LOGPIECE(ワンピースブログ)〜シャボンディ諸島より配信中〜 【ニュース】 アニメや漫画の海賊版サイト駆除に国が乗り出す 8月から
ONE PIECEのBLOG、略してLOGPIECE。 ワンピースフィギュアを飾って楽しんでます。

シャボンディ新聞(twitter)
最新コメント
[11/20 ブロンディの小さなライオン]
[11/19 coppa]
[11/18 名も無き島民]
[11/17 てれさ]
[11/11 coppa]
[11/07 か]
[11/06 coppa]
[11/03 アリ]
[11/02 coppa]
[10/31 名も無き島民]
ブログ内検索
懸賞金(アクセスカウンター)
-

アニメなど海賊版サイトを駆除へ

違法にコピーされた日本のアニメや漫画をインターネットのサイトで無料公開する、いわゆる海賊版の被害が後を絶たないことから国が、アニメ制作会社や出版社などと協力し、来月から大規模な駆除作戦に乗り出すことになりました。

アニメや漫画を巡っては世界中にファンが広がり、国も作品を海外発信する際には補助するなど日本の文化と位置づけて、輸出に力を入れています。
その一方で、中国を中心に違法にコピーされたいわゆる海賊版をインターネットで無料公開するサイトが後を絶たず、文化庁の推計ではこの1年間で、著作権の侵害による被害の総額は中国の違法サイトによるものだけでも少なくとも5600億円に上るということです。

こうした事態を受けて、国は国内のアニメ制作会社や出版社など15社と連携して、新たに海賊版サイトの大規模な駆除作戦に乗り出すことになりました。
具体的には、来月1日以降、国が把握している海外のおよそ580の海賊版サイトの運営者に一斉に削除要請するとともに、数百円程度支払えば、新作を含むおよそ250の作品が見られる正規版のサイトに誘導するサイトを新たに公開し、ファンを増やすということです。

経済産業省商務情報政策局の中井健太さんは「海外のファンの方々に日本の作品を、合法的に安心して見てもらう一方で、アニメ制作会社や出版社などに利益がきちんと還元される仕組みを作っていきたい」と話しています。

NHKニュース



経産省「消さないと○百億円の損害賠償訴訟を起こしますよ」


この手の被害額の計算は、実際の販売額に視聴数やダウンロード数を単純にかけて算出しているもので、正規サイトに誘導していたら実際に得ることができたはずの売上額とはならないのですが、例えば海賊版の視聴やダウンロードが年間1000万件あるサイトについては、被害額が1件100円だとしても総額は10億円になります。当然払えるわけないですが、実際に訴訟が起きれば、今までに得た広告収入などは没収されるかもしれません。

果たして作戦はうまくいくのか。アニメ制作会社の生命線は”円盤”が売れることなので、海外での収益が増えれば、それだけメーカーが潤うので海賊版対策は日本のアニメ産業にとって重要な課題です。続報を待ちましょう。

そういえば、例のネタバレサイトの件「【ニュース】 ネタバレサイト終了のお知らせ?出版社が”断固たる措置”の方針へ?!」の続報は未だ出ていませんね(察し

追記)

マンガ・アニメを海賊版から守る「MAG PROJECT」始動、大規模削除活動展開

 日本の出版社およびアニメ関連企業15社が参加する「マンガ・アニメ海賊版対策協議会」と、一般社団法人コンテンツ海外流通促進機構(CODA)は、日本のマンガ・アニメを全世界で守り、良質な作品を生むプロジェクト「MAG(Manga-Anime Guardians) PROJECT」を7月30日より展開する。

 マンガやアニメなどのコンテンツの海外展開で大きな障害になっている海賊版への対策のほか、正規コンテンツの普及も図る。文化庁が2012年度に行った調査によると、中国主要都市(北京・上海・広州・重慶)での日本のコンテンツの被害額は年間約5600億円と推計されている。経済産業省が2013年度に行った調査では、米国での被害額は約2兆円と推計されている。

 また、経済産業省の同調査からは、海賊版を利用しなくなる理由として「海賊版が見られなくなること」「正規配信が増えること」が分かっている。MAG PROJECTは、海賊版の削除を行う一方で、ファンを海賊版から正規版サイトへ誘導する仕組みを構築し、国内外の視聴者に対して普及・啓発を行う。

