LOGPIECE(ワンピースブログ)〜シャボンディ諸島より配信中〜 ニュースレポート
ONE PIECEのBLOG、略してLOGPIECE。 ワンピースフィギュアを飾って楽しんでます。

シャボンディ新聞(twitter)
ファンアート
最新コメント
[11/19 Traceev]
[11/18 名も無き島民]
[11/17 あ]
[11/15 名も無き島民]
[11/15 coppa]
[11/13  420ランド]
[11/12 名も無き島民]
[11/12 coppa]
[11/10 チェ]
[11/09 イカ]
[11/07 名も無き島民]
[11/06 名も無き島民]
[10/30 coppa]
[10/28 優しい死神]
[10/28 Y]
[10/25 coppa]
[10/19 coppa]
[10/16 ジンガ]
[10/12 coppa]
[10/11 てれさ]
[10/05 名も無き島民]
[10/03 名も無き島民]
[10/03 1]
[10/02 名も無き島民]
[10/01 coppa]
ブログ内検索
懸賞金(アクセスカウンター)
-

坂東巳之助「どんつく」踊る表情に父三津五郎の面影

<ニッカンスポーツ・コム/芸能番記者コラム>

 歌舞伎座で上演中の舞踊「どんつく」で踊る坂東巳之助(27)を見て、お父さんに似てきたなと思った。お父さんとは、15年に亡くなった10代目坂東三津五郎さん。今月は三津五郎さんの三回忌とあって、昼の部で追善狂言として、三津五郎家とゆかりある「どんつく」が上演され、尾上菊五郎、中村時蔵、尾上松緑、市川海老蔵らも「三津五郎の追善なら」と出演している。

 巳之助は三津五郎さんの長男で、6歳で初舞台を踏んだ。しかし、三津五郎さんが母である寿ひずると離婚したこともあって、歌舞伎から離れた時期もあった。しかし、20歳を過ぎてからは歌舞伎に精進し、スーパー歌舞伎2「ワンピース」でゾゾ、おかまのボン・クレー、海賊スクアードの3役を演じて高い評価を受けた。昨年は巡業で市川猿之助との役替わりで「獨道中五十三驛」の13役早変わりに挑むなど、伸び盛りの若手立役だ。生前、父と共演しても、あまり似ているとは思わなかったが、「どんつく」で踊る一瞬の表情に「そっくりだな」と思う場面が何度もあった。

 歌舞伎の世界で、父がわが子に望むことの1つに「追善公演ができる役者になってくれ」ということがある。生前、いくら人気役者でも、子が1カ月の興行を担えるほどの人気・実力ある役者でないと、追善公演はなかなかできない。追善公演を行うことは、父、祖父への最大の孝行ともなる。巳之助はまだ27歳の若さ。いつか10代目坂東三津五郎追善公演を行える役者になってほしいと思う。

日刊スポーツ


>ゾゾ

拍手


RADWIMPS×週刊少年ジャンプがコラボMV公開 ルフィ、銀さんら名シーン続々

 ロックバンド・RADWIMPSの楽曲「週刊少年ジャンプ」のミュージックビデオ(MV)が完成し、公開された。MVには『ONE PIECE』のルフィ、『銀魂』の銀さんら、『週刊少年ジャンプ』で連載中の作品の名シーンが続々登場。「週刊少年ジャンプ的な未来を夢みていた」読者の胸が熱くなるMVに仕上がっている。

 同曲は最新アルバム『人間開花』(昨年11月発売)収録曲。アルバム収録内容発表時からツイッターでトレンド入りするなど、話題になっていた。タイトルの響きから「アップテンポな楽曲ではないか」と予想されていたが、実際はピアノの演奏でしっとり歌い上げるバラード曲。そのギャップでも反響を呼んだ。

 メンバー自身、『週刊少年ジャンプ』を愛読して育ったこともあり、アルバムの中での特に思い入れの強い楽曲となっているが、同曲を聴いた集英社の『週刊少年ジャンプ』スタッフも感銘を受け、今回のコラボレーションが実現することに。楽曲の歌詞とリンクし、『ONE PIECE』『銀魂』『ハイキュー!!』といった誌面で連載中の作品の名シーンが次々と登場するMVが完成した。

 同誌の相田聡一副編集長は「50年近い歴史の中でさまざまなヒーローが誕生し、おかげさまで読者の皆様に熱い声援をいただける漫画誌を作り続けてくることができました。今回、RADWIMPSさんが、その読者の皆様の想いを代弁するようなジャンプへの愛が溢れる楽曲を生み出していただけたことに大変感激し、このようなコラボ企画を実現させていただく運びとなりました。ぜひお楽しみください」とコメントを寄せている。

