LOGPIECE(ワンピースブログ)〜シャボンディ諸島より配信中〜 尾田栄一郎「我々のような職業は、皆さんの生活が充実してから成り立つ」
ONE PIECEのBLOG、略してLOGPIECE。 ワンピースフィギュアを飾って楽しんでます。

シャボンディ新聞(twitter)
最新コメント
[05/17 coppa]
[05/11 coppa]
[05/09  ]
[05/07 名も無き島民]
[05/03 coppa]
[05/03 coppa]
[05/03 名も無き島民]
[04/19 てれさ]
[04/16 名も無き島民]
[04/16 coppa]
ブログ内検索
懸賞金(アクセスカウンター)
-
アニメ劇場版『エピソードオブチョッパー+』(2008)の主題曲を担当したDREAMS COME TRUEの中村正人さんが、お互いにファンで親交のある栄ちゃんのエピソードをラジオで話してくれたみたいです。

ドリカム中村正人を励ました「ONE PIECE」作者の言葉とは?

吉田美和さんと中村正人さんの音楽ユニット・DREAMS COME TRUE(以下、ドリカム)がCDデビュー30周年を迎えました。これを祝し、TOKYO FMでは、デビュー記念日当日となる3月21日(木・祝)に、特別番組「TOKYO FM ホリデースペシャル ENEOS presents DREAMS COME TRUE 30th Anniversary Party」を生放送しました。

番組では、パーソナリティのLOVEと中村さんの生対談をお届け。デビューから10年ごとに区切り、思い出を振り返りました。

(中略)

そして、2009年~2018年。この10年間、日本は多くの災害に遭いました。東日本大震災の際は、音楽の無力さを感じたそうです。そんなとき中村さんを励ましたのは漫画「ONE PIECE(ワンピース)」の原作者・尾田栄一郎さんだったとか。

尾田さんは、「衣食住が先にあって、エンターテインメントは次にやってくる。我々のような職業は、皆さんの生活が充実してから成り立つ。いま音楽がどうの、とか悩んでいる場合じゃないですよ」と告げたそうです。
中村さんは、「さすが尾田っちだな、と思った」と当時を振り、「これからも、できることをやっていかなきゃいけない。何が起こるかわからないので」と、思いを語りました。(後略)

TOKYO FM +


非の打ち所がない正論ですが、どうしてこうも栄ちゃんは達観していて、そして、ずっと年上の中村正人さんにこういう言葉をはっきり言うことができるのか、疑問に思うことがありますね。連載で睡眠を削っている分、人より長く生きているんでしょうか(真剣)。

拍手

この記事にコメントする
Vodafone絵文字i-mode絵文字Ezweb絵文字
NAME:
TITLE:
COMMENT:
≪ Next   │HOME│  Prev ≫

[4812] [4811] [4810] [4809] [4808] [4807] [4806] [4805] [4804] [4803] [4802]