 海賊版の削除は、マンガ約500作品、アニメ約80作品について、8月1日より約5カ月に渡って実施。対象作品は、ネット上での侵害が確認できており、正規流通している/する予定があることが条件としている。対象サイトは、マンガでは、オンラインリーディングサイト、ストレージサイト、Torrentサイトアニメでは、UGCサイト(動画共有・投稿サイト)、ストレージサイト、リーチサイト、Torrentサイトとなる

 また、7月30日より、マンガ・アニメの正規版リンク集サイト「Manga-Anime here」を開設するほか、啓発活動第1弾として、「鉄腕アトム」のアトム、「名探偵コナン」の江戸川コナン、「ONE PIECE」のポートガス・D・エース、「進撃の巨人」のミカサ・アッカーマンなど、54年にわたる全42作のマンガ・アニメのキャラクターが「マンガ・アニメを愛するみんなへ。」「ありがとう」とメッセージを送るスペシャル動画「Thanks,friends」を配信楽曲は影山ヒロノブ氏が率いるJAM Projectのほか、石田燿子氏、佐咲紗花氏、米倉千尋氏が参加するオリジナルとなる。

INTERNET Watch


動画共有サイトが対象ということは、動画リンクのまとめでアフィリエイトを行っている日本のサイトにも影響を及ぼすようです。削除対象となるのは出版社及びアニメ関連企業約40社のコンテンツで、特に出版業界においては、2015年1月1日の改正著作権法(※電子書籍の「出版権」が認められ、電子書籍の海賊版に対して差し止めを請求できる)の施行を視野に入れた著作権保護を推し進めていくとのことです。ちなみに、NHKが報道した580の海外サイトというのは、削除対象の作品の間違いのようです。

■マンガ・アニメ海賊版対策協議会
・委員企業(50音順)
株式会社アニプレックス
株式会社KADOKAWA
株式会社グッドスマイルカンパニー
株式会社講談社
株式会社サンライズ
株式会社集英社
株式会社小学館
株式会社小学館集英社プロダクション
株式会社スタジオジブリ
株式会社手塚プロダクション
東映アニメーション株式会社
株式会社トムス・エンタテインメント
株式会社バンダイナムコゲームス
株式会社ぴえろ
株式会社ブシロード

・オブザーバー
経済産業省
文化庁
(以下50音順)
コミック出版社の会
一般社団法人コンピュータソフトウェア著作権協会
デジタルコミック協議会
一般社団法人日本雑誌協会
一般社団法人日本商品化権協会
一般社団法人日本動画協会

■協力(50音順)
上記「マンガ・アニメ海賊版対策協議会」の委員企業だけでなく、下記の方々に本事業にご賛同・ご協力頂いています。特に出版業界においては、2015年1月1日の改正著作権法の施行を視野に入れた著作権保護を推し進めて参ります。

株式会社アイティープランニング
株式会社アース・スターエンターテイメント
株式会社秋田書店
株式会社朝日新聞出版
株式会社一迅社
株式会社一水社
株式会社NHKエンタープライズ
株式会社宙出版
株式会社京都アニメーション
株式会社幻冬舎コミックス
株式会社実業之日本社
株式会社祥伝社
株式会社少年画報社
シンエイ動画株式会社
株式会社新書館
株式会社新潮社
株式会社スクウェア・エニックス
株式会社竹書房
株式会社TBSテレビ
株式会社テレビ東京
株式会社東宝
株式会社徳間書店
日本テレビ放送網株式会社
株式会社日本文芸社
株式会社白泉社
株式会社双葉社
株式会社芳文社
株式会社マッドハウス
株式会社メディアックス
株式会社リイド社
リブレ出版株式会社

■企画・制作協力(50音順)
エクスアーツジャパン株式会社
株式会社カル
JAPACON
DAISUKI株式会社
Tokyo Otaku Mode Inc.
株式会社博報堂/株式会社博報堂ケトル
株式会社ヒューマンメディア
株式会社ランティス


漫画・アニメの正規版リンク集サイトはこちら→http://manga-anime-here.com/

スペシャル動画「Thanks,friends」はアニメ、漫画の「ありがとう」のシーンを切り取った出版社・アニメ関連会社15社公式の本当にスペシャルなMAD動画になっています。エースの「ありがとう」はもちろんあのシーンです。