 このMVは2月25日から開幕するRADWIMPS全国ツアー『Human Bloom Tour 2017』のファイナルとなる5月10日の東京・日本武道館公演までの限定公開。

オリコン



初耳だとややこしい話ですが、ロックバンドRADWIMPSが昨年11月にリリースした最新アルバム『人間開花』に収録されている『週刊少年ジャンプ』という楽曲のMVが本家「週刊少年ジャンプ」とコラボして公開されたという話です。

歌詞の内容は「週刊少年ジャンプ的な未来を夢みていたよ」という一節に集約されているようで、ジャンプ漫画の主人公のような展開に憧れる思春期の少年の成長潭的な感じだと思います(たぶん…ぶっちゃけ全然共感できないのが悲しい)。歌詞と漫画のコマがリンクしているかどうかはよく分からないのですが、MVに使われている漫画は、現在、週刊少年ジャンプで連載中の作品群で、休載中の『ワールドトリガー』や月イチ連載の『BORUTO』、歌詞の内容とはかけ離れているギャグ漫画も含めて一応網羅されています(唯一『HUNTER×HUNTER』を除いて)。

なお、文字通り「週刊少年ジャンプ」派のMVとなっており、コミックス派にはまだネタバレとなるコマを含んでいるため要注意です。2月3日発売の『ONE PIECE』84巻を読んだ後に視聴すればネタバレは回避できます。

<5月10日までの限定公開>

拍手

楽天銀次ルフィだ 俺は世界一のゴム人間になるんだ

 俺は、世界一のゴム人間になるんだ~! 楽天銀次内野手(28)が16日、沖縄県内で自主トレを公開した。ビーチでの練習後、真冬の海にダイブ。海水を全身に浴び、あの海賊王が乗り移った!? 「粘り強いゴムのような体を目指したい」。漫画「ONE PIECE」の主人公で「ゴムゴムの実」を食べて、ゴム人間と化したルフィが重なった

 悪魔の実は、見つからなかった。その代わり、「TRX」という、つり輪状のチューブをネットに引っかけ、自分の体重を負荷にして鍛えるものと出合った。「体が硬くて、全身を柔らかくしたかった。その上でパワーも付けたい」と今年から初導入した。沖縄での自主トレ期間中は、もずく酢を毎食摂取。空想の世界を現実にするため、妥協は許さない

 ルフィ船長にならってか、今年から「チーム銀次」を旗揚げした。茂木、足立、三好、下妻、八百板のクルーと自主トレを開始。“船員”の茂木は「銀次さんは背中で引っ張るタイプ。1球の集中力はすごい。どの球でもヒットにする」と、仲間に信頼される部分もゴム人間の本家と酷似する。

 「手が伸びるなら、捕球することに使いたい」と冗談を飛ばす銀次。目指すは財宝ではなく、キャリアハイの数字。「強く鋭い打球が理想」とゴムゴムの銃(ピストル)並みの打撃で、目標の首位打者、打率3割3分5厘へ手を伸ばす

日刊スポーツ


写真:チーム銀次、左から楽天八百板、三好、足立、銀次、茂木


  この記事 やる夫がふざけて書いたわけじゃないお

※他のスポーツ誌もルフィを持ち出していたので、本人がそう言っているのでしょうね(たぶん)。


センバツ高校球児の目標は尾田栄一郎? 【プロ野球】 広島・安部、ONE PIECE流で正遊撃手を狙う!?
【グランドアリーナツアー】 楽天・松井稼頭央「連れて帰ってロッカーに飾りたいくらい」
【プロ野球】 ロッテ・今江が開発した「ワンピース」流ハイタッチ
「ワンピース会」会長マー君、実はにわかワンピファンだった

拍手

『ONE PIECE』が9年連続「単巻別」「作品別」年間首位

 オリコンが1日に発表した『2016年年間“本”ランキング』(集計期間:2015年11月23日~2016年11月20日)のコミック部門で『ONE PIECE』(尾田栄一郎/集英社)の80巻が年間売上298.1万部を売り上げ1位を獲得した。

 『ONE PIECE』の単巻売上1位は、2008年度の年間同部門発表開始から9年連続。同部門2位は期間内売上269.7万部で『ONE PIECE』の81巻(今年4月発売)、3位は同253.2万部で82巻(今年7月発売)、4位は同228.8万部で83巻(今年11月発売)となった。

