LOGPIECE(ワンピースブログ)〜シャボンディ諸島より配信中〜 ニュースレポート
ONE PIECEのBLOG、略してLOGPIECE。 ワンピースフィギュアを飾って楽しんでます。

シャボンディ新聞(twitter)
ファンアート
最新コメント
[09/07 coppa]
[09/02 coppa]
[08/31 名も無き島民]
[08/27 名も無き島民]
[08/21 名も無き島民]
[08/13 ウルトラ]
[08/09 coppa]
[07/29 名も無き島民]
[07/23 げんちゃん]
[07/22 名も無き島民]
[07/22 coppa]
[07/10 m]
[07/07 coppa]
[07/06 名も無き島民]
[07/01 名も無き島民]
[06/26 G]
[06/21 m]
[06/14 名も無き島民]
[06/14 coppa]
[06/08 名も無き島民]
[06/06 名も無き島民]
[06/06 名も無き島民]
[06/03 名も無き島民]
[06/02 coppa]
[06/01 ジンガ]
ブログ内検索
懸賞金(アクセスカウンター)
-

『ONE PIECE』が9年連続「単巻別」「作品別」年間首位

 オリコンが1日に発表した『2016年年間“本”ランキング』(集計期間:2015年11月23日~2016年11月20日)のコミック部門で『ONE PIECE』(尾田栄一郎/集英社)の80巻が年間売上298.1万部を売り上げ1位を獲得した。

 『ONE PIECE』の単巻売上1位は、2008年度の年間同部門発表開始から9年連続。同部門2位は期間内売上269.7万部で『ONE PIECE』の81巻(今年4月発売)、3位は同253.2万部で82巻(今年7月発売)、4位は同228.8万部で83巻(今年11月発売)となった。

 『ONE PIECE』シリーズによる上位TOP4独占は、2015年度の76~79巻に続いて2年連続で、2008年度の同部門発表開始から通算7度目を記録。なお、期間内のコミック売上を作品単位で集計した作品別売上ランキング(※)では、期間内総売上1,231.4万部で『ONE PIECE』が単巻売上とともに9年連続1位に輝いたほか、『暗殺教室』(松井優征/集英社)が期間内総売上688.7万部で2015年度の4位から同シリーズ最高位となる2位に浮上した。

オリコン


『暗殺教室』がシリーズ別ランキングを4位から2位へ上げたと言っても、昨年の上位5作品はいずれも売上げ部数は200万部以上減らしており、2位〜5位までは600万部台でほぼ横ばい状態です。TOP10の様相は昨年とあまり変わりませんが、やはりアニメ化のメディアミックスにより、『僕のヒーローアカデミア』(今年春放送)と『ワンパンマン』(昨年末放送)の2作品が初TOP10入りしています。来年はジャンプの『ブラッククローバー』あたりがアニメ化されて本ランキングにランクインするのではないでしょうか。

作品別ではやはり『進撃の巨人』が強く、今年も上位を占める『ONE PIECE』に続く順位につけています。しかし、作品別でも売上げ部数は落ち込んでおり、『ONE PIECE』は年間売上げ300万部に届かず、『進撃の巨人』は200万部に届かなかったようです。ジャンプ作品の2番手が現在ジャンプで不定期連載中の『HUNTER×HUNTER』なのも注目すべき点でしょう。『こち亀』が連載終了した現在、ジャンプの連載作品の中で連載期間最長は『ONE PIECE』で、その次が『HUNTER×HUNTER』となっています。来年、『ONE PIECE』が連載20周年、『HUNTER×HUNTER』が連載19周年を迎えるわけですが、実に対照的な2作品ですね。

なお、オリコン調べではデジタルコミックの売上げは計上されていないため、調査方法が改良されない限り、ランキング上の売上げ部数は毎年下がっていくと予想されます。

(実質集計期間:2015年11月23日~2016年11月20日)

<シリーズ別>
順位 シリーズ 出版社 推定売上部数
1  ONE PIECE  集英社  12,314,326
2  暗殺教室  集英社  6,887,192
3  キングダム  集英社  6,595,968
4  進撃の巨人  講談社  6,544,081
5  ハイキュー!!  集英社  6,474,394
6  七つの大罪  講談社  5,115,573
7  僕のヒーローアカデミア  集英社  5,114,916
8  東京喰種トーキョーグール:re  集英社  4,278,599
9  ワンパンマン  集英社  3,979,760
10  食戟のソーマ  集英社  4,321,830

