LOGPIECE(ワンピースブログ)〜シャボンディ諸島より配信中〜 2014年年間コミック売上げランキング 『巨人』が進撃するも『ONE PIECE』不動の首位陥落ならず(オリコン調べ)
ONE PIECEのBLOG、略してLOGPIECE。 ワンピースフィギュアを飾って楽しんでます。

シャボンディ新聞(twitter)
ファンアート
最新コメント
[04/23 ワンピース太郎]
[04/23 隆明]
[04/23 隆明]
[04/15 coppa]
[04/08 名も無き島民]
[04/08 名も無き島民]
[04/07 名も無き島民]
[04/07 coppa]
[04/03 朧プルリル]
[03/31 Terry]
[03/27 生ハムメロン]
[03/24 名も無き島民]
[03/21 唐辛子は一味]
[03/21 名も無き島民]
[03/08 名も無き島民]
[03/08 名も無き島民]
[03/07 名も無き島民]
[03/07 名も無き島民]
[03/07 アスファルトの花]
[03/06 名も無き島民]
[03/06 朧プルリル]
[02/26 名も無き修羅]
[02/17 名も無き島民]
[02/15 coppa]
[02/13 名も無き島民]
ブログ内検索
懸賞金(アクセスカウンター)
-
調査内容:オリコン2014年年間”本”ランキング コミック部門
調査協力店舗:旭屋書店、アニメイト、Amazon.co.jp、いまじん・白揚、 江崎書店 本店(静岡県静岡市)、紀伊國屋書店、くまざわ書店(くまざわ書店/いけだ書店/ACADEMIA)、コミックとらのあな、今野書店(東京都杉並区)、三省堂書店、三洋堂書店、セブンネットショッピング、聚宝堂クララ館(東京都武蔵野市)、TSUTAYA、戸田書店、ネオ・ウィング、明屋書店、フタバ図書、ブックスタマ、BOOKS隆文堂(東京都国分寺市)、丸善、未来屋書店(未来屋書店/ミライア/ブックバーン/LE MIRAI/MIRAIYA SHOTEN)、八重洲ブックセンター本店、有隣堂、楽天ブックス、LIBRO、WonderGOO
集計期間:2013/12/2付~2014/11/24付
(実質集計期間:2013年11月18日~2014年11月16日)

<シリーズ別>
順位 シリーズ 出版社 推定売上部数
1  ONE PIECE  集英社  11,885,957
2  進撃の巨人  講談社  11,728,368
3  ハイキュー!!  集英社  8,283,709
4  東京喰種トーキョーグール  集英社  6,946,203
5  黒子のバスケ  集英社  6,729,439
6  NARUTO-ナルト-  集英社  5,505,179
7  ダイヤのA  講談社  4,681,031
8  マギ  小学館  4,657,971
9  七つの大罪  講談社  4,633,246
10  暗殺教室  集英社  4,622,108
11  鬼灯の冷徹  講談社  4,385,701
12  テラフォーマーズ  集英社  4,295,257
13  アオハライド  集英社  4,166,875
14  弱虫ペダル  秋田書店  4,098,510
15  銀の匙 Silver Spoon  小学館  3,957,991
16  ニセコイ  集英社  3,816,372
17  FAIRY TAIL  講談社  3,275,885
18  BLEACH-ブリーチ-  集英社  2,986,968
19  食戟のソーマ  集英社  2,644,122
20  妖怪ウォッチ  小学館  2,588,791
21  キングダム  集英社  2,516,278
22  きょうは会社休みます。  集英社  2,472,101
23  君に届け  集英社  2,397,887
24  銀魂-ぎんたま-  集英社  2,394,263
25  名探偵コナン  小学館  2,380,774
26  黒執事  スクウェア・エニックス  2,289,738
27  ノラガミ  講談社  2,231,805
28  ワンパンマン  集英社  2,173,339
29  月刊少女野崎くん  スクウェア・エニックス  1,967,675
30  ちはやふる  講談社  1,937,059

<作品別>
順位 シリーズ 出版社 推定売上部数
1  ONE PIECE 73  集英社  3,010,801
2  ONE PIECE 74  集英社  2,834,558
3  ONE PIECE 75  集英社  2,698,071
4  進撃の巨人 13  講談社  1,921,457
5  進撃の巨人 12  講談社  1,895,305
6  進撃の巨人 14  講談社  1,773,871
7  NARUTO-ナルト- 67  集英社  1,106,651
8  NARUTO-ナルト- 68  小学館  1,098,121
9  君に届け 21  集英社  1,031,380
10  NARUTO-ナルト- 69  集英社  1,007,954
11  銀の匙 Silver Spoon 11  小学館  953,543
12  NARUTO-ナルト- 70  集英社  934,233
13  銀の匙 Silver Spoon 10  小学館  863,042
14  坂本ですが? 2  KADOKAWA  846,274
15  銀の匙 Silver Spoon 12  小学館  840,582
16  ハイキュー!! 10  集英社  832,634
17  君に届け 22  集英社  828,320
18  黒子のバスケ 26  集英社  817,937
19  ハイキュー!! 11  集英社  797,808
20  黒子のバスケ 25  集英社  791,532
21  ハイキュー!! 9  集英社  788,791
22  アオハライド 9  集英社  783,790
23  ハイキュー!! 12  集英社  783,391
24  アオハライド 10  集英社  778,734
25  黒子のバスケ 27  集英社  774,541
26  暗殺教室 7  集英社  772,887
27  テラフォーマーズ 7  集英社  762,085
28  NARUTO-ナルト- 71  集英社  761,470
29  暗殺教室 8  集英社  756,005
30  暗殺教室 9  集英社  741,338

