LOGPIECE(ワンピースブログ)〜シャボンディ諸島より配信中〜 【映画】 初日舞台あいさつ、篠原涼子「モドモド!///(照」 【Z】
ONE PIECEのBLOG、略してLOGPIECE。 ワンピースフィギュアを飾って楽しんでます。

シャボンディ新聞(twitter)
最新コメント
[11/20 ブロンディの小さなライオン]
[11/19 coppa]
[11/18 名も無き島民]
[11/17 てれさ]
[11/11 coppa]
[11/07 か]
[11/06 coppa]
[11/03 アリ]
[11/02 coppa]
[10/31 名も無き島民]
ブログ内検索
懸賞金(アクセスカウンター)
-


篠原涼子:「モドモド!」と“決めせりふ”披露 「ONE PIECE FILM Z」初日
 女優の篠原涼子さんが15日、東京都内で行われた劇場版アニメ「ONE PIECE FILM Z(ワンピースフィルム ゼット)」の舞台あいさつに登場。ゲスト声優として、セクシーな女科学者のアインを演じた篠原さんは「初日の喜びを演じた役で表現してください」という司会者のむちゃぶりに応えて、恥ずかしがりながらも「いきま〜す! モドモド!」と、劇中の技名にあたる“決めせりふ”を披露して、会場を盛り上げた。

 舞台あいさつには、ゲスト声優として参加している俳優の香川照之さん、脚本を担当した鈴木おさむさん、主人公・ルフィ役の田中真弓さんらレギュラー声優陣や長峯達也監督も登場。篠原さんは「初めての声優を務めさせていただいて、こんなにすばらしいキャストの皆さんと並べて光栄です」と笑顔であいさつし、「どんな年層の方でも泣けます。鳥肌が立ってしまって、帰りは大変だと思いますよ」と熱烈にアピール。香川さんは「ゼットという男が悲哀に満ちていて、お子様のみならず、大人も感動できる作品になっています。見どころですね」と語った。篠原さん演じるアインはゼットの部下で、香川さんもゼットの部下・ビンズの声を担当した。

 また、マンガの連載が始まったときからのファンだという鈴木さんは「今回は(作る側の)乗組員として作品に参加させていただいた。皆さんが見たいものを作るプレッシャーもあったんですがいいものができた」と胸をなで下ろし、峯監督は「ルフィより(映画に出てくる)ゼットの方が思い入れが強いので、(原作者の)尾田(栄一郎)さんとのやりとりで、よく『ルフィが主役なんだよ』と怒られた」と制作の裏話を披露。田中さんは「作品には、道しるべになる言葉がたくさんある。“心のおみやげ”を持って帰ってほしい」と熱く語っていた。

(毎日新聞デジタル)

cats3.jpgcats4.jpg


『ONE PIECE』ルフィが衆院選投票を呼び掛け!
 15日、丸の内TOEIで『ONE PIECE FILM Z ワンピース フィルム ゼット』初日舞台あいさつが行われ、声優の田中真弓が主人公ルフィの声で「明日はルフィに清き一票を。ぜひ選挙に行って、それから『ワンピース』をご覧ください」と衆院選への投票を呼び掛ける一幕があった。この日はゲスト声優の篠原涼子、香川照之も登壇した。

 メイン声優がそれぞれのキャラクターのセリフを披露すると、集まったファンは「うわー、やられた」と応えるなど、会場はノリノリ。そんな中、少し緊張気味だったのが篠原と香川。コメントを求められると、香川は「セリフは一つしかないんですよ」と困惑しながらも、「モサモサ」と叫ぶ。一方、ネオ海軍の美女アインを演じた篠原は、薄いピンクのコンサバ系ファッションに身を包み、劇中に出てくる能力「モドモドの実」にちなんだ「モドモドー」というセリフを披露し、会場の雰囲気に溶け込んでいた。

 また、篠原と香川はそれぞれ男の子の親でもある。子どもたちも『ワンピース』ファンだといい、来場者プレゼントを持って手を振るファンたちに香川は「うちの子ももらっているはず」と長男の五代目市川団子が会場にいることをほのめかしていた。

