LOGPIECE(ワンピースブログ)〜シャボンディ諸島より配信中〜 ニュースレポート
ONE PIECEのBLOG、略してLOGPIECE。 ワンピースフィギュアを飾って楽しんでます。

シャボンディ新聞(twitter)
最新コメント
[10/08 名も無き島民]
[10/08 ななし]
[10/05 coppa]
[10/04 Yd]
[10/04 coppa]
[10/03 名も無き島民]
[10/03 ななし]
[09/30 ななし]
[09/28 coppa]
[09/26 名も無き島民]
ブログ内検索
懸賞金(アクセスカウンター)
-
【熊本】 地震被災各地に「麦わらの一味」銅像、県の新方針 【ルフィ像】
【熊本】 ルフィの仲間像8人は県内30市町村による争奪戦!? 【麦わらの一味像】
【熊本】 麦わらの一味争奪戦!県内31市町村のアピール 【麦わらの一味像】
【熊本】 麦わらの一味争奪戦!県内31市町村の希望キャラクター発表 【麦わらの一味像】
【熊本】 熊本県、2019年度予算に麦わらの一味像4体分の費用計上 【麦わらの一味像】
【熊本】 麦わらの一味像 全体ストーリーと設置場所4案 発表 【麦わらの一味像】」の続報です。

3月19日までに発表されていた麦わらの一味像(ルフィの仲間像)の設置場所4案について、熊本県が内容をさらに検討した結果、市町村からの提案を重視して設置したA案に決定し、”麦わらの一味「ヒノ国」復興編”と銘打った各設置場所の復興ストーリーも発表されました。

市町村 設置場所 仲間の像 復興ストーリー
熊本市 動植物園 チョッパー ・地震で獣舎が被災した熊本市動植物園には、「船医」のチョッパーが駆け付ける。
・県外の動物園への避難を余儀なくされた動物たちの ケアを行い、来園する子どもたちの笑顔を創り出す。
益城町 ミナテラス→木山地区 サンジ ・2度の震度7の地震で給食センターが被災した益城町 には、「コック」のサンジが駆け付ける。
・地元農産物を使い、美味しく温かい給食を作ることで 町の未来を担う子どもたちの健康と笑顔を創り出す。
西原村 俵山交流館 萌の里 ナミ ・集落単位で被害を受け、コミュニティの再建が課題で ある西原村には、「航海士」のナミが駆け付ける。
・ココヤシ村での経験に重ねながら、被災した村のシンボルの風車と全集落の復興に応援の風を送り続ける。
南阿蘇村 東海大 ロビン ・地震の被害や教訓を後世に伝承する拠点に生まれ変わ る東海大学には、「考古学者」のロビンが駆け付ける。
・南阿蘇村の「復興」が花開くよう、歴史の語り部とし て研究を重ね、記憶と教訓を語り継ぐ手助けを行う。
阿蘇市 阿蘇駅前 ウソップ ・住民の誇りである阿蘇の大草原が大きく傷んだ阿蘇市には、「狙撃手」のウソップが駆け付ける。
・緑(自然)の力を操る道具で、草原の再生を手助けし、 住民の誇りと笑顔を取り戻す。
大津町 大津中央公園 ゾロ ・子ども達が稽古に励んだ武道場の被災をはじめ生活が 一変した大津町には、「戦闘員」のゾロが駆け付ける。
・剣道が盛んな土地柄を活かして、子どもたちと広場で 剣の修行を重ね、地震に負けない町づくりを目指す。
高森町 高森駅前 フランキー ・通院・通学の足である南阿蘇鉄道が寸断された高森町 には、「船大工」のフランキーが駆け付ける。
・海列車を作った師匠トムのように、被災地域の希望と なるべく、鉄道の終着駅で全線再開への金槌を鳴らす。
御船町 ふれあい広場 ブルック ・音楽大学に加え、多くの住宅が被害を受けた御船町 には、「音楽家」のブルックが駆け付ける。
・音大生と奏でる復興への応援歌と軽快なジョークで 住民の心の復興を後押しし、町の明るい復興を目指す。

拍手

山鹿灯籠でワンピース船 熊本県依頼で山鹿市の灯籠師が制作 作者・尾田さんへの返礼品

 国の伝統的工芸品「山鹿灯籠」を作る灯籠師の中村潤弥さん(29)=熊本県山鹿市=が、人気漫画「ONE PIECE(ワンピース)」に登場する海賊船「ゴーイング・メリー号」の制作に取り組んでいる。主人公たちと冒険を共にする作品の象徴を和紙とのりだけで精巧に再現19日、県庁でお披露目する