<作品別>
順位 シリーズ 出版社 推定売上部数
1  ONE PIECE 80  集英社  2,981,494
2  ONE PIECE 81  集英社  2,696,528
3  ONE PIECE 82  集英社  2,532,488
4  ONE PIECE 83  集英社  2,287,521
5  進撃の巨人 18  講談社  1,983,248
6  進撃の巨人 19  講談社  1,746,669
7  進撃の巨人 20  講談社  1,554,398
8  HUNTER×HUNTER 33  集英社  1,272,692
9  暗殺教室 18  集英社  1,027,550
10  暗殺教室 17  集英社  1,009,268

2015年年間コミック売上げランキング 『七つの大罪』『キングダム』『ソーマ』『監獄学園』が躍進『ONE PIECE』は貫禄の首位(オリコン調べ)
2014年年間コミック売上げランキング 『巨人』が進撃するも『ONE PIECE』不動の首位陥落ならず(オリコン調べ)
オリコン2013年年間“本”ランキング コミック部門、「ONE PIECE」と「進撃の巨人」の2作品がランキング制圧

拍手

「ONE PIECE FILM GOLD」が中国で大ヒット!公開3日間で11億円スタート

 尾田栄一郎氏の人気漫画「ONE PIECE」の劇場版最新作「ONE PIECE FILM GOLD」が、11月11日から中国全土で公開中だ。日本では7月23日に封切られ、興行収入52億円を記録した同作。中国でも人気は高く、初日3日間で6963万元(約11億1400万円)の大ヒットスタートを切った(1元=16円で計算)。

 今作は、興行収入68.7億円を記録した前作「ONE PIECE FILM Z」に続いて尾田氏が総合プロデューサーを担当。黄金のエンタテインメントシティ「グラン・テゾーロ」を舞台に、ルフィ率いる麦わらの一味と、世界政府すらも金の力で動かす国王ギルド・テゾーロが繰り広げる死闘を描いた。

 2016年の中国では、これまで「BORUTO NARUTO THE MOVIE」「寄生獣」「映画 ビリギャル」「ドラゴンボールZ 復活の『F』」など、8本の日本映画が公開されている。15年には「STAND BY ME ドラえもん」が封切られ、興収5億3029万元(約84億8500万円)という記録を打ち立てている。

映画.com

映画「ワンピース」中国で大ヒットスタート!尾田栄一郎氏も感謝

 11日に中国で公開された日本アニメ映画「ONE PIECE FILM GOLD」が、初日3日間で興行収入6963元(約11億1500万円)を記録したことが18日、分かった。

 原作者、尾田栄一郎氏(41)が総合プロデューサーを務めたFILMシリーズ第3弾で、日本では7月に公開され興収52億円を突破。製作の東映アニメーションによると、中国で今年公開された日本映画の初日3日間の成績としては1位で、大ヒットスタートに尾田氏は中国語で感謝のコメントを寄せている

サンケイスポーツ



中国版のタイトルは『航海王之黄金城』となっています。栄ちゃんのコメントはこちら↓

中国的海米们、大家好!
非常感谢大家一路的相伴与支持。
在中国能够上映航海王的电影是我的夙愿。
今年、终于能将航海王电影在电影院呈现给大家我真的非常高兴。
我和参与电影制作的所有员工都坚
信、本次大电影《航海王之黄金城》是历代剧场版中最棒的一部。
目前正在中国热映中。
请务必!!到电影院欣赏令人振奋的《航海王之黄金城》吧!!