 最後に田中は「『ワンピース』は最悪の敵を倒して終わりではない。『ワンピース』って道しるべになる言葉がいっぱいあってそれがお土産になります」と作品をアピールしていた。本イベントにはほかに、声優の岡村明美、山口勝平、平田広明、大谷育江、山口由里子、矢尾一樹、チョー、そして長峯達也監督と脚本の鈴木おさむが参加した。

 本作は週刊少年ジャンプ連載中の大ヒットマンガの劇場版最新作。伝説の元海軍大将・ゼットとおなじみルフィ率いる麦わらの一味との激闘を描く。篠原と香川はゼットの部下の声を演じる。

(シネマトゥデイ)

おいおい待ってくれ! ルフィが主人公なんだよ!「ONE PIECE FILM Z」初日舞台挨拶レポ
「『この船の海賊王は誰……』じゃない、何だっけ?」とサンジ役の平田広明。
「海賊王じゃないよ。『この船の航海士は誰?』だからね!」と間髪入れずツッコミを入れるナミ役・岡村明美。

サニー号の船上のようなボケとツッコミの応酬が繰り広げられたのは、15日(土)から全国公開された映画「ONE PIECE FILM Z」の初日舞台挨拶。映画の中と同じ海賊衣装をまとったレギュラー声優陣が、丸の内TOEIの舞台上に登壇した。

「8000人の部下たちよぉ、楽しんでけよぉー!」(ウソップ役・山口勝平)
「ここにいる人たちが一斉につぶれたら、この会場は赤く染まるかしら?」(ロビン役・山口由里子)
「スーパーぁ!に、盛り上がってくれるかぁい」(フランキー役・矢尾一樹)
「今日は皆さんに会えて、私ホント、生きててよかったぁぁぁぁ」(ブルック役・チョー)

それぞれのキャラクターに成りきって、3年ぶりの劇場版公開初日の喜びを表現する麦わらの一味。
ルフィ役の田中真弓はヒット祈願の雄叫びをあげる。
「ゴムゴムのぉ、ギガントヒットぉぉぉぉ!」
この宣言通り、映画前売券の売り上げは前作「STRONG WORLD」から150%もUPし、本年度最速、公開わずか2日間での観客動員数100万人突破を果たした。

ひとしきりキャラクターに成りきっての挨拶を終え、一息つく麦わらの一味に対して、
「楽しみにしているファンの皆さんに、演じているキャラクターの声で初日の喜びを表現していただきたいと思います」ともう一度コメントを求める無茶ぶり司会者。

矢尾「俺、さっきもうやっちゃったよ」
山口勝「何?何? 目があったらやらされるの?」
大谷「できた人からの挙手制ですか?」
矢尾「大喜利じゃねーんだから」
と牽制しつつも、いざマイクを向けられると、まずチョッパー役の大谷育江が、
「こんなにたくさんの人がすごく楽しみにしてくれるなんて……嬉しかねーぞ! コノヤローがぁ」
と、小さな体からチョッパー流照れ隠しの声を絞り出す。

「あんたがどれだけ強くても、大ヒットの予報は外れないッ!」(ナミ役・岡村明美)
「映画の大ヒット祈願&御礼を込めて、みんなにぃーアリガト星!アリガト星!アリガト星!」(ウソップ役・山口勝平)
「この勢い、初日で終わらなければいいけど……」(ロビン役・山口由里子)

チョッパーに続いて、文句を言いながらもしっかり演じる麦わらの一味。
マイクを隠して必死に拒否していたフランキー役の矢尾は、「冗ー談じゃないっわようっ」と懐かしのボンちゃんで場をごまかす。

平田「出てんのか?出てんのか? この映画に!」
矢尾「お楽しみです。ひょっとしたらどこかに出ているかもしれません」

トリを務めることになったブルック役のチョーさん。
「私がトリですかぁ??」と驚きつつも、「体を使って表現したいと思います。『鼻唄三丁、Z斬りっ』」と決めポーズ。正座の姿勢から背中を一気に反り、両手を前に突き出す。でも、ブルックの絵を思い浮かべると、なんだかキョンシーポーズのようにも見えてくる。

レギュラー声優陣の体と声を使った盛り上げに、ゲスト声優の二人、篠原涼子と香川照之も加わる。
香川が演じたのは元海軍大将ゼット率いるNEO海軍の幹部・ビンズ。植物を操る“モサモサの実”の能力者だ。