 漫画の作者で、熊本地震復興支援に貢献してきた尾田栄一郎さん=熊本市出身=への返礼品として県が制作を依頼。中村さんは子どもの頃からワンピースの大ファン。「ワンピース愛を山鹿灯籠で表現したい」との思いがあり、快諾。1月から作業を進めてきた。

 全長70センチ、幅30センチ、高さ75センチ。船のゆるやかな曲線を再現するため構成部品を小さくし、甲板の板も和紙で一枚ずつ構成。現在は帆柱や船首などの仕上げに取り組んでいる。

 中村さんは9人いる灯籠師の最若手。「修業時代は連載を読むのが心の支えだった。夢を実現できて光栄。山鹿灯籠ならではの遊び心を楽しんでほしい」と話している。

 船は県庁本館ロビーなどで一定期間展示された後、尾田さんに寄贈される

熊本日日新聞


写真を見て、船体部分は木材で船首と帆が灯篭になるのかなと思ったら、全部”灯篭でした。

「返礼品」と聞くと「ふるさと納税」を連想してしまいますが、栄ちゃん個人から県への寄付金と義援金の総額が8億円ですから、まるで規模が違いますね。


追記)完成品!

(画像:熊本県)

【熊本】 麦わらの一味像 全体ストーリーと設置場所4案 発表 【麦わらの一味像】
【熊本】 ワンピース×東京ガールズコレクション コラボカフェ 期間限定オープン 
銀座熊本館 × ワンピース 【ワンピース熊本復興プロジェクト3rd】 
【熊本】 ルフィ像、お披露目 【除幕式】
【熊本】 熊本県庁職員有志が集った「熊本県庁の一味」とルフィ像 【非公式】
【熊本】 『ONE PIECE』熊本復興プロジェクト 第3弾
【熊本】 東京ガールズコレクション『ONE PIECE』コラボイラスト公開
【熊本】 ルフィの仲間像8人は県内30市町村による争奪戦!? 【麦わらの一味像】
【熊本】 東京ガールズコレクションと『ONE PIECE』のコラボが決定、来年4月開催
尾田栄一郎氏に熊本県民栄誉賞、贈呈式に直筆メッセージ 【熊本】
【熊本】 尾田栄一郎、故郷の熊本の新成人へ特別メッセージ 【成人式】 
【熊本】 『ONE PIECE』熊本復興プロジェクト 第2弾
熊本産みかんとナミのコラボ再び「ONE PIECEみかん」発売 
【熊本】 復興支援イラスト…尾田先生が描く ゆるキャラ達 【東日本大震災】
【熊本】 「熊本国際漫画祭」開催、人気漫画家の特別応援イラスト展示も 
【熊本】 尾田栄一郎直筆サイン入り海軍パーカー 落札価格は・・・! 
【熊本】 尾田栄一郎『ONE PIECE』で故郷を応援!熊本復興プロジェクト

拍手

現在、福井で開催中の企画展「尾田栄一郎監修 Hello, ONE PIECE ルフィが町にやってくる!」に関連して、週刊少年ジャンプ編集長の中野博之さんが、地元新聞のインタビューを受けています。中野編集長は福井出身なのだとか。

ジャンプ編集長「ワンピース、過去にない作り方」 長期連載の理由を明かす

 海賊王に憧れた少年ルフィが世界の海を渡り、仲間と冒険を繰り広げる漫画「ONE PIECE」は1997年に雑誌「週刊少年ジャンプ」(集英社)で連載がスタート。魅力的なキャラクター、張り巡らされた伏線、ドラマチックなストーリーで連載開始と同時に大人気となった。同作の壮大な世界観が体感できる企画展「尾田栄一郎監修 Hello,ONE PIECE ルフィが町にやってくる!」が4月7日まで、福井県福井市のベル・あじさいホールで開かれている。「週刊少年ジャンプ」編集長を務める同県越前市出身の中野博之さん(41)に話を聞いた。

 ―「週刊少年ジャンプ」で20年を超える長期連載に至っている理由とは。

 常に子どもが楽しめる漫画を描くことを、作者の尾田さんは20年以上揺るぎない信念として持ち続けている。そのことが絶えず新しい読者、ファンを生みだすことにつながっている。キャラクターの造形、ストーリー構想へのこだわり、子どもが喜んでくれるようにと、たくさんの色を使ってイラストを描いている。

 ―「ONE PIECE」を彩るキャラクターについて。

 キャラクターづくりへの過剰なまでの熱意を感じる。テレビや映画はもちろん、出会う人をよく“観察”し、見つけた個性をどうデフォルメして反映させれば面白くなるかを考えているはず。色合いやシルエットだけで何のキャラクターかがすぐ分かる。

