LOGPIECE(ワンピースブログ)〜シャボンディ諸島より配信中〜 ワンピース好き達による討論番組「ワンピース・サミット」って?
ONE PIECEのBLOG、略してLOGPIECE。 ワンピースフィギュアを飾って楽しんでます。

シャボンディ新聞(twitter)
最新コメント
[11/17 Michaelfiply]
[11/17 てれさ]
[11/11 coppa]
[11/07 か]
[11/06 coppa]
[11/03 アリ]
[11/02 coppa]
[10/31 名も無き島民]
[10/30 coppa]
[10/27 名も無き島民]
ブログ内検索
懸賞金(アクセスカウンター)
-
NOTTV(ノッティーヴィー)?何それ、うまいの?という私向けにちょうどいい記事があったのでご紹介。

583d6c17.jpeg
※左から、柴田英嗣(アンタッチャブル)、宮地真緒、津田大介、鈴木みのる、セイワ太一(エルシャラカーニ)

映画『ONE PIECE FILM Z』公開記念! ワンピース達人たちによる討論バラエティーが放送
ドコモのスマートフォン向け放送局NOTTV(ノッティーヴィー)は、15日から公開されるアニメ映画『ONE PIECE FILM Z』に合わせたオリジナル番組『ワンピース・サミット』(12月2日スタート 毎週日曜 21:30~ 全6回 30日のみ12:00~13:30の90分拡大枠)で放送する。

同番組は、お笑い芸人やタレント、女優、放送作家、スポーツ選手など各界の"ワンピースの達人"が集結し、ワンピースについて熱い議論を展開する討論バラエティー。作品中のさまざまなエピソードについての持論や考察を交えつつ、最もアツいと思う戦いや憧れの船長などのテーマに沿って討論する。また、原作者の尾田栄一郎が描き下ろした映画のファーストシーンに繋がるオリジナルアニメ『GLORIOUS ISLAND(グロリアスアイランド)』も独占放送予定で、ワンピースファンなら誰しも大興奮の内容となっている。

2日に放送された第1回「ワンピースサミット」には、お笑いコンビ・アンタッチャブルの柴田英嗣、女優の宮地真緒、ジャーナリストの津田大介、プロレスラーの鈴木みのる、お笑いコンビ・エルシャラカーニのセイワ太一が出演した。

60ecfdb3.jpeg
※机の形が”D”になっている。

この頭は悪魔の実じゃありません!」と笑いを誘いつつ、作品のキーワードとされる"D"の机についた鈴木は「家に置いてワンピースパーティーをしたい」と大喜びで、宮地は大好きなキャラクター・ナミをイメージしたファッション、津田はトニートニー・チョッパーの帽子を被って早くもノリノリ。5人は、"ワンピースで最もアツいバトルは!?"という討論テーマで、それぞれの想いを語った。

アラバスタ編でのクロコダイル戦や空島編でのエネル戦、大監獄インペルダウン戦などのバトルエピソードが語られる中、宮地はチョッパーが初登場するドラム島編のワポル戦だと言い、「ルフィが塔の上の海賊旗を持って『ほらな、折れねェ』っていうシーンですごい泣きました」と熱弁すると、柴田も「俺も、ヒルルクが『よかった…病人はいねェのか…』っていう台詞で泣いた」と同調。さらに盛り上がったのが頂上戦争トーク。津田はエース奪還を賭けた頂上戦争を「海軍は正義を掲げてるけど、実は悪いこともしてるんだっていう事がストレートに描かれてる。現実の世界にリンクするものがありますね」とジャーナリスト目線で分析した。

ワンピースの作風についてのトークでは、第4回ワンピース王決定戦で優勝したセイワが「単純にギャグが面白いんですよね」と魅力を語ると、紅一点の宮地は「キャラクターが魅力的なので、女の子同士だと誰が好きかって話に絶対なる。大人目線の女子はシャンクスが好きって言うけど、私はサンジが好き」とにっこり。また、鈴木や津田、セイワらが漫画の扉絵にストーリーの伏線が描かれているという話題で活気づく中、「何それ?」とポカンとしていた柴田。鈴木に「知らないの!?本当にワンピースファン?」と突っ込まれ、「扉絵って何のこと? よく読んだ事がない」と大焦りする場面もあったが、収録後も議論が続くほど5人のトークは熱く盛り上がっていた。