综合制作人 尾田荣一郎


まぁ読めないのですが、、EXCITE先生によると、栄ちゃんは中国でワンピース映画を上映したいと前々から思っていたらしく、今年ついに映画館で上映することができて嬉しい、と。『GOLD』は歴代の劇場版の中で最もすばらしい。観れば面白いと思うこと間違いなし…的なことが書かれています。

冒頭の「海米们」は翻訳ツールで翻訳すると、どうにもこうにも「乾燥むきエビ達」というわけの分からない言葉になってしまうのですが、どうやらワンピースファンを意味する中国語の造語のようです。ももいろクローバーZのファンを「モノノフ」と呼ぶような感じのそれです。ですから、最初の一文は「中国のワンピースファンの皆さん、こんにちは」となるようです。

拍手

ONE PIECE 熊本復興プロジェクト」が後押ししている熊本市の熊本城復興プロジェクトの"復興城主"の申し込みが1万件を超えたそうです。

「復興城主」1万人超す

 熊本市は14日、熊本地震で被害を受けた熊本城(熊本市中央区)復旧のため、市が始めた1口1万円以上の「復興城主」について、申し込みが1万人を超えたと発表した。寄付の申し込みは13日現在(郵便振替は8日現在)、1万1621件で総額1億6260万円に上るという。

 1万円以上を寄付した復興城主には「城主証」を交付。先着1万人には、同市出身の漫画家・尾田栄一郎さんが描く人気漫画「ワンピース」の描き下ろし原画を使ったグッズが送られる特典を付けていた。グッズは、申し込みから2か月をめどに「城主証」などとともに郵送されるという。

読売新聞


※申し込み先着1万人の限定グッズ

「復興城主」制度は11月1日から始まり、13日目にして熊本城の受付で直接申し込みの件数と全国のゆうちょ銀行から振込で申し込みの件数が1万件を超えたわけです。「郵便振替は8日現在」となっており、振込による申し込みの受付は直接申し込みするよりも数日の遅れが生じる模様です。まさか、こんなに早く1万人を超えるとは思っていなかった私は11日に振込で申し込みをしたのですけど、先着1万人の描き下ろしグッズに間に合っていない可能性が高いという、、、。

12月1日から先着で限定グッズが返礼になる益城町の「ふるさと納税」こそは逃さないようにしたいです・。・

Aコース:ブランケット(約75×100 cm)…先着2000枚
Bコース:エコバッグ、手ぬぐい、クリアファイル…先着3000セット


【熊本】 尾田栄一郎『ONE PIECE』で故郷を応援!熊本復興プロジェクト

拍手

ワンピース主題歌の男逮捕=友人のギター盗んだ疑い―警視庁

 友人のギターを盗んだとして、警視庁池袋署は16日までに、窃盗の疑いで、元歌手でとび職の野畑慎容疑者(34)=北海道江別市野幌若葉町=を逮捕した。

 「ギターは質屋に入れた。競馬に使う金欲しさにやった」と容疑を認めているという。

 かつての所属事務所などによると、野畑容疑者はバンド「The ROOTLESS」のボーカルとして、2010年に人気アニメ「ワンピース」の主題歌でメジャーデビューしたが、バンドは昨年解散した。
 逮捕容疑は5月17~27日ごろ、同居していた東京都豊島区の30代の友人男性宅から男性のギター2本(計20万円相当)を盗んだ疑い。
 友人男性は同署に対し、「ヒットを飛ばした後は借金を抱えたり、家賃滞納で部屋を追い出されたりしていた。もう一花咲かせてやりたいと思い自宅に住まわせた」と話しているという。 

時事通信

<窃盗容疑>知人ギター盗む、元ミュージシャン逮捕 警視庁

 知人のギター2本(時価計約20万円)を盗んだとして、警視庁池袋署が元ミュージシャン、野畑慎容疑者(34)=北海道江別市野幌若葉町=を窃盗容疑で逮捕していたことが、同署への取材で分かった。解散したロックバンド「Rootless」のボーカルで、人気アニメ「ONE PIECE(ワンピース)」の主題歌を歌っていたという。「競馬に使う金欲しさに盗んだ」と容疑を認めているという。

 逮捕容疑は今年5月17~27日の間に、同居していた東京都豊島区の30代会社員の男性が所有していたギター2本を盗んだとしている。同署によると男性は9月に被害届を出し、ギターは都内と神奈川県内の質屋が買い取っていたという。野畑容疑者は6月から江別市野幌若葉町で姉夫婦と同居し、ニセコ町でとび職として働いていたという。

毎日新聞

独自:「ワンピース」主題歌元ボーカル逮捕

 人気アニメ「ワンピース」の主題歌を歌っていた元ミュージシャンの男が、友人のギターを盗んだとして逮捕された。

 逮捕されたのは、かつてロックバンド「The ROOTLESS」のボーカルをしていた、建設作業員の野畑慎容疑者(34)。警視庁によると、野畑容疑者は、今年5月、5か月にわたり居候していた友人の男性の家からギター2本を盗んだ疑いがもたれている。