 『ONE PIECE』シリーズによる上位TOP4独占は、2015年度の76~79巻に続いて2年連続で、2008年度の同部門発表開始から通算7度目を記録。なお、期間内のコミック売上を作品単位で集計した作品別売上ランキング(※)では、期間内総売上1,231.4万部で『ONE PIECE』が単巻売上とともに9年連続1位に輝いたほか、『暗殺教室』(松井優征/集英社)が期間内総売上688.7万部で2015年度の4位から同シリーズ最高位となる2位に浮上した。

オリコン


『暗殺教室』がシリーズ別ランキングを4位から2位へ上げたと言っても、昨年の上位5作品はいずれも売上げ部数は200万部以上減らしており、2位〜5位までは600万部台でほぼ横ばい状態です。TOP10の様相は昨年とあまり変わりませんが、やはりアニメ化のメディアミックスにより、『僕のヒーローアカデミア』(今年春放送)と『ワンパンマン』(昨年末放送)の2作品が初TOP10入りしています。来年はジャンプの『ブラッククローバー』あたりがアニメ化されて本ランキングにランクインするのではないでしょうか。

作品別ではやはり『進撃の巨人』が強く、今年も上位を占める『ONE PIECE』に続く順位につけています。しかし、作品別でも売上げ部数は落ち込んでおり、『ONE PIECE』は年間売上げ300万部に届かず、『進撃の巨人』は200万部に届かなかったようです。ジャンプ作品の2番手が現在ジャンプで不定期連載中の『HUNTER×HUNTER』なのも注目すべき点でしょう。『こち亀』が連載終了した現在、ジャンプの連載作品の中で連載期間最長は『ONE PIECE』で、その次が『HUNTER×HUNTER』となっています。来年、『ONE PIECE』が連載20周年、『HUNTER×HUNTER』が連載19周年を迎えるわけですが、実に対照的な2作品ですね。

なお、オリコン調べではデジタルコミックの売上げは計上されていないため、調査方法が改良されない限り、ランキング上の売上げ部数は毎年下がっていくと予想されます。

(実質集計期間:2015年11月23日~2016年11月20日)

<シリーズ別>
順位 シリーズ 出版社 推定売上部数
1  ONE PIECE  集英社  12,314,326
2  暗殺教室  集英社  6,887,192
3  キングダム  集英社  6,595,968
4  進撃の巨人  講談社  6,544,081
5  ハイキュー!!  集英社  6,474,394
6  七つの大罪  講談社  5,115,573
7  僕のヒーローアカデミア  集英社  5,114,916
8  東京喰種トーキョーグール:re  集英社  4,278,599
9  ワンパンマン  集英社  3,979,760
10  食戟のソーマ  集英社  4,321,830

<作品別>
順位 シリーズ 出版社 推定売上部数
1  ONE PIECE 80  集英社  2,981,494
2  ONE PIECE 81  集英社  2,696,528
3  ONE PIECE 82  集英社  2,532,488
4  ONE PIECE 83  集英社  2,287,521
5  進撃の巨人 18  講談社  1,983,248
6  進撃の巨人 19  講談社  1,746,669
7  進撃の巨人 20  講談社  1,554,398
8  HUNTER×HUNTER 33  集英社  1,272,692
9  暗殺教室 18  集英社  1,027,550
10  暗殺教室 17  集英社  1,009,268

2015年年間コミック売上げランキング 『七つの大罪』『キングダム』『ソーマ』『監獄学園』が躍進『ONE PIECE』は貫禄の首位(オリコン調べ)
2014年年間コミック売上げランキング 『巨人』が進撃するも『ONE PIECE』不動の首位陥落ならず(オリコン調べ)
オリコン2013年年間“本”ランキング コミック部門、「ONE PIECE」と「進撃の巨人」の2作品がランキング制圧

拍手

「ONE PIECE FILM GOLD」が中国で大ヒット!公開3日間で11億円スタート

 尾田栄一郎氏の人気漫画「ONE PIECE」の劇場版最新作「ONE PIECE FILM GOLD」が、11月11日から中国全土で公開中だ。日本では7月23日に封切られ、興行収入52億円を記録した同作。中国でも人気は高く、初日3日間で6963万元(約11億1400万円)の大ヒットスタートを切った(1元=16円で計算)。

