LOGPIECE(ワンピースブログ)〜シャボンディ諸島より配信中〜 劇場版アニメは中国市場を狙う時代になった件
ONE PIECEのBLOG、略してLOGPIECE。 ワンピースフィギュアを飾って楽しんでます。

シャボンディ新聞(twitter)
最新コメント
[02/20 スーパー]
[02/20 coppa]
[02/16 名も無き島民]
[02/09 名も無き島民]
[02/08 さるぴす]
[02/06 coppa]
[02/06 カボ]
[02/06 G]
[02/06 名も無き島民]
[02/06 モーガン]
ブログ内検索
懸賞金(アクセスカウンター)
-
昨夏公開され、国内興行収入が55億円、海外興行収入が43億円を記録した劇場版『ONE PIECE STAMPEDE』。中国では公開初動で国内の1ヶ月の動員数を上回る400万人を動員し、興行収入20億円を突破する”大ヒット”になっているということでしたが(初動400万人動員!中国で大ヒットした劇場版「ONE PIECE STAMPEDE」)、一体どういう現象が起きているのか伝わってこない話でした。

どうやら、この現象の背景には中国の映画市場の急成長があったようです。


『ONE PIECE STAMPEDE』中国版ポスター

中国国家映画局が発表した2019年の中国映画興行の興行収入の日本映画のランキングは以下の通りで、アニメ映画が席巻しています。1位の『千と千尋の神隠し』は日本公開から18年越しに中国で公開されたとのことです。また、特徴的なのは『千と千尋の神隠し』『天気の子』といった大作アニメに劇場版アニメが肩を並べていることです。

<日本映画>
順位 タイトル ジャンル 興行収入(円)
1  千と千尋の神隠し  アニメ  75億6000万円
2  天気の子  アニメ  44億6000万円
3  名探偵コナン 紺青の拳  アニメ  35億8000万円
4  ONE PIECE STAMPEDE  アニメ  31億6000万円
5  映画ドラえもん のび太の月面探査記  アニメ  20億3000万円
6  夏目友人帳 うつせみに結ぶ  アニメ  17億8000万円
7  祈りの幕が下りる時  ミステリー  10億4000万円
8  僕のヒーローアカデミア THE MOVIE 2人の英雄  アニメ  6億400万円
9  Fate/stay night [Heaven's Feel] I. presage flower  アニメ  4億9600万円
10  ドラゴンボール超 ブロリー  アニメ  4億8100万円


そして、全作品の中国興行収入ランキングは以下の通りで、中国の国産映画が席巻してます。それに伴い、2019年の興行収入の64%も国産映画が占めているとのこと。全国の興行収入は642億6600万元で、日本円に換算すると1兆円を超えています

<総合>
順位 タイトル ジャンル 興行収入(円)
1  Ne zha  中国アニメ  766億円
2  流転の地球  中国SF  725億円
3  アベンジャーズ エンドゲーム  米国ヒーロー  655億円
4  My people My country  中国ドラマ  486億円
5  The captain  中国ドラマ  451億円
6  Crazy Alien  中国SF  342億円
7  ペガサス 飛馳人生  中国コメディ  268億円
8  The Bravest  中国パニック  263億円
9  Better Days  中国クライム  241億円
10  ワイルド・スピード スーパーコンボ  米国アクション  221億円


中国の映画市場はいつの間にかアメリカ並みの映画市場規模に成長していたわけです。現在、映画市場の三大大国はアメリカ、日本、中国らしいのですが、2011年にはこれまで2位だった日本を中国が追い抜き成長し続け、今やアメリカをも抜いてしまいそうな勢いです。それを示した国別の興行収入の推移(2012〜2018年)のグラフがあるのですが、衝撃的です。


(画像:映画.com

アメリカと日本はここ10年、市場規模は横ばい状態である一方、中国は映画の高度成長期とでも言いましょうか、文字通り右肩上がりで、2019年も前年比5.4%増となったのだとか。チケットの価格は日本と比較してアメリカよりも安く、半額〜1/3程度で、全国のスクリーン数も増え続けており、中国国民のエンタメとして劇場での映画観賞は選択肢の上位になるようなものになっていると思われます。

最初の話に戻って、中国の映画市場規模はもはや日本の5倍ですから、数十億程度の興行収入を「大ヒット」と表現するのはやや語弊があるかもしれません。また、日本産の大作アニメに劇場版アニメが並ぶ状況を見ると、中国国内でのTVアニメシリーズ、原作漫画の人気がそのまま劇場版アニメの興行収入に反映していることが窺えます。日本だと劇場版アニメを”映画館で観る”というのはなかなか憚られる気がするわけですが、中国では雰囲気が違うのではないかと思われます。

劇場版「夏目友人帳」は国内の興行収入の倍を中国興行で記録しており、劇場版「ワンピース」においては、中国の興行収入が国内の興行収入を抜くという事態は数字を見ると近い将来起きても不思議ではありません。劇場版アニメの興行がこんなことになっていたとは知りませんでした。

ただし、やはり中国といった感じで、国産のアニメ映画を守るために、政府が日本のアニメ映画を規制するようなこともやっているようです。2019年の中国興行の1位となった国産アニメ映画『Ne zha』はアニメ映画の興行に適している夏休みに公開されていますが、政府の規制でその他のアニメ映画は公開中止あるいは公開延期にされたという話です。

ともかく、劇場版「ワンピース」の興行収入は100億円規模になったわけですから、制作費はこれまで以上に掛けられますよね?と、期待しています。


特典いろいろ劇場版『ONE PIECE STAMPEDE』DVD & Blu-ray 発売
初動400万人動員!中国で大ヒットした劇場版「ONE PIECE STAMPEDE」
田中公平「音楽的にも20周年の総決算」、映画サントラ盤 発売 【STAMPEDE】
【映画】 オーディオコメンタリー上映開始、8月30日より 【STAMPEDE】 
【映画】 入場者特典 第3弾はアフレコNG集+予告篇特別映像DVD 【STAMPEDE】
【映画】 入場者特典 第2弾はミニクリアファイル&「ONE PIECEパックマン」 【STAMPEDE】 
【映画】 本予告公開、入場者特典はコミックス–巻壱萬八拾九(バンパク)- 【STAMPEDE】
超ワンピースファン的『ONE PIECE STAMPEDE』映画評論 【STAMPEDE】
【TVレポート】 アニメ20周年記念特別番組「ひとつなぎの大宴」

拍手

この記事にコメントする
Vodafone絵文字i-mode絵文字Ezweb絵文字
NAME:
TITLE:
COMMENT:
≪ Next   │HOME│  Prev ≫

[5076] [5075] [5074] [5073] [5072] [5071] [5070] [5069] [5068] [5067] [5066]