LOGPIECE(ワンピースブログ)〜シャボンディ諸島より配信中〜 【最新話】 ワノ国 第三幕 開幕 【第958話】
ONE PIECEのBLOG、略してLOGPIECE。 ワンピースフィギュアを飾って楽しんでます。

シャボンディ新聞(twitter)
最新コメント
[10/15 coppa]
[10/15 coppa]
[10/08 名も無き島民]
[10/08 ななし]
[10/05 coppa]
[10/04 Yd]
[10/04 coppa]
[10/03 名も無き島民]
[10/03 ななし]
[09/30 ななし]
ブログ内検索
懸賞金(アクセスカウンター)
-
第958話「約束の港」

TOPICS
・光月おでん
・決戦の集合地


・光月おでん
 
前話の最後でセンゴクが光月おでんの話題に触れていましたが、本話の冒頭では25年前のロジャー海賊団の様子が描かれ、光月おでんが登場しています。「ワノ国がなぜ国を閉ざすのか」疑問を持って海に出た おでん はこの時にワノ国を開国させる意思を固めたようです。

25年前といえば、ロジャー海賊団のラフテル到達前後になりますが、おでんが「お前について来てよかった ロジャー」と言っていたり、ロジャー海賊団の力は借りずに「ワノ国を開国し20年以上先の”未来”を待つとしよう」と宣言する おでん に対してロジャーは「やろうぜ おでん」と言い、おでんは「やるぞ ロジャー」と答えていることから察するに、この回想はロジャー海賊団がグランドラインを制覇し世界の真実を知った後の回想だと考えられます。ロジャーが感謝しているのは古代文字を読める おでん が付いて来てくれたことでしょう。

900年前から始まる”空白の100年”の秘密を知ったロジャー海賊団は時期尚早と判断して特別に何か行動したわけではなく、ロジャーの健康面の問題もあってか船長命令で解散され、1年後にロジャーの自首と処刑から大海賊時代の幕開けとなります(506話)。この時点でロジャー本人も含めてロジャー海賊団の船員達がその後のロジャーが仕掛ける大海賊時代を誰も予測していないだろうと思うのですが、彼らがこの時点で少なくとも20年先の”未来”に託すという共通認識を持っているのは興味深いところです。

なぜなら、トキが錦えもん達を20年も先の未来に飛ばした理由はこれまで明らかになっていなかったからです。おでんが処刑される時には既にロジャーが仕掛けた大海賊時代という種が蒔かれて4年が経っている状態で、おでんの読みではあと20年後には時が満ちているという認識だったのかもしれません。20年後の現在が おでん の期待通りの時代になっているかは分かりませんが、ワノ国にはルフィ達がやって来ました。また、ワノ国を開国することに、どういう意図があるのかも分かりませんが、やはり おでん のこの考えは”世界の秘密”を知った上での結論だった、しかもそれはロジャーがやろうとしていたことに同調するものであることが、今回の回想から窺えます。結局、それはネコマムシ やペドロが言う「世界の夜明け」に繋がるのでしょうけど、それが明らかになるのはもう少し先のようです。



また、おでんはこの回想でもシルエットのままです。今回の回想が絶好のタイミングだったような気がするのですが、引っ張る理由があるとすれば、おでんの背中に見える帽子のようなものが関係しているかもしれません。何だか麦わら帽子のように見えるのですが……。なお、この時、シャンクスは麦わら帽子を被っています。マリージョアにも謎の麦わら帽子(906話)がありましたけども???



・決戦の集合地
ワノ国編 第三幕が開幕となり、決戦の当日。前日に編笠村を先に出発し、集合地の「兎丼」の常影港に着いた錦えもんの一行は愕然とします。なぜなら、港は攻撃された跡があり、船は一隻もなく、誰一人見当たらないからです。制圧した「兎丼」の採掘場にも誰一人居なかったという話です。同盟の他の者に呼びかけても、スマシは一切反応しません。これは一体どういうことなのでしょう?事件は既に昨夜起きていたようです。

変更になった集合場所はオロチにバレていたことから(954話)、港を襲撃された可能性はありますが、負傷者がいないというのは解せません。捕らえられたのであれば囚人採掘場に連行されている可能性もありますが、採掘場には誰一人居なかったわけです。

一方、「白舞」の刃武港からはオロチの神輿船が鬼ヶ島に向けて出航しています。ロビンが仕入れた情報ではカイドウの兵力が約2万人、オロチの行列が約1万人で鬼ヶ島の敵は計約3万人(955話)という話でしたが、オロチは「総勢四万の大宴会」だと言っています。1万人はどこから増えたのでしょう。アプーと共に帰って来た「ナンバーズ」(954話)とビッグ・マム海賊団の勢力を加えて1万人ということでしょうか?

気がかりなのはもう一つ。今回の宴では、狂死郎が都の留守番をするという話です。狂死郎といえば、オロチ軍の一番の戦力のように見えるため中ボス感があったのですが、居残りですか、と。狂死郎は20年前はワノ国で知られていなかった名前で、これまでの行動からは敵なのか味方なのか正体はよく分かりません。特に小紫の件(933話)で、結果的に日和が助かっていますが、それついては未だ詳細が明らかになっていません。

さらに赤鞘九人男の一人、傳ジローがまだ見つかっていないことから、狂死郎=傳ジローという線は見えてきます。仮に狂死郎が実は味方だったとすると、常影港に集合しようとしていた同志たちを何かしらの手段によって別の安全な場所に移動させた可能性はあります。しかしそうなると、どうして錦えもん達だけ仲間外れになっているのか不自然になってきます。それであれば、何かしらの”スタンド”攻撃を受けていて実際には皆そこに集合しているのに互いの姿が見えないという状況の方が納得できるわけですが、その能力は悪魔の実らしくないんですよね・・;

このままでは圧倒的に不利な状況は明白で、何かトリックがあるはずですが、本当に壊滅的な被害を受けたのだとすれば、状況を打開するにはネコマムシが白ひげの残党と傘下の海賊団を引き連れてワノ国にやって来る他ないですね。。

拍手

この記事にコメントする
Vodafone絵文字i-mode絵文字Ezweb絵文字
NAME:
TITLE:
COMMENT:
無題
ななし
ルフィが逃走するはずもないので、どこかで内通者がいることに気付いた賢い組(ナミ、サンジ、ロビン)がその正体を暴くため麦わらの一味でなにか作戦を?と考えました
それなら裏切者がいる可能性のある赤鞘を仲間外れにする理由にはなります。
これまでそんな伏線はありませんでしたが…

カリブーが収容しどこかに隠れているなんて意見も見かけましたが、窒息しませんかね…
2019/10/08(Tue)10:43:28
Re:無題
シャボンディ島民
カリブーのヌマヌマのキャパには限界があったはずで、さすがに4000人も収容できないとは思いますが、スマシで連絡がつかない説明には都合がいいですね。
2019/10/08(Tue) 22:23
≪ Next   │HOME│  Prev ≫

[4989] [4988] [4987] [4986] [4985] [4984] [4983] [4982] [4981] [4980] [4979]