昨年のアニメブームの余波で既刊の売上げが伸びた『進撃の巨人』が今年度上半期のオリコンランキングにて初めて首位になり、余波が続けば年間ランキングで『ONE PIECE』と売上1,000万部程度で接戦になると予想していましたが、一歩及ばず結局『ONE PIECE』が7年連続首位となりました。この7年連続というのは、オリコン本ランキングが始まって以来ずっと首位ということです。

年間ランキングでは約16万部という僅差ですが、今年度の新刊の売上げのみに絞ると各巻100万部ほどの差があり、『ONE PIECE』が8,543,430部で全体売上げの約72%、『進撃の巨人』が5,590,633部で全体売上げの約48%ということでいかに『進撃の巨人』が既刊を売上げているかが分かります。既刊の売上げを平均すると『ONE PIECE』は1巻あたり約4.6万部、一方『進撃の巨人』は1巻あたり50.8万部にものぼります。これは年間ランキング圏内の50位(青の祓魔師 13 607,375部)までに『進撃の巨人』の既刊がランクインしていないため、実際にすべての既刊が売上げ50万部前後(±10万部)であり、つまり既刊の売上げのほとんどは全巻買いによるものだと言えます。

これはアニメやドラマ、映画などのメディアミックス後によくある傾向です。2013年下半期から2014年度にメディアミックス化があった作品はピンクで色づけしてあるのですが、作品別ではランキング下位でもシリーズ別では全巻買いによって上位にランクインしています。また、来年アニメ化が決まっている『食戟のソーマ』は来年度は上位に入ることが予想されます。

一方、『進撃の巨人』のアニメ化は2013年の上半期のため色づけはしていません。いかに大きなブームだったかということですが、今回首位を取り逃したためもう二度と首位になる機会はないかもしれません。ワンピースの連載が続いている限り。


オリコン2013年年間“本”ランキング コミック部門、「ONE PIECE」と「進撃の巨人」の2作品がランキング制圧
【ニュース】 『永遠の0』累積売上376.5万部 『ONE PICE』抜き歴代

拍手

この記事にコメントする
Vodafone絵文字i-mode絵文字Ezweb絵文字
NAME:
TITLE:
COMMENT:
無題
隆明
集英社の最大の失敗は、諫山先生の
才能を見抜けずに他誌にとられたことですね。
仮に進撃を少年ジャンプでは掲載できないにしても、同系列のヤングジャンプやジャンプスクエア等に紹介するという方法もあったはず。
編集部は真摯に受け止めざるを得ないのではないでしょうか。
2014/12/06(Sat)13:42:05
Re:無題
シャボンディ島民
だからそれはジャンプの失敗ではなくて、持ち込む編集部を間違えた諫山先生の失敗ですから。ジャンプで描くならグロさは『HUNTER x HUNTER』が限界で、世界観は『ワールドトリガー』や『アイアンナイト』あたりが限界でしょう。人が人を喰うなんてダークな世界観は到底無理です。好きなように描けないのならという理由で描き直さずに他の編集部に持ち込んだようですから、ジャンプで描いていれば今頃ヒットなんてしてませんよ。

ジャンプの場合は初めて漫画を持ち込んだ編集者がその漫画家の担当になるので、まずジャンプで連載するにはどうするかをアドバイスすることになると思うのですが、姉妹紙の編集者に紹介するということが通常行われるものなのか、実際行われたかどうかよく分かりません。ブログの書きぶり的には作風を変えよというアドバイスにおそらくキレちゃったんじゃないでしょうか。

どの道、ジャンプSQは結局ジャンプですし、ヤンジャンは絵がもうちょっとキレイじゃないと。他誌のスピリッツには『アイアムヒーロー』がありますし、やっぱり絵が(ギャグ漫画ならいいのですが)。世界観がファンタジーで青年誌には作風があっていませんので、月刊少年マガジンでちょうど良かったとは思いますけどね。月刊少年マガジンはよく知りませんけどw
2014/12/06(Sat) 15:13
無題
風莉
集英社には同じようなコンセプトの「クレイモア」「テラフォーマーズ」「東京グール」があるんでどの道無理な気がします。
2014/12/06(Sat)14:23:33
≪ Next   │HOME│  Prev ≫

[3389] [3388] [3387] [3386] [3385] [3384] [3383] [3382] [3381] [3380] [3379]