 ―他の漫画との違いは。

 感動シーンを導くために、大きな構想と数多くのエピソードを積み上げていく。過去の「週刊少年ジャンプ」掲載作品にはない作り方だと思う。キャラクターが背負う物語がしっかり練り込まれ、魅力的だから時代を超えて読まれ続けている。

 ―ルフィの魅力とは。

 何事にも悲観せず前向きに楽しむ姿勢。実社会で生きる上で、つらい目に遭わない人なんかいないけれど、ルフィはそれをも楽しむ太陽のような存在。キャラクターの魅力を増すストーリーにも力があり、漫画で泣ける感動があり、生きる活力になる。

 ―国内外5カ所で企画展を開催したが。

 さまざまなイベントはこれまで都市近郊に限られてきた。尾田さんは、地方都市や海外の人たちに間近で作品の楽しさに触れてもらいたいと、ずっと願っていた

 ―展示作品の楽しみ方は。

 緻密なタッチを感じてほしい。モノクロのこま割りカットには、吹き出しの字体や大きさ、ベタ塗りなどを指示する尾田さんの筆跡などが見られる。カットが完成していくまでの作家とアシスタント、編集担当との“やりとり”が感じられ面白い。「週刊少年ジャンプ」の巻頭カラーの扉絵が、発色よく鮮やかにイラスト画で表現されており、細部まで色の塗り分けが美しい。ぜひ、尾田さんの漫画に対する熱意や独創性に触れてほしい。

 ■なかの・ひろゆき 1977年、福井県越前市生まれ。味真野小、武生第四中、武生高を経て早稲田大卒業。2000年に集英社入社。週刊少年ジャンプ編集部編集者として「NARUTO」「トリコ」「BLEACH」などの人気作を担当。14年、少年ジャンプ副編集長に就任。17年6月から第11代少年ジャンプ編集長。

福井新聞


これまで開催された地域は正確には海外ではマレーシア・クアラルンプール、シンガポール、中国・深セン、中国・成都、国内では札幌、愛媛の6ヶ所。本展示企画は栄ちゃんの長年の想いが発端になって生まれたものであることが窺えます。

ところで先日、ONE PIECE図鑑(VIVRE CARD)の麦わら一味の枠で埋まっていなかったNo.0011とNo.0012にメリー号とサニー号が(「ONE PIECE図鑑のナンバリングから見えてくる麦わらの一味の新しい3人の仲間!?」)入ったわけですが、4月から開催される福島会場のグッズには早速こんなもの↓が追加されています。

アクリル置き時計
価格:6,480円
サイズ:H148×W148mm


カレンダーもキャラクターで月を割り振ることができますねぇ〜。ちなみに13番がビビです。


企画展「Hello, ONE PIECE」が中国6都市で巡回開催決定
企画展「Eiichiro Oda presents Hello, ONE PIECE -Luffy is here!-」凱旋開催

拍手

【Indeedコラボ】 実写CM 広告ビジュアルに「炎のアタっちゃん」が隠れていた(笑)」の続報です。


「炎のアタっちゃん」の他に「パンダマン」も隠れていたみたいです。ただし、今度は実写ではありません。メディアに気づかれずにそのままお蔵入りになるところだったとか。ねとらぼ の記事です。

こんなの見つけられるか! Indeedの「ワンピース」コラボCMに“パンダマン”、バレなさすぎてお蔵入りの危機

 斎藤工さんら扮(ふん)する“麦わら海賊団”の実写化で話題となっている、Indeed Japanの「ONE PIECE」コラボCMシリーズ。同CMの広告ビジュアルに原作にも登場する“炎のアタっちゃん”が隠れていたことが明らかとなりましたが、実はもう1人、あの「パンダマン」も潜んでいたことが判明しました

 パンダマンとは、「ONE PIECE」に出てくるパンダのマスクを被ったレスラー。作者の尾田栄一郎先生が漫画『キン肉マン』の新超人コンテストのために考案したキャラクターで、本編に絡んでくることはありませんが、ゲームの隠しキャラとして登場したりと、ファンの間では知られた存在です。

 ねとらぼでは、炎のアタっちゃんの存在が明らかになった段階でIndeed Japanに連絡。「パンダマンは隠れていないんですか?」とストレートに聞いてみたところ、「実は……」とその存在を明かしてくれましたどうやら隠れすぎていて、このままどこからも連絡がなければ発表しない予定だったそうです。遊び心の塊かよ。

 明かされたところによると、パンダマンが隠れているのはCMビジュアルを始めとした公式サイト内の4カ所。一番さくっと見つかるのが、サイトの最下部に描かれたパンダマンで、一番下までスクロールすると右下に発見できます。

