LOGPIECE(ワンピースブログ)〜シャボンディ諸島より配信中〜 ニュースレポート
ONE PIECEのBLOG、略してLOGPIECE。 ワンピースフィギュアを飾って楽しんでます。

シャボンディ新聞(twitter)
ファンアート
最新コメント
[04/23 ワンピース太郎]
[04/23 隆明]
[04/23 隆明]
[04/15 coppa]
[04/08 名も無き島民]
[04/08 名も無き島民]
[04/07 名も無き島民]
[04/07 coppa]
[04/03 朧プルリル]
[03/31 Terry]
[03/27 生ハムメロン]
[03/24 名も無き島民]
[03/21 唐辛子は一味]
[03/21 名も無き島民]
[03/08 名も無き島民]
[03/08 名も無き島民]
[03/07 名も無き島民]
[03/07 名も無き島民]
[03/07 アスファルトの花]
[03/06 名も無き島民]
[03/06 朧プルリル]
[02/26 名も無き修羅]
[02/17 名も無き島民]
[02/15 coppa]
[02/13 名も無き島民]
ブログ内検索
懸賞金(アクセスカウンター)
-

<台湾の立法委員選>各党候補、コスプレで存在感アピール

(台北 23日 中央社)来月16日の総統・副総統選挙と同時に行われる立法委員(国会議員)選挙で立候補者に付与される番号が23日、各選挙区の選挙委員会で抽選によって決まっている。抽選会場には多くのメディアや関係者が集まるとあって、コスプレで存在感をアピールする候補者もおり、さながら学芸会の様相を呈した

台北市の選挙区から出馬する与党・国民党の蒋乃辛氏は、スーパーマン風のいでたちをしたスタッフを伴って登場。ミニ政党・時代力量の林少馳氏は手にカマを持ち、現職を切り裂くパフォーマンスで支持を訴えた。最大野党・民進党の呉思瑤氏は、関係者らとサンタクロースの帽子をかぶって華やかさを演出した。

台中市では国民党の沈智慧氏が、人気アニメ「ONE PIECE」のキャラクターに扮して注目を集めたほか、新北市から出馬する同じく国民党の林国春、陳茂嘉両氏はともにスポンジボブなどのキャラクターの格好をしたスタッフを連れて会場に姿をみせた。

総統・副総統候補の番号は14日に決まっており、国民党は「1」、民進党は「2」、親民・民国党は「3」となっている。

中央社フォーカス台湾




顔を隠してどうする!?

拍手

<ONE PIECE>ルフィがまるちゃんとエール交換

 人気マンガ「ONE PIECE(ワンピース)」の主人公・ルフィが、集英社のジャンプ編集部を訪れたマンガ「ちびまる子ちゃん」の主人公・まるちゃんとエール交換した。ルフィは、ちびまる子ちゃんの23年ぶりの映画化を聞きつけ、応援にやってきたという。

 「ちびまる子ちゃん」は、テレビアニメ放送25周年を記念して製作された映画「映画ちびまる子ちゃん イタリアから来た少年」が23日に全国で公開される。一方「ワンピース」は、完全オリジナルストーリーのスペシャルアニメ「ONE PIECE~アドベンチャー オブ ネブランディア~」が19日午後9時からフジテレビ系で放送される。

 「映画ちびまる子ちゃん イタリアから来た少年」でゲスト声優を務めている中川大志さんもまるちゃんとともにジャンプ編集部を訪れ、「まるちゃんがジャンプ編集部にいるっていうのがすごく新鮮で、ルフィと一緒にいる姿が不思議な感じでした(笑い)。ルフィとは握手だけさせていただいたんですけど、握手しただけで伝わる覇気がありました。『映画頑張れよ!』と伝えてくれた気がします」とコメントしている。

まんたんウェブ


画像を見ての通り、着ぐるみ相手です。こういう茶番、嫌いじゃないですw

拍手

「ONE PIECE」ルフィらが「スター・ウォーズ」へエール!スペシャル映像上映決定

「ONE PIECE」のキャラクターたちが「スター・ウォーズ」にエールを送るスペシャル映像が、12月18日より「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」の一部上映劇場でスクリーンにかけられることが決定した。