「これだけ盛り上がった会場を久しぶりに見て、ワクワクしています。ワンピースの世界に入れて、今日、改めて『ありがたい作品に出会えたな』と実感しています」と真面目に挨拶する香川に対し、横から「澤瀉屋(おもだかや)! 澤瀉屋!」と歌舞伎(市川中車)の屋号を叫ぶ平田広明。
悪ノリした田中真弓は「ヘルシア! ヘルシア!」と叫んで平田から平手でツッコミを受ける。
「すみませんでした」と一味を代表して香川に謝る平田の隣で、申し訳なさそうな顔をする田中。でも、それがさらに観客の笑いを誘う。

同じくNEO海軍の幹部・アインを演じた篠原。人を若返らせることができる能力“モドモドの実”の能力者だ。
「モドモドぉ~!」と劇中の決め台詞を叫ぶと、「香川さんの(決めゼリフ)も見たい見たーい」と無茶ぶりをする麦わらの一味たち。
「え? 僕なんか、セリフ、一個しかないんだよ???」とはじめは嫌がりながらも、しっかり「モサモサぁ!」と絶叫する。

ひとしきり盛り上がった後、
「青キジがお好きだと言う香川さんにお聞きします」と、ようやく映画の内容についてのトークに移行した。
「え……僕、赤髪のシャンクスが好きなんですけど……」と笑いを誘いつつ、「この映画の中で、本当に青キジがポイントになっている。また青キジの登場シーンがカッコいいんです。『ヒエヒエ(の実)食べてんのに、そこ?』っていうね(笑)」と青キジの登場シーンを挙げる。

ゼットと青キジ、二人の「元・海軍大将」の生き様が今作の大きな見どろこだ。この日の舞台挨拶には参加できなかったゾロ役・中井和哉もプレミアム試写会において「青キジがめっちゃかっこいい。心の中では“エピソード・オブ・青キジ”と呼んでいます」と語っていたほど、青キジが物語のキーとなっている。

青キジ配役の理由については、脚本・鈴木おさむから明かされた。
「『ゼットという元海軍大将の男の話にしたい』ということを尾田さんに初めて伝えたとき、原作はその頃まだ魚人島に入る前の段階だったんですけど、『実は海軍は、今、こうなってるんですよ』という尾田さんのプランを聞かされたんですよ。原作で赤イヌと青キジの決闘が明かされるずっと前にそのことを聞かされて、『そんなことになっているんならそれこそ(青キジを)映画の中で出させてもらえないか』という提案を、監督・スタッフとともに尾田さんに言いに行ったんです。それを尾田さんがOKしていただいて、そこからもっともっと、作品を肉付けしていったんです」

長峯達也監督によると、原作者にして映画の総合プロデューサーも務めた尾田栄一郎とは、完成までかなりのぶつかり合いがあったと言う。
「ゼットとルフィの“信念”のぶつかり合いに熱くなって欲しくて、頑張りました! でも、尾田さんとのやりとりが、かなりガーッと……(苦笑)。ゼットはこの映画のためのキャラクターなので、どうしても割と、僕はゼットのほうに感情移入してしまって、尾田さんから「おいおい待ってくれ! ルフィが主人公なんだよ!」と言われて、「あぁ!そうだった!」というやりとりを延々続けてきましてね(笑)」

作中のゼットとルフィのような「信念のぶつかり合い」が繰り広げられていたのだ。
鈴木おさむも「尾田さんがある日『ゼットが生まれてからどういう人生を送ったか』ということを字と絵で描いてくれたんです。だから尾田さんの血を通して出来たキャラクター。青キジとどういう関係なのか、ということまで含めて楽しんでいただければと思います」とエピソードを披露。

(エキレビ!)

da6ced24.jpeg

「ONE PIECE FILM Z」“比較外”の猛ダッシュに篠原涼子、香川照之も感動
 人気アニメの3年ぶりとなる映画「ONE PIECE FILM Z」が12月15日、全国300スクリーンで封切られ、各地で驚異的なスタートダッシュを見せた。