 今作は、興行収入68.7億円を記録した前作「ONE PIECE FILM Z」に続いて尾田氏が総合プロデューサーを担当。黄金のエンタテインメントシティ「グラン・テゾーロ」を舞台に、ルフィ率いる麦わらの一味と、世界政府すらも金の力で動かす国王ギルド・テゾーロが繰り広げる死闘を描いた。

 2016年の中国では、これまで「BORUTO NARUTO THE MOVIE」「寄生獣」「映画 ビリギャル」「ドラゴンボールZ 復活の『F』」など、8本の日本映画が公開されている。15年には「STAND BY ME ドラえもん」が封切られ、興収5億3029万元(約84億8500万円)という記録を打ち立てている。

映画.com

映画「ワンピース」中国で大ヒットスタート!尾田栄一郎氏も感謝

 11日に中国で公開された日本アニメ映画「ONE PIECE FILM GOLD」が、初日3日間で興行収入6963元(約11億1500万円)を記録したことが18日、分かった。

 原作者、尾田栄一郎氏(41)が総合プロデューサーを務めたFILMシリーズ第3弾で、日本では7月に公開され興収52億円を突破。製作の東映アニメーションによると、中国で今年公開された日本映画の初日3日間の成績としては1位で、大ヒットスタートに尾田氏は中国語で感謝のコメントを寄せている

サンケイスポーツ



中国版のタイトルは『航海王之黄金城』となっています。栄ちゃんのコメントはこちら↓

中国的海米们、大家好!
非常感谢大家一路的相伴与支持。
在中国能够上映航海王的电影是我的夙愿。
今年、终于能将航海王电影在电影院呈现给大家我真的非常高兴。
我和参与电影制作的所有员工都坚
信、本次大电影《航海王之黄金城》是历代剧场版中最棒的一部。
目前正在中国热映中。
请务必!!到电影院欣赏令人振奋的《航海王之黄金城》吧!!

综合制作人 尾田荣一郎


まぁ読めないのですが、、EXCITE先生によると、栄ちゃんは中国でワンピース映画を上映したいと前々から思っていたらしく、今年ついに映画館で上映することができて嬉しい、と。『GOLD』は歴代の劇場版の中で最もすばらしい。観れば面白いと思うこと間違いなし…的なことが書かれています。

冒頭の「海米们」は翻訳ツールで翻訳すると、どうにもこうにも「乾燥むきエビ達」というわけの分からない言葉になってしまうのですが、どうやらワンピースファンを意味する中国語の造語のようです。ももいろクローバーZのファンを「モノノフ」と呼ぶような感じのそれです。ですから、最初の一文は「中国のワンピースファンの皆さん、こんにちは」となるようです。

拍手

ONE PIECE 熊本復興プロジェクト」が後押ししている熊本市の熊本城復興プロジェクトの"復興城主"の申し込みが1万件を超えたそうです。

「復興城主」1万人超す

 熊本市は14日、熊本地震で被害を受けた熊本城(熊本市中央区)復旧のため、市が始めた1口1万円以上の「復興城主」について、申し込みが1万人を超えたと発表した。寄付の申し込みは13日現在(郵便振替は8日現在)、1万1621件で総額1億6260万円に上るという。

 1万円以上を寄付した復興城主には「城主証」を交付。先着1万人には、同市出身の漫画家・尾田栄一郎さんが描く人気漫画「ワンピース」の描き下ろし原画を使ったグッズが送られる特典を付けていた。グッズは、申し込みから2か月をめどに「城主証」などとともに郵送されるという。

読売新聞


※申し込み先着1万人の限定グッズ

「復興城主」制度は11月1日から始まり、13日目にして熊本城の受付で直接申し込みの件数と全国のゆうちょ銀行から振込で申し込みの件数が1万件を超えたわけです。「郵便振替は8日現在」となっており、振込による申し込みの受付は直接申し込みするよりも数日の遅れが生じる模様です。まさか、こんなに早く1万人を超えるとは思っていなかった私は11日に振込で申し込みをしたのですけど、先着1万人の描き下ろしグッズに間に合っていない可能性が高いという、、、。

12月1日から先着で限定グッズが返礼になる益城町の「ふるさと納税」こそは逃さないようにしたいです・。・

Aコース:ブランケット(約75×100 cm)…先着2000枚
Bコース:エコバッグ、手ぬぐい、クリアファイル…先着3000セット


【熊本】 尾田栄一郎『ONE PIECE』で故郷を応援!熊本復興プロジェクト

拍手

≪ Next   │HOME│  Prev ≫

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]