モンキー・D・ルフィ率いる麦わらの一味が、財宝を巡る冒険を繰り広げる「ONE PIECE」シリーズ。原作者の尾田栄一郎が総合プロデューサーを務める劇場版第13弾「ONE PIECE FILM GOLD」が、7月23日に封切られることが先日発表されたばかりだ。映画会社・作品の垣根を超えた今回のスペシャル映像は、麦わらの一味が「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」を観に映画館へ行くという内容ルフィたちは「スター・ウォーズ」風の衣装に身を包んでおり、ライトセーバー風の光る刀を持つゾロや、「アイアム・ユア・ファーザー」というセリフを放つウソップの姿も収められているという。

TOHOシネマズT・JOYの一部映画館でしか観ることのできないこの映像は、「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」の本編前に上映される。なお12月18日18時30分からの初回のみ、スペシャル映像が上映されないので注意してほしい。対象劇場は「ONE PIECE FILM GOLD」の公式サイトを参照のこと。また「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」公開日にあたる12月18日には、「ONE PIECE FILM GOLD」の前売り券が全国の劇場にて発売される。

映画ナタリー


スター・ウォーズ・シリーズの全9部作という初期構想は何度か頓挫したものの、初期3部作から30年以上の時を経て、最終3部作の第1弾に当たる『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』(エピソード7)が本日公開されます。その上映前に、TOHOシネマズとT・JOYの一部映画館では、麦わらの一味がスター・ウォーズのコスプレをしてスター・ウォーズを映画館に観に行くという内容のスペシャル映像が流れるとのこと。これはスター・ウォーズの新作封切り時にファンがコスプレをして映画を観に行く風習を模しているものかと思われます。

公開されたビジュアルでは、

ブルック → C-3PO
チョッパー → ヨーダ
フランキー → チューバッカ
ロビン → レイア姫
サンジ → ハン・ソロ
ナミ → レイア姫(奴隷)
ウソップ → ダース・ベイダー
ルフィ、ゾロ → ジェダイ風

という具合に初期3部作の主要人物のコスプレとなっています。ウソップはダース・ベイダーのコスプレで「I am your father」と例の台詞を言うわけです。お得意の嘘で。

そしてもちろん、この劇場で上映されるスペシャル映像は来夏に公開される『ONE PIECE FILM GOLD』の予告編です

ただそれだけのことなのですが、国内のスター・ウォーズファンが怒っているという知らせがこの情報が解禁されて間もなく、いくつかのネットニュースで伝えられています。その一部をご紹介。

拍手

チャウ・シンチー最新作「美人魚」は「ONE PIECE」そっくり?映画監督が指摘―台湾

2015年12月11日、チャウ・シンチー(周星馳)監督の最新作「美人魚」のトレイラー映像について、台湾の映画監督が人気漫画「ONE PIECE」にそっくりな場面があると指摘。ネットユーザーからも驚きの声が上がっている。東森新聞網が伝えた。

来年2月公開の「美人魚」から今月8日、第一弾のトレイラー映像が公開された。約1分間のこの映像では、警察にやって来た男性が人魚の特徴を話し、それをもとに描いた奇妙な絵を警官が次々に見せる、という場面がメーンとなっている。

この映像について10日、数々のホラー映画で知られるジョー・チェン(銭人豪)監督がフェイスブック上で、「チャウ監督は『ONE PIECE』のファンかもしれないし、シナリオライターが提供したものが『ONE PIECE』から来たのを知らなかったのかもしれない…」と記し、この描写にそっくりな『ONE PIECE』のワンシーンを公開。これを見たネットユーザーから、「本当だ」と驚きの声が上がり、多くの「いいね」を集めている。

トレイラー映像で見られるのはほんの一部分のため、記事ではこれが盗作と呼べるのかどうか、来年の公開を待たなければ語れないとしている。なお、チャウ・シンチー監督は映画「カンフーハッスル」などでも、過去の映画へのオマージュを盛り込んだ表現をしている。

Record China

<「美人魚」第1弾トレイラー>

拍手

ワンピが8年連続で年間トップ、コミック“単巻別”と“作品別”で。

オリコンは11月30日、ウェブ通販を含む全国書店3,517店舗からの売上データをもとに集計した「オリコン2015年年間“本”ランキング」の各部門(集計期間:2014年11月17日〜2015年11月22日)を発表した。コミック部門は、「ONE PIECE 76」(尾田栄一郎/集英社/2014年12月発売)が期間内売上318.5万部で、2008年度の同部門年間発表開始から8年連続となる単巻別年間1位を獲得している。