このニュースを受けての中国インターネットユーザーの反応はこちら↓

日本のアニメ業界が海賊版撲滅に本腰、「日本は本当に愚かだ」「数百円なら払うが・・」―中国ネット

日本のアニメ制作会社や出版社が海賊版を駆除するために来月から大々的な措置を取ることをNHKが28日に報じたところ、日本アニメが絶大な人気を誇る中国国内の愛好家からは、さっそく様々な反応が出てきている。

NHKによると、アニメ制作会社と出版社の15社が共同で、8月1日以降中国を含む海外に存在する約580の海賊版動画サイトに対して一斉に削除要求を出し、数百円を支払うことで正規版を視聴できるサイトへの誘導を図るという。

中国向けアニメ動画サーバーでは、新作の日中同時発表や、公式の中国語字幕が用意されるという。

このニュースに対して、中国のネットユーザーからは以下のようなコメントが寄せられた。

「やめてくれ。私のワンピースが、ハンター×ハンターが!!」
日本人は本当に愚かだな。大陸に海賊版が出回り続けるからこそ、日本アニメは市場を独占できているのに
「見たいアニメが中国で見られなくなってしまうのが心配」
「支持するが、『壁』を越えられてしまうのでは」
「もう長いこと日本アニメは見ていない」
「米国ドラマを見つつ、日本アニメを見る。こんな暮らしができなくなる」
「不景気なんだな」
「マンガが見られればいいさ」
「数百円なら払うよ。大事なのはモザイクとかカットとかがないことだ
合理的な価格であれば、受け入れられる

XINHUA.JP

日本がアニメの海賊版サイト駆除へ=「韓国とは違うな」「中国での人気は海賊版のおかげ!」―中国ネット

2014年7月28日、日本が8月からアニメや漫画の海賊版の大規模な駆除へ乗り出すことがわかり、中国のインターネット上にも波紋が広がっている。

国はアニメ制作会社や出版社など15社と連携して、現在、把握している580余りの海賊版サイトに対して削除を要請する。日本文化庁の統計によると、海外の海賊版サイトは数えきれないほどあり、なかでも中国が最も多い。過去1年間の著作権侵害の被害額は5600億円に上るという。

このニュースに、中国版ツイッターには多数のコメントが寄せられている。

「じゃあ、今後アニメが見られなくなるのか?」
「好きなのは今のうちにダウンロードしておいた方がいいぞ!」
「日本は各方面で中国に対抗し出したな」

「日本人と韓国人はまさにここが違う。韓国は海賊版を利用して韓流を広めた」
「海賊版をつぶしたら、彼らの損失はもっと大きくなるんじゃない?」
「日本人はバカだな。海賊版があるからこそ、中国のアニメ市場を独占できているのに」

「そんなにたくさんのサイトで海賊版が見れたのか」
「ネットじゃなくて買って見ればいい」
「中国では普通には放送されないからな」

「アニメがなくなったらお先真っ暗」
「今後は不便になるけど仕方ない。それでも好きだから」
「金を払うのは問題ない。閲覧できなくなるのは困る」

Record China


さすが政府が近隣国に対して海賊行為を行っているだけあって、国民も言う事が違いますね。違法行為を正当化してしまうのですから。「モザイクとかカットとか」と言っているのは、正規版になると中国での規制を受けてしまうということです。発禁図書に指定されている『デスノート』は読めるはずもないですね(これは可哀想)。

また、海外に正規版がない場合は海賊版があっても実質的な被害がないと思われる方もいるかもしれませんが、それを日本人が利用する場合があればやはり著作権だけの問題ではなくなります。とにかく、今までインターネット上で違法行為が罷り通っていたのが、ちょっとずつ法律と行政が時代に追いついてきて正常化され、いずれはそれが”当たり前”の状態になることでしょう。まぁ、あんまり例えたくないですけど感覚的には消費増税と同じだと思います。

それにインターネット上の海賊版は発見しやすく、寧ろ検挙しやすいのではないかと。


【中国】 中国政府「日本の漫画・アニメの浸透が国家の安全を脅かす」
【ニュース】 偽フィギュア販売容疑で中国籍の会社員 逮捕
【ニュース】 中国の「ONE PIECE」海賊版フィギュア販売業者が行政摘発

拍手

この記事にコメントする
Vodafone絵文字i-mode絵文字Ezweb絵文字
NAME:
TITLE:
COMMENT:
≪ Next   │HOME│  Prev ≫

[3230] [3229] [3228] [3227] [3226] [3225] [3224] [3223] [3222] [3221] [3220]