 原作者の尾田栄一郎氏が初めて総合プロデュースを手がけた2009年の「ONE PIECE FILM STRONG WORLD」は188スクリーンで興収48億円の大ヒット。今回は公開規模を大幅に拡大し、全国101スクリーンでは日付が変わる午前零時から上映をスタートさせる措置を取った。

 配給の東映によれば、前売り券の売り上げは前作対比で150%。入場者プレゼントとして先着200万人に配られる尾田氏描き下ろしのコミック「千巻」とプラスアルファの特典が入った「海賊の宝袋」の効果もあって、この日収容予定の80万余の客席数は午前中の段階で7割以上が埋まっているという。

 メイン館の東京・丸の内TOEI1では、田中真弓、岡村明美、山口勝平らメインキャラクターの声優陣がそろって舞台挨拶。ゲスト声優として参加した篠原涼子と香川照之も駆けつけた。

 田中がのっけから「海賊王に、俺はなる」と主人公ルフィの声であおると、客席は大歓声で呼応。さらに、「ゴムゴムの、ギガント、ヒット~」とボルテージを上げると、ファンは一斉に「うわあ~、やられたあ~」とリアクションを取って盛り上げた。

 その後は岡村がナミ、山口がウソップと、それぞれのキャラの名セリフを披露。この“ノルマ”を課せられた香川は「それこそムチャぶりですね」と苦笑いを浮かべながらも、唯一のセリフ「モサモサ」と叫び、ファンの「うわあ~、やられたあ~」を気持ちよさそうに聞き入っていた。

 香川は、長男の政明くんが客席にいることも明かし、「子どもはもちろん、大人も楽しめて感動できます。もっともっと『ONE PIECE』を愛し、好きになることを確信しています」と宣言。篠原も「参加できて光栄。どの年齢層でも泣ける最高の作品です。鳥肌が立って、帰りは大変かもしれません」と笑顔でPR。そして田中が、「『ONE PIECE』には道標となる言葉がたくさんあります。それをそれぞれの心に刻んで、お土産として持って帰ってほしい。そして明日(16日)は、ぜひ選挙に行ってください」と総選挙も含めたアピールで締めくくった。

 東映関係者によれば、「海賊の宝袋」の組み合わせは130種類以上にもなり、かなりのリピーターが見込めると予想。「前作との単純な比較はできないが、ものすごい勢いであることは間違いない」とうれしい悲鳴を上げていた。

(映画.com)


130種類以上!?
スタンプが20種類で、スクラッチの「アタリ」「ハズレ」の2通り、他の3・4通りの違いって何ですかね??
そして「ONE PIECE AWARD」の際も見られましたが、声優陣の間ではなぜか武藤敬司が流行っているようですw

cats2.jpg


【映画】 ドレスコードは「海賊」!「ONE PIECE AWARD」六本木で開催 【Z】
【映画】 入場者プレゼント、今年はコミックス第千巻 【Z】
【やる夫AA】 とあるやる夫の休日 【Z観賞編】

拍手

この記事にコメントする
Vodafone絵文字i-mode絵文字Ezweb絵文字
NAME:
TITLE:
COMMENT:
無題
pum
舞台あいさつの動画の続きはないんですか?!

ポストカードとシールも何種類かあるみたいですよ!
2012/12/16(Sun)22:49:13
無題
ふぁらお
初めまして!いつもROMっていたものですwwこれからはちょくちょくコメントしようと思うので、よろしくお願いします!

とりあえず映画見てきましたよ

個人的にSWより良作でした^^まじナミかわええんでゼット男すぎ感動しましたわー
2012/12/17(Mon)22:12:05
無題
シャボンディ島民
>pumさん

動画はこれだけですが、「エキレビ」の詳細レポート記事を追記したので、そちらをご覧ください。

「海賊の宝袋」については、明日また映画を観に行くので、実際確認してみます。

>ふぁらおさん

どもです。
完成度という点ではSWの方が上だと思いますが、観終わった時の満足感はZの方が上かもしれません。映画観て、千巻読んで、また観たくなる映画ですね。
2012/12/17(Mon)23:28:19
≪ Next   │HOME│  Prev ≫

[2284] [2283] [2282] [2281] [2280] [2279] [2278] [2277] [2276] [2275] [2273]