また、続いて77巻(今年4月発売)が302.0万部、78巻(今年7月発売)が297.7万部、79巻(今年10月発売)が281.1万部を売り上げ、2013年度以来2年ぶりとなる上位4位を独占した。

なお、今年より対象アイテムを追加した作品別総売上ランキングでは、「ONE PIECE」が作品別総売上部数1,410.3万部で、こちらも8年連続で年間1位を獲得。2位は「七つの大罪」が作品別総売上部数1,030.4万部で、昨年9位から上昇した。そして原泰久「キングダム」(年間5位・期間内総売上856.9万部)が昨年21位から上昇しTOP5入りを果たしている。

ナリナリドットコム


2013年度以来ぶりのコミックランキング上位4位独占と言っても、集計期間中に単行本が3巻発売されたか4巻発売されたかの違いだけですからね。

ピンクで網掛けした作品は集計期間中に初めてアニメ化した作品です。シリーズ別ランキングの他を見ますと、アニメ効果で「七つの大罪」(前9位)「食戟のソーマ」(前19位)「監獄学園」(前圏外)が、アニメ&映画効果で「暗殺教室」(前10位)が既刊の売り上げを伸ばして上位にランキングしたようです。アニメ化の宣伝効果は絶大ですね。「キングダム」(前21位)の売上げアップはアメトーク効果が大きいでしょう。

『進撃の巨人』は新刊の売上げが前年度に比べてあまり落ちておらず、安定した売上げを維持している模様です。新刊だけの売上げで見れば、連載終了した『NARUTO』に代わり、完全に2位の貫禄が出てきています。

拍手


(画像:日本テレビ系ニュース(NNN))

発売前の漫画雑誌をアップロード、著作権侵害と初の「電子出版権侵害」で逮捕

 京都府警サイバー犯罪対策課と東山署は、平成27年11月13日までに、インターネットのWebサイトに発売前の漫画雑誌掲載の作品を権利者に無断でアップロードし送信できる状態などしていた東京都の中国人男性3名を、著作権法違反(複製権、公衆送信権、出版権侵害)の疑いで逮捕しました。
 男性らは、平成27年10月29日、(株)集英社が出版する「週刊少年ジャンプ」に連載中の「ONE PIECE」の誌面をインターネットWebサイト「mangapanda」に掲載することを企て、雑誌の発売前に、デジタル化し、画像ファイルを権利者に無断でサーバコンピュータにアップロードし、不特定多数のインターネットユーザーに対して送信できる状態などにし、漫画作者の著作権および 出版社の有する出版権を侵害した疑いが持たれています。

【本件に関する(株)集英社からのコメント】
 長年、ネットにおける著作物の海賊行為に関しまして集英社は対応を継続して参りましたが、今回の海賊版組織摘発は、非常に大きな進展と受け止めております。
 ご尽力いただいたみなさまには謝意をこの場でお伝えさせていただくとともに、著作者が心血を注いで作り上げた作品を正しい形で読者のみなさまにお届けするという出版社の役割を果たすため、引き続き著作物の海賊行為に関しては厳正に対応していきます。

ACCS

発売前の「ワンピース」をネット海賊版に公開 著作権法違反で中国人ら4人逮捕 全国初摘発 京都府警

 人気漫画「ONE PIECE(ワンピース)」の発売前作品を海外向けのマンガ海賊版サイトに公開したとして、京都府警は13日、著作権法違反の疑いで、埼玉県八潮市の配送会社社員、日高武久容疑者(69)と、東京都立川市の中国人留学生、史(シー)吉(ジー)辰(チェン)容疑者(27)ら3人=いずれも中国籍=の計4人を逮捕したと発表した。
 府警によると、史容疑者は容疑を認めているが、日高容疑者が「本を渡しただけ」と供述するなど、残る3人は否認している。
 問題の海賊版サイト「mangapanda(マンガパンダ)」には、英語に翻訳された日本の人気漫画4千作品以上が無料公開されている。府警によると、海外向けマンガ海賊版サイトを摘発するのは全国初
 逮捕容疑は10月29日、共謀し、海賊版サイトに公開するため、ワンピースの紙面をデジタル化。画像をサーバーに保存し、不特定多数のインターネット利用者に公開し作者らの著作権などを侵害したとしている。
 府警によると、配送会社員の日高容疑者が、配送する途中で、ワンピースが掲載されている発売4日前の雑誌「週刊少年ジャンプ」(集英社)を抜き取り、会社の駐車場で史容疑者に手渡していた
 逮捕された別の中国人2人が自宅で裁断した雑誌をスキャンし、海賊版サイトに送信していたという。
 今年2月、一般社団法人「コンピュータソフトウエア著作権協会」(東京都文京区)が府警に相談し、問題が発覚。府警はサイト運営の実態などについて解明を進める。
 一般社団法人「日本書籍出版協会」によると、問題のサイトを含む大手の海賊版3サイトへのアクセス数は、月間約20億ページビューあるとされ、集英社が過去5年間に著作権侵害を受けた被害総額は約65億円に上るという。