9日に放送される第2回放送には、第1回で出演した柴田、宮地、津田のほか、お笑いコンビ・アメリカザリガニの柳原哲也、ONE PIECE THE MOVIEの2作品で脚本を担当した放送作家の伊藤正宏が出演予定。"付いて行きたい船長(キャプテン)は誰!?"をテーマに、キャラクターたちの魅力を語りつつ、5人の討論が繰り広げられる。

※以下、出演者インタビュー

――まずは、収録の感想をお聞かせください。

柴田「俺はワンピースに詳しい人くらいの知識はあるけど、芸能界屈指のワンピース好きのメンバーが揃ってるから、必死でしがみ付いていきました。知ってる風の空気を出さないと、視聴者からドヤされるなと思って」

宮地「詳しくなくても好きなだけで良いと思いますよ。私もパンダマンのことを知らなかったし、勉強になりました。今日は、ただただ素でしゃべれて楽しかったです!」

――ストーリーの伏線が隠されているという扉絵について盛り上がってましたね。

柴田「みんな凄くないですか!?『読んで無いんじゃないの?』みたいな雰囲気が出てたけど、漫画は全部キッチリ読んでる。好きなシーンを何回も読み返したりしてるし。ワンピースを好きな人は全員知ってるんですかね? みんな知ってたら、俺は赤面ものですけど……」

宮地「年齢層もあるし、全員が知ってるわけじゃないと思いますよー。私も2周目を読み始めてから気付きました」

――ワンピースを好きになったキッカケは?

宮地「実は最初、絵が好きじゃなかったんです。10代でジャンプも卒業してるので、あんまり魅かれなかった。でも、漫画好きの友だちが勧めてきたので、とりあえず読んでみたら『やばい! 面白い!』って思って、すぐに全部買い集めました(笑)。チョッパーと出会うドラム島編が一番好き」

柴田「あれはすっごい良かった! 心に沁みるエピソードだよね。でも、僕はやっぱりお笑い部分が好き。ハイキングベアが出てきた時に、ペコリってあいさつするのがすごいツボなんです(笑)。そういう細かいセンスがすごく好きなんですよね」

――ワンピースの中で、ご自分がなりたいと思うキャラクターはいますか?

柴田「理想はルフィ。なんてったって出番が多い! 人前に出たくてこの仕事をやってるわけですから、そこは拭えないです。でも、現実はウソップかなー。対戦とかはしたくないけど、だからと言って仲間は見捨てないところとかは似てるかもしれない」

宮地「私はハンコックになりたい! でも、無理をせずに自分でいられるのはナミかもしれない。あのくらいの露出なら出来るぞみたいな(笑)。人に弱みを見せないところは私もそうでありたいと思うし、ガメついところは一番共感できる。弱った時には頼れる仲間もいますしね」

――では、最後に番組PRをお願いします。

宮地「結構なマニアの方や初心者の方、そして子どもから大人まで楽しめる番組。アニメも一緒に放送されるので、ワンピースを見たことがない人でも、『こんなに面白いんだ!』って思ってもらえたらうれしいです」

柴田「ワンピースのこういう事は知らなかったなと思って悔しがって欲しいし、一層好きになって欲しい。ワンピースは友情とか誰かのために生きるみたいなメッセージが描かれていますし、自分の子どももルフィみたいな強い子になって欲しいと思ってます」

(マイナビニュース)


ワンピースマニアのおもしろアメリカ人Gregさんを参加させなさい〆


ワンピース関連番組情報 【映画公開直前版】
【映画】 NOTTV、尾田栄一郎書き下ろしオリジナルストーリーを独占放送 【Z】
【TVレポート】 第2回 ワンピースマニアVSワンピース歴代担当編集

拍手

この記事にコメントする
Vodafone絵文字i-mode絵文字Ezweb絵文字
NAME:
TITLE:
COMMENT:
無題
Greg
公式なとこでチョッパーの帽子を被りやがった大人なんてありえない。恥を知らないのかい??

^ザ・皮肉
2012/12/05(Wed)23:29:30
Re:無題
シャボンディ島民
今回のほこ×たてはフーガ君にチョッパーのキャラクターを取られて、帽子被れませんでしたもんね(笑 オーディションにチョッパー帽被って参加したの見えてましたよw

第1回ほこたて
http://onepiece.ria10.com/Entry/1744/
第2回ほこたて
http://onepiece.ria10.com/Entry/2237/
2012/12/07(Fri) 12:57
≪ Next   │HOME│  Prev ≫

[2246] [2245] [2244] [2243] [2242] [2241] [2240] [2239] [2238] [2237] [2236]