 野畑容疑者はギターを質店に持ち込んで約20万円の現金に換え、そのまま逃走していて、調べに対し、「競馬に使うお金欲しさにやってしまった」と話しているという。

 野畑容疑者は6年前、人気アニメ「ワンピース」の主題歌を歌い人気を博したが、その後、ライブを無断で休むなどして事務所を解雇されていた。

日本テレビ系ニュース



「One day」は頂上戦争編の頃に使われていた第13代主題歌。サビは「さぁ〜行こう 立ち止まること〜なく 流れる時に負けないように」。もう6年前になります。The ROOTLESSはいわゆる一発屋で、"ワンピース主題歌のバンド"に語弊が全くないかと思います。昨年の暮れには、"ワンピース主題歌を歌ったバンド解散"でYahoo!ニュースに載っていたのを見かけて悲しい気持ちになりましたが、今度はボーカル逮捕でYahoo!ニュースTOPに載ってビックリ。記事を読んで、あまりの落ちぶれっぷりにまた悲しい気持ちになりました。

The ROOTLESSに限らず、ワンピース主題歌で売れた歌手はその後は鳴かず飛ばずで活動休止or解散というパターンがほとんどで、そう考えると初代エンディング曲「memories」と第2代エンディング曲「RUN! RUN! RUN!」を歌って今もなお歌手活動を続けている大槻真希さんや、初代オープニング曲「ウィーアー!」でアニソンシンガーとしての地位を確立したきただにひろしさんは希有な存在だな、と。


12月5日追記)不起訴処分

ワンピース主題歌歌った男性 不起訴処分に

 今年5月、友人の家からギター2本を盗んだとして逮捕された、人気アニメ「ワンピース」の主題歌を歌っていた元ミュージシャンの男性(34)について、東京地検は5日、不起訴処分にした。

 東京地検は不起訴の理由を明らかにしていないが、男性は質店に持ち込んだギターを買い戻し、友人に返したという。

日本テレビ系(NNN)

拍手

11月3日から来年2月28日まで、東京タワー1F正面入口に、「ワンピース巨大スノードーム」が登場。チョッパーと東京タワーが入った巨大スノードームは夜のライトアップ時にはピンク色のイルミネーションによってヒルルクの桜が舞い落ちるイメージになるようです。初日には点灯のセレモニーが行なわれ、”桜”つながりか、アイドルグループのさくら学院と、『ONE PIECE』ファンだというウエイトリフティングの三宅宏実選手が登壇しました。(画像:音楽ナタリー、日経エンタメクリップ)

さくら学院が三宅宏実選手と東京タワーイルミ点灯式に登場、中3が将来の夢明かす

さくら学院が本日11月3日に東京都・東京タワーの1F正面玄関前で行われるイルミネーション「東京タワー ウィンターファンタジー~ワンピース スノードーム イルミネーション」の点灯式に登場した。

「東京タワー ウィンターファンタジー~ワンピース スノードーム イルミネーション」と銘打たれた今年の東京タワーのイルミネーションは、東京タワーフットタウン内にある「ONE PIECE」のテーマパーク「東京ワンピースタワー」とコラボして本日から2月28日まで展開されるもの。「ONE PIECE」のエピソード「冬に咲く、奇跡の桜」をイメージした国内最大級のスノードームとさくら色のイルミネーションが東京タワーのふもとを彩る。

さくら学院は「リオデジャネイロオリンピック」の種目ウエイトリフティングの女子48kg級で銅メダルを獲得した三宅宏実選手と共にセレモニーのゲストとしてステージに登壇。スノードームのモチーフとなった「ONE PIECE」のエピソード「冬に咲く、奇跡の桜」について黒澤美澪奈は「さくら色の雪が降るあのシーンは感動的で、『ONE PIECE』の中で大好きなシーンです」と興奮気味に語る。山出愛子は「東京ワンピースタワー」にプライベートで遊びに来た際に、藤平華乃とばったり出くわしたというエピソードを明かした。

