2月2日午前1時現在もダウンロード購入が可能で、115円で販売されている。当編集部の記者も、海賊版とは知らずにダウンロードしていた……。けっこう多くの人が、海賊版とは知らずにダウンロードしている人がいると思われる。

しかし購入者のなかにも不審に思っている人たちが多くおり、「ワンピースだけに海賊版ってことはないよね?」や「法的に大丈夫なの?」、「版権的にアウトなんじゃ? ジャンプの表紙もあるし」、「許可されているんでしょうかね?」、「どうやら海賊版のようですね。ダウンしちゃったけど大丈夫かな?」、「法的にはまずそうですね。個人的には良かったんですが」などの意見が寄せられている。

産経ニュースもこの出来事を報じており、「出版元の集英社は明確な著作権侵害としてアップル社に削除を要請」と伝えている。アップル社は以前にも日本の歌手グループ『Perfume』の海賊版を販売してしまい、問題になったことがあった。

アップル社は権利者からの申し出によって対処するとしているらしいが、現在もダウンロード購入ができることから、こうしている今もダウンロードしている人がどんどん増えていると思われる。デキに関しては賛否両論あるが、「パズル多いし楽しい! 高画質で最高!」や「このアプリ自体は良アプリです!」、「尾田先生の絵が入っているのは嬉しい!」、「内容は凄くいいと思います。迷わず買いです」と絶賛している人もいる。

(ロケットニュース24)


ワンピースだから海賊版・・・・その発想はあった。
ちなみに「海賊版」は英語でそのままpirated edition。


人気漫画の違法ファイル激増 Baiduの文書共有サイトに「パトレイバー」「ワンピース」など

 中国Baiduの日本法人バイドゥが運営する文書ファイル共有サイト「Baiduライブラリ」に、人気漫画や小説など、著作者に無断で投稿されたとみられるファイルが大量に公開されていることが、2月1日までに分かった。違法ファイルは昨年11月時点から確認されていたが、それ以降にも激増しており、バイドゥは「状況を確認中」としている。

 Baiduライブラリは、WordファイルやPDFファイルなどを投稿し、Flash形式で公開できるサイト。他社が運営していた同様なサイト「Hot.Docs」を譲り受けて昨年11月、バイドゥが運営を始めていたが、当初から違法とみられるファイルがアップロードされていた。

 2月1日現在、Baiduライブラリの漫画のコーナーを見ると、著作権者に無許諾でアップされたとみられる漫画のスキャンファイルが大量に表示される。「機動警察パトレイバー」や「ワンピース」「聖☆おにいさん」「ハチミツとクローバー」「ドラゴンボール」など人気漫画も多数公開されており、小説コーナーには「ジェネラル・ルージュの凱旋」「涼宮ハルヒの憂鬱」など、違法公開とみられる小説もある。

 著作権侵害とみられるファイルが同サイトで大量公開されていることについては、「切込隊長ブログ」の2月1日付けの記事がきっかけとなってネットで話題に。機動警察パトレイバーの作者・ゆうきまさみさんはTwitterで「編集部と相談中」とつぶやくなど、作家や出版社が対応に乗り出している。

 同社は昨年11月、ITmedia Newsの取材に対して、「著作権侵害は規約で禁止しており、コンテンツをアップロードする際に、侵害ファイルを自動で判別する仕組みも用意しているが、サービスはまだβ版ということもあり、拾い切れていないものもあるのでは。権利者などから著作権侵害の問い合わせがあれば確認し、削除している」と話していた。

 今回、改めて取材したところ、「状況を確認中。対応が決まり次第連絡する」とのコメントを得た。

(ITメディアニュース)


「法的には著作権者なら即効で弁護士にGO」レベルらしいです。

ちなみに週刊少年ジャンプ編集部の不正コピーに対する表明↓

今、ネット上には漫画を不正にコピーしたものがあふれています。これらの「不正コピー」とアップはすべて、漫画家たちの気持ちに反しておこなわれたものです。そして、「この作品はこう読んでほしい」という作者の意図をも大きくねじ曲げています。「不正コピー」を作りネットにアップする行為は、たとえそれが気軽な気持ちでおこなわれたとしても、漫画家が心血を注いだ表現活動を傷つけることであり、また法に触れる行為でもあります。私たちは、こうした「不正コピー」を発見するつど、漫画家と話し合いながら、考えられるあらゆる策を講じてきました。しかし、心ない人たちはあまりに多く、残念ながらそのすべてには対応し切れてはいないのが現状です。読者の皆様にお願いです。ネット上にある「不正コピー」は、漫画文化、漫画家の権利、そして何より、漫画家の魂を深く傷つけるものです。それらはすべて法に触れる行為でもあるということを、今一度、ご理解ください。また漫画家の方々と集英社は今後も、ネット上のあらゆる「不正コピー」に対しては厳正に対処していきます。読者の皆様の変わらぬご支援をお願いいたします。

!( ゚∀゚;),ハッ

|彡サッ

拍手

この記事にコメントする
Vodafone絵文字i-mode絵文字Ezweb絵文字
NAME:
TITLE:
COMMENT:
≪ Next   │HOME│  Prev ≫

[488] [487] [486] [485] [484] [483] [482] [481] [480] [479] [478]