産経新聞

海賊漫画サイト摘発、発売前に公開疑い 京都府警、3人逮捕

 発売前の漫画をインターネットの無料海賊版サイトで公開したとして、京都府警サイバー犯罪対策課と東山署は13日までに、著作権法違反の疑いで、埼玉県八潮市(※ブログ編集)、配送会社社員日高武久容疑者(69)と、東京都立川市(※ブログ編集)、大学生史吉辰容疑者(27)や足立区(※ブログ編集)、自称プログラマー朱晨龍容疑者(27)ら中国人の男3人を逮捕した。海外向けの海賊版漫画サイトをめぐる摘発は全国初という。
 逮捕容疑は共謀し、10月29日、都内の朱容疑者の自宅で、4日後に発売予定だった「週刊少年ジャンプ」(集英社)に掲載された人気作品「ONE PIECE(ワンピース)」をスキャナーでパソコンに取り込み、画像データを不特定多数が利用できるサーバーに送信し、著作権を侵害した疑い。
 府警によると、日高容疑者が埼玉県越谷市の勤め先の駐車場で、配送する漫画雑誌を抜き取り、史容疑者に手渡したという。日高容疑者は「少年ジャンプなどを横流ししただけ」、朱容疑者は「コピーしただけ」と容疑を否認している。
 海賊版漫画サイトは、4年前に開設された「mangapanda(マンガパンダ)」で、漫画約4千作品を英文に翻訳して不正に公開している国内最大級のサイト。府警は、朱容疑者らがコピーしたデータが同サイトのサーバーに送信された経緯などについて捜査している。

京都新聞


逮捕された配送会社の男は「横流ししただけ」と容疑を否認しているそうですが、配送荷物を横流しすれば窃盗ですから、その時点で懲戒解雇でしょう。そんなリスクを犯してまで、ただ”横流し”するかね?と。追記)府警はサイトの運営者がアフィリエイトから収入を得て、逮捕された4人に金を流していた可能性があるとみて捜査を進めるようです。これが真実であれば、サイト運営者が逮捕されるのも時間の問題でしょう。そもそもサイト運営者も中国人なのでしょうか。(追記終)

週刊少年ジャンプは共同印刷株式会社の茨城県五霞町工場で印刷・製本され、早いもので発売の1週間前から全国(遠隔地が先)への配送が始まるそうです。配送会社の男は印刷工場から送られてきた雑誌を別の配送会社に発送する際に勤務先の駐車場で(つまり、配達に向う前に)、仲間の中国人に雑誌を手渡していたとのこと。発売前のジャンプがネット上に違法に公開される、いわゆる”ネタバレ”は通常、月曜発売のジャンプ発売週の前週の水、木曜日あたり(発売4-5日前)に出回ることから、発売前のジャンプが配送関係者から流出していることが疑われていましたが(※印刷会社やジャンプ編集部から流出しているのであれば発売の2週間程前から公開可能)、ようやく流出元が特定されたのでした。

なお、出版権の侵害はこれまで紙媒体の海賊版にしか適用されず、電子海賊版に対しては出版社は対抗できる法的根拠が無かったそうなのですが、2014年の著作権法の改正において電子出版物に対しても出版社の出版権が認められ、今年1月の施行以来、新しい出版権(電子出版権)侵害で初の摘発ということで、漫画業界にとっては「非常に大きな進展」となったわけです。

拍手

≪ Next   │HOME│  Prev ≫

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]