(中略)また「東京ワンピースタワー」では11月1日より宝探しイベント「トレジャーハンティング トンガリ島の大冒険」を開催中。さくら学院の倉島、黒澤、山出、麻生真彩、藤平、森萌々穂の6人は点灯式の前に「東京ワンピースタワー」の中を見学し、「トレジャーハンティング トンガリ島の大冒険」の雰囲気を味わっていた。なおこの宝探しイベントはイルミネーションと同じく2月28日まで実施されている。

音楽ナタリー


拍手

コピーぶりがヤバい「アニメ展」に呆れの声

中国・北京のショッピングモール「VIVA北京富力広場」で展示された日本のアニメキャラクター人形が話題を呼んでいる。この人形、あまりにも出来が悪すぎて、いったい誰なのか見分けがつかない、あまりに酷いクオリティだからだ。

注目を集めたのは「進撃的VIVA北京富力広場金秋動漫展」。「進撃の巨人」のタイトルをもじったこの展示は、「進撃の巨人」「NARUTO -ナルト-」「ONE PIECE」といった中国でも大人気の日本アニメの等身大人形がモール内に設置されており、客は自由に写真を撮ったり、触れたりすることができるという。

しかし、実際に展示を見た人たちは、そのクオリティの低さに唖然。服のカラーこそ本物に似せてはいるものの、顔は誰だか見分けがつかないレベルで、「もろ脱力系」「これ1毛(中国のお金の単位。10毛で1元)でも欲しくない」「進撃の巨人のキャラ、マジで誰ですか?」「このナルトの顔を見ているとなぜか怒りがこみ上げてくるんですけど……」「これは小学生の作品かもしれない。批判するな!」などと多くのコメントが寄せられることとなった。

これだけ展示物のクオリティが低いと、そもそも権利問題が疑われるものだが、案の定、人形などはショッピングモールが勝手に作って展示していたそう。実際、中国内における「NARUTO -ナルト-」の著作権を管理している「ぴえろチャイナ」は10月21日午後、新浪微博のアカウントで「“進撃的VIVA北京富力広場金秋動漫展”で展示されているナルトの人形、絵などは展示権を一切取得しておりません」と投稿しており、法的手段に訴える構えを見せている。

ナリナリドットコム

日本のアニメキャラがここまで不細工に!衝撃のクオリティーにネットユーザーから酷評の嵐―中国

2016年10月27日、北京青年報によると、中国北京市のショッピングモールで始まったアニメフェアがネットユーザーの大注目を浴びている。その理由は「スケールが大きい」「展示物が豊富」などではなく、「キャラクター人形が不細工すぎる」から。さらに著作権の問題も浮上するなど混迷が続きそうな気配を見せている。

中国のネット上で酷評されているのはVIVA北京富力広場で今月18日に始まったイベントだ。フェア名称を「進撃のVIVA」とし、会場には「進撃の巨人」や「NARUTO-ナルト-」、「ONE PIECE」など日本の人気作品のキャラクター人形を展示。約1カ月にわたって開催される予定だが、ネットユーザーからは「人形の体…バランスがおかしすぎるし、髪だって大ざっぱすぎ」「キャラクターの人形を作る以前の問題。よくぞここまで不細工に」などの声が上がり、見学者からは「ネットで『最も不細工なアニメフェア』と騒がれているのを知って会場に来てみた」というコメントも。イベントの主催者はこれらの指摘に対して「展示物には確かに問題が存在する。わずか20日という制作時間で、理想的な形になる前の状態で並べてしまった」などと説明し、フェア3日目に人形の手直しを行ったことを明らかにした。同氏は「初日に比べたらオリジナルに近づいたはず」と語るが、問題はここで終わらない。

「NARUTO-ナルト-」の中国での著作権を管理する「皮楽中国(ぴえろチャイナ)」は中国版ツイッター・微博(ウェイボー)を通じて「キャラクター人形や絵は勝手に展示されており、権利侵害にあたる」と法的手段を辞さない考えを表明している。

関係者の1人は「無許可で人形が展示されている上、作りがひどすぎる。手直ししたとしても許されるものではない。作品イメージが大幅に損なわれた」などと指摘。イベント主催者に人形などの即時撤去を求めたことを明らかにした上で、「撤去は最も基本的な要求。法的手段に訴えるかどうか、日本側が現在、協議を行っている」と説明した。(翻訳・編集/野谷)

レコードチャイナ


拍手

≪ Next   │HOME│  Prev ≫

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]