 メインビジュアルのパンダマンは、ウソップの左足の右下。岩の模様に溶け込むように描かれており、言われればそうかも……というレベル。さらに、5万部限定で号外として配られた「The World Economic Journal」(サイト内で閲覧可)の裏面4コマの2コマ目と、「『海賊万博』開催か 広がる海賊交流の輪」の見出し記事内にも確認できます。号外の番号が「No.81603」になってるけど、尾田先生の名前をもじったものなのかな。

 ビジュアルの再現度の高さから、「これだったら実写映画化してもいいな」という声まで上がっている同シリーズ。良い意味で、大人たちの本気の悪ふざけが見られるCMとなっていました。

ねとらぼ


拍手

話題のIndeed実写CMのキービジュアルに意外な隠し要素あったみたいです。そんなの気づきませんわw(確かに最初、アタッチが写っていたルフィのボタンには違和感を覚えた気はしますけど)

ワンピース実写CM、あのキャラが隠れていた!

 斎藤工、泉里香らが“麦わらの一味”にふんして話題になった求人検索エンジン「Indeed」と人気アニメ「ONE PIECE ワンピース」のコラボレーションCMの広告ビジュアルに、原作で登場するキャラクター“炎のアタっちゃん”が隠れていることがわかった

アタっちゃんは、海軍が発行する指名手配書の写真を撮影しているカメラマン。本名はアタッチだが、シャッターを切るときに「ファイア!!」と叫ぶことから“炎のアタっちゃん”と呼ばれている。

 特設サイトなどで公開されているビジュアルをよく見てみると、ルフィとサンジのボタン、ナミが腕に着けている“ログポース”、チョッパーの瞳、ウソップのゴーグルの5か所に、アタっちゃんらしき人影が写っているのだ

 斎藤がルフィ、泉がナミ、千鳥の大悟がウソップ、池内博之がゾロ、窪塚洋介がサンジに変身した同CM。Indeed上や特設サイトでは「ナミ 山分け」「サンジ レシピ開発」「ゾロ 斬られ役」「チョッパー 助手」等のキーワードで検索すると、キャラクターにちなんだ仕事に応募できるなど、遊び心を感じさせる仕掛けが施されている。

 Indeedに問い合わせてみると「本シリーズでは、CMの内容はもちろん、より求職者にIndeedでの検索体験を楽しんでもらえるような、検索連動施策などにおいても細部にまでこだわっています。その中で、ONE PIECE ファンにとっても楽しめるコンテンツを盛り込みたいという思いがあり、隠しキャラクターを入れみました」とのこと。

 気になった人はぜひ、アタっちゃんを探してみて!

シネマトゥデイ


このアタッチに関する記事と画像はシネマトゥデイのみ?で公開されているようです。アタッチが写り込んでいるのはキービジュアルになっている麦わらの一味の画像で、公式サイトのギャラリーにある解像度の高い画像を拡大していくと確認することができます。

拍手

『ONE PIECE』の実写ドラマはNetflixで配信か?

新たな掲載情報が正しければ、先日発表された『ONE PIECE』の実写ドラマはNetflixで配信されるのかもしれない。

ResetEraの投稿によると、米国版のNetflixに、アニメとは別に『ONE PIECE』実写ドラマのページが存在することを発見した(現在は削除済み)。エピソード数や画像は掲載されていないが、次のような説明文が記載されていた。「モンキー・D・ルフィは信頼する仲間と共にひとつなぎの大秘宝(ワンピース)を探し、海賊王になるために大南原へ飛び出す!尾田栄一郎の漫画を原作にしている」

Tomorrow Studiosが手がける『ONE PIECE』の実写ドラマは2017年に発表されたが、リリース日や、配信プラットフォームは明かされなかった。Netflixは同じくTomorrow Studiosが製作する実写版『カウボーイビバップ』を配信することが決定しており、『ONE PIECE』がNetflixで配信されたとしても不思議ではない。『ONE PIECE』のアクションアドベンチャー『ONE PIECE WORLD SEEKER』は2019年3月14日にPS4で発売される。

IGN JAPAN


『ONE PIECE』連載20周年(2017年7月)のタイミングで発表されたハリウッドでの『ONE PIECE』実写ドラマ化の話はその後、企画継続中であることはアナウンスされていますが、現在まで情報の更新はありませんでした。この記事の情報が正しいのならば、配信サイトはNetflixで間違いなさそうです。テストページが発見されてしまったというわけです。


【Indeedコラボ】 Dr.くれはに扮した夏木マリが登場した「ヒルルクの桜」再現イベント
仕事・バイトさがしのIndeed × ONE PIECE 麦わらの一味 実写コラボCM
祝『ONE PIECE』連載20周年!企画盛り沢山…集英社表紙ジャック、京都コラボ、ハリウッド実写化!?

拍手

≪ Next   │HOME│  